反り立つ壁に撃沈。


by nugueira
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

タグ:勝敗予想 ( 1274 ) タグの人気記事

 日本時間13日&14日のベラトール。ヘビー級GP準決勝の予想を。

マット・ミトリオン〇-×ライアン・ベイダー
 まずは13日。直近の実績・内容を考えると本命というべきミトリオンと、対抗のベイダー。これが事実上の決勝か。一回戦は瞬殺KOで勝ち上がったベイダーだが、やはりミトリオン相手だと体格差が苦しくなりそう。ミトリオンKO勝利と予想。

エメリヤーエンコ・ヒョードル〇-×チェール・ソネン
 こちらは14日。まさか2018年にこの組み合わせが見れようとは。ヴァンダレイ、ランペイジとオールドネーム相手に塩漬けで連勝を重ねたソネンだが、ヒョードルをそう簡単にテイクダウン&トップキープできるか。打たれ弱さが目立つようになったヒョードルだが、ソネン相手ならKOパンチをもらう危険性は下がりそう。ヒョードルKO勝利。

[PR]
by nugueira | 2018-10-09 23:29 | その他(総合・寝技系) | Comments(0)

UFC229の予想

 WOWOW中継復活第一弾にして、UFC史上最大の興行となりそうな明日のニューヨーク大会の予想を。

セルジオ・ペティス〇-×ジュシエ・フォルミーガ
 フライ級上位グループ対決。ここ6戦5勝1敗のペティスが勢いでは上回っているか。

デレック・ルイス×-〇アレクサンダー・ヴォルコフ
 UFC参戦以来4連勝、前回は元王者のヴェウドゥムをKOしたヴォルコフ。ここで勝てばタイトル戦線が見えてくるか。コーミエがタイトルを持っている状態でヘビー級戦線がどう動いていくのかがよく分からないが。

オヴァンス・サンプレー×-〇ドミニク・レジェス
 戦歴は長いがここ一番で取りこぼしが目立つOSP。レジェスはUFC3戦全勝、すべてKO・一本。OSPが食われる流れかなあ。

トニー・ファーガソン〇-×アンソニー・ペティス
 メインにトラブルがあった際のリザーバーとして組まれたであろう一戦。連敗は脱したが白星と黒星が交互に続いているペティスにとってファーガソンはきつい相手。ファーガソンは取りこぼさずに勝ってタイトルマッチへつなげたい。

ハビブ・ヌルマゴメドフ〇-×コナー・マクレガー
 メインはマクレガーがまさかの(と言っていいレベルだと思う)カムバック。約2年ぶりのMMAマッチとなるうえに、相手はゴリゴリのテイクダウン&パウンドで攻めるヌルマゴ。マクレガーが勝つには組まれる前に殴り倒すしかないだろうが、ヌルマゴが簡単にそれを許すとも思いにくい。ヌルマゴがオクタゴンを「マクレガーの呪縛」から解放する瞬間が遂にやってくるか。

[PR]
by nugueira | 2018-10-06 17:04 | UFC | Comments(2)
 7日の後楽園ホール大会の予想。アジアトーナメント開幕…のはずが選手欠場で日タイ色が濃くなってしまったのが残念。

町田光×-〇前口太尊
 トーナメントの残り1枠をかけて町田と前口が対戦。勝次と年間ベストバウト級の戦いを繰り広げてくれた前口に期待したいなあ。でもあの勝次戦以来の試合なのね。

森井洋介〇-×キヨソンセン・FLYSKYGYM
ヨードレックペット・オー・ピティサック〇-×岩城悠介
 トーナメント一回戦は本命のヨードレックペットと対抗の森井が、それぞれ代打出場選手を難なく退けそう。決勝で両者が再戦、という流れを期待したいが果たして波乱はあるのか。


[PR]
by nugueira | 2018-10-03 23:37 | KNOCK OUT | Comments(0)

勝敗予想(9月の決算)

 9月の勝敗予想の集計。

9/8 KNOCK OUT(0/1)
9/9 UFC229(3/3)
9/9 パンクラス(0/1)
9/15 UFN136(1/3)
9/16 ゴロフキンvsアルバレス(0/1)
9/23 UFN137(4/5)
9/24 K-1 WORLD GP(5/6)
9/30 ベラトール206(2/2)
9/30 Krush.93(3/3)
9/30 RIZIN.13(8/11)

 合計は26/36で的中率72.2%。前半で致命的に出遅れたものの、後半の驚異的な追い上げで終わってみれば7割超え。やるじゃん、俺。



[PR]
by nugueira | 2018-10-02 23:29 | 雑記 | Comments(0)

RIZIN.13の予想

 30日のRIZINの予想。今回は500レベルまで開放ということで会場の雰囲気が非常に楽しみなのだが、台風の接近が非常に心配。

中村優作〇-×マネル・ケイプ
 キックルールに挑戦させられた中村にMMAの試合機会が与えられたのは嬉しい展開。ケイプも不条理判定に怒ってたけど継続参戦してくれるのね。中村のKO勝利を期待。

大雅〇-×原口健飛
 キックトーナメントがどこかに行ってしまったのはこの二人にとって誤算か。大雅はK-1と揉めてまで参戦したのだから、那須川戦につながる勝ち方をしてほしい。

浜崎朱加〇-×黒部三奈
 元INVICTA王者の浜崎には取りこぼしは許されない一戦。RENAの一時離脱でしぼみかねない女子戦線で存在感を示せるか。

朝倉海〇-×トップノイ・タイガームエタイ
 朝倉はケイプ戦と同様テイクダウン狙いの組み立てだろうか。トップノイの前戦は見ていないのだが、グラウンドで手堅く固めていけば勝てる相手か。

砂辺光久〇-×越智晴雄
 砂辺もMMAでのチャンスが与えられてよかった。DEEPとの王者対決になるが、インパクトのある勝利を期待。

大砂嵐〇―×ボブ・サップ
 生中継枠かと思いきやここで大砂嵐を投入。とりあえず今のサップ相手に勝てないなら何も始まらないぞ。

ダロン・クルックシャンク〇-×ディエゴ・ブランダオン
 ライト級強豪外国人の潰し合い。打撃戦が期待できそうだが、ブランダオンはもともとフェザー級のはず。クルックシャンクにやや分があるか?勝った方は大晦日に五味と対戦かな。

朝倉未来〇-×カルシャガ・ダウトベック
 日沖相手にKO勝利を収めた朝倉、ここで勢いを止めてほしくない。

イリー・プロハースカ〇-×ジェイク・ヒューン
 RIZIN旗揚げメンバーとしてしぶとく残っているプロハースカ。実は今回勝つとRIZIN・MMAルールの通算勝利数で堀口と並ぶトップタイだったりする。

ミルコ・クロコップ〇-×ロッキー・マルティネス
 ミルコの膝の怪我はもう大丈夫なのか?すべてはミルコのコンディション次第な気がするが、引退ロードがこの相手にぶち壊されるのは納得いかないのでこういう予想に。

アンディ・ウィン×-〇山本美憂
 生放送枠にはこちらの試合が抜擢。KIDの弔い合戦というアングルは抜きに、打撃面での向上が見られる山本がリベンジを果たしてくれると予想。

那須川天心〇-×堀口恭司
 魔裟斗vsKIDの再現として捉える向きもあるけど、自分の中ではむしろ立ち技トップとMMAトップが戦うという点で魔裟斗vsカルバン戦に似た位置づけ。ただ、トップ同士が対戦すればやっぱり自分の土俵で戦う選手が勝つでしょう、普通に考えて。
 この二人が向かい合う絵柄はワクワクするしチケットが売れるのも分かるけど、突き詰めると他流試合から勝負論は生まれない。堀口の大晦日の試合に影響が出るのは嫌だけど、那須川には文句のつけようがない完全決着をつけてほしい。

[PR]
by nugueira | 2018-09-28 23:31 | RIZIN | Comments(2)

ベラトール206の予想

 日本時間30日のベラトールの予想。今回からDAZN中継開始だが、RIZINと同日なのでとりあえずライブ観戦は断念しておこうと思う。

クイントン・ランペイジ・ジャクソン〇-×ヴァンダレイ・シウバ
 ランペイジとヴァンダレイの4度目の対戦。さすがにお互い旬を過ぎちゃっており、「見なければ良かった」というグダグダの展開になるリスクもはらんだ試合。年1ペースで試合をこなしているランペイジの方が、相対的にコンディションはいいのかなあ。

ゲガール・ムサシ〇-×ローリー・マクドナルド
 ウェルター級王者となったロリマクが、2階級同時制覇を狙いムサシと対戦。ウェルター級に有力コンテンダーがいないとはいえ、この展開はやや唐突。
 ムサシのここ最近の戦績は安定しており、直近の敗戦はUFC日本大会でユライア・ホールに喫した交通事故的なKO負け。ロリマクはミドル級に上げるのは初めてだし、完成度が高いとはいえスマートな試合運びをするスタイルなので、フィジカル差は結構影響しそう。UFC時代も強引に攻めてくる相手に競り負けてしまう試合が多かったし、ムサシ優位なのでは。

[PR]
by nugueira | 2018-09-27 23:56 | その他(総合・寝技系) | Comments(2)

Krush.93の予想

 30日のKrushの予想。RIZINと同日なので映像チェックは後になりそう。

安保璃紅〇-×川口拓真
 元スーパーフェザー級王者・安保の再起戦。王座陥落した試合は押し気味ながらダウンに泣いたので、奪還へ反撃の狼煙を上げたいところ。

ジョーダン・ピケオー〇-×和島大海
 スーパーウェルター級タイトルマッチ。日本人がピケオー相手にどうこうできる感じがしないなあ。ピケオーはこれに勝てば4度目の防衛。特に確認していないが、全階級通じてKrush最多記録になるのかな?

ゴンナパー・ウィラサクレック〇-×大沢文也
 ライト級タイトルマッチ。ゴンナパーのここ2~3試合の破壊力を見ていると、これまた並みの日本人がどうこうできる気がしない。平本はよくこんなのに勝ったな。防衛したらいよいよ卜部とのK-1タイトルマッチへまっしぐらか。

[PR]
by nugueira | 2018-09-26 23:05 | Krush | Comments(0)

K-1 WORLD GPの予想

 24日のK-1の予想。クルーザー級トーナメントは日本勢・海外勢ともに分からない選手が多すぎて予想パス。ワンマッチのみにさせてもらいます。

郷州征宜×-〇スアレック・ルークカムイ
 Krush王座から陥落した郷州がK-1で再起戦するのも何か変な感じ。厳しめの予想にしておきます。

安保瑠輝也〇-×林健太
 ゴンナパーには完敗に終わった瑠輝也、すっきりリスタートを切りたいところ。

小澤海斗×-〇芦澤竜誠
 フェザー級王座決定トーナメントで初戦敗退に終わった小澤。芦澤がガンガン打ち合うと逆に小澤の土俵な感じもするのだが、悪い流れにハマっちゃうかなあ。

皇治×-〇スタウロス・エグザコスティディス
 大雅にKO勝ちして以降はパッとしないスタウロス。ただ皇治もあまり評価する要素がない。

武居由樹〇-×アクラム・ハミディ
武尊〇-×ダニエル・ピュータス
 王者2人の試合はまあ鉄板では。むしろ来年のメインアリーナ大会に向けどちらがインパクトを残すか、という武尊と武居の戦いという見方もできそう。

[PR]
by nugueira | 2018-09-20 23:33 | K-1 | Comments(0)

UFN137の予想

 ブラジル大会の予想。

シャーウス・オリヴェイラ〇-×クリストフ・ギアゴス
 勝ったり負けたりを繰り返しつつ息の長いUFCキャリアを積んでいるオリヴェイラ。新顔相手にはもうひと頑張りしたいところ。

ヘナン・バラォン×-〇アンドレ・イーウェル
アントニオ・ホジェリオ・ノゲイラ×-〇サム・アルヴィー
 負けが込むようになってからかなりの時間が経過した地元ブラジル勢も登場。うーん、ホームの試合とはいえ期待できる要素がない…。

アレックス・オリヴェイラ〇-×カルロ・ペデルソリ
 タイトル戦線に絡む位置までは来ていないが、UFC8勝3敗となかなかの好成績のカウボーイ・オリヴェイラ。今回もきっちり勝っておきたい試合。

チアゴ・サントス〇-×エリク・アンダース
 負傷者が相次いだ末、メインはこの組み合わせに。チケットを買ったお客さんが不憫になってくる。アンダースは以前リョートをさっぱり攻めきれず判定負けした選手だっけ。地元サントスが優位か。

[PR]
by nugueira | 2018-09-19 23:04 | UFC | Comments(0)
 16日のWBA・WBC世界ミドル級タイトルマッチ、ゲンナディ・ゴロフキンvsサウル・カネロ・アルバレスの予想を。

 ドローに終わった1年前の激闘から満を持してのリマッチ…となればよかったのだが、5月に決まった試合がカネロのドーピング騒動で流れ、ミソがついた形になってしまったのが残念。
 この両者の対戦は基本的に時間が経てば経つほどカネロの勝率が高まるはずで、その意味では試合を後ろ倒しにできたのはカネロにとって怪我の功名、とも取れる。一方で、ゴロフキンはカネロの代役マーティロスヤンを2ラウンドKO。格下相手なので勝って当然だったとはいえ、久しぶりのKOの感触を取り戻せたのは好材料か。

 前回の試合は見返してみるとドロー判定もそこまでおかしくはないのだが、内容的にはやはり「カネロが上手くドローに持ち込んだ」試合。フルラウンド戦ってお互いに手の内が分かっている中、ゴロフキンがカネロに前回同様こつこつポイントを奪われる試合運びを許すとも思えない。

 「ゴロフキンの衰え」が唯一にして最大の不確定要素なのだが、やはり心情的にはゴロフキンに昨年盗まれた勝利をつかみ取ってほしい。カネロがKOされる場面は想像しがたいが、圧力でペースを握ったゴロフキンが判定勝利、と予想させてもらいます。

[PR]
by nugueira | 2018-09-13 23:15 | ボクシング | Comments(0)