反り立つ壁に撃沈。


by nugueira

タグ:パンクラス ( 103 ) タグの人気記事

仙三vs若松

 パンクラス293、メインの感想。

仙三○-×若松佑弥(5R TKO)
 サークリングしながら飛び込んでのパンチを繰り返す仙三。若松もヘッドスリップなどでクリーンヒットは許さないが、1R終盤に仙三がラッシュ。2Rに入ると若松がプレッシャーを強める。ジャブが仙三をよく捕えていたと思ったが、それでもジャッジ1名は仙三を支持。
 3Rに入ると仙三のジャブ、ボディ、さらにローがヒット。若松もパンチを返すが、流れが仙三に傾いてきたか。続く4Rも仙三が鋭い踏み込みからパンチを繰り出し、若松は完全に後手に回っている。このまま仙三がペースを握り続けるか…と思った4R終盤、若松の右フックが入り仙三ダウン!なおもダメージの残る仙三に若松は追撃のラッシュ!仙三がなんとか凌ぐが、一気に試合の行方が分からなくなってきた。
 迎えた最終ラウンド、流れは若松に有利かと思ったが、仙三が組んでのヒザ、さらにヒジをヒット。若松はガス欠かガードも完全に下がってしまっている。仙三はなおもヒザとヒジで攻め続けると、最後はケージ際でラッシュを仕掛けたところでレフェリーがストップ!

 仙三も若松も今回初めて試合を見たのだが、自分の不勉強が恥ずかしくなるほどの名勝負。二転三転のシーソーゲームで、4Rのダウンで勝負ありと思ったのだが、あそこからひっくり返すとは…。試合を通じて仙三の打撃レパートリーの多さが光っていたし、最終ラウンドの追い込まれた状況でヒジが出てきたのには驚いた。これはパンクラスのマッチ・オブ・ザ・イヤーが早くも出ちゃったかも。
 35歳という年齢を考えると本人がマイクで口にしたUFC参戦はハードルが高そう。とはいえ、パンクラスは北米へのフィーダーショーになる事でここまでの盛り上がりを生んできたのだから、王者の希望はぜひ叶えてあげてほしい。
 

[PR]
by nugueira | 2018-02-06 23:24 | その他(総合・寝技系) | Comments(0)

PANCRASE 293の予想

 4日のパンクラスの予想。新木場進出の初回となる興業だが、カードは地味目。メインで防衛戦を行う仙三も試合をちゃんと見ていないので、セミだけの予想で。

アキラ○-×ヒカルド・チルロニ
 ライト級1位のアキラがブラジル人と対戦。どちらかというと去年徳留に秒殺KOされたイメージが強すぎるのだが、ここでしっかり勝ってタイトル挑戦に近づきたい。

  今後パンクラスの常打ち会場となる新木場Studio Coastは自宅からそこそこ近い場所(行ったことないけど)なのだが、これから足を運ぶようになるかというと正直微妙。カード編成にもよるし、Abemaやファイトパスで見れちゃう、というのが大きい。こういうのは距離だけの問題じゃないからなあ。

[PR]
by nugueira | 2018-01-31 23:32 | その他(総合・寝技系) | Comments(0)

PANCRASE 292の感想

久米鷹介○-×徳留一樹(1R KO)
 身体をバキバキに仕上げてきた久米。徳留が先に蹴りを出すが、久米は組み付くと体を入れ替えながらケージへ押し込む。離れた後、久米が左右のフックを叩き込み徳留ダウン!久米はバックを奪いチョークを狙うが、徳留はなんとか脱出。しかし久米は尚も距離を詰め、またも左右の連打を入れ徳留ダウン!久米が完全決着で徳留を返り討ちに。
 徳留としては前回と同じ展開は避けたかったはずだが、気が付けばショートレンジの打ち合いに巻き込まれてしまった。徳留の勝ちたい、もう一度這い上がりたいという気持ちは痛いほど伝わってきたが、それでも勝ったのは久米。切ないが、これが格闘技だなあ。勝利した久米が感極まって涙を流すのもいい場面だった。
 久米も気づけば32歳と若くはないのだが、今回の結果を見て「ライト級でUFCに行くなら久米」という結論に異を唱える人は少ないのでは。パンクラスは早いところ久米をオクタゴンへ送り込んでほしい。

[PR]
by nugueira | 2017-12-11 23:09 | その他(総合・寝技系) | Comments(0)

PANCRASE 292の予想

 ディファでの最終興業となる10日のパンクラスの予想。

ISAO○-×粕谷優介
 思わぬ敗戦でタイトル戦線から後退を余儀なくされたISAO。粕谷は元UFCファイターとはいえ実績ではISAOが上回るので、再起戦をしっかり白星で飾りたい。

松嶋こよみ○-×カイル・アグオン
 ISAOに勝ったアグオンと、粕谷に勝った松嶋が激突。こういうマッチメイクは分かりやすくていい。上位進出が期待されながらここ一番での取りこぼしが多い松嶋だが、今回は結果を出せるか。

久米鷹介○-×徳留一樹
 メインはライト級タイトルマッチ。王座陥落後も立て直して2連勝した徳留の挑戦はまあ妥当。とはいえ久米にとって前回スタンドの打撃戦で殴り勝てたのは自信になっているはずだし、「また徳留?」という気の緩みが発生する状況でもなさそう。返り討ちで久米が防衛と予想。

[PR]
by nugueira | 2017-12-05 22:52 | その他(総合・寝技系) | Comments(0)

PANCRASE 291の予想

 12日のパンクラスの予想を。

上田将勝○-×アラン“ヒロ”ヤマニハ
 ここ一番で海外勢に遅れをとってしまう上田だが、気づけばランキング1位。石渡のRIZIN参戦によりバンタム級タイトルマッチは少し先になるだろうが、そこまでしっかり白星を積み重ねるのが大事か。

ロッキー川村○-×新村優貴
 ミドル級KOPタイトルマッチは結局昨年のタイトルマッチの再戦。この階級の選手層が薄いのは致し方ないところか。川村が盤石な王者という感じはあまりしないのだが、去年の勝利自体は交通事故でもなんでもないれっきとしたKOだし、とりあえず返り討ちを予想。

[PR]
by nugueira | 2017-11-07 22:27 | その他(総合・寝技系) | Comments(0)

パンクラス290の感想

田中半蔵×-○中原由貴(判定)
 1R、中原の左がヒットし田中ダウン!中原はそのまま近距離での打ち合いに持ち込むが、今度は田中の右が立て続けに入り中原がダウン!それでもひるまない中原は田中をケージ際に詰めると、またも左を打ち込んで2度目のダウンを奪取。のっけから凄い展開。
 2Rは両者手数が減るが、圧力をかける中原が要所要所で印象に残るパンチをヒット。田中のアイポークでの減点もあり、中原が一気にリードを広げる。
 後がない田中だが、3Rは田中のタックルを凌いだ中原が逆にバックを奪いパウンド。最後まで田中に逆転のチャンスを与えず、ランキング1位を破る大番狂わせをやってのけた。

日沖発×-○高谷裕之(1R KO)
 開始直後に高谷が前に出るが、日沖のアッパーがヒット!下がった高谷に日沖が左右のパンチを打ち込み、またもアッパー!ケージ際に下がった高谷を日沖が追撃に行くが、高谷の右フックがヒット!日沖は頭から前のめりに崩れ落ち、高谷が衝撃の逆転KO。
 こういうことを書くのは残念でしかないのだが、日沖はもう壊れてしまったのでは…。ダウンシーンは前回の田中戦の映像をプレイバックしたかのようで、2試合連続ワンパンチでのKO負けはもう言い訳が効かなくなってくる。セミの田中の敗戦も含めて、この1日でフェザー級の勢力分布が一気に変わってしまった。

[PR]
by nugueira | 2017-10-09 10:38 | その他(総合・寝技系) | Comments(0)

PANCRASE 290の予想

 8日のパンクラスの予想。現役王者のUFC参戦が相次いでいるので仕方ないのだが、最近タイトルマッチの頻度が落ちており各階級とも停滞感が漂っているのが寂しいところ。

アキラ○-×郷野聡寛
 郷野が久々のパンクラス参戦。とはいえ現役上位ランカーのアキラに一泡吹かせられそうな雰囲気はないし、何より計量オーバーしないだろうな?というレベルで不安。

田中半蔵○-×中原由貴
 日沖を秒殺KOし一躍ランキング1位に躍り出た田中。ここはきっちり勝ってタイトル戦線への道筋をはっきりさせておきたい。

日沖発○-×高谷裕之
 メインはフェザー級のベテラン対決。元SRC王者vs元DERAM王者の組み合わせではあるのだが、両者とも旬は完全に過ぎてしまった。直近の試合で負けている者同士の試合がメインになるのは、今のパンクラスらしくないなあ。
 日沖は前回のKO負けで打たれ弱くなっていないかが不安だが、相対的な力関係ではさすがに高谷より上か。無難に日沖の判定勝利を予想。

[PR]
by nugueira | 2017-10-03 23:51 | その他(総合・寝技系) | Comments(0)

PANCRASE 289の予想

 20日のパンクラスの予想。DEEPとの対抗戦は双方の出場メンバーが中堅クラス中心でいまいちよく分からないのでパス。あと、マモルの試合も実はきちんと映像でチェックしてないのよね。

ISAO○-×カイル・アグオン
 タイトルマッチが流れてしまったISAOだが、ここでの取りこぼしは許されない。

松嶋こよみ○-×粕谷優介
 松嶋が元UFCの粕谷と対戦。ここ一番の試合で敗戦が多い松嶋だが、ステップアップのためにここはしっかり勝ちたいところ。対日本人無敗を継続できるか。

室伏シンヤ○-×小塚誠司
 ストロー級次期挑戦者決定戦。この階級もブルックス参戦で面白くなるかと思ったがやや停滞気味の印象。室伏はインパクト満点の勝利はないが、元修斗王者の意地を示したい。

[PR]
by nugueira | 2017-08-14 23:27 | その他(総合・寝技系) | Comments(0)

PANCRASE 288の予想

 2日のパンクラスの予想を。

村田夏南子○-×クレア・フライヤー
 年末に中井に敗れた後は怪我で欠場、さらにリベンジを狙うべき中井はフェードアウト…と流れに乗り切れない村田。下半期に巻き返しなるか。

近藤有己○-×ミノワマン
 今のパンクラスでこのカードを組む意味はあるのか…と思う一方で、パンクラスで組むからこそ生まれてくる意味もあるのかな、とも思えてくるマッチアップ。曲がりなりにも定期的に試合をこなしている近藤の方がコンディションはいいのかなあ。

徳留一樹○-×キーラン・ジョブリン
 UFC日本大会を目指す徳留が志願の緊急出場。勝ってもオファーが来るとは限らないリスクの大きい試合だが、再起戦で秒殺KOを見せた徳留の底力に期待。

三浦広光○-×阿部大治
 メインはウェルター級KOPタイトルマッチ。阿部の試合を見ていないのだが、元J-NET王者ということは三浦とは噛み合う試合になりそう。ただそうなると、三浦に分があるんだろうな。

[PR]
by nugueira | 2017-06-29 23:13 | その他(総合・寝技系) | Comments(0)

PANCRASE 287の感想

日沖発×-○田中半蔵(1R KO)
 前蹴りでプレッシャーをかける日沖が田中をケージ際に詰めるが、ここで田中の左ストレートがカウンターでヒット!スローモーションのようにゆっくりと日沖が崩れ落ちる、わずか14秒の衝撃KO。
 うっかりツイッターで結果を知ってしまってから映像を見たのだが、それでもこの現実がにわかには信じられなかった。単なる交通事故か、それとも環境の変化が日沖の歯車を狂わせていたのか…。とにもかくにも、これでフェザー級戦線の勢力図がガラリと変わってしまったのは確か。

朱里○-×キンバリー・ノヴァス(判定)
 組み付いてケージへ押し込むノヴァスに対し、朱里は組んでのヒザ。さらに距離が空くとストレートとヒジを繰り出す。ノヴァスはしつこくケージへ押し込み、細かいヒザ。競った展開だが、1Rは三者ともノヴァス。
 2Rは朱里がストレートを入れてノヴァスを下がらせると、1Rとは逆に自分がケージに押し込みながらボディへヒザ。ポイントを奪いかえす。
 3R、ノヴァスは打撃戦に臆することなく、前蹴りから左右のパンチ連打。朱里は引き続きケージへ押し込んでヒザを入れていく。手数が減った印象はあるがこのラウンドもジャッジは三者朱里。
 ノヴァスは続く4Rも思い切りのいいパンチを出すが、朱里は首相撲からのヒザ地獄。さらに頭を下げたノヴァスをスタンディングギロチンの体勢に捕えながら頭部へのヒザ連打。一方的に攻め続け、ジャッジ一者は10-8をつける。最終Rもギロチンの体勢からのヒザで圧倒し続けた朱里が、大差の判定でストロー級王座を獲得。
 MMAキャリアで上回る相手をこの内容で圧倒できたのは、ベルト獲得以上に価値のある勝利。朱里は攻撃の引き出しが多いわけではないのだが、このスタイルでの攻めを5R貫徹できた辺りにMMA選手としての成長を感じさせられた。

石渡伸太郎○-×ハファエル・シウバ(判定)
 1R、シウバは強烈なロー。石渡の跳びヒザをかわすとシングルレッグの体勢へ。しばらく堪える石渡だが、シウバは尻餅をつかせるとそのままバックをキープし続け1Rを終了。
 2Rも開始早々にシウバがタイミングよくタックルからテイクダウン。そのままラウンド終了までトップをキープし、細かくパウンドを落とし続ける。
 シウバのしつこい寝技にポイントでは早くも後がなくなった石渡だが、3Rに入ると鋭い踏み込みからのパンチを見せ、シウバのタックルをがぶると遂にトップポジションを取る。ここから石渡は強烈なパウンドを落とし続け、流れをひっくり返す。4Rもシウバのタックルをがぶった石渡がトップを奪うと、強烈なパウンドをヒット。ポイントをイーブンに戻す。
 勝負の懸かった5R、ケージに詰めながら力を振り絞ってテイクダウンを狙うシウバに、堪え続ける石渡。石渡がバックを取りかけたところでシウバが再びタックルへ行く息詰まる展開が続くが、最後は石渡がハーフネルソンからスプロールしバックを奪う。ラスト1分はバックから石渡がパウンドを入れ続け終了。序盤の劣勢を跳ね返し5度目の防衛に成功。
 シウバが後半失速するのはこれまでの試合からも見えていたので、石渡は最初の2Rを取られる点も含めてプラン通りに戦っていた感じ。とはいえ最終ラウンドの攻防は「ここで諦めた方が負け」という究極の我慢比べの展開で実に見応えがあった。
 改めてこの階級で「国内組」最強であることを印象づけた石渡。次の戦いの場について明言はなかったが、ここは堀口へのリベンジを狙ってRIZINに殴りこんでほしいなあ。

[PR]
by nugueira | 2017-05-30 23:47 | その他(総合・寝技系) | Comments(0)