反り立つ壁に撃沈。


by nugueira

ムンギアvsスミス

 エキサイトマッチの感想。まずWBA世界スーパーフェザー級タイトルマッチ、アルベルト・マチャドvsラファエル・メンサー。
 1R、マチャドのワンツーがヒット。さらに相打ち気味のタイミングで右フックを叩きこみ、メンサーがダウン。マチャドはこれでリズムに乗ったか、ハンドスピードの速さを活かして攻勢。逆にメンサーは後手に回ってしまう。
 4Rにはマチャドがまたもカウンターの左フック。効かされたメンサーをロープ際に詰めてラッシュにいく。この後もマチャドはストレートや左フックを着実にヒットさせるが、それほど無理に攻め込んではいないか。
 8Rは近い距離でお互いパンチを繰り出す中、マチャドの右フックがテンプルにヒット。9Rも圧力をかけ続けるマチャド。アッパーやフックのコンビネーションを入れていくが、決定打につながらない。
 11R、マチャドは丁寧にジャブを突きながら左。メンサーは足の踏ん張りが効いていない。それでもタフなメンサーは顔を腫れ上がらせながら12Rまで戦い抜き、三者120-107のフルマークでマチャドが初防衛。危なげない内容だったものの、初回のダウンで一気に決まるかと思っただけにやや物足りない感じも。

 メインはWBO世界スーパーウェルター級タイトルマッチ、ハイメ・ムンギアvsリアム・スミス。
 スミスが右ストレートで先手を取るが、ムンギアは左右のフックを振り回し反撃。ボディが入ったスミスが下がる。
 2Rもムンギアがパンチを強振。ガードの上からでも構わず叩き続ける。スミスは距離が詰まったところで丁寧なコンビネーション。
 この後もムンギアは遠い間合いからボディ、さらに空振り上等のスタイルで豪快なアッパーを連打していく。5R、ムンギアは左ボディからのダブル。スミスは下がらざるを得ず、ロープ際に詰めたムンギアがパンチを叩きつけていく。スミスも下がりながらパンチを返していくのだが、6Rにムンギアはアッパーから左フックを入れ、遂にスミスがダウン。
 勢いに乗るムンギアは7Rも前に出て攻め続ける。空振りも多いのだがとにかくパンチがパワフル。8R、スミスはショートで細かいパンチをヒット。ムンギアは攻め疲れか少しハンドスピードが落ちてきたか。それでも9R、ムンギアが左右のアッパー、ボディを次々ヒット。スミスはダウンは免れながらショートのパンチを返す。
 終盤になるとさすがにムンギアの動きも落ち、スミスが有効打の数でやや盛り返すものの、形勢逆転には至らず試合終了。ムンギアが大差の判定勝利で防衛に成功。ムンギアは攻撃の強弱・緩急は一切無視した強強・急急のスタイルで粗さも目立つのだが、攻撃のパワフルさが全てをカバーしている。今回はフィニッシュはできなかったが、分かりやすくて面白いから人気が出そう。

[PR]
# by nugueira | 2018-09-11 23:29 | ボクシング | Comments(0)

UFN136の予想

 15日のモスクワ大会の予想。

アンドレイ・アルロフスキー×-〇シャミール・アブドゥラヒモフ
 5連敗から2連勝、また敗戦と出入りの激しいアルロフスキー。アブドゥラヒモフも勝ったり負けたりの選手だが、やっぱりアルロフスキーの打たれ弱さが不安。

ヤン・ブラホヴィッツ×-〇ニキータ・クリロフ
 息の長いUFCキャリアを続けているブラホヴィッツ。クリロフは今回がUFC復帰戦だが、直近は元ベラトールやUFCファイターにも勝っている。年齢的にも上り調子のクリロフ優位か。

マーク・ハント〇-×アレクセイ・オレイニク
 メインにはハントが登場、地元オレイニクと対戦。最近負けが込んできているハントだが、未だにKO勝ちを収めるだけの破壊力は維持している。オレイニクはエゼキエルチョークを2度極めている寝業師だが、ハントはグラウンドに付き合わない戦い方は心得ているのでは。ハントの衰え、アウェーの試合という不利な要素も多いものの、やはりハント勝利に期待してしまう。こういう情に流される勝敗予想が大惨事を招く、というのは経験則で分かっちゃいるのだが。

[PR]
# by nugueira | 2018-09-10 23:07 | UFC | Comments(0)

UFC229の予想

 日本時間9日のUFCの予想。ナンバーシリーズをスルーするのはこれが最後、というのがつくづく嬉しい。

ジミー・リベラ〇-×ジョン・ダドソン
 モラエスに敗れている者同士の対戦。バンタム級に上げて以降戦績の振るわないダドソンにとってリベラは厳しい相手になりそう。

ジェシカ・アンドラージ〇-×カロリーナ・コバケヴィッツ
 女子フライ級タイトルマッチ消滅によりこちらがセミに昇格。アンドラージはきっちり勝って、タイトル挑戦を射程距離に捉えたい。

タイロン・ウッドリー〇-×ダレン・ティル
 防衛回数を重ねても評価の上がる気配がないウェルター級王者ウッドリー。ティルはセローニ、トンプソンを破ったのでタイトル挑戦はまあ妥当な人選。この前の暫定王座戦が何だったのか、という話にはなるが。
 ティルはセローニ戦もトンプソン戦もスタンド勝負で勝っているので、テイクダウン耐性が不明…というかあまり期待できない。ウッドリーがテイクダウンからコツコツ削って防衛か。また人気下がりそうだけど。

[PR]
# by nugueira | 2018-09-08 14:04 | UFC | Comments(2)

DAZNの今後

 WOWOWのUFC中継復活を聞いて「もうDAZNのベラトール中継はいらないかな」と思ったのだが、今後の大会予定を見てみると…

9/30 ムサシvsマクドナルド(ミドル級タイトルマッチ)、ランペイジvsヴァンダレイ
10/13 ミトリオンvsベイダー(ヘビー級トーナメント準決勝)
10/14 ヒョードルvsソネン(ヘビー級トーナメント準決勝)

 日程はいずれも日本時間。さらに10/21は村田のラスベガスでの防衛戦も中継。うーん、今月はRIZINと被っているのでパスするにしても、来月は契約しないわけにはいかないか。DAZNの野郎、俺を本気にさせやがって。

 ヘビー級トーナメント決勝は年明けだろうし、新たに開幕するウェルター級トーナメントは少々地味。11月以降は一旦解約して、見たい試合があったら再開という感じかな。WBSSの井上以外の中継環境がどうなるのか把握しておらず、その辺の動向にもよるけど。

 それにしてもWOWOW、ファイトパス、新日本プロレスワールド、DAZN、AbemaTVの中継スケジュールを把握して、家庭が崩壊しない程度に観戦予定を組んでいく。もうねえ、楽な仕事じゃあないよ。いや、そもそも仕事じゃなく趣味なんだけど。

[PR]
# by nugueira | 2018-09-07 23:21 | 雑記 | Comments(0)

UFC、WOWOWにカムバック!

 WOWOWが10月のUFC229からUFC中継を再開。

 いよっしゃああああ!!!!!

 思えば2年半前のWOWOW中継終了時は「もうWOWOWには二度とUFCは戻ってこないと覚悟せねば」と思っていたっけ。その後ニコニコ動画、DAZNと媒体を転々とし、遂にこの4月以降はDAZNもナンバーシリーズから撤退。日本でのUFC視聴環境はこのまま終焉していくのかと思っていたところにこの急展開。

 …あれ?なんだこれ?おかしいよ、目から水が…。

 しかし前回の中継終了からもう2年半が経過、というのが驚き。歳とると時間の流れが速くなるよね。このブログをご覧の方に学生がいらっしゃったら、今という時間を大事にした方がいいぞ、とアドバイスしてあげたい。
 WOWOWが前回の契約時にどのくらいの契約金を払っていて今回はどのくらいなのか、というのは絶対表には出てこないだろうけど、DAZNより高額なオファーができるならそもそも中継終了していないはず。DAZNとのビジネスがまとまらず、日本からのネットPPV購入も期待できないUFC側が前回と同程度の額で折り合った、という感じなのかなあ。待ちの一手で再開にこぎつけたWOWOWの粘り勝ちだけど、空白期間が生じてもこうしてUFCをコンテンツとして評価し続けてくれている、という姿勢には格闘技ファンとして本当に頭が下がる。

 SNSを見ていた印象としても、WOWOW→DAZN→ネットPPVと移っていくにつれ国内での視聴者数も減っていった感じなので、今回の中継再開は日本でのUFC人気再燃には確実にプラスになるはず。かくいう私も、4月以降はナンバーシリーズを一切追ってませんでしたからね。
 再びTKや稲垣氏、ガンツ、玉ちゃんといった面々の解説を聞きながらUFC中継が見れると思うと、無性にワクワクしてくる。もうねえ、格闘技ファンはみんな高柳アナのつまらないギャグを聞きたくてしょうがないんですよ!!(←若干錯乱気味。)

[PR]
# by nugueira | 2018-09-06 23:46 | UFC | Comments(2)

KNOCK OUT 2018 OSAKA 2ndの予想

 8日の大阪大会の予想。

山口裕人×-〇マサ佐藤
 スーパーライト級トーナメントで秀樹に敗れた選手同士の対戦。ともに秀樹にはいいようにやられてしまった印象だが(山口はダウン奪い返してはいるけど)、水落に逆転勝ちしている実績を買って佐藤勝利と予想。

健太〇-×タップロン・ハーデスワークアウト
 健太の相手はシュートボクシングにも参戦していたタップロン。健太としては微妙な判定で敗れた不可思がトーナメントを制しただけに、きっちり白星を重ねて再戦の流れを作りたいところか。

[PR]
# by nugueira | 2018-09-05 23:29 | KNOCK OUT | Comments(0)

PANCRASE 299の予想

 9日のパンクラスの予想。やっぱり王者クラスのUFC出場でカードが薄くなっているのは否めないなあ。

田村一聖〇-×中島太一
 メインは元フェザー級王者の田村が久々のパンクラス参戦となる中島と対戦。田村は王座陥落後は2連勝。松嶋がONEに行った状況を踏まえると、ここで勝てば王座戦線が見えてくる。バンタムから上げてきた中島相手に番狂わせは許されないか。

[PR]
# by nugueira | 2018-09-04 23:10 | パンクラス | Comments(0)
 11月のK-1で第3代スーパーライト級王座決定トーナメントの開催が決定。

 新生K-1の旗揚げから丸4年を迎えようとしているわけだが、後楽園ホール大会を除いて毎回ワンデートーナメントを堅持。原点を保ち続けているというべきか、かつてのビジネスモデルにしがみついていると見るべきか…。とはいえワンデートーナメントは優勝した人間に嫌でもそれなりの説得力が生まれるという利点があるので、上手い仕組みではあるんだよな。現在は階級が細分化されているので、かつてのMAXのように毎年のトーナメントで選手がすり減るリスクはある程度回避できているし。

 今回のトーナメントは野杁の返上に伴うもので、他にも平本、山崎、現Krush王者の篠原といった面々が出場回避したにも関わらず日本勢はそこそこ以上のメンバーが集まっている辺り、選手層が徐々に厚くなっているのを感じる。ゲーオ以外の外国勢がイマイチなのは相変わらずなんだが。
 出場回避メンバーは階級転向を理由にしている選手が多いのも特徴で、かつてMAXに出るため無茶な減量・増量をする選手ばかりだったのが遠い昔のよう(実際、遠い昔なんだが)。階級スポーツとしてのK-1が定着してきてますね。久保の戴冠時は空白地帯だったウェルター級が、城戸、木村、野杁、平本の参戦でにわかに激戦区になっているのも面白い。K-1側としてはすぐにでもトーナメント組みたいだろうけど、久保もおいそれとは認めないだろうなあ。奥さんが勝手にフェラーリ購入して台所が火の車だろうし。

[PR]
# by nugueira | 2018-09-03 23:23 | K-1 | Comments(0)

RIZIN.13チケット

 RIZIN.13のチケットが初動から驚異的な売れ行きで、遂に400レベルを開放して追加販売まで決定。那須川vs堀口が決まった時には「どうせ長時間休憩入るだろうしなあ」と冷めた反応を書かせていただいたのだが、「チケット売り切れ寸前」という状態につられて購入してしまった。プラチナチケットというのはこうして生まれていくのか。

 初日だけで1万枚がはけて、PRIDE全盛期並みの売れ行き…という話もツイッター上に流れていたが、ここまでの事態になったことが本当に驚き。那須川vs堀口は格闘技ファン的に(勝負論はおいといて)注目のカードではあっても、そこまで大きなムーブメントを生むような試合ではない、と受け止めていたもので。
 振り返ると7月のさいたま大会も観客動員は好調だったと聞くし、「RIZINを会場観戦したい客層」のマーケットは着実に大きくなっていて、そこが食いつくカードを提示すればチケットはちゃんと動いてくれる状態は出来上がっている、ということなんだろうか。それにしてもたまアリの400レベルが解放されるのはいつ以来だ?追加チケットのはけ具合によっては、当日の会場はなかなかの壮観になりそう。

 ただRIZINは地上波コンテンツとしての価値によりかかるビジネスモデルのはずで、今回チケット売上が好調でも安心できないのが辛いところ。今回と大晦日は視聴率の方で一定の成果を出さないと先行きは厳しくなりそう。となるとメインは生中継にするんだろうなあ…という最初の心配に戻ってきてしまう。

 あー、あと「今大会で無理する必要はなくなったので、大砂嵐のデビュー戦は大晦日にスライド」という無責任予想をここで投入しておきます。

[PR]
# by nugueira | 2018-08-31 23:12 | RIZIN | Comments(2)

ラミレスvsアングロ

 エキサイトマッチでWBO世界スーパーミドル級タイトルマッチ、ヒルベルト・ラミレスvsローマー・アングロを視聴。

 開始早々アングロが叩きつけるようなパンチを振り回すが、ラミレスは落ち着いて対処。2Rもアングロが強引に距離を詰めてパンチを振るうが、ラミレスは下がりつつアッパーを返す。3R、ラミレスがボディやアッパーを入れるが、アングロの右アッパーがヒット!ラミレス一瞬体勢を崩す。しかしラミレスもアッパーを入れ返し、試合が急に動き始める。
 4R、ラミレスは細かく角度を変えながらステップインしてのパンチ。大柄だが非常に丁寧なボクシングを披露。この後もラミレスはアングロの間合いを外しながら着実にボディを入れていき、5Rにはパンチをもらったアングロがバランスを崩す。6Rにはラミレスの左ストレートが顔面にヒット。アングロは打つ手がなくなってきた。
 7Rにアングロの左が入りラミレスが一旦下がるが、ラウンド後半には反撃。ラミレスはディフェンスもうまく、一発もらっても追撃を許さない。終盤もアングロのパンチが単発で入る場面はあってもラミレスがすぐさま手数を返していき、山場もないがピンチらしいピンチもなく試合終了。一人はフルマークがつく大差の判定勝利で、ラミレスが4度目の防衛に成功。
 ラミレスはスーパーミドルの体格からは想像できない緻密な動きは見せたものの、大きなインパクトは与えられなかったか。

[PR]
# by nugueira | 2018-08-30 23:36 | ボクシング | Comments(0)