反り立つ壁に撃沈。


by nugueira
 初日の肩すかしを取り返すかのように盛りだくさんだった福岡2連戦の2日目。

 まずL.I.J. vs 鈴木軍は内藤がデスティーノで金丸に勝利。引き上げようとする内藤を、客席から覆面の男が襲撃!リング上で覆面を取るとクリス・ジェリコ!!なんかおネエみたいなメイクしてるな、と思ったがあれはBUSHIをイメージしてるんだろうか。
 ジェリコは昨年末と同様の大暴れで、内藤を流血に追い込むだけ追い込んでからバックステージへ。オメガvsジェリコは「はちゃめちゃな試合になるだろう」という大雑把な予想はできたけど、内藤vsジェリコの組み合わせがどういう反応を起こすのか、なかなか見当がつかない。

 オメガ vs Codyの遺恨マッチは、スカルがファレに圧殺される唐突なフィニッシュの後、オメガとCodyを除く全員が和解するよく分からない展開へ。この時点では「大阪城ホールでオメガとCodyの決着戦か?」と思っていたのだが…。

 ボーンソルジャーは結局ここでも出てこないのね…と思いきや、IWGPジュニア戦の終了後に登場しオスプレイをKO!そして中身は石森太二!予告の段階では正体は北村だジェリコだ言われていたが、石森を予想してる人もいたんだっけ?それこそいきなりのBOSJ制覇もあり得そう。

 既にお腹いっぱいの状態で迎えたメインはオカダvs棚橋のIWGP王座戦。この試合については「棚橋が勝ってもなあ…とは思うが、オカダが勝つと後の展開が続かない」という理由で自分の中でも勝敗の見当がつかなかった。
 試合は余裕たっぷりに戦い続けるオカダに、満身創痍の棚橋が持てる全てをぶつける、という今の両者の立ち位置をそのまま投影した内容に。棚橋のハイフライフローは最近は見ているこっちの側が辛くなってくるのだが、それでも2度、3度と飛び続ける棚橋。終盤にスリングブレイドから畳み掛ける場面の動きのキレはさすがで、さらには掟破りのツームストンにレインメーカー。しつこく手首をつかみ続けるオカダを振り切り、棚橋がロープへ…というところで、タイツをつかんだオカダが渾身のレインメーカー!
 正直このフィニッシュはあっさりし過ぎだろう…とも思ったが、IWGP戦の定番となっていた3連発を見せず一発で仕留めたのが、今の両者の力関係の縮図であり、オカダからのメッセージだったのだろう。終わってみればあまりに順当な結果だったし、ここ1~2年のIWGP戦の中では技術的には標準レベルの試合だったが、棚橋の情念は痛いほど伝わってきた。

 これで新記録を更新するV12を達成したオカダ。本当にもう相手がいなくなっちゃったよ…と思っていたら、次期挑戦者には昨年引き分けたオメガを指名。そしてオメガが提案した時間無制限3本勝負をオカダが受諾!IWGPの3本勝負っていつ以来だろう…というか、この二人でこの形式やったら本当に死ぬぞ。
 これで大阪城ホール大会はオカダvsオメガの3本勝負に、内藤vsジェリコ。今年に関してはもうこれ以上タイトルマッチは詰め込む必要ないんじゃない?

[PR]
# by nugueira | 2018-05-04 22:38 | 新日本プロレス | Comments(0)
 新日本プロレス・レスリングどんたく初日を視聴。2日目が札止め、初日も上々の客入りで2Days興業はまずは大成功と言えるのでは。

 初日はゴールデン・ラヴァーズvsCody派の2大シングルマッチがメイン。飯伏vsCodyは飯伏が相変わらずの無茶な動きでペースを握るものの、Codyがロープ越しのクローズラインから逆転勝利。Codyの新しいフィニッシュホールド、地味にエグいな。あと最近は長机が一発で割れない場面が多いが、あれはああいう仕様なのか?

 メインのケニー・オメガvsハングマン・ペイジは予想通りオメガが勝利したものの、ペイジのシングルプレイヤーとしての意外なポテンシャルが発揮された試合。コーナーから場外へのムーンサルトなんかもできるのね。とはいえVトリガー一撃で流れをひっくり返せるのがオメガの強味。終盤のカウンターVトリガーは説得力がありすぎた。

 L.I.J. vs鈴木軍の試合では噂されるジェリコが登場するか…と思ったらヤングバックスがIWGPタッグに挑戦表明しただけで終了。ボーンソルジャーの登場やBOSJのメンバー発表もなく、少々肩すかしな感じ。まあボーンソルジャーは福岡で登場とまで予告してないし、ジェリコはそもそも噂レベルでしかないんだけど。

[PR]
# by nugueira | 2018-05-03 23:40 | 新日本プロレス | Comments(0)

[こだわり]バウト

 4月の各賞と5月のおすすめバウトを紹介。

MVP&ベストKO:ヨードレックペット・オー・ピティサック(4/14 KNOCK OUT)
 森井応援目線で見ていた大多数のファンとしても「参りました」というしかない、衝撃的なKO勝利。この1年半にKNOCK OUTが積み上げてきた貯金を全てかっさらわれた形だが、ムエタイの頂の高さを改めて思い知らされた。

ベストバウト:ダスティン・ポイエーvsジャスティン・ゲイジー(4/15 UFC on FOX)
 相変わらず見てるこっちの寿命が縮みそうな、ゲイジーの全面戦争型MMA。その土俵に引きずり込まれかけながらも最後はKOに持って行ったポイエーがお見事。パンクラスの砂辺vs室伏も良かった。

ベストサブミッション:北岡悟(4/15 パンクラス)
 久しぶりに持ち味を出し切ってくれた、足関での一本勝ち。試合後のマイクも含めて、北岡劇場は未だ健在。

[こだわり]バウト:ホルヘ・リナレスvsワシル・ロマチェンコ(5/13 WBA世界ライト級タイトルマッチ)
 実現してしまったことが未だにピンと来ない、現代ボクシング界究極のスピード対決。ボクシングという競技の技術体系すら塗り替えようとしている感のあるロマチェンコが、3階級目のベルトを手にするのか。修羅場をくぐり抜け逞しさを増した稀代のテクニシャン・リナレスがそれに待ったをかけるのか。瞬き厳禁の名勝負を見逃すな。

[PR]
# by nugueira | 2018-05-02 22:27 | 雑記 | Comments(2)

勝敗予想(4月の決算)

 4月の勝敗予想の決算を。

4/8 UFC223(2/4)
4/14 KNOCK OUT(1/2)
4/15 UFC on FOX(3/4)
4/15 パンクラス295(2/3)
4/22 Krush.87(1/1)
4/22 UFN128(1/3)
4/29 ベラトール198(1/1)


 合計は11/18で的中率61.1%。強いて敗因を探すと22日のUFCだが、他の大会も総じて伸びなかったという感じ。

[PR]
# by nugueira | 2018-05-01 23:12 | 雑記 | Comments(0)

みのるvs内藤

 IWGPインターコンチネンタル選手権試合、鈴木みのるvs内藤哲也を新日本プロレスワールドで視聴。

 両者ともフルスロットルで身体能力を爆発させ続けるのではなく、緩急をつけながら勝負所でペースチェンジをしていくのが上手いタイプ。果たして、序盤は内藤がのらりくらりとかわしながら試合のペースを握っていくが、中盤からはみのるが執拗なサブミッションで主導権を奪い返す。
 みのるの膝攻めを耐えに耐えた内藤が終盤に逆転…となるのだが、張り手連発から垂直落下→デスティーノというフィニッシュがやや唐突過ぎて、正直食い足りない感が。終盤に鼻血を流しながらうつろな表情を浮かべるみのるの絵面は迫力があったし、ハードル上げすぎなのかもしれないけど。

 およそ1年ぶりにベルトを奪回した内藤だが、ここから次の流れを作ってくれるか…となると少々不安も。前回のIC王者時代も、ファンの盛り上がりはさておきタイトル戦線のストーリー性は弱かったし、試合内容もいまいちインパクトに欠けたんだよね。1月に伏線を張ったきりになっているクリス・ジェリコとここで絡むのなら面白いけど。

[PR]
# by nugueira | 2018-04-30 21:42 | 新日本プロレス | Comments(0)

ヒョードル快勝

 ベラトールのメイン、動画をチェックしたので感想を。

エメリヤーエンコ・ヒョードル○-×フランク・ミア(1R KO)
 ミアのパンチをもらい下がるヒョードル。ミアが組み付いてケージへ押し込むが、ヒョードルが払い腰でテイクダウンを奪う。スタンドに戻った後はヒョードルが首相撲からのヒザ。前に出てワンツーを放ったミアに、ヒョードルの左フック!うつ伏せにダウンしたミアにヒョードルがパウンドを入れたところでストップ!ヒョードルが48秒KOで初戦を突破!

 危なっかしい場面も見られたヒョードルだが、やはり相対的に衰えが少なかったか。これで準決勝はヒョードルvsソネンというある意味で異次元対決。さすがに体重差を考えるとソネンが抑え込み続けるのは厳しそう。皇帝は少なくともトーナメント決勝までは視界が開けてきたか。

[PR]
# by nugueira | 2018-04-29 23:07 | その他(総合・寝技系) | Comments(0)

後藤vsジュース

 しばらくUFCの大会もないので、今週はレスリングどんたくの各タイトルマッチの観戦記を中心に。本日は後藤洋央紀vsジュース・ロビンソンのNEVER王座戦。

 昨年からのジュースに対する過剰なプッシュがどうにも解せないのだが、今回もこうしてNEVER挑戦にこぎつけた。が、結果はまたも「善戦するがベルトに手が届かず」。試合内容もなかなか突き抜けてくれないし、さすがにそろそろ見限られるぞ。細かい点だが「正規軍の選手なのにフィニッシュへのつなぎがグーパンチ」というのも気になるところ。実況席のライガーも「まあ、しょうがない」とか言っちゃダメでしょ。

 後藤は後藤で、NEVER奪還でベルトの価値を上げられているかというとウーン…な感じ。次期挑戦者がエルガンとタイチのどちらになるかは分からないが、そろそろ明け渡すタイミングかなあ。エルガンも一昨年のインターコンチ以来シングルの戴冠がないから、そろそろベルトが欲しいよね。

[PR]
# by nugueira | 2018-04-27 23:53 | 新日本プロレス | Comments(0)

ジェイvsフィンレー

 ジェイ・ホワイトvsデビッド・フィンレーのIWGP US戦を新日本プロレスワールドで視聴。

 かつて外国人ヤングライオン同士だった両者がどうしてここまで差が開いたのか…というのを考えていたのだが、こうして試合を見た結果「造形の差かなあ」という身も蓋もない結論に。もっさりした体型のフィンレーに対して、ジェイの身体は圧倒的に見栄えがいいんだよね。

 試合の方は場外放り投げバックドロップ、机へのパワーボム(破壊しきれずエルボーで追撃を入れたのはブックか事故か?)と身体を張った攻防を繰り広げた末、ジェイが2度目の防衛に成功。ジェイはまだ攻防の間がぎこちない部分はあるものの、ドームの大参事に比べたらだいぶ見れるようになってきた。今にして思うとあの試合の出来が悪かったのは棚橋のコンディション不良も相当影響していたか。
 ジェイがオメガに勝った時は「ここからどうするんだ?」とも思えたのだが、意外と地位が人を作る流れに乗りつつあるのかも。ジェイを若手外国人エースに押し上げていく路線はありかもね。ただブレードランナーは溜めの時間が短いので、フィニッシュホールドにしては余韻が残りにくいのが難点。

[PR]
# by nugueira | 2018-04-25 23:18 | 新日本プロレス | Comments(0)

ベラトール198の予想

 日本時間29日のベラトール、ヘビー級トーナメントの予想を。今回からAbemaTVでの中継は無し。無料コンテンツだったので文句は言えないのだが、やっぱりネット配信といえど不採算コンテンツへの風当たりは厳しいんだな…というのを感じずにはいられない。

エメリヤーエンコ・ヒョードル○-×フランク・ミア
 このトーナメント、ヘビー級選手の劣化が激しすぎてライトヘビー勢が優勝しかねない構図なのだが、それを象徴するカード。ジャディブに勝って以降はあまりにパッとしないヒョードルに、UFCリリース後およそ2年ぶりの試合となるミア。どっちが勝ってもおかしくない、というかどっちも負けてほしいな。ヒョードルは相打ちでミトリオンをダウンさせるパンチ力は残っているので、相対的な衰え度合いで優位かなあ…と思いこういう予想に。

[PR]
# by nugueira | 2018-04-24 23:29 | その他(総合・寝技系) | Comments(0)

佐々木vsゴンナパー

 Krush.87のメインの感想を。

佐々木大蔵×-○ゴンナパー・ウィラサクレック(判定)
 開始からゴンナパーが重たい左ミドルを連発。そこからワンツーへとつなげていく。佐々木はなかなか自分の距離を作れず、1R終盤にはロープ際で左ストレートを被弾しガクリと腰を落とす。
 2Rもゴンナパーの猛威は止まらず、ミドルからの左ストレートを次々とヒット。佐々木はワンツーや跳びヒザを返すが流れは変えられず、ロープ際でパンチ連打からローをもらってしまう。ダウンこそ免れているものの厳しい展開。
 最終ラウンド、ゴンナパーは今度は右を入れて佐々木をグラつかせると、またも相打ち気味の右をヒットし遂にダウンを奪取。佐々木は足元がおぼつかない状態になりながらもこれ以上のダウンは許さず、逆に自ら前に出て攻め続けるが、試合をひっくり返すことはできず。ゴンナパーが大差の判定で王座奪取に成功。

 佐々木には悪いが、ゴンナパーが勝つべくして勝った試合。一発の威力に差があり過ぎた。やはりK-1王者・功也にとって最大の関門はゴンナパーへのリベンジマッチになりそう。

[PR]
# by nugueira | 2018-04-23 23:48 | Krush | Comments(0)