人気ブログランキング |

『エンドゲーム』を観て号泣。


by nugueira

<   2017年 11月 ( 26 )   > この月の画像一覧

 エキサイトマッチの感想。まずWBCシルバー・ウェルター級王座決定戦、ショーン・ポーターvsアドリアン・グラナドス。
 ポーターは1Rからガンガン圧力をかけて手数を振るう得意のスタイル。ラウンド終盤にはポーターの右がグラナドスの顔面にヒット!2Rもポーターはグラナドスのパンチを細かいウィービングでかわしながら、距離を詰めての連打。ボディアッパーや左右のフックを叩き込む。
 互いにもみ合うように体を密着させての打ち合いになりグラナドスも手数を出すが、これはポーターの土俵か。4Rにはロープ際に詰めたポーターが、細かく左右にポジションを入れ替えながらラッシュ。6Rにグラナドスの右が入るものの、ポーターがすぐさま反撃。相手の打ち気を逸らしつつ、一旦前に出ると手数を出し続ける。
 7Rにはグラナドスをロープ際に詰めたポーターが繰り返し右ストレートをヒット。さらに8R、グラナドスが飛び込んできたところにポーターがカウンターの右!リズムに乗ったポーターはこの後も左右のパンチを次々とグラナドスの顔面へヒット。しかしグラナドスもタフで、終盤に入ってもひるむことなく前へ出続けていく。
 逆にポーターは攻め疲れたか、11Rに入った辺りからガクリと動きが落ちる。反撃に転じるグラナドスだがさすがにそれまでのビハインドは取り返せず、三者117-111でポーターが勝利。

 続いてIBF世界スーパーライト級王座決定戦、セルゲイ・リピネッツvs近藤明広。
 足を使うリピネッツに対し、近藤は前に出てロープ際に詰めようとする。2R、リピネッツは細かく上体を動かしながら手数を出すが、近藤もボディで応戦。
 リピネッツは下がりながらの攻撃で攻め急がないものの、パンチが真っすぐで速い。一方の近藤は動きは悪くないものの攻め切れない、という試合展開だったが、5Rに右が入りリピネッツがバランスを崩したところで距離を詰め、ようやく攻勢に転じる。6Rには偶然のバッティングでリピネッツが額から出血。
 後半に入った7R、近藤の左が繰り返しヒット。そこからさらに右につなげ、一気にリズムに乗ってくる。この後も近藤の動きは悪くなく単発のパンチも入るのだが、リピネッツがフットワークを使いながら細かいパンチをヒット。手数でリードする。
 終盤も近藤は運動量を落とすことなく圧力を強めるが、リピネッツを攻め切れない。12R残り30秒のところで近藤の左右の連打がヒット。最後のアタックを仕掛けるものの、逆転の一打は入らず試合終了。6~8ポイント差でリピネッツが王座を獲得。
 繰り返しになるが近藤の動きは終始悪くなく、海外で世界戦初挑戦という悪条件を感じさせない戦いぶり。それでもベルトを獲るにはどのラウンドも最後の一押しが足りず、逆にリピネッツが試合運びに秀でていた。日本人にはなかなかチャンスの巡ってこない階級だっただけに残念。

 メインはWBC世界ヘビー級タイトルマッチ、デオンテイ・ワイルダーvsバーメイン・スティバーン。
 開始から鋭いジャブを繰り出すワイルダー。1R残り1分を切ったところでワンツー!ガードをすり抜けて直撃をもらったスティバーンが一撃でダウン。ワイルダーは立ち上がったスティバーンに追撃を入れ、今度はガードごと吹き飛ばして2度目のダウン。最後は戦意喪失気味のスティバーンにロープ際で連打を入れフィニッシュ。
 ワイルダーはキャリア唯一の判定勝利の相手であるスティバーンを完膚なきまでに粉砕しベルトを防衛。相変わらず一撃の破壊力がヘビー級の中でも頭一つも二つも抜けている。

by nugueira | 2017-11-30 23:05 | ボクシング | Comments(0)
卜部功也〇-×クリスチャン・スペトゥク(判定)
 序盤はスペトゥクがミドルからのパンチ連打で攻めていくが、1R終盤から功也がローと左ストレートを着実にヒット。
 2R、功也は落ち着いてスペトゥクのパンチを捌くと、入り際に左ストレートを合わせダウン!一気にペースを握る。3Rはスペトゥクに有効打どころか被弾すら許さず、功也がミドルと左ストレートを次々ヒット。フィニッシュはできなかったものの査定試合を難なくクリアし、これでウェイ・ルイへの挑戦が確定か。

城戸康裕×-〇木村"フィリップ"ミノル
 木村がジリジリ圧力をかけるが、1Rは互いに目立った有効打はなく終了。2Rは城戸がローとテンカオを出すが、ロープ際に詰めた木村が左右の連打から左フックを入れダウン!さらに城戸をコーナーに詰めた木村はまたもラッシュを叩き込み2度目のダウンを奪取。
 城戸は明らかに足の踏ん張りが効いておらず、3Rも右フックをもらい通算3度目のダウン。KOこそ免れたものの、いいところなく完敗。ウェルター級への転向は失敗だったかなあ。

武居由樹〇-×ビクトー・サラビア(1R KO)
 ローとミドルを入れつつ前に出た武居、サラビアをコーナーに詰めるとバックスピンキックをボディに叩き込んでから追い打ちの左右ボディを連打!うずくまるようにダウンしたサラビアはそのまま立ち上がれず10カウント!
 今回は多彩な攻めのバリエーションを見せる暇もなく勝ってしまったが、とにかく決定力が見事。いずれ武尊でなく武居がK-1の顔になるのでは…という考えすら頭に浮かんでくる、見事な勝利だった。

by nugueira | 2017-11-29 23:38 | K-1 | Comments(0)
 11月の結果集計。

11/5 Krush.82(2/3)
11/4 ベラトール186(2/2)
11/5 UFC217(3/7)
11/12 パンクラス291(1/2)
11/12 UFN120(4/7)
11/19 UFN121(2/4)
11/23 RISE121(1/1)
11/23 K-1 WORLD GP(11/13)
11/25 UFN122(2/2)


 合計は28/41で的中率68.3%。K-1ヘビー級トーナメントの完全的中を含め終盤に追い上げたものの、7割には届かず。今年は本当に低調。







by nugueira | 2017-11-28 23:30 | 雑記 | Comments(0)

[こだわり]バウト

 11月の各賞と12月のおすすめバウト。ベストサブミッションは該当なし。

MVP:ローズ・ナマユナス(11/5 UFC217)
 絶対女王ヨアンナをKOに沈める、文句なしのアップセット・オブ・ザ・イヤー。再戦したらどうなるかは予想が難しいところだが、とにもかくにもUFCの歴史に残る勝利であることは間違いない。

ベストバウト:コディ・ガーブランドvsTJ.ディラショー
 軽量級屈指の好カードは期待に違わぬ、どころか期待以上の逆転劇でディラショー勝利。チーム間の抗争やここからガーブランドがどう巻き返すかも含めて、見どころの多かった試合。

ベストKO:武居由樹(11/23 K-1)
 KOラッシュとなった大会だったが、一番インパクトがあったのはやはり武居。『足立区不良伝説』の放送から1年足らずで、彼がここまで化けるとは夢にも思わなかったなあ。

[おすすめ]バウト:ワシル・ロマチェンコvsギジェルモ・リゴンドー(12/10 WBO世界スーパーフェザー級タイトルマッチ)
 決定した時はまさか、とも思えた現代ボクシング界至高の技術対決。階級を考えるとロマチェンコ優位だが、並外れたテクニックと決定力を併せ持つ両雄の激突がどういう展開を迎えるのか、実に楽しみ。

by nugueira | 2017-11-27 23:38 | 雑記 | Comments(0)

ビスピンvsガステラム

 UFC上海大会のメインを視聴。

マイケル・ビスピン×-○ケルヴィン・ガステラム(1R KO)
 並ぶとけっこう身長差がある両者。序盤からガステラムがリーチ差をものともせず圧力をかけ、ミドルをヒット。下がらされるビスピンはなかなか手数が出ないが、ガステラムが入ってくるところに浅くパンチを入れる。両者の手数が増えだした2分過ぎ、近距離でパンチが交錯。ビスピンのパンチをスウェーでかわしたガステラムは、打ち終わりでガードが空いたビスピンの顔面にカウンターの左をクリーンヒット!一撃で崩れ落ちたビスピンにパウンドを入れたところでレフェリーストップ!
 終わってみれば案の定というか、ビスピンが1ヶ月で2つの黒星を重ねる結果に。とはいえビスピンはこのオファーを受けること自体が大仕事だったはずで、責める気にはなれないなあ。ガステラムにとっては直近まで王者だったビスピンを仕留めたことで、当初予定されていたアンデウソン戦以上に存在感をアピールできる結果となったか。

by nugueira | 2017-11-25 23:55 | UFC | Comments(4)
 長い当ブログの歴史でも数えるほどしかないワンデイトーナメント完全的中。KOが多いのはレベルの低さの現れとも言えるのだが、ヘビー級ならではの迫力ある展開だった。

上原誠○-×パコム・アッシ(1R KO)
 上原がローに合わせた左を入れると、左ボディの直後に飛び込んでの左フックを叩きこみダウン。ダメージの残るアッシをコーナーに詰めると最後は右ストレートを打ち込み続け、幸先のよい1ラウンドKOで一回戦を突破。

K-Jee×-〇アントニオ・プラチバット(1R KO)
 プラチバットが序盤からローをヒット。K-Jeeがボディを入れる場面もあったが、プラチバットが強烈なローでダウンを奪うと、最後もボディからのローでフィニッシュ。

岩下雅大×-〇ロエル・マナート(1R KO)
 マナートが序盤から体格差で圧倒。強烈なミドルを叩き込んでダウンを奪い、何とか立ち上がった岩下をミドルからの左フックで倒しフィニッシュ。

KOICHI×-〇イブラヒム・エル・ボウニ(1R KO)
 開始と同時にパンチを振るうエル・ボウニが、カウンターの左フックを叩き込み文句なしの一撃KO。なんかもう、ダンプカーに正面衝突されたような終わり方。

上原×-○プラチバット(1R KO)
 最初はやや様子見だったプラチバットだが、圧力を強めると左ボディ・右ロー・左フック・右ハイのコンビネーションでダウンを奪取。立ち上がった上原を再度コーナーに詰めると、ボディから二段蹴りの跳びヒザを叩き込みKO。2度のダウンはいずれもお見事なコンビネーションで、見ていて「強ええ…」という以外の言葉が出てこなかった。

マナート×-○エル・ボウニ(1R KO)
 ハンドスピードに勝るエル・ボウニが序盤からパンチで押し気味に進めると、左フックでダウンを奪取。ラウンド後半はマナートが盛り返したものの、終了間際にエル・ボウニが再度左フックを叩き込んでKO。準決勝まで全て1ラウンドKO決着という驚愕の展開に。

プラチバット○-×エル・ボウニ(判定)
 序盤はスピードに勝るエル・ボウニのペース。しかしプラチバットは多少被弾しながらも前に出るとフックやボディをヒット。エル・ボウニは準決勝もその気配があったが、1ラウンド後半から動きが落ちてくる。それでも1R終盤にエル・ボウニがパンチを入れ、プラチバットがガクリと腰を落とす。
 ここまでKO続きだったトーナメントだが、決勝に来ていきなりの泥試合に。2R以降は両者消耗気味で、プラチバットは前に出て手数は出すがパンチも蹴りも伸びがない。しかしエル・ボウニはそれ以上に消耗が激しく、逃げ回るだけで手数が出ない。3Rはプラチバットがエル・ボウニをダウン寸前まで追い込み試合終了。
 1Rにエル・ボウニがダウンを取りかけた場面もあったのでドローでもおかしくないか?とも思ったが、判定は3-0でプラチバット。新生K-1初代ヘビー級王者はシカティックの弟子、というドラマチックな結果で幕を閉じた。
 最初に書いたようにトーナメント自体のレベルが低いと言われたらまあそうなのだが、単にデカいだけでなくスピードと技術を感じさせるプラチバットが優勝したのは好材料。対抗馬になる外国人選手を継続的に引っ張ってくるのは難しいかもしれないが、ヘビー級の流れも上手く盛り上げていってほしい。

by nugueira | 2017-11-24 23:47 | K-1 | Comments(0)

UFN122の予想

 25日の上海大会の予想を。日本時間の土曜夜という珍しい時間帯の開催。

リー・ジンリャン○-×ザック・オットー
 かつて日本大会でK太郎に逆転一本負けを喫したものの、そこから3連勝中のジンリャン。ホームでの試合ということでキッチリ結果を出したい。

マイケル・ビスピン×-○ケルヴィン・ガステラム
 アンデウソンの出場停止でどうなるかと思ったら、王座陥落直後のビスピンがまさかのスクランブル出場。UFCは中国市場に力入れていくつもりなんだなあ。
 GSP戦ではフィニッシュ前にダウンしているので当然ダメージはあるだろうし、緊急出場のうえに中国遠征でコンディション的にも相当厳しいはず。心情的に今回はビスピンに頑張ってほしいのだが、やっぱりガステラムのKO勝ちと見るのが妥当か。

by nugueira | 2017-11-23 21:41 | UFC | Comments(0)
 ワンマッチの方の予想を。

大和哲也○-×中澤純
 65キロの日本人対決。中澤は念願のK-1出陣だが、大和としては快勝してタイトルマッチ挑戦を決めたいところか。

小宮山工介×-○スタウロス・エグザコスティディス
 怪我人救助の御手柄で名を挙げた小宮山の出陣はまあ予想通りなのだが、大雅をKOしたエグザコスティディスを当てるのはエグいなあ。エグザコスティディス(長すぎ)もこれに勝てば大雅とのタイトルマッチが確実。

平本蓮○-×佐々木大蔵
 Krushタイトルマッチ以来の再戦だが、ここ1年の成長度合いで平本が上回りそう。

卜部功也○-×クリスチャン・スペトゥク
 復帰戦は白星で飾ったが内容はやや物足りなかった功也。削り合いの展開になった時に押し負けないかどうかがカギか。功也はこれに勝てば年明けの大会でウェイ・ルイに挑戦か?ゴンナパーへのリベンジより先にタイトルマッチ挑戦しちゃうのもちょっと違和感あるけど。

城戸康裕○-×木村“フィリップ”ミノル
 城戸が階級を下げミノルと対戦。ここ1年のミノルの試合を見ると、国内上位勢に勝てる感じがしない。

武居由樹○-×ビクトー・サラビア
 安定王者になるのは難しいのでは…と思えた武居だが、前戦で伊澤をKOしたのは驚いた。地位が人を作るパターンにはまったかなあ。武尊相手にラフファイトを繰り広げたサラビアに快勝できるか。

by nugueira | 2017-11-22 23:55 | K-1 | Comments(0)
 23日のK-1、まずはヘビー級王座決定トーナメントの予想から。とはいえ外国勢は試合映像を確認できていない選手が大半なので結構リスキー。

上原誠○-×パコム・アッシ
K-Jee×-○アントニオ・プラチバット
岩下雅大×-○ロエル・マナート
KOICHI×-○イブラヒム・エル・ボウニ


 まず一回戦。相対的に日本人の中では実績のある上原に初戦突破を期待したいが、他は総じて厳しそう。日本勢全滅もない話じゃなさそうだが。

上原×-○プラチバット
マナート×-○エル・ボウニ


 上原も外国勢相手に2つ勝つのはきついか。もう片方の山は本当に読めないが、キャリアに勝るエル・ボウニか。アンドレ・マナートの息子に頑張ってほしいところだけど。

プラチバット○-×エル・ボウニ

 毎度のことながらここまで来ると準決勝までのダメージにも左右されるので完全に当て推量。「シカティックの弟子」というフレーズに幻想を抱いておきます。

by nugueira | 2017-11-21 23:36 | K-1 | Comments(4)

RISE 121 の予想

 23日のRISE、セミだけですが予想を。

那須川天心○-×イグナシオ・カプロンチ
 細かく刻みにいってる感じがして恐縮だが、まあ那須川が負ける場面が当面想像つかないので。カプロンチは上の階級から落としてくるようなのでパワー差は気になるところだが、無傷で年末のRIZINに進んでほしい。

by nugueira | 2017-11-20 23:12 | RISE | Comments(0)