反り立つ壁に撃沈。


by nugueira

カテゴリ:RIZIN( 10 )

RIZIN.10の感想

 まずは生放送の2試合の感想。

中村優作×-○那須川天心(2R TKO)
 中村は前後左右の細かいステップから飛び込んでパンチを放ち、距離が詰まるとタックル紛いの組付き。少しやりにくそうな那須川だが、不用意な被弾はせず落ち着いて対処し、1R終盤に浴びせ蹴りでダウンを奪取!浴びせ蹴りってダウンが取れる技だったんだ…。
 2R早々に那須川が高速のワンツーを叩き込んでダウンを奪い、実質ここで勝負あり。中村の組付きを振りほどき距離をキープした那須川がパンチでダウンを重ね、文句なしのTKO勝利。中村も健闘はしたものの、やはり勝負論が生まれる組み合わせではなかった。

堀口恭司〇-×イアン・マッコール(1R KO)
 開始早々、距離を空けた堀口にマッコールが飛び込んでパンチを入れるが、堀口がカウンターの左一閃!マッコールが吹き飛ばされ9秒で決着!
 これはもう、どうコメントしたらいいのか…。秒殺KOはたいがい交通事故的な要素があるものなんだけど、今回はどんぴしゃのカウンター。元UFC上位ランカー相手にファーストコンタクトでこれをやってしまうとは…自分にはもう、解説できません(ジャイアント馬場風)。
 堀口は試合後のマイクで立ち技トーナメント参戦、那須川への挑戦を表明。正直これは乗れないなあ。今の堀口にMMAで釣り合う相手をRIZINが用意できないのは確かなんだろうけど、堀口が限られた競技人生をこのタイミングで立ち技に費やしてしまうことが勿体なくて仕方がない。

 その他の試合の感想はダイジェスト風に。朝倉海はバチバチの試合に終始するかと思いきや、テイクダウンで流れを変える組み立てができることに驚いた。まあだからこそアウサイからここまでのし上がって来れたんだろうけど。いい試合だったけど個人的にはケイプの勝ちだったのでは?という印象。
 矢地も3R終盤だけ見ると負け試合にしか思えないなあ。ヌネスも元UFCの割にえらい粗さの目立つ戦いぶりだったけど。

 浅倉カンナは終始圧倒したが、このレベルの相手ならきっちりフィニッシュしてほしかった。試合後のRENAの登場は、これまた乗れない展開。微妙な判定でもなく一本負けで序列は一旦ついたんだから、再起戦せずにダイレクトリマッチをやる謂れはないでしょう。この件については浅倉の言い分が全面的に正しい。

[PR]
by nugueira | 2018-05-07 23:31 | RIZIN | Comments(3)

RIZIN.10の予想

 ようやく今年の開幕戦を迎えるRIZIN。まあ思ったより早く大会を迎えたという感覚で、「やっぱり年取ると時間の流れが速いよね」という格闘技と関係ない結論になってしまうのだが。では(?)試合の予想を。

村田夏南子〇ー×ランチャーナ・グリーン
 村田が久々のRIZIN出場。怪我もあったし今回の対戦相手も直前に変更されたが、快勝でリスタートを切ってほしい。

浜崎朱加〇ー×アリーシャ・ガルシア
 元インヴィクタ王者の浜崎がRIZIN初出場。RENAの敗北で女子部門の軸も不安定な状態だが、きっちり存在感を示せるか。

マネル・ケイプ〇ー×朝倉海
 昨年末に存在感を示した選手同士となる、RIZINには珍しい(?)ストーリー性のあるカード。バチバチの打ち合いを期待したいが、やっぱりケイプの方に分があるだろうなあ。

ダロン・クルックシャンク〇ー×松本光史
 修斗ライト級王者の松本がRIZIN初参戦。ただいきなりクルックシャンクは苦しいなあ。RIZIN連敗中のクルックシャンクだが、打撃・グラウンドどちらの展開になっても上回りそう。

ディエゴ・ヌネス ×-〇矢地祐介
 4連勝でRIZINの顔になった…というほどの存在感は正直示せていない矢地。お手頃感のある外国人相手に、スカ勝ちを見せられるか。

浅倉カンナ〇-×メリッサ・カラジャニス
 ラスト3試合は年末のトーナメント覇者がそろい踏み。浅倉は昨年着実に成長を続けて大晦日にはRENAを撃破。今年はさらなるステップアップを見せてほしい。

中村優作×-〇那須川天心
 那須川はMMAファイターの中村相手にキックルールでの試合。中村には悪いが、2月のKNOCK OUTの試合を見た後ではイージーファイトにしか思えないなあ。RIZINはキックトーナメント構想をぶち上げているが、那須川に見合う選手をかき集められるのかが疑問。

堀口恭司〇-×イアン・マッコール
 堀口の初戦はマッコールと元UFCファイター同士の激突。RIZINの持ち駒の中で堀口に見合う相手をぶつけてきたが、ここ1~2年の充実度合からみて堀口優位は動かなそう。

[PR]
by nugueira | 2018-05-05 20:58 | RIZIN | Comments(2)

RIZIN.9

 5月6日のRIZIN.9の第一弾カードが発表。

 堀口恭司vsイアン・マッコール
 浅倉カンナvsメリッサ・カラジャニス 
 マネル・ケイプvs朝倉海
 ジャン・ウェイリーvs村田夏南子


 いやあ、今年もちゃんと大会やってくれるんだ…という辛口コメントはさておき、約3ヶ月前のこの時期にちゃんとカード発表されたことが驚き。何の音沙汰もないまま年度が明けてもおかしくないな、と思っていたもので。

 上記カードの他に那須川の出場も決定し、昨年末のトーナメント覇者3名は揃い踏み。更に年末インパクトを残したケイプと朝倉をぶつけたりと、昨年からの流れはきちんと形にしてくれた感じ。

 年間スケジュールからは当初ぶち上げていた中国大会が消えているけど、まあこれは妥当な判断では。UFCですら中国大会の定期開催には至っていない中、今のRIZINが乗り込んで商売できるとも考えにくいし。

 年末が大晦日一本になったのは寂しいし(ここ3年は29日の方だけ会場観戦していたので、今年の年末の過ごし方が悩ましい)、7月・8月は2週間間隔で大丈夫なのか?とか「中規模会場で別シリーズ」という構想は商売が成り立つのか?等、不安の種は正直尽きないのだが、とにもかくにも2018年の活動を始めたRIZIN。振り返ればかつてのDREAMや戦極は3年目にガタガタッと傾いていってしまったわけだが、鬼門の3年目を無事に乗り切れるか。

[PR]
by nugueira | 2018-02-14 22:43 | RIZIN | Comments(0)
五味隆典×-○矢地祐介(1R 三角絞め)
 矢地が首相撲からのヒザとパンチで攻勢。五味がヒザを着いたときはこれで終わりか…と思ったが、ここから五味がクリンチ状態でのフックを振り回すと、そのまま矢地を押し倒しパウンド連打。矢地の表情からしてもけっこう効いている様子だったが、最後は矢地が下からの三角で一本。
 ここ何年かの五味の試合では最も見せ場を作れていたが、五味を褒めるべきなのか矢地の甘さを攻めるべきなのか。世代交代がテーマだった試合で、五味が主役という印象になっちゃったのは矢地にとって痛いんじゃないだろうか。

真珠・野沢オークライヤー○-×チェルシー・ラグラース(1R 腕十字)
 えらい身長差のある両者。ラグラースが引き込むと下からの三角へ。結構ガッチリ決まって野沢も苦しそうな表情だったが、なんとか脱出するとヒザとパンチで攻勢。このまま打撃で仕留めるのかな?と思ったらアナコンダチョークへトライし、最後は腕十字で一本。
 両者のキャリアからして大晦日地上波生放送で取り上げるべきレベルじゃないのだが、一進一退の攻防となり結果的にテレビ向きの試合になったか。野沢はデビュー戦もそうだけど、練習の成果をきっちり試合で試そうとしているのがいい。

ミルコ・クロコップ○-×高阪剛(1R TKO)
 フルスイングでパンチを振るった高阪が勢い余ってスリップし、ミルコがバックを奪う。そのままパンチを入れ続けたミルコが高阪を押し倒すと、強烈なパウンド連打。高阪が何もできないまま遅めのストップ。
 視聴率のことを考えてもう少し長引かせる気はなかったのかね、とミルコに説教したくなる内容。ストップ後に高阪がなかなか起き上がってこないのでハラハラした。今年はあれだな、シウバを呼び出してミルコに制裁を加えてもらうしかないな。

[PR]
by nugueira | 2018-01-03 17:21 | RIZIN | Comments(0)
 女子トーナメントの感想を。予想(期待)どおり・大団円な結末の多かった大晦日にあって、ここは見ていて切なかった。

RENA○-アイリーン・リベラ(1R KO)
 距離の測り合いからリベラが跳びついてバックに回るが、RENAはウィン戦と同様おぶった状態でコーナーへ行くと、リベラを振り払いボディブローとヒザ。効かされた様子のリベラを最後はパンチ連打で仕留め、難なく決勝進出。

マリア・オリベイラ×-○浅倉カンナ(2R 腕十字)
 序盤はタックルを切られた浅倉だが、1R中盤にテイクダウンを奪うと、マウントから肩固め、アームロック、腕十字を次々と狙っていく。このラウンドは凌がれたものの、2Rは早々にテイクダウンを取ると最後は腕十字で一本。これまではテイクダウンとポジションキープはできてもそこから先の攻め手がなかった浅倉だが、成長を感じさせる勝利。

RENA×-○浅倉(1R チョークスリーパー)
 両者慎重に間合いを探る展開から、浅倉がタックル。RENAはテイクダウンされるもののロープに手を掛けつつ脱出。スタンドに戻った後はRENAが何度か浅倉のタックルを切るものの、浅倉が再びテイクダウンに成功。亀になったRENAの体を伸ばしバックチョークを決めると、最後はタップを拒んだRENAが失神!
 勝負が決した瞬間、ツイッター上では佐藤ルミナvs宇野薫とオーバーラップさせるコメントが多数見られたが、確かに格闘技のリアルさ・生々しさがこれ以上ないほど表現されていた試合。敗れたRENAにも勝った浅倉にもそれぞれストーリーがあって、テレビの前で涙ぐんでしまった。
 RENAが総合本職の選手と戦ったらいずれこうなる、というのは予想できていた結果ではあるのだが、浅倉がそれだけの力を身に着けていたことは純粋に賞賛するしかない。昨年末のガルシア戦ではフィジカル面のひ弱さが目立っていたが、この1年で白星を重ね続けるとともにもの凄いスピードで成長を遂げた。RENAの初黒星が浅倉、というのはある意味物語として完璧な展開。
 一方のRENA。この2年間RIZINの顔としてのポジションをキープし続け、本職ではないにも関わらず女子MMAの活性化にとてつもない貢献を果たした。最後の最後に望んだ結果は手に入らなかったが、そもそもRENAがいなければこの場そのものが存在しなかったはず。
 ルミナvs宇野になぞらえるならば「ここからのRENAのリベンジストーリーを見たい」という期待はあまりに楽観的に過ぎるかもしれない。それでもRENAには立ち止まることなく、ここまで積み上げてきたものに胸を張り続けてほしい。

[PR]
by nugueira | 2018-01-02 10:47 | RIZIN | Comments(0)
 本年もよろしくお願いします。大晦日のRIZINの感想を少しずつ。まず男子トーナメントから。

那須川天心○-×浜本“キャット”雄大(2R KO)
 那須川の圧力に開始直後から回り続けるだけになる浜本。ボディやミドルを入れ続けた那須川は2Rにミドルからの左でダウンを奪うと、立ち上がった浜本に跳びヒザ一閃!テンプルにクリーンヒットし、快勝で決勝進出。

砂辺光久×-○藤田大和(3R KO)
 根性は見せた砂辺だが藤田のパンチに押されてクリンチする場面が多くなり、3Rにボディを食らいダウン。立ち上がるものの最後は左フックに沈んだ。今年はちゃんと適正階級でのMMAの試合を組んであげてほしい。

那須川○-×藤田(1R KO)
 開始からフルスロットルの那須川がヒザとパンチでダウンを奪うとあっという間にダウンを重ね、最後は左フックでフィニッシュ。主催側が煽った再戦だったが、立ち技の土俵では実力差がありすぎた。
 試合後のマイクで那須川は観客に「武尊」の名前を言わせるパフォーマンス。生放送でこれをやっちゃう辺りが怖い者知らずだなあ。解説をしていた関根勤の「あとは諸事情ですよね」というぶっこんだ発言も良かった。

マネル・ケイプ×-○堀口恭司(3R 肩固め)
 地上波では3Rから放送だったが、堀口がダウンを奪いながらバッティングにより中断するハプニング。最後はグラウンドに持ち込み肩固めで一本勝ちしたものの、決勝に向け不安の残る展開に。

大塚隆史×-○石渡伸太郎(判定)
 大塚のタックルを切り続けた石渡が、3R終盤にはパンチで大塚を追い込み判定勝利。堀口との再戦へコマを進めた。

堀口○-×石渡(2R KO)
 再戦ということもあってか立ち上がりは慎重な両者。石渡の蹴り足をつかんだ堀口がテイクダウンに持ちこむと、マウントから強烈なパウンドを叩き込む。1R終盤に何とか立ち上がる石渡だが、かなり削られた様子。
 2R開始早々、ダメージの濃い石渡が前に出るものの、そこへ堀口の右フック一閃!一撃で石渡の意識を刈り取る鮮烈なKOで堀口がトーナメントを制覇。
 4年前の敗戦以来、石渡は着実に力を積み上げて堀口との再戦にこぎつけたが、堀口の進化がそれを遥かに上回っていた。前回の対戦時は大晦日の地上波中継がない国内MMA冬の時期だったわけだが、その時代を生き抜いた両者が復活した大晦日興業のメインで合いまみえたというのが感慨深い。敗れた石渡も含め「こいつらスゲエよ」と言いたくなる試合だった。
 堀口はRIZIN電撃移籍以来、破竹の5戦5勝。もはや張り合える相手を探すのが難しくなってきそうだが、RIZINには海外勢を含め強豪を引っ張り出してほしい。

[PR]
by nugueira | 2018-01-01 13:59 | RIZIN | Comments(0)
 二回戦の結果を受け、本日の準決勝・決勝の予想を。

堀口恭司○-×マネル・ケイプ
 このトーナメントのダークホース的存在となったケイプ。ここまでの2試合は底を見せないまま勝ち上がってきたが、そうは言っても底はたいして深くないはず。一発の怖さではオリベイラの方がよほど厄介だったし、テイクダウンされたら何もできなさそう。堀口KO勝利か。

石渡伸太郎○-×大塚隆史
 2014年大晦日の再戦。大塚が二回戦で見せた粘りには驚かされたが、前回の対戦以降の実績からしても石渡がリベンジを許すことはないのでは。

堀口○-×石渡
 決勝は蓋をあけてみれば本命・対抗の対戦になるか。石渡は4年前の堀口戦から実力と結果を積み上げ続け、バンタム級国内最強の地位を築いた。石渡にしてみれば満を持しての再戦だと思うが、それ以上に堀口が進化を遂げてしまっている。RIZIN参戦後の3試合で基本性能の違いをまざまざと見せつけているし、バンタム級での体格差は全くハンデになっていない様子。石渡に意地は見せて欲しいが、大本命の堀口が優勝という大団円を迎えそう。

[PR]
by nugueira | 2017-12-31 11:04 | RIZIN | Comments(0)
 29日のRIZINの感想、大晦日につながるバンタム級GP4試合から先に。前半戦の感想は年明けになるけど、このままお蔵入りにしたいぐらい。

カリッド・タハ×-〇大塚隆史(3R フロントネックロック)
 序盤からタハが積極的に打撃を繰り出し、ワンツーをもらった大塚がグラつく。全く動きを見せない大塚は1R終盤にようやくテイクダウンを取るが、そこから先の攻めにつながらずタハが立ち上がる。
 2Rも打撃で攻めるタハ。大塚のタックルを切るとがぶって逆に上を取り、サイドからバックマウントへ。フィジカルとパワーがケタ違いのタハに大塚はなす術ないかと思えたが、3R序盤にテイクダウンを奪うとタハの立ち上がり際にギロチン!そのままネックロックに捕えるとタハがタップ!大塚が勝つとしたら塩判定意外に想像がつかなかったので、この状況からの大逆転は本当に驚かされた。

ケビン・ペッシ×-〇石渡伸太郎(1R KO)
 バンタム級では破格の身長を持つペッシが、開始から長いリーチでの打撃を繰り出す。石渡はテイクダウンしてもペッシの長い手足に手こずるものの、スタンドに戻ったところで踏み込んできたペッシに対し右フック一閃!意識を刈り取られたペッシが前のめりに崩れ落ちる完璧なKOで準決勝にコマを進めた。

イアン・マッコール×-○マネル・ケイプ(1R TKO)
 勢いのいい打撃を繰り出すケイプにマッコールは組み付いていくが、ケイプのヒザがヒット。ケイプはさらにギロチンの状態へ持ち込むが、ここでマッコールの出血がひどくなりドクターチェック。結局ストップがかかり、鳴物入りで参戦したマッコールは敢え無く敗退。消化不良ではあるが打撃が入ってのカットだから致し方ない。ケイプはアーセン戦に続き底を見せないまま準決勝へ。

堀口恭司○-×ガブリエル・オリベイラ(1R KO)
 堀口は細かいステップを踏みながらローと飛び込んでのパンチをヒット。オリベイラのローブローで中断の後、堀口はタックルから体格差をものともせずテイクダウンに成功。オリベイラはこの辺りから打つ手がなくなってきた感じで、スタンドに戻った後はギアを上げた堀口が次々とパンチやミドルをヒット。右でダウンを奪うと、最後は右フックから返しの左をヒットさせオリベイラをKO。横綱相撲の試合内容で2回戦をクリアした。
 フェザーから下げてくる実質2階級上のストライカーが相手であり、見ている側にも「ひょっとしたら」という嫌な空気が流れていたのだが、堀口がスピード・馬力含め全局面でオリベイラを寄せ付けなかった。大会開始前のファンEXPOスペースに行ったら堀口が姿を見せファンにもみくちゃにされており、「本番直前にこれやるか?」と驚いたのだが(私も握手してもらったが)、この辺の強心臓ぶりも合わせて「堀口のためのトーナメント」ということを再認識させる勝ちっぷりだった。
 大本命の堀口にケイプはどう戦うのか、石渡は決勝で再戦にこぎつけられるのか。明日、すべての答が出る。

[PR]
by nugueira | 2017-12-30 21:42 | RIZIN | Comments(0)

RIZIN速報

北岡悟×-○ストラッサー起一(判定)
 体格に勝るストラッサーが北岡のタックルを切り続け打撃で圧倒。

杉山しずか×-○渡辺華奈(判定)
 序盤は苦しんだ渡辺だが、3Rにマウントキープから腕十字を狙い勝利。

才賀紀左衛門×-○朝倉海(2R KO)
 フックでダウンを奪った朝倉、最後はグラウンド膝でフィニッシュ。

アンソニー・バーチャック×-○ムン・ジェフン(判定)
 バーチャックが2Rから急に失速。最後の方はサンドバッグ状態に。

高谷裕之○-×バータル・アズジャブハラン(判定)
 サークリングし続けるだけのアズジャブハランに高谷がローとハイを入れ続けるだけで終了。

KINGレイナ×-○シンディ・ダンドーワ(判定)
 1Rにバックを取られ続けたレイナ、2Rに盛り返すもスプリットで敗れる。

イリー・プロハースカ○-×カール・アルブレックソン(1R KO)
 寝技で固められ苦戦していたプロハースカ、終了間際のラッシュで大逆転勝利。

カリッド・タハ×-○大塚隆史(3R ネックロック)
 打撃・グラウンドともに劣勢だった大塚、最終ラウンドに変形ネックロックで逆転一本。

ケビン・ペッシ×-○石渡伸太郎(1R KO)
 ペッシの長い手足に落ち着いて対処した石渡、右フック一発でペッシの意識を刈り取りKO。

イアン・マッコール×-○マネル・ケイプ(1R ドクターストップ)
 ケイプの膝でマッコールが流血しストップ。ケイプが底を見せないまま準決勝へ。

堀口恭司○-×ガブリエル・オリベイラ(1R KO)
 全局面で圧倒した堀口が最後はパンチでKO。堂々の横綱相撲。

[PR]
by nugueira | 2017-12-29 23:55 | RIZIN | Comments(0)
 大晦日のワンマッチの方の予想。

五味隆典×-○矢地祐介
 五味が大晦日のリングを戦いの場として選んでくれたことは嬉しいものの、ここ2年ほどの結果と内容を見る限り期待できる要素が何もない。分かりきっている結果を目の前に突き付けられる、辛い時間になりそう。

真珠・野沢オークライヤー○-×チェルシー・ラグラース
 野沢娘はレベルはさておき真面目にMMAをやっているし、大舞台に呑まれないのも強み。今回もきっちり結果を出してくれるか。

ミルコ・クロコップ○-×高阪剛
 ミルコ引退ロード(何回目?)は面白くなりそうだけど、「来年の大晦日までは絶対負けさせないぞ」という主催者の声が聞こえてきそうなカード。高阪がテイクダウンしてもそこから極めきる展開に持っていくのは難しそうだし、凌ぎ続けたミルコが最後はKOか。

[PR]
by nugueira | 2017-12-27 23:37 | RIZIN | Comments(0)