反り立つ壁に撃沈。


by nugueira
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カテゴリ:RISE( 51 )

RISE 129の感想

イグナシオ・カプロンチ×-〇スアキム・PKセンチャイムエタイジム(判定)
 2R、スアキムがカプロンチの入り際にタイミングよくパンチを合わせダウンを奪取。3Rもスアキムはカプロンチをロープ際に詰めると、相手のパンチをスウェーでかわしながらワンツーを叩き込む。那須川戦の内容で相対評価するとこういう力関係かな、と予想していたとおりの結果に。それにしても外国人同士の試合があると、興行の雰囲気が変わってくるね。

“ブラックパンサー”ベイノア〇-×渡部太基(判定)
 鋭い踏み込みからパンチを出すベイノア。渡部に三日月蹴りを効かされ一旦後退するものの、再び盛り返すと渡部の顔面へパンチを集めていく。1R終盤に渡部がロープ際で打たれ続けたところでスタンディングダウン。
 このままベノイアが一気にKOするか、と思ったら2R以降は意外と無理をしない戦いぶり。それでも各ラウンドでパンチ連打を集める場面を作ったベノイアが判定勝利でウェルター級王座を獲得。粗さも目立つけどいい選手。

清水賢吾×-〇マイティ・モー(3R KO)
 体重なんと25キロ差!そういやモーってそんなに重たかったか。1R、モーが距離を詰めてのアッパーをヒット。清水はやはりパワーの差が苦しい。
 それでも2Rに入ると清水がモーのボディへミドルやテンカオを叩き込み、モーがダウン!あとはモーの一発に気を付ければ…という状況で3Rを迎えるものの、モーが右フックを繰り返しヒット。効かされ後退した清水にモーが追撃を入れたところでレフェリーストップ。引退試合を白星で飾れなかった。
 勝てない試合ではなかっただけに本当に残念。とはいえ清水の長年の激闘に感謝。お疲れ様でした。

裕樹×-〇ロッタン・ジットムアンノン(判定)
 序盤からローを蹴る裕樹に、ロッタンはガンガン距離を詰めると左右のボディ、テンカオを打ち込んでいく。裕樹のパンチが顔面に入る場面もあるのだが、ロッタンは効いた素振りすら見せず前進。相変わらずの頑丈さを見せつける。
 しかし2Rに入るとロッタンも奥足へのローが効いてきた様子。裕樹のロー、ロッタンのボディという我慢比べの展開となってくる。ロッタンは前蹴りで距離を取ったりムエタイ流のこかしで時間を稼いだりと、かなりキツくなってきた様子。
 裕樹がひっくり返せるか…という空気も流れ始めた3Rだが、ロッタンがボディから顔面へのパンチ連打を叩き込みなぎ倒すようにダウンを奪取!立ち上がった裕樹に追撃のラッシュで2度目のダウンを奪い、終わってみれば大差の判定勝利。裕樹も頑張ったが、最後にロッタンが破壊力を見せつけた。

那須川天心〇-×内藤大樹(1R KO)
 ローを蹴る内藤に那須川も積極的に応戦。接近しての連打で内藤を吹き飛ばすと、ロープで跳ね返ってきたところにパンチを叩き込みダウンを奪取!立ち上がる内藤に手を緩めることなくテンカオとパンチのラッシュを叩きこみ、あっという間に3度のダウンを奪い圧勝!
 3年ぶりの再戦だったが、この3年で両者の差は縮むどころか逆に開いていた。那須川は内藤を呑んでかかっていたし、内藤も呑まれてしまった感じ。ロッタン戦や堀口戦のようなヒリヒリ感はなかったが、久しぶりに強い天心を見ることができた。
 那須川は試合後のマイクでメイウェザー戦への意気込み、さらにロッタンとの再戦について言及。何はともあれまずは大晦日。エキシビジョンだろうが何だろうが、神童は世界を驚かす勝負へと挑む。

[PR]
by nugueira | 2018-11-17 21:55 | RISE | Comments(0)

RISE 129の予想

 17日のRISE両国大会予想。

HIROYA〇-×内村洋次郎
 この期に及んでHIROYAがMMA選手相手に戦うのも疑問だし、内村もなぜこのタイミングで他流試合に挑むのか。疑問しか浮かばないカード。

秀樹〇-×パン・ジュヤン
 KNOCK OUTスーパーライト級トーナメントで活躍した秀樹がRISEに帰還。インパクトのある勝ち方をしてほしい。

イグナシオ・カプロンチ×-〇スアキム・PKセンチャイムエタイジム
 那須川に敗れている選手同士の対戦。那須川戦の内容で相対評価をすると、やっぱりスアキム優位だろうか。

清水賢吾〇-×マイティ・モー
 国内重量級を長年引っ張ってきた清水の引退試合。今さら感のあるモーには負けてほしくない。

裕樹×-〇ロッタン・ジットムアンノン
 那須川を最も苦しめた男・ロッタンが再襲来。迎え撃つはRISE3階級王者の裕樹。「生き物として強い」というムードをまき散らすロッタンの戦いぶりは本当に圧倒された。裕樹は苦しい試合になりそう。

那須川天心〇-×内藤大樹
 メインは元SB王者・内藤が那須川へのリベンジに挑む一戦。那須川はメイウェザー戦を巡るゴタゴタが雑音にならないかが心配といえば心配だが、その程度のことに足元をすくわれていたら今のポジションにいないはず。モヤモヤを振り払うKO劇を期待。

[PR]
by nugueira | 2018-11-12 23:05 | RISE | Comments(0)
 RISE125のメインをGyaoで視聴。もう、私には解説できません(馬場風)。

那須川天心〇-×ロッタン・ジットムアンノン(延長判定)
 向かい合うと思ったより体格差は感じないが、開始から圧力をかけて前に出ていくのはロッタン。ローを出すロッタンに対し、那須川は顔面へのパンチを集めていく。ロッタンはパンチをもらった後も自ら顔を叩いて那須川を挑発。パンチの正確さでは那須川だが、ロッタンもガンガン前へ出て攻撃を繰り出すので気が抜けない。呼吸が止まりそうな緊張感の中、1Rが終了。
 2R序盤にはギアを上げた那須川が顔面へ連打!しかしいつもならダウンを奪えるはずのパンチを打ち込んでも、ロッタンは効いた様子を微塵も見せない。ペースを落とすことなくロッタンがプレッシャーをかけ続け、有効打を入れているはずの那須川の方に不穏な空気が漂ってくる。
 3R、ロッタンはなおもプレッシャーをかけながらミドルとパンチの連打。那須川はボディを効かされたか、ラウンド後半から手数がガクリと減ってくる。このラウンドは明らかにロッタンのペース。
 4Rは那須川が再びパンチを入れ五分の展開に引き戻すが、ロッタンは相変わらず効いた素振りを見せずに那須川を挑発。インターバルの時間すらコーナーから客席を煽るパフォーマンスを行い、怪物ぶりを見せつける。
 那須川が明確に押されている空気で迎えた5R、ロッタンがミドルで那須川を下がらせると、ロープ際に詰めて左右のボディを連打!那須川は棒立ちでガードするのが精いっぱいで、その後の反撃もパンチに力が入っていない。ロッタンが再度優勢を印象付けて本戦が終了。
 5Rが終わった瞬間「那須川負けた!」と確信したが、判定はロッタン1-0で延長戦へ。とはいえ流れはロッタンだろう…と思いきや、延長Rでは再びキレを取り戻した那須川が顔面へパンチを入れていく。逆にロッタンは5Rまでに比べて圧力・手数ともに落ちた印象。那須川が終盤は掛け逃げ気味の浴びせ蹴りも出しつつ、6Rが終了。ここでは那須川の有効打が評価され、那須川が3-0でRISE世界王座を獲得。

 とにかくもう、ロッタンが化け物だった。1階級上の選手ということを差し引いても、那須川の攻撃をあれだけ食らって腰を落とす場面すら見せないとは…。もうムエタイどうこうじゃなく「生き物として強い」としか言いようがない。
 延長Rが那須川なのは妥当としても、本戦は3・5Rがロッタン。2Rは有効打で那須川が取ったにせよ、49-48でロッタンのはず。那須川が負けたとしてもこの試合の価値に揺らぎはないはずで、掛け値なしの物凄い勝負だっただけに素直に喜べない結果になってしまったのは残念。
 とはいえ那須川本人がそこはよく分かっているはずで、試合後の「試合に勝って勝負に負けた」という発言に全てが集約されていた。那須川がガードを固めて打たれ続ける姿も、掛け逃げの技を繰り出す姿も今回初めて見たわけで、勝敗とは別次元ロッタンの凄さは見ていた全員に伝わったはず。「世界にはまだこんな強い奴がいるのか!」と年甲斐もなくワクワクしてしまい、格闘技ファンをやっていて本当に良かった、と思える一戦だった。

[PR]
by nugueira | 2018-06-17 22:26 | RISE | Comments(4)

RISE125の予想

 17日のRISEの予想。Gyaoで中継するらしいが、AbemaのK-1の中継とバッティング。パイの食い合いにしかならない興行戦争はどうにかならないものなのか。

HIROYA〇-×高谷裕之
 「はぐれTRY HARD軍」のリーダーことHIROYAがRISE参戦。対するは高谷。こういう場面でMMA選手が当て馬にされる構図はスッキリしないなあ。

那須川天心〇-×ロッタン・ジットムアンノン
 RISE世界フェザー級王座を賭け那須川と激突するのは、ルンピニー&ラジャダムナンのスーパーフェザー級1位であるロッタン。ガチ中のガチな相手を引っ張り出してきたなあ。
 とはいえ2月のスアキム戦でも書いたように、格下相手の無敗記録に数字以上の意味はなく、強い奴とのヒリヒリする試合を乗り越えていく那須川を見る方が何百倍も面白く、価値がある。先月の井上尚弥しかり、凡人のつまらない心配を振り払ってこそ、スーパースターは光り輝くのだ。那須川の判定勝利と予想。

[PR]
by nugueira | 2018-06-11 23:08 | RISE | Comments(0)

RISE 121 の予想

 23日のRISE、セミだけですが予想を。

那須川天心○-×イグナシオ・カプロンチ
 細かく刻みにいってる感じがして恐縮だが、まあ那須川が負ける場面が当面想像つかないので。カプロンチは上の階級から落としてくるようなのでパワー差は気になるところだが、無傷で年末のRIZINに進んでほしい。

[PR]
by nugueira | 2017-11-20 23:12 | RISE | Comments(0)

那須川vsシェーハン

 FUJIYAMA FIGHT CLUBで那須川天心vsライアン・シェーハンのISKAタイトルマッチを拝見。

 開始早々に右でシェーハンの顔面を捉えた那須川。そこからパンチの回転を上げシェーハンを下がらせると、ややガードが上がり気味のところに顔面への右ストレート→左のボディストレートを叩き込む。吹き飛ばされたシェーハンはそのまま立ち上がれず10カウントを聞き、那須川が72秒KOでタイトル防衛。

 1ラウンドKOという結果は知っていたが細かい経過は確認していなかったので、映像を見てびっくり。ボディストレートでのKOも初めて見たし、そもそもボディストレートで人間がこういう風に吹き飛ぶ場面を初めて見た。相変わらずすごい勝ち方をやってくれちゃうなあ。才賀との試合は今どき(というか昔から)需要があるのか分からないMIXルールだが、那須川が普通にキックルールでKOしそう。

[PR]
by nugueira | 2017-06-22 23:53 | RISE | Comments(0)

RISE117の予想

 20日のRISE、メインの予想を。

那須川天心○-×ライアン・シェーハン
 いや、結果的にセコく勝敗予想の的中率を稼ごうとしているのが申し訳ないところではあるのだが。勢いが加速する一方の那須川にとって、結果以上に内容が期待される試合。派手なKO防衛を見せてくれるのでは。6月のKNOCK OUTには名前がないので、次戦は7月のRIZINか?

[PR]
by nugueira | 2017-05-15 23:14 | RISE | Comments(0)

RISE 111の予想

 29日のRISE、相変わらず鉄板つまみ食い感は否めないのだがセミの予想を。

那須川天心○-×タリック・トッツ
 最近はK-1のケの字も聞こえなくなった那須川。以前も書いたがしばらくの間は那須川の無双ぶりを堪能させてもらう、ということでいいのでは。外国人相手のフィジカル差は前回の試合でも課題として見えてきたが、ショートスパンでの連戦も一因だったはず。今回はきっちりKOで仕留めて怪物ぶりを示してほしい。
[PR]
by nugueira | 2016-05-25 00:01 | RISE | Comments(0)

RISE 110の予想

 26日のRISE、メインの予想を。

フレッド "The Joker" コルデイロ×-○那須川天心
 那須川がISKA王座決定戦に挑む。ショートスパンかつ異なるルールでの連戦になるが、那須川にとってそういう細かい(?)話は影響しなさそう。無双ぶりを発揮して2つ目のベルトを獲得することを期待、というか必ずやってくれるでしょ。
[PR]
by nugueira | 2016-03-21 08:39 | RISE | Comments(0)

RISE 100 の予想

 遂に100回目のナンバーシリーズを迎える12日のRISE。70キロ級2試合の予想を。

日菜太○-×サモ・ペティ
アンディ・サワー○-×城戸康裕

 両方とも有体に言えば「格」重視の予想で。
 まあ日菜太は順当に勝ってくれるはずで、勝負論的にも面白そうなのはサワーvs城戸。サワーはこの前緑川を相手に取りこぼした前例もあるし、記念大会で城戸が大仕事をやってのける可能性もゼロではないか。ただ城戸の戦いぶりは安定感はあるものの、この前のKrushのタイトルマッチなんかは倒しきれない詰めの甘さも感じられた。やはり接戦にはなっても最後はサワーが押し切るかな、という予想にしておきます。
[PR]
by nugueira | 2014-07-08 23:28 | RISE | Comments(0)