反り立つ壁に撃沈。


by nugueira

2018年 10月 08日 ( 1 )

拳四朗vsメリンド

 WBC世界ライトフライ級タイトルマッチ、拳四朗vsミラン・メリンドの感想を。

 拳四朗は小刻みなリズムで体を動かしながらメリンドとの距離を測っていく。1Rはまずは様子見か。
 2Rはメリンドの右クロスでヒヤリとする場面もあったが、拳四朗が着実に左ジャブをヒット。3Rに入るとギアを上げた拳四朗はワンツーの手数を増やしていく。この日の拳四朗はとにかく出入りのスピードが素晴らしく、ワンツーをもらったメリンドが反撃しようとすると、もうパンチが届く距離にいない。メリンドは戦いながらかなりイライラしていたのでは。
 中盤戦に突入した5R、拳四朗はワンツーだけでなく得意の右ボディもヒット。メリンドの距離とリズムを見切ってきた感じで、完全にペースを握った。流れを変えたいメリンドは6Rに自ら前に出て手数を増やすものの、拳四朗は逆に押し返すとワンツーからのボディで滅多打ち。
 迎えた7R、拳四朗の勢いは止まらずメリンドにワンツーを次々ヒット。前のラウンドにカットしたメリンドの出血がひどくなり、最後はドクターストップ。拳四朗が3戦連続KOでV4に成功。

 いや、拳四朗強い。かつてダイジェストでしか試合を放送してもらえなかったボクサーとは思えないわ。実績的には過去最高の難敵を迎え、現に1ラウンドは慎重さも見てとれたのだが、そこから抜群の距離感と的確なジャブでスルスルッとペースを握ってしまった。
 井上の次戦は海外開催が濃厚となると、次のフジのボクシング中継は拳四朗+この日ゲストに来ていた伊藤雅雪とかの組み合わせでも十分いけるのでは。拳四朗は毎回いい勝ち方をしても、その直後の井上が凄すぎて記憶を上書きされてしまうのがさすがに可哀想だし。

[PR]
by nugueira | 2018-10-08 14:11 | ボクシング | Comments(0)