反り立つ壁に撃沈。


by nugueira

2018年 10月 07日 ( 2 )

 WBSSバンタム級トーナメント一回戦、井上尚弥vsファン・カルロス・パヤノをテレビ観戦。両選手入場前の照明を天井へ向ける演出がカッコいい。

 パヤノは筋肉のつき具合もよく、しっかり仕上げてきた感じ。開始直後に左右のパンチで牽制するパヤノに対し、井上はじっくりと距離を測る。井上が踏み込んでの左ジャブ、パヤノの顔面が跳ね上がったところにすぐまさ右ストレート!両足を揃えて背中からマットに倒れたパヤノ、起き上がれず!1分11秒で井上がKO!

 もうねえ、一言。マンガかよ!!
 世界最強トーナメントだよ?相手は曲者の元世界王者だよ?ファーストコンタクトのワンツーだよ?解説の山中が「尚弥のビッグパンチをもらったパヤノがヤバイと思うか、これならいけると思うかで展開が変わってくる」と言っていたが、ヤバイどころじゃなかった。
 「まあ井上が勝つだろうけど、決して油断はできない相手」と多くの人が思っていたはずだが、そんな我々の油断を井上に突かれてしまった形。これ、大晦日だったらたけしが「早すぎだバカ野郎!」と怒り出すレベルですよ(井上の試合でこの例えを使うの、既に結構な回数になってる気もする)。

 開幕前からトーナメント大本命と見られていた井上が、その期待すら軽々と凌駕する衝撃のKO発進。今回の試合は世界に相当なインパクトを与えたはず。もはやWBSSは、井上のために存在するのか。

[PR]
by nugueira | 2018-10-07 22:17 | ボクシング | Comments(6)
 UFC229をWOWOWオンデマンドで視聴。まずはメインの感想から。

ハビブ・ヌルマゴメドフ〇-×コナー・マクレガー(4R 裸絞め)
 久々のオクタゴン復帰だが硬さは一切見せず、これまで通りの堂々たる表情で入場するマクレガー。むしろヌルマゴの方が表情が硬いか。
 
 先にパンチを繰り出すのはマクレガー。ヌルマゴのシングルをマクレガーが切るが、ここからのしつこさがヌルマゴの真骨頂。クラッチを離さずマクレガーをケージ際に押し込むと、両足を挟んで固定しトップポジションへ。パウンドはさほど出なかったものの、ヌルマゴがしっかりポジションをキープし続けラウンド終了。
 2R、ヌルマゴのオーバーハンドの右フックが入りマクレガーがフラッシュダウン!ヌルマゴはさらに打ち合いからテイクダウンを奪うと、マウントを奪取。ヒジ・パウンドで削り続け終盤にアームロックを狙うが、ここはマクレガーが絶え凌ぐ。
 マクレガー絶体絶命かと思えたが、3Rはマクレガーがタックルを切り始め、さらにパンチもヒット。ヌルマゴは2Rのダウンに手ごたえを感じてしまったのか打ち合いに応じ、お互いのパンチが当たる。ヌルマゴは攻め疲れたのか、動きが落ちた印象。
 4R、ヌルマゴはパンチを入れた後のタックルでテイクダウン。再びパウンドを落とし、最後はバックマウントを奪うとチョークスリーパーへ。マクレガーが堪らずタップし、フィニッシュ!

 マクレガーは3Rに流れを引き寄せかけたし思った以上に粘ったが、やはりヌルマゴとの相性は最悪だった。2Rのダウンをはじめとしてスタンドのパンチの打ち合いでも優位に立てなかったし、試合勘を含めブランクの代償は大きかったか。

 これでオクタゴンはマクレガーの亡霊を振り払い次の時代へ…と思っていたら、フィニッシュ直後にヌルマゴとマクレガー陣営が罵り合いを始め、激高したヌルマゴがオクタゴン外へ出て小競り合い。さらにはヌルマゴ陣営がマクレガーに殴りかかり、オクタゴン内も大乱闘に。両者とも退場し、勝者も敗者もいない中でブルース・バッファーがヌルマゴの勝利を読み上げる…というあまりに後味の悪いバッドエンディングに。
 先に挑発したのはどっちなのかはともかく、選手や関係者が「手を出す」事態は本当にダメ。とはいえこれでヌルマゴが長期出場停止になると、暫定王座戦はファーガソンvsマクレガー?ベルトの有無に関係なく、マクレガーがUFCを振り回す構図はまだ続いていくのか…。

[PR]
by nugueira | 2018-10-07 15:28 | UFC | Comments(2)