反り立つ壁に撃沈。


by nugueira

2018年 05月 17日 ( 1 )

Krush.88の感想

篠原悠人〇-×FUMIYA(2R KO)
 篠原が相変わらずシャープなパンチを披露。前に出てくるFUMIYAにジャブ、ワンツーを着実に突き刺す。2Rに入ると有効打数の差が顕著になり、FUMIYAはダメージの色が濃くなってくる。それでもFUMIYAがロープ際でアッパーを入れ一瞬篠原の動きを止めるが、篠原は続く打ち合いでカウンターの左フックをヒット。ダウンしたFUMIYAは何とか立ち上がるが、篠原が追撃で2度目のダウンを奪ったところでストップ。
 篠原は危なげない試合内容で挑戦者決定トーナメントを制覇。中澤とのタイトルマッチは面白くなりそう。

KANA〇-×キム・タウンゼント(延長判定)
 回りながらミドルを出していくタウンゼントに、KANAは圧力をかけ続けローとパンチ。いいペースで試合を進めていたが、1R後半にKANAが突っ込んだところへノーモーションの右をもらってしまいダウン。いきなりビハインドを背負う苦しい展開に。
 2Rもタウンゼントがうるさくミドルや前蹴りを出していくが、KANAはコーナーに詰めるとボディをヒット。主導権を取り戻す。3RはKANAがさらに攻勢を強め、ボディやフックを次々と入れていく。タウンゼントは背中を見せ逃げる場面が増えるが、ダウンは免れ試合終了。
 2Rでポイントをとれていたかが微妙だったのでハラハラしたが、判定はタウンゼント1-0のドローで延長戦へ。3Rの勢いを維持したKANAがパンチで攻め続け、ダウンは奪えなかったものの判定勝利で防衛に成功。とはいえ今回は勝って当然、内容が問われるという見られ方をされる試合だっただけに、本人としても納得がいかないか。

[PR]
by nugueira | 2018-05-17 23:48 | Krush | Comments(0)