反り立つ壁に撃沈。


by nugueira
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

2018年 04月 30日 ( 1 )

みのるvs内藤

 IWGPインターコンチネンタル選手権試合、鈴木みのるvs内藤哲也を新日本プロレスワールドで視聴。

 両者ともフルスロットルで身体能力を爆発させ続けるのではなく、緩急をつけながら勝負所でペースチェンジをしていくのが上手いタイプ。果たして、序盤は内藤がのらりくらりとかわしながら試合のペースを握っていくが、中盤からはみのるが執拗なサブミッションで主導権を奪い返す。
 みのるの膝攻めを耐えに耐えた内藤が終盤に逆転…となるのだが、張り手連発から垂直落下→デスティーノというフィニッシュがやや唐突過ぎて、正直食い足りない感が。終盤に鼻血を流しながらうつろな表情を浮かべるみのるの絵面は迫力があったし、ハードル上げすぎなのかもしれないけど。

 およそ1年ぶりにベルトを奪回した内藤だが、ここから次の流れを作ってくれるか…となると少々不安も。前回のIC王者時代も、ファンの盛り上がりはさておきタイトル戦線のストーリー性は弱かったし、試合内容もいまいちインパクトに欠けたんだよね。1月に伏線を張ったきりになっているクリス・ジェリコとここで絡むのなら面白いけど。

[PR]
by nugueira | 2018-04-30 21:42 | 新日本プロレス | Comments(0)