反り立つ壁に撃沈。


by nugueira

2018年 04月 14日 ( 1 )

KNOCK OUT SAKURA BURSTの感想

T-98△-△宮越宗一郎(判定ドロー)
 1RはT-98が圧力をかけながらローキック。ジャッジはイーブンだがT-98のペースか。
 2RもT-98が前に出ていくが、宮越の左がヒット!グラつかされ後退するT-98だが、すぐに回復するとパンチで反撃していく。3Rに入るとT-98が左右のローキックを連打し流れが変わってくる。
 このまま押し切りたいT-98だが、4Rに入ると宮越もローで反撃。我慢比べの展開になってくる。最終ラウンドは宮越が手数を増やすが、T-98もロー、右ストレートを繰り返しヒット。3R以降はダメージを与えたのはT-98だが宮越の手数が評価されてもおかしくない、競った展開のまま試合終了。判定は三者三様の1-1でドローとなった。

森井洋介×-○ヨードレックペット・オー・ピティサック(2R TKO)
 森井は自ら前に出てローを叩き込むいつものスタイル。ヨードレックペットはジリジリと圧力をかけながらローやミドルを返していく。ヨードレックペットのプレッシャーに押されてかラウンド中盤以降はローが出なくなった森井だが、終盤にボディ連打。森井はパンチに活路を見出したいが、ヨードレックペットの威圧感が凄い。
 2Rも森井がボディとローで攻めていくが、ヨードレックペットもストレートとロー、ミドルで森井を削っていく。するとラウンド中盤、一気に圧力を強めたヨードレックペットが打ち合いの展開に持ち込むと、左肘をヒット。一撃で森井の鼻がグシャリとへし折れる衝撃のフィニッシュで、ライト級のベルトをいとも簡単にかっさらってしまった。
 旗揚げ以来KNOCK OUTの中心に立ち続け、王座の価値を引き上げてきた森井がなす術なく完敗、という圧倒的現実。やはり最後に立ちふさがるのはムエタイなのか…。
 ゲスト解説の古坂大魔王が言っていたとおり、なんで王座を獲得した森井にいきなりムエタイの年間MVPをぶつけるのか、と突っ込みたくなるぐらい身も蓋もない展開。だが逆に言えば、お茶濁しをせず最強の相手を呼んでタイトルマッチを組んだからこそ、KNOCK OUT王座の価値がより確かなものになり、この後へのストーリーが生まれたとも言える。「誰がヨードレックペットからベルトを取り返すのか?果たしてそんな奴がいるのか?」というライト級の明確な軸ができたわけで、やっぱりこの団体は凄いわ、と改めて思わされた。

[PR]
by nugueira | 2018-04-14 21:41 | KNOCK OUT | Comments(0)