反り立つ壁に撃沈。


by nugueira

2018年 03月 05日 ( 1 )

 WBC世界ヘビー級タイトルマッチ、デオンテイ・ワイルダーvsルイス・オルティスを視聴。

 歩幅を広く構えるワイルダー。オルティスは踏み込んでジャブ、ワンツーを繰り出すが、ワイルダーはバックステップで距離をキープする。
 2R、圧力をかけていくのはオルティス。ワイルダーは下がりつつ、オルティスの入り際に左を合わせようとする。3Rも前に出るオルティス。ワイルダーはオルティスのパンチをスウェーでしっかりかわす。お互い細かいフェイントで探り合う、動きは少ないが緊迫感のある攻防が続く。
 4R、ようやく手数を増やしてきたワイルダーが右ストレート、ワンツー。だがオルティスの左が浅くヒット。オルティスが攻勢を強め、ワイルダーの表情にやや余裕がなくなってきたか?
 5R、軽快なフットワークで右へ回り込もうとするオルティス。受けに回る時間帯が続くワイルダーだが、ラウンド終盤に右ストレートをヒット!一撃で足元がグラついたオルティスに追撃を入れ、起死回生のダウンを奪う!6Rも攻勢を強めたワイルダーが繰り返し右を打ち込む。しかしオルティスもバランスを崩しつつ打ち返しているので、まだまだ分からないか。
 7Rはお互い攻め疲れか動きが少なくなるものの、ワイルダーの右がヒット。しかしオルティスがそこから左右のフックを打ち込むと、効かされたワイルダーをロープ際へ詰めてラッシュ!ワイルダーは繰り返しオルティスの豪打を食らい棒立ちになるが、ゴングに救われる。
 8R、ダメージの残るワイルダーにオルティスはボディを織り交ぜて攻勢。しかしオルティスも疲れているのか攻め切れない。9Rに入るとワイルダーはやや回復してきたか、手数が増え始める。ラウンド終盤にはカウンターの右が入りオルティスがグラつく!
 一進一退の展開で迎えた10R、オルティスが前へ出たところにワイルダーがまたも右のカウンター!そのままオルティスに荒々しい左右の連打を叩き込むと、オルティスが膝をつきダウン。なんとか立ち上がったオルティスに右フックを入れると、最後はアッパーを叩き込みフィニッシュ!

 昨年のジョシュアvsクリチコに続く、ヘビー級の面白さがこれでもかと凝縮されたベストバウト。いつになく丁寧に細かいパンチで組み立てていくワイルダーだが、オルティスは並外れたタフさで一度はワイルダーを追い詰め、後がなくなったワイルダーは最後に持ち味の荒々しいラッシュで逆転…と、双方の魅力が存分に発揮されたシーソーゲームは見応えがあり過ぎた。最後の最後に勝ったワイルダーはさすがだし、ワイルダーの強さを引き出したオルティスもお見事。
 これはもう、ジョシュアが来月の防衛戦に勝って「ジョシュアvsワイルダー、実現へ待ったなし!」という展開を嫌でも期待しちゃうなあ。

[PR]
by nugueira | 2018-03-05 23:11 | ボクシング | Comments(2)