反り立つ壁に撃沈。


by nugueira

2018年 01月 28日 ( 1 )

UFC on FOXの感想

デニス・バミューデス×-○アンドレ・フィリ(判定)
 開始からガンガン圧力をかけていくバミューデスが、ジャブの連打とローをヒット。フィリはバミューデスのタックルを切ると逆にタイミングのいいタックルでテイクダウンを奪うが、バミューデスはすぐ立つ。
 2Rもバミューデスが引き続き前に出てジャブを入れるが、フィリがテイクダウンから抑え込む時間帯も増えてくる。流れが少し変わってきたが、フィリはラウンドを取るところまでいけているかは微妙。
 3Rはフィリのパンチが入るものの、バミューデスのローが効き始めた様子。バミューデスはフィリのタックルを切るとケージ際まで下がらせパンチ連打、さらに終了間際にはテイクダウンも奪う。
 1,3は確実にバミューデスが取ったと思いきや、判定はスプリットでフィリ。テイクダウンを奪ってもそこから先のダメージを与えるような攻撃はなかったし、ちょっと理解できないジャッジ。

ホナウド・ジャカレイ○-×デレク・ブランソン(1R KO)
 意外と静かな立ち上がりから、ブランソンが徐々に圧力を強めワンツー、さらには3連打。ジャカレイは落ち着いてガードやヘッドスリップ。ジャカレイのパンチも入るが、ブランソンは圧力をかけ続けながらパンチを繰り出し、ジャカレイのタックルも切る。パンチが浅くヒットする場面も出てきてジャカレイには嫌な流れか…と思ったところでジャカレイの右ハイがヒット!吹き飛ばされるようにダウンしたブランソンに、ジャカレイは打ちおろしのパンチ。片膝を着いてガードが取れないブランソンにジャカレイがパウンドを入れたところでレフェリーストップ!
 前回があの負け方だったのでこのまま悪い流れに入ってしまうかと思いきや、ジャカレイがお見事なKO勝利。あそこでハイキックが出るとはなあ。ウィテカーの欠場が長引くようだと、ロックホールドvsロメロの勝者にジャカレイが挑む流れになるか。

[PR]
by nugueira | 2018-01-28 20:56 | UFC | Comments(2)