反り立つ壁に撃沈。


by nugueira

2018年 01月 15日 ( 1 )

 UFNのメインの感想を。

ジェレミー・スティーブンス○-×チェ・ドゥホ(2R KO)
 開始からローとパンチの応酬。スティーブンスが離れ際にパンチをヒットさせれば、ドゥホはアッパーからフックのコンビネーションを叩き込む。お互いグラウンドに行く気ゼロの、期待通りのバチバチファイト。
 2R早々にドゥホの前蹴りがアゴにヒット。一瞬下がったスティーブンスにドゥホが追撃を仕掛けるが、スティーブンスは自ら前へ出るとパンチで攻勢。逆にドゥホを下がらせる。ドゥホのローにスティーブンスが右を合わせると、さらに右フックを入れドゥホがダウン!スティーブンスは身体ごと叩き付けるようなパウンドでフィニッシュ!

 打撃戦になった時点でドゥホの土俵だったはずなんだがなあ。2Rも最初に効かせたのはドゥホだったのだが、そこからスティーブンスが見事な逆襲。これはもうスティーブンスを褒めるしかないか。

[PR]
by nugueira | 2018-01-15 23:15 | UFC | Comments(0)