反り立つ壁に撃沈。


by nugueira

2018年 01月 03日 ( 1 )

五味隆典×-○矢地祐介(1R 三角絞め)
 矢地が首相撲からのヒザとパンチで攻勢。五味がヒザを着いたときはこれで終わりか…と思ったが、ここから五味がクリンチ状態でのフックを振り回すと、そのまま矢地を押し倒しパウンド連打。矢地の表情からしてもけっこう効いている様子だったが、最後は矢地が下からの三角で一本。
 ここ何年かの五味の試合では最も見せ場を作れていたが、五味を褒めるべきなのか矢地の甘さを攻めるべきなのか。世代交代がテーマだった試合で、五味が主役という印象になっちゃったのは矢地にとって痛いんじゃないだろうか。

真珠・野沢オークライヤー○-×チェルシー・ラグラース(1R 腕十字)
 えらい身長差のある両者。ラグラースが引き込むと下からの三角へ。結構ガッチリ決まって野沢も苦しそうな表情だったが、なんとか脱出するとヒザとパンチで攻勢。このまま打撃で仕留めるのかな?と思ったらアナコンダチョークへトライし、最後は腕十字で一本。
 両者のキャリアからして大晦日地上波生放送で取り上げるべきレベルじゃないのだが、一進一退の攻防となり結果的にテレビ向きの試合になったか。野沢はデビュー戦もそうだけど、練習の成果をきっちり試合で試そうとしているのがいい。

ミルコ・クロコップ○-×高阪剛(1R TKO)
 フルスイングでパンチを振るった高阪が勢い余ってスリップし、ミルコがバックを奪う。そのままパンチを入れ続けたミルコが高阪を押し倒すと、強烈なパウンド連打。高阪が何もできないまま遅めのストップ。
 視聴率のことを考えてもう少し長引かせる気はなかったのかね、とミルコに説教したくなる内容。ストップ後に高阪がなかなか起き上がってこないのでハラハラした。今年はあれだな、シウバを呼び出してミルコに制裁を加えてもらうしかないな。

[PR]
by nugueira | 2018-01-03 17:21 | その他(総合・寝技系) | Comments(0)