反り立つ壁に撃沈。


by nugueira

2017年 12月 18日 ( 1 )

UFC on FOXの感想

 メイン以外の感想を。

グローバー・テイシェイラ○-×ミーシャ・サークノフ(1R TKO)
 スタンドで積極的に手数を出すサークノフ、ワンツーやハイを立て続けにヒット。効いた様子のテイシェイラだが、組み付いてテイクダウンを奪うとすぐさまバックへ。チョーク狙いの後、最後はバックマウントからのパウンドでフィニッシュ。寝かせた後は圧勝だったが、その前のピンチがむしろ衰えを感じさせた。

サンチアゴ・ポンジニッビオ○-×マイク・ペリー(判定)
 距離を取りながらローとパンチを出すポンジニッビオだが、入り際にジャブを合わされスリップ。1Rは手数で劣勢だったポンジニッビオは2Rに入ると圧力を強め攻勢。ペリーのパンチをもらう場面もあったが、逆にパンチ連打で押し込む。
 3Rもポンジニッビオがバックブローでペリーをダウンさせると、繰り返しテイクダウンを奪い優勢のまま試合終了。判定勝利で6連勝となったが、フィニッシュはできず粗さも見せてしまった印象。この内容では上位ランカーとの試合が見たい、とはならないなあ。

リカルド・ラマス×-○ジョシュ・エメット(1R KO)
 踏み込んでパンチ連打を振り回すエメットに対し、ラマスは距離を外しつつロー。エメットが手数を出し続けるものの、ラマスは落ち着いて対処しているか…と思ったところで、エメットの右が浅くヒット。パンチを返そうとしたラマスにエメットの左フックが直撃し、ラマスは一撃で失神!ノーランカーのエメットが大金星を挙げたが、体重オーバーもありちょっともやもやした感じ。

[PR]
by nugueira | 2017-12-18 23:28 | UFC | Comments(0)