反り立つ壁に撃沈。


by nugueira

2017年 05月 20日 ( 1 )

 WBA世界ミドル級王座決定戦、村田諒太vsアッサン・エンダムを視聴。

 1R、エンダムはサークリングしながらジャブ。村田は圧力はかけるものの終了間際に右ストレートを出しただけでほとんどパンチを出さずに終了。計算通りに動いている感じではあるが、どこから攻勢に転じられるか。
 2Rは、圧力を強めた村田が右ストレートから左ボディを入れるが、エンダムも連打を返す。3Rは村田がボディストレートと右のショート。手数を着実に増やしているが、ポイントを奪うところまでは行っていないか。
 迎えた4R、さらに手数を増やした村田が打ち合いの展開からカウンターの右ストレート!エンダムが前のめりにダウンし、村田が序盤の出遅れを一気に取り戻す。
 しぶとさに定評のあるエンダムは5Rは逃げることなく反撃に転じ、近距離での打ち合いの場面が増える。ここでも村田の右が入りエンダムが腰を落とすが、ダウンはなんとか回避。
 6Rに入るとさすがにエンダムも足腰の踏ん張りが効いていない様子で、村田の右で吹き飛ばされる。7Rも足を使って回復を図るエンダムに村田は右。エンダムはロープに手を掛けて何とかこらえる。
 8Rに入るとエンダムはダメージから回復してきたのか、再び手数が増えてくる。村田にとっては嫌な流れだが、続く9Rは左をもらったエンダムがバランスを崩したところに、村田がすかさず右のダブル。ここでペースを引き戻したのは大きいか。
 10R以降も村田はペースを崩すことなく右ストレートから左ボディで着実に構成。エンダムは時おり連打を返すが、流れをひっくり返すほどの強打は出ず、村田がペースを握り続け試合終了。

 個人的採点は116-111で村田。手数で多少持ってかれている可能性はあるが、さすがに勝ったでしょう。日本人がミドル級で世界制覇。いやもう、ここから日本ボクシングの新たな1ページが開きますよ。
 …と思いつつ判定を聞いたら110-117、116-111、115-112のスプリット判定でエンダムが勝利。茫然とする村田、ブーイングが巻き起こる場内、絶句する実況席。新たな歴史の始まりとなるべき瞬間は一転、悪夢の結末になってしまった。

 「村田の圧力よりエンダムの手数が評価された」の一言に尽きてしまうのだが、それにしたってこれはない。ジャッジペーパーを見るとエンダム勝利にした2名はいずれも9R以降すべてエンダムが取っているけど、9Rは後半村田が押し返していたはず。それ以降もエンダムは手数は出しても目立ったダメージを与えたわけではなく、有効打を基準にする限り村田のラウンドだったのでは。
 試合後のツイッター上で「海外ボクシングを見ていればよくある話」というコメントが散見され、確かにエキサイトマッチで年に何回かこういう理解不能な判定を見かけるのは確か。とはいえそれがこのタイミング、この試合で出てしまうとは…。ボクシングの神様が村田を見はなしたとしか思えない。

 試合前は「どういう結果になるにせよ、これで村田のストーリーに一つの結末が出る」と思っていたのだが、待っていたのはどうしようもないくらい消化不良なエンディング。これで終わりになるのはファンも本人も納得できないのは間違いない一方で、この階級で世界タイトルマッチに再びたどり着くのは簡単な話ではない。テレビ局も含めた村田陣営はここからどうストーリーを繋ぎ直していくのか。今はちょっと、自分自身にもそこまで想像を巡らすだけの余力が残っていない。

[PR]
by nugueira | 2017-05-20 23:01 | ボクシング | Comments(7)