反り立つ壁に撃沈。


by nugueira

2017年 03月 16日 ( 1 )

森井vs村田

 KNOCK OUT Vol.1の森井洋介vs村田裕俊をMXで視聴。

 村田はガードを固めてロー。距離が詰まるとヒジを出し、2R終盤はミドル連打を叩き込む。3Rに入ると距離を詰めた森井が左ボディ、ワンツーからローのコンビネーション。村田をコーナーに詰めて有効打の数を増やしていく。
 4Rもローの蹴り合いになるが、村田は奥足へのローが徐々に効いてきた様子。村田が左ヒジを入れるが、森井もヒジを入れ返し村田が額から出血。ミドル連打で距離を取ろうとする村田だが、森井は再び距離を詰めると右アッパー連打!
 追い込まれたかと思われた村田だが、5Rは右からの連打で森井を下がらせる。森井も右のアッパーを入れ反撃するが、パンチをもらいながらも村田は立ち続け、ラウンド終盤にはパンチでまたも森井を下がらせる。両者譲らぬ壮絶な打ち合いのまま試合終了のゴング。

 判定は三者三様のドロー。放送でカットされた1Rを除くと2・5が村田、3・4が森井という印象だが、明確な差がついたのは4Rぐらい。個人的にこれなら森井の勝ちではと思うが、まあ納得の範囲内のジャッジか。いずれにしても、大会ベストバウトになったのもうなずくしかない大激闘。村田は今回初めて名前を知ったが、いい選手なのね。

[PR]
by nugueira | 2017-03-16 23:36 | KNOCK OUT | Comments(0)