人気ブログランキング |

G1 CLIMAXが終わると、子供の夏休みも終盤


by nugueira

ブラントvs村田Ⅱの予想

 12日のWBA世界ミドル級タイトルマッチ、ロブ・ブラントvs村田諒太の予想を。

 村田は再起戦が即リマッチの世界王座戦。おそらくここで負けたらタイトル挑戦の順番は当分回ってこない、というのは村田自身も分かっているはずで、正真正銘の剣が峰となる。

 前回は序盤でブラントの手数にペースを握られ、リズムを作れないままズルズルとラウンドを重ねていった末の判定負け。村田としては同じ轍を踏まないよう、開始から積極的に仕掛けていくのではないか。
 一方のブラントとしては無理にスタイルを変えることはしないはず。2月の初防衛戦でも手数で相手を圧倒する同様の試合運びで11RにTKO勝利を収めている。この戦い方への自信は深めているはずで、たとえ村田が自分から前に出てこようと、豊富なスタミナと巧みなフットワークで迎え撃つ腹なのではないか。

 村田の側に立ってみると、疑惑の判定負けの後に迎えたエンダムとのリマッチを思い起こさせる流れ。ただあの時は初戦も村田のペースだったことは間違いなく、ジャッジの紛れの余地をなくすための「微修正」という気持ちで臨める部分もあったはず。完敗に終わった前戦をひっくり返すには相当な変化が必要で、初防衛戦をクリアしメンタル面でも余裕のあるブラント相手にそれを遂行できるかどうか。

 村田のクレバーさに懸けたい気持ちはありつつ、ブラントが判定勝利で返り討ちと予想。

by nugueira | 2019-07-08 23:25 | ボクシング | Comments(0)