人気ブログランキング |

G1 CLIMAXが終わると、子供の夏休みも終盤


by nugueira

ラミレスvsアングロ

 エキサイトマッチでWBO世界スーパーミドル級タイトルマッチ、ヒルベルト・ラミレスvsローマー・アングロを視聴。

 開始早々アングロが叩きつけるようなパンチを振り回すが、ラミレスは落ち着いて対処。2Rもアングロが強引に距離を詰めてパンチを振るうが、ラミレスは下がりつつアッパーを返す。3R、ラミレスがボディやアッパーを入れるが、アングロの右アッパーがヒット!ラミレス一瞬体勢を崩す。しかしラミレスもアッパーを入れ返し、試合が急に動き始める。
 4R、ラミレスは細かく角度を変えながらステップインしてのパンチ。大柄だが非常に丁寧なボクシングを披露。この後もラミレスはアングロの間合いを外しながら着実にボディを入れていき、5Rにはパンチをもらったアングロがバランスを崩す。6Rにはラミレスの左ストレートが顔面にヒット。アングロは打つ手がなくなってきた。
 7Rにアングロの左が入りラミレスが一旦下がるが、ラウンド後半には反撃。ラミレスはディフェンスもうまく、一発もらっても追撃を許さない。終盤もアングロのパンチが単発で入る場面はあってもラミレスがすぐさま手数を返していき、山場もないがピンチらしいピンチもなく試合終了。一人はフルマークがつく大差の判定勝利で、ラミレスが4度目の防衛に成功。
 ラミレスはスーパーミドルの体格からは想像できない緻密な動きは見せたものの、大きなインパクトは与えられなかったか。

by nugueira | 2018-08-30 23:36 | ボクシング | Comments(0)