人気ブログランキング |

『エンドゲーム』を観て号泣。


by nugueira
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

那須川天心を初めて見るの巻

 恥ずかしながら那須川天心の試合映像をまだ見たことがなく、不見識を疑われてもおかしくない状況なのでYouTubeでBLADE.2の3試合の映像をチェック。

 いや、周回遅れどころか2周遅れぐらいの感想でお恥ずかしいのだが、本当に凄いのね。デビュー当時の瀧谷とか武尊とかにも共通するのだが、「1秒でも早く相手をKOしたい」という殺傷本能と、それを可能にする技術的な裏打ちがもの凄い高いレベルで噛み合っている感じ。
 このタイプは得てして「倒すか倒されるか」の展開に入り込んでしまう危険性もあって、武尊なんかもボンジョバーニ戦では先にダウンを喫してしまったわけだが、那須川は(少なくともこの3試合を見る限りは)そういった危ない場面は皆無。動体視力や反応速度がズバ抜けているから可能な業だと思う。一回戦の鈴木戦では相手の打ち終わりに根こそぎパンチを叩き込んでいたし、準決勝の小笠原戦のフィニッシュはロープ際まで下がってから相手が飛び込んできたところにカウンターの左一発だもんな。これで当時16歳なんだから、月並みだが今後どこまで強くなってしまうのか。

 昨年末しきりにアピールしていた武尊との対戦は当面なさそうな雰囲気だが、これについてはそもそも本人以外のジムや団体側がどこまで前向きだったのか判然としない部分もある。団体乱立の国内立ち技では夢の対決が本当に夢のまま終わってしまうリスクもゼロではないのだが、逆に今実現してしまったらその後の那須川に何を求めればいいの?ともなりそうな気も。しばらくの間は那須川の無双ぶりを堪能させてもらう、ということで問題ないのではないかと思えてきた。
Commented by みゆパパ at 2016-03-23 11:17 x
名須川は、このジャンルで有名になりたくないわけがないはずで、RISEに留まることでそれを成し遂げるのは、非常に困難かと思います。

やはり少しでも大きな舞台を目指してほしいですねぇ、私は。
Commented by nugueira at 2016-03-27 23:12
>みゆパパ様
 郷州力のK-1参戦もそうでしたが、大舞台を目指して行動に出るとそれはそれで波風立てちゃいますからね。いい着地点が見つかればいいのですが。
by nugueira | 2016-03-14 23:02 | その他(立ち技系) | Comments(2)