反り立つ壁に撃沈。


by nugueira
カレンダー

優弥vs郷野

 3/19のKrushで山本優弥vs郷野聡寛のスーパーファイトが決定。

 優弥の相手については宮田プロデューサーがツイッター上で「Krush初参戦の選手」というヒントだけ出してやたら思わせぶりに引っ張っていたので「梅野や自演乙、ひょっとしてキシェンコ?」といった想像をしていたのだけど、郷野は完全に予想外。しかも結果として肩透かしでも何でもない注目カードだし、これは正真正銘のビッグサプライズと言っていいでしょう。

 郷野は本業であるMMAの戦績も最近パッとしない上、立ち技での試合は相当ブランクが開いているのでどこまで戦えるか少々不安なのは事実。
 とはいえかつて全日本キックのリングで本業のキックボクサーを軽くいなしてベルトまで巻いてしまったのも事実なわけで、得意の「ライツアウト」で優弥に自分の試合をさせないという展開も十分想像し得るところ。元々の階級差も考慮すれば、優弥にとって決して油断できる相手ではないでしょ。

 一方の優弥は70キロ(あるいはK-1ルール)にアジャストして以降は「打ち合い上等」のガンガン攻めるスタイルが定着しているように感じるけど、本来はスピードを活かした「打たせずに打つ」展開も得意なはず。郷野相手にはこのスタイルに切り替えた方が噛み合う気もする。
 優弥の対MMA選手との他流試合といえば04年に全日本キックで高谷裕之と対戦しており(これも今になって振り返るとすごい組み合わせだが)、このときは優弥がスピードとテクニックで高谷を完封。やはり旧全日本キックファンとしてはこの一戦、優弥の貫禄勝ちを期待したいところ。

 GAORAの放送が楽しみ。人気ブログランキングへ
[PR]
Commented by gsp at 2011-02-19 20:50 x
すいません記事に関係ないですが、ヒョードルが現役続行するかもしれないみたいです。
負けた後でもヒョードルはベストファイターだって言われ続けるなんてすごいです。
意味はちがうかもしれませんが…
Commented by nugueira at 2011-02-25 12:21
>gsp様
 毎度レスが遅く申し訳ありません。
 敗戦後のファイターを中心とした関係者のコメントにも、ヒョードルの偉大さがよく表れていますね。個人的には現役続行には反対ですが。
by nugueira | 2011-02-18 23:46 | Krush | Comments(2)