反り立つ壁に撃沈。


by nugueira
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
 WBA・WBOライト級王座統一戦、ワシル・ロマチェンコvsホセ・ペドラサを視聴。

 序盤に前に出ていくのはペドラサ。ロマチェンコは様子見の雰囲気だったが、それでもラウンド後半にはペドラサの打ち終わりに左をヒットさせる。2Rはペドラサが繰り返しボディストレート。ロマチェンコは左を入れるがそこまで効いてはいないか。
 3R、両者細かいフェイントを織り交ぜていく。ロマチェンコのワンツーがヒット。さらに4Rは圧力を強めたロマチェンコがワンツー、さらに左を入れていく。しかしペドラサは細かいパンチを返し続け手数でリード。ロマチェンコはコンビネーションが出ておらず、動きがやや硬いか?
 5Rも前に出るロマチェンコ。ペドラサはワンツーからボディ。ロマチェンコの左は繰り返し入っているが、依然手数で後れを取っているか。
 6Rに入るとギアを上げたロマチェンコが強いパンチを増やし、左ボディもヒット。ペドラサはしぶとくボディ連打を返す。7R、ロマチェンコが上下のコンビネーション。ようやく本来の動きが出てきたが、ペドラサはヘッドスリップと細かい上体の動きでクリーンヒットを避ける。
 それでも後半戦は明らかにロマチェンコのペースで、9Rにはアッパーからストレートのコンビネーション。ペドラサは徐々に削られてきたか。10Rはロマチェンコのプレッシャーをペドラサが凌ぎ決定打を入れさせなったものの、11Rにロマチェンコの連打をもらったペドラサの動きが止まる。棒立ちでコンビネーションをもらい続けたペドラサは、遂に力尽きるようにヒザを着きダウン。さらにボディで2度目のダウンを奪われるが、ゴングに救われる。
 フィニッシュはできなかったものの、終わってみれば117-109×2、119-107でロマチェンコが圧勝。2団体統一に成功した。

 ダウンがないのはもちろんヒヤリとする場面もなく、終わった後でスタッツを見るとロマチェンコがパンチ命中率でも圧倒していたのだが、印象としては大苦戦。特に前半はペドラサがロマチェンコのスピードに振り回されることなく手数で優位に立ち、ポイントで競っていてもおかしくない、と思わせた。
 勝ちはしたものの、正直なところ今回のロマチェンコは並の世界王者、という感じ。一方的に殴りまくって相手をギブアップさせるロマチェンコ無双は、さすがにライト級では無理なんだなあ…と思わせた。それでもキッチリ勝ち続けているのは凄いことなんだけど。

[PR]
# by nugueira | 2018-12-09 21:40 | ボクシング | Comments(0)

ハードvsウェルボーン

 ワイルダーvsフューリーのセミで行われたWBA・IBF世界スーパーウェルター級タイトルマッチ、ジャレッド・ハードvsジェイソン・ウェルボーンの感想。

 開始から前に出ていくのはウェルボーン。ハードは1Rは様子見か。と思いきや、2Rに入った途端ハードが手数を増やし、ジャブから距離を詰めてボディを入れる。ウェルボーンが体を密着させて右を打つが、ハードも連打を返す。
 3Rも先手を取るのはハード。ウェルボーンはひるまず前に出て連打を出すものの、やや劣勢。4R、ロープ際に詰めたウェルボーンが左右のショートを連打!パンチをもらったハードがピンチになるが、すぐさまボディを入れ下がらせると、上下左右の大振りな連打で反撃。最後はボディを叩き込まれたウェルボーンがダウンし、ギリギリで立ち上がろうとしたもののカウントアウト。

 一瞬ヒヤリとする場面はあったが、終わってみればハードが持ち前の決定力を活かして圧勝。ムンギアと統一戦で戦ったらめちゃくちゃ盛り上がりそうだけど、実現しないかなあ。

[PR]
# by nugueira | 2018-12-08 23:37 | ボクシング | Comments(0)
 エキサイトマッチでWBC世界スーパーフェザー級タイトルマッチ、ミゲール・ベルチェルトvsミゲール・ローマンを視聴。

 ベルチェルトが長いリーチから回転力のある連打。距離を詰めたローマンが右を入れるが、ベルチェルトが手数で優勢。2R、ベルチェルトがボディから顔面へ左のダブル!しかしローマンも圧力をかけ左右のパンチ。お互い好戦的に手数を出す展開になる。
 3Rも前に出るローマンが右をヒット。しかしベルチェルトが左右のボディ、さらに顔面へ左右のフック。ローマンは足元がふらついている。4Rもローマンがしつこくプレッシャーをかけるが、ベルチェルトもボディを叩き続ける。
 6R、ベルチェルトが下がりながらアウトボクシングでパンチを入れると、カウンターの左!グラついたローマンにボディを叩き込み、顔面へつなげると遂にローマンがダウン!ベルチェルトはすぐさま追撃で2度目のダウンを奪うが、ローマンはゴングに救われる。
 7R、ベルチェルトは執拗なボディ攻め。ローマンは時おり右は返すものの、後退を強いられる。8Rは意を決したローマンが前に出て攻勢を仕掛けるものの、ベルチェルトのパンチをもらい逆にグラつく。ベルチェルトの攻撃を耐え続けながらローマンは9Rも前に出るが、ボディ連打から顔面にパンチをもらいダウン。それでも反撃に出るローマンだが、ロープ際でラッシュをもらい棒立ちになったところでストップ!

 三浦を媒介にした三段論法で考えると妥当な結果…という安直な発言はボクシングファン失格だが、やっぱりベルチェルトが強かった。ローマンもしつこく前に出続けて十分いやらしい戦いをしていたのだが、自分の距離になった時の回転力と一発一発の強さが並じゃない。三浦はこの相手によく判定まで持ち込んだな。

[PR]
# by nugueira | 2018-12-07 23:27 | ボクシング | Comments(0)

UFC231の予想

 日本時間9日のUFCの予想。

ジミ・マヌワ×-〇チアゴ・サントス
 かつては上位グループに食い込んでいたマヌワだが、目下連敗中。最近の戦績からしてサントスの方に分があるか。

アレックス・オリヴェイラ〇-×グンナー・ネルソン
 ネルソンは1年以上試合間隔が空いての登場。なんだかんだで安定した結果を出しているオリヴェイラにベット。

ヴァレンティーナ・シェフチェンコ〇-×ヨアンナ・イエンジェイチック
 女子フライ級王座決定戦。バンタム級タイトルマッチでヌネスと接戦を繰り広げたシェフチェンコと、ストロー級王座から陥落したヨアンナ。キックボクシングで対戦した際はシェフチェンコが勝っているようだし、やっぱり上から落としてきた方が優位かなあ。

マックス・ホロウェイ〇-×ブライアン・オルテガ
 メインはフェザー級タイトルマッチ。ノンストップの打撃で12連勝を積み上げたホロウェイと、思い切りのいい打撃からサブミッションに持ち込むオルテガの激突はワクワクする組合せ。打撃スキルでは間違いなくホロウェイが上で、グイダやエドガーをKOしてきたオルテガもさすがにスタンド勝負は厳しい展開になるか。
 というわけで相性ではホロウェイ有利なはずだが、やはり不安要素は3回連続で試合をキャンセルしているコンディション面。今回は無事試合当日を迎えられそうなので、爆発力のある打撃を期待しているが…。

[PR]
# by nugueira | 2018-12-06 23:48 | UFC | Comments(0)

KING OF KNOCK OUT 2018の予想

 9日のKNOCK OUT両国大会の予想。

森井洋介〇-×マサ佐藤
 ベルトは失えど出場ペースは落ちないミスターKNOCK OUT、森井。第1試合で大会に火をつけてほしい。

小笠原瑛作〇-×高橋亮
 江幡に痛恨のKO負けを喫した小笠原。一時は那須川戦に近づいたかとも思えたのだが…、反撃の狼煙を上げることができるか。

水落洋祐×-〇海人
 S-CUPを制した海人がショートスパンでKNOCK OUT参戦。コンディション的には厳しいだろうが、SBの意地を見せたいところ。

不可思〇-×山口侑馬
 スーパーライト級トーナメントを制した不可思が参戦。正直なところ文句なしのトーナメント制覇とは言い難い内容だっただけに、今回は結果だけでなく勝ちっぷりも問われる。ところで以前ツイッターで「大晦日」とつぶやいていたが、この試合をクリアしたら何か動きがあるんだろうか。

[PR]
# by nugueira | 2018-12-05 23:31 | KNOCK OUT | Comments(0)
 続いてワンマッチの予想。

安保璃紅〇-×朝久泰央
山崎秀晃×-〇安保瑠輝也
 安保兄弟が揃って出場。璃紅はKrush2連勝の勢いをそのまま持ち込みたい。瑠輝也の方はキャリアに勝る山崎に上手くいなされそうな気もするのだが、やはり一発があるのが魅力。世代交代をしてほしいなあ。

野杁正明〇-×松岡力
 いきなり激戦区と化したウェルター級戦線。野杁はここで快勝してもタイトルマッチはお預けを食いそうなのが怖い。

武居由樹〇-×ヨーブアデーン・フェアテックス
 武居の相手は階級はかなり下だが元ラジャ王者。とはいえここ1年の充実度合を見るに、武居があっさり勝ちそう。本人がぶち上げていた来年3月のスーパーバンタム級トーナメントは実現するか?

武尊〇-×皇治
 メインはスーパーフェザー級タイトルマッチ。とはいえ皇治はスタウロス戦は「勝たせてもらった」という印象しかない内容で、武尊相手にどうこうできる感じが全くない。那須川がメイウェザー戦にこぎつけた一方で武尊は勝負論から縁遠いタイトルマッチ。どこでこれだけ差がついたのか。

[PR]
# by nugueira | 2018-12-04 23:02 | K-1 | Comments(0)
 8日のK-1大阪大会の予想。ワンマッチだけでチケット完売だったけど、トーナメント主体のフォーマットは変えないのね。まずはライト級トーナメントから。

林健太〇-×ニコラス・ギャフィー
 この辺の階級から外国人に力負けの構図が出てもおかしくないのだが、初参戦の選手を支持する理由も見当たらないので日本人に印を。

篠原悠人×-〇ゴンナパー・ウィラサクレック
 大本命・ゴンナパーの登場。Krush王者同士の対戦だが、上の階級から下げてきた篠原の方が打ち負けそう。

恭士郎〇-×インディゴ・ボイド
 チャンピオンの功也がトーナメントに参戦するのも違和感あったのだが、欠場するとそれはそれで盛り下がるから難しいところだ。

大沢文也×-〇リュウ・ウェイ
 あまり大沢に期待できる感じがしないのでこういう予想に。

林×-〇ゴンナパー
恭士郎×-〇リュウ
ゴンナパー〇-×リュウ
 全体的に日本人が地味目のトーナメント。最後はゴンナパーが全員なぎ倒して功也とのタイトルマッチへまっしぐら、という構図しか見えてこない。来年のさいたまアリーナ大会へつなげるにはいい構図だよね。

[PR]
# by nugueira | 2018-12-03 23:47 | K-1 | Comments(0)
 WBC世界ヘビー級タイトルマッチ、デオンテイ・ワイルダーvsタイソン・フューリーを視聴。

 ワイルダーは序盤からパンチを強振。フューリーは腕を後ろに組んで挑発する。ワイルダーがなおもパンチを振るうが、フューリーは打ち終わりにパンチを合わせる!
 2Rはお互いジャブの差し合い。フューリーは細かい上体の動きでかわしつつジャブを繰り出す。終盤にワイルダーがワンツー!しかし当たりは浅いか。3R以降も圧力をかけるのはワイルダーだがフューリーは有効打を許さない、という構図。ただフューリーも手数が出ないか。
 6Rに入った辺りからフューリーが手数を増やすと、7Rにフューリーのワンツーがヒット!ワイルダーが一瞬バランスを崩す。ワイルダーはムキになって打ち返すが、フューリーは上体の動きで有効打を入れさせない。8Rもリズムに乗ったフューリーがジャブからワンツー。ワイルダーは自分の間合いで戦えていないか。
 しかし9R、強引に前に出たワイルダーがコーナーに詰め左右のフックを入れ、なぎ倒すようにダウンを奪取!だがダメージはさほどでもないか、フューリーはそれ以上の追撃は許さない。逆にワイルダーは強引な攻めで消耗したか、10Rはフューリーがプレッシャーをかけながらワンツー。11R、ワイルダーはパンチが入るものの単発。フューリーが自分のリズムで戦っている。
 ダウンのポイントを考えても大接戦か…という状況で迎えた最終ラウンド、ワイルダーがジャブから右ストレート!フューリーが吹き飛ばされるようにダウン!勝負ありかと思えたが、立ち上がったフューリーは追撃をもらわず、逆に反撃に出る。終盤はお互いパンチが出ず試合終了。

 ダウン以外のラウンドをどう評価するか悩ましい試合だったが、判定は115-111、110-114、113-113でドロー!
 個人的採点は114-112でワイルダー。フューリーは下がらされる場面も多かったし勝っている内容ではなかったのでは。とはいえワイルダーの豪打を終盤までかわし続け、2度のダウン後も素早いリカバリーを見せたのはさすが。ワイルダーvsジョシュアへ待ったなしだと思っていたが、ここに来て三つ巴の構図になってきたのは面白い展開ではある。

[PR]
# by nugueira | 2018-12-02 23:27 | ボクシング | Comments(0)

TUF28 Finaleの感想

ハファエル・ドス・アンジョス×-〇カマル・ウスマン(判定)
 ウスマンのシングルレッグを堪えたRDAが距離を詰めパンチ。しかしウスマンがパンチを返しながらテイクダウン。立ち上がったRDAがローや跳びヒザを出すが、なおも組み付いたウスマンがテイクダウンしパウンド。RDAは下から蹴り上げる。
 2R、組み付かれるものの首相撲で堪えるRDA。それでもウスマンがテイクダウン。RDAは下からヒジを出しつつ、逆にアームロックに捉える。立ち上がったRDAはローを連打。ウスマン少し効いたか?
 3R、ウスマンがケージ際に詰めて打撃戦。テイクダウンされたRDAはまたも下からアームロックを狙う。だがRDAはスタンドの打撃でも押され気味になってくる。
 4R、RDAがローやテンカオを出すが、構わず圧力をかけたウスマンがテイクダウン。トップやバックをキープし続けながらパウンドとヒジを落としていく。5Rもウスマンがかかと落としのフェイントからケージ際に詰め上下のコンビネーション。さらにテイクダウンからサイドポジションを奪いパウンドを入れ続け試合終了。

 点数自体はバラバラだったがジャッジ三者ともウスマン。テイクダウンから削るのはともかく、打撃戦でもRDAを押していたのは意外だった。やっぱりレスリングベースにボクシング技術を加えた選手が一番強いのかなあ…という身もふたもない感想になってくる。RDAはここに来てレスラー相手に連敗。ところどころいい打撃を入れる場面はあったが、やはりフィジカルで押されるとキツいか。

[PR]
# by nugueira | 2018-12-01 23:15 | UFC | Comments(0)

UFN142の予想

 2日のオーストラリア大会の予想。

廣田瑞人×-〇クリストフ・ギアゴス
中村K太郎×-〇サリム・トゥアリ
岡見勇信×-〇アレクセイ・クンチェンコ
 日本人ファイターが大挙3名出場。とはいえ今年の日本勢の惨状を考えると…。岡見あたりにはぜひ頑張ってほしいのだが、シビアに当てにいって全敗と予想させてもらいます。

マウリシオ・ショーグン×-〇タイソン・ペドロ
 KO負けからの再起戦となるショーグン。相手のペドロはUFC3勝2敗の若手クラスだが、今回も厳しい試合になりそう。もう現役に固執する理由もないと思うのだが…。

マーク・ハント〇-×ジャスティン・ウィリス
 こちらも衰えは隠せなくなっているハントだが、地元での試合でもあり意地を見せてほしい。相手のウィリスはIGF参戦歴もあるということで、なんとなく大味な雰囲気はあるし。

ジュニオール・ドス・サントス〇-×タイ・ツイバサ
 メインは地元のツイバサが元王者JDSに挑む。JDSは7月の復帰戦で内容は低調ながら5Rの打撃戦を戦い切った。ツイバサが番狂わせを起こすのは厳しいかなあ。

[PR]
# by nugueira | 2018-11-30 23:19 | UFC | Comments(0)