反り立つ壁に撃沈。


by nugueira
カレンダー
 WBA世界ミドル級タイトルマッチ、村田諒太vsロブ・ブラントを視聴。

 入場時の表情からは余計な気負いは感じられない村田。1R、開始早々ブラントがスピーディーな連打。村田は笑みを浮かべ余裕は見せようとするが、アッパーも被弾し苦しい出だし。
 2R以降も圧力をかける村田に対し、ブラントがジャブからの連打で先手を取り続ける展開。3Rから村田は右ストレート→左ボディのコンビネーションが入りだし、ようやくリズムをつかみ始める。
 迎えた5R、村田の繰り返し放つワンツーがブラントを捉える場面が増え、右ストレートをもらったブラントがバランスを崩す!村田がようやく明確にラウンドを取り、これで流れが変わってくるか。
 続く6R、追撃にいきたい村田だがブラントは手数で反撃。これも微妙なラウンドだが、やはり手数を出すブラントの方が印象がいい。
 7R、村田は体ごとぶつかっていくようなパワープレーでブラントをロープ際に詰め、再び流れを引き戻そうとする。しかしブラントのパンチを被弾する場面も多く、ディフェンスをもう少し丁寧にしたい。
 後半戦に入るにつれ流れは明確にブラントに傾いてくる。村田の右のタイミングを読んで被弾を避け、逆に村田の打ち終わりに2倍・3倍の手数を返していく。村田は焦りから強引な右の一発狙いが目立ってしまい、ますます手数で後手に回る悪循環に。
 終盤のラウンドはブラントはリスク回避モードでフットワークを使いながら距離をとるが、それでも手数は落ちない。村田は巻き返しのチャンスをつかむことができず試合終了。

 個人的採点は117-111でブラント。微妙なラウンドもいくつかあったが…とチラリと思ったものの、判定は119-109が2名、118-110が1名でブラント勝利。思った以上の大差がついたが、ジャブ重視のラスベガスの判定基準を考えれば納得の範囲のスコア。
 今回はとにかくブラントを褒めるしかない試合。序盤のハイスパートな攻めで出鼻をくじくと、一瞬ペースダウンしつつも最後まで手数は落ちず、村田の右を徹底的に回避してペースを掌握。終盤は焦る村田を空回りさせ、プラン通りの戦いをやりきってみせたという印象。序盤は「最後までこのペースは持たない」と大半の人が思ったはずだが、驚異的なスタミナはお見事だった。

 ビッグファイトを見据えていた村田陣営にとっては痛恨すぎる敗戦。ゴロフキン戦はおろか、群雄割拠のミドル級で再び浮上のチャンスをつかむことができるのか…。この一敗で村田の積み上げてきた功績が否定されるわけでは当然ないが、試合後の客観的すぎる発言内容などを見ていると、村田自信も巻き返しの難しさを理解しているのではないか。

[PR]
# by nugueira | 2018-10-21 20:31 | ボクシング | Comments(0)
 エキサイトマッチでIBF世界スーパーフライ級タイトルマッチ、ジェルウィン・アンカハスvsアレハンドロ・サンチャゴを視聴。

 遠い間合いからストレートを伸ばすアンカハス。サンチャゴは踏み込んでの連打を狙う。2R、サンチャゴはバックステップでアンカハスのパンチをかわし、逆に接近戦に持ち込んでいく。
 3Rもサンチャゴが飛び込んで左右のフック。4Rにはサンチャゴの右フックが入りアンカハスが一瞬ヒザを落とす。さらにサンチャゴのアッパーがヒット。なかなかリズムに乗れないアンカハスだが、6Rはカウンター狙いの受けの姿勢にチェンジ。サンチャゴは迂闊に飛び込めなくなり、流れが少し変わったか。
 8R、お互い速い出入りからパンチを出すが、終了間際にアンカハスの左がヒット。終盤に入っても両者とも動きは落ちず、速いパンチが交錯。アンカハスがサンチャゴのリズムに慣れてきたか、踏み込みが強くなってきた。
 11R、圧力を強めるサンチャゴ。アンカハスがバランスを崩すが、これはスリップ。最終ラウンドはタイミングを測りながら鋭い踏み込みを見せるサンチャゴに対し、アンカハスはカウンターを合わせようとするがパンチが空を切る。

 試合が終わった瞬間「こりゃどういう判定になっても不思議じゃないわ」と思ったが、案の定というべきか1-1のドローでアンカハスが防衛。ポイントもバラバラだったが、サンチャゴの積極性を評価するか、受けに回りつつきっちりパンチを出したアンカハスをゼネラルシップと見るか、どちらもあり得る試合内容だった。観客は消化不良気味の反応だったが、これはもう仕方ないのでは。いずれリマッチが実現することを期待したい。

[PR]
# by nugueira | 2018-10-16 23:47 | ボクシング | Comments(0)

PANCRASE 300の予想

 21日のパンクラス、メインの予想。今回もタイトルマッチなしで、やっぱりカードが薄い感じ。

佐藤天〇-×マット・ベイル
 ウェルター級王座決定戦に敗れた佐藤の再起戦。前戦は4Rに一気にフィニッシュまで持っていかれたものの、その直前までは打撃で押していた。相手のベイルは10勝1敗7KOで決定力が強そうだが、ここは佐藤に踏ん張ってほしいなあ。

[PR]
# by nugueira | 2018-10-15 23:17 | パンクラス | Comments(0)

ベラトール208の感想

エメリヤーエンコ・ヒョードル〇-×チェール・ソネン(1R TKO)
 ソネンがタックルに行こうとしたところにヒョードルがパンチを合わせ、ソネンいきなりダウン!グラウンドに付き合わないヒョードルはこの後もソネンのタックルをがぶり、さらには軽々と投げ飛ばす。それでも足に食らいつきテイクダウンを奪うソネンだが、ヒョードルはトップを取り返すとそこからパウンド。
 ジリ貧状態になるソネンだが、ラウンド後半にタックルからのクリーンテイクダウンに成功。しかしマウントにいこうとしたところでヒョードルがスイープ。そこからヒョードルがパウンドを連打し、ソネンが無抵抗になったところでストップ!

 ミドルが適正階級のソネン相手ということで、さすがにヒョードルがフィジカル差で押し切った。それでも2度にわたりテイクダウンは奪われているわけで、決勝で戦うベイダーからするとこの光景で自信を深めたのでは。トーナメント決勝までたどり着いたヒョードルだが、完全復活といえるかどうかは決勝が試金石になりそう。

[PR]
# by nugueira | 2018-10-14 19:20 | その他(総合・寝技系) | Comments(2)

ベラトール207の感想

 遂にDAZN再契約。相変わらず画質が悪い。

セルゲイ・ハリトーノフ〇-×ロイ・ネルソン(1R KO)
 ハリトーノフは腹ダルダルだがパンチは的確。左ジャブが次々とネルソンに突き刺さる。両手を着いたネルソンの頭部に反則のヒザを入れてしまい一時中断になるが、再開後もハリトーノフがパンチと組んでのヒザで圧倒。最後はケージ際に詰めアッパー連打を叩き込み、1R終了間際にネルソンが崩れ落ちフィニッシュ。いや、まだまだ戦えるねえ。

マット・ミトリオン×-〇ライアン・ベイダー(判定)
 1R、ベイダーがタックルからテイクダウン。立ち上がりかけるミトリオンを倒し続けトップキープすると、バックからのパウンドを連打。1Rはベイダーが完全にコントロールし続け終了。ミトリオンかなり削られた。
 2R、パンチで出ようとするミトリオンにベイダーがタックル。しつこく組みつき、またもテイクダウンを奪う。ベイダーはボディへヒジを入れながらキムラやアームバーを狙っていく。
 ミトリオンはKOするしかなくなった3Rだが、開始早々ベイダーがまたもタックルからテイクダウン。そこからトップキープを続け、ミトリオンに何もさせず試合終了。ワンサイドゲームで決勝進出を決めた。
 体重差でミトリオン優位と見ていたが、ベイダーがここまで圧倒するとは…。こりゃ明日の結果がどうなろうとも、ベイダーがこのまま優勝だな。

[PR]
# by nugueira | 2018-10-13 19:14 | その他(総合・寝技系) | Comments(0)

コバレフvsアルバレス

 エキサイトマッチの感想。まずWBA世界ライトヘビー級タイトルマッチ、ドミトリー・ビボルvsアイザック・チレンバ。
 
 1R、ビボルがいきなりワンツー。この後もストレートから返しの左ボディ、逆にボディからストレートのコンビネーションを打ち込む。2Rもチレンバをロープ際に詰めたビボルが左右の連打。それでもチレンバは決定打は避けているか。
 4R、ビボルの飛び込んでの左フックがヒット。続く5Rもビボルの左が着実に入る。チレンバはカウンターを狙うものの有効打につながらない。
 6R、カウンターを警戒したビボルは遠い間合いから左のリードジャブ。ポイントは確実にとっている感じ。続く7R、少し圧力を強めたビボルはジャブから返しの右。ポイント的に後がなくなってきたチレンバは8R、リードジャブを増やしようやく反撃に転じる。しかし9R、ビボルは再び踏み込んでの左。後半に入っても踏み込みの鋭さは落ちない。
 終盤戦に入ってもお互いにハイスピードのパンチを繰り出すが、ビボルは完全に逃げ切りモード。フットワークで距離を空けつつ、チレンバが入ってきたところにパンチを合わせる。
 終わってみれば二人がフルマークをつける完勝で防衛に成功。独特のリズムを持つチレンバ相手にフィニッシュはできなかったものの、ビボルが一発に頼らずとも勝てる懐の深さを見せたとも言えるか。

 メインはWBO世界ライトヘビー級タイトルマッチ、セルゲイ・コバレフvsエレイデル・アルバレス。
 1Rからジリジリと圧力をかけるコバレフ。アルバレスはカウンターを合わせようとし、近い距離でパンチが交錯。序盤戦はジャブの差し合いになり、アルバレスは落ち着いて戦えている印象。それでもやはりコバレフのプレッシャーが強い。
 4R、コバレフの右をもらったアルバレスがヒザを落とす!打ち返すアルバレスだが、コバレフはアッパーや左右のボディをヒット。しかし続く5R、アルバレスはボディからのコンビネーション。ダメージを感じさせない動きを見せる。コバレフも無理に勝負にいかない。6R、飛び込んだアルバレスの離れ際にコバレフの右ショート!アルバレスは効いた様子。
 迎えた7R、コバレフは連打で攻勢を強める。フィニッシュは近いか…と思ったところで、アルバレスの右ストレートがヒット!ダウンしたコバレフは立ち上がるもののダメージは濃く、アルバレスが追撃で3度のダウンを重ね逆転勝利!
 いや、序盤から7R途中に至るまで、コバレフの勝利は堅いと思っていたが…アルバレスが正真正銘一発で試合をひっくり返した。ウォード戦の連敗から盛り返したコバレフだが、この負け方だとキャリアの終焉も近づきつつあるか。

[PR]
# by nugueira | 2018-10-12 23:00 | ボクシング | Comments(0)

KING OF PRO-WRESTLING

 両国大会を新日本プロレスワールドで視聴。L.I.J.の新パレハは噂されたとおり鷹木信悟だったか…と言いつつドラゲーはあまりカバーできていないので、この事態のインパクトをいまいち受け止め切れていない感じ。というか、この後の展開があまりに凄すぎた。

 まずEVIL対ザックの試合開始前、従者の中に紛れ込んでいたクリス・ジェリコがEVILを襲撃し試合はノーコンテストに!ジェリコとEVILに因縁は発生していたので、ドームのスケジュールから逆算すると11月の大阪でジェリコ対EVIL、それに向けて今回ジェリコは出てくるか…とは予想していたものの、EVILがザックに勝った後に乱入するものとばかり思っていた。度肝は抜かれたが、サプライズのために試合を飛ばしちゃうのは今の新日本らしくないなあ。まあ最終的な終了時刻を見ると、この試合を飛ばしたのは進行として確かに間違っていないのだが。

 セミに行われたIWGPヘビー級王座挑戦権利証争奪戦は、棚橋が外道の介入、ジェイのイス攻撃に苦しみながらも最後は丸め込みで3カウント。終盤の棚橋がイスの上にジェイを寝かせてハイフライフロー→ジェイが回避しイスの上に自爆という流れはシビれた。イスがあるだけでこんなにも展開が広がる。イスって凄い!
 試合後もジェイが棚橋を攻めるが、オカダが救出に登場!しかしそこにバレクラOGが乱入し、ジェイ&邪道・外道がバレクラOGと結託!G1の段階でジェイのCHAOS離脱は見えていたけど、邪道・外道も一緒かあ…。とはいえ「ガラの悪さは随一だがイマイチ中心に立つべきレスラーがいないバレクラOG」「会社的にも売り出したい若手だが、キャリア不足でピンはまだきついジェイ」「外国人レスラーのキャラを客向けに上手く伝えられるベテランヒールの邪道・外道」という各々のポジションを考えると一本の線でつながる感じ。こうなるとドームでオカダとジェイが遺恨決着戦か。

 そんな流れでハードルが上がりきった状況の中迎えたメインのIWGPヘビー級王座戦3WAYマッチ。そのハードルを軽々と跳び越えてみせた…かというと、合格点ではあるけど期待感を超えるには至らず。3WAYならではの面白さは表現できていて、特にCodyの試合巧者ぶりがやはり際立っていた。ただ、これならオメガと飯伏のシングルで振り切れてほしかった気がするなあ。
 これで1・4ドームのメインはオメガvs棚橋に決定。個人的には映画公開のPRもピークを過ぎた時期で棚橋が権利証を明け渡すと予想していたのだが。オメガと棚橋のシングルは16年のIWGPインターコンチ戦以来組まれていないので、言われてみれば今の新日本トップ戦線の中で温存されていたカードではある。とはいえ、最近は試合のたびにレスラー寿命を削っている感のある棚橋が、オメガのハイスパートかつ破天荒なスタイルについていけるのか。今度の1・4はドキドキ以上にハラハラさせられそう。

[PR]
# by nugueira | 2018-10-11 23:21 | 新日本プロレス | Comments(0)

UFC229の感想

 メイン以外の感想を。

ミッシェレ・ウォーターソン〇-×フェリス・ヘリッグ(判定)
 蹴りで間合いを取るウォーターソン。ヘリッグは右ストレートから組み付いて削っていく。2Rはウォーターソンが離れ際に右、さらに左ハイをヒット。テイクダウンも奪ったウォーターソンがガードから削る。
 3R、払い腰を狙ったウォーターソンに対しヘリッグ上を取るものの、ウォーターソンは下からパウンド。スタンドに戻るとヘリッグが組み付いてヒザ。両者決め手がない印象だったが、判定は3-0でウォーターソン。

デリック・ルイス〇-×アレクサンダー・ヴォルコフ(3R KO)
 ルイスがいつの間にかランキング2位という事実にびっくり。
 1R、いきなりヴォルコフのパンチが入りルイス後退。目を気にするルイスにヴォルコフが追撃のパンチ。しかしルイスもパンチを入れ返すと、ラウンド終盤にはトップを取りパウンドで攻勢。
 2R、ヴォルコフのアッパーが入りまたもルイスがぐらつく。この後もヴォルコフのパンチが的確に入るが、タフなルイスは反撃。ヴォルコフもうかつに手数が出せなくなる。 
 3Rもヴォルコフがパンチを入れ体勢を崩すルイス。しかしダウンせずに堪え続けると、残り1分のところで前に出て猛攻。パンチでヴォルコフを下がらせると、残り30秒を切ったところで右フック!ダウンしたヴォルコフにパウンドでフィニッシュ!
 いやもう、ハチャメチャな展開すぎて最高。ルイスはラスト1分だけで勝っちゃった形。来月のニューヨーク大会でコーミエとタイトルマッチという仰天の展開になったが、さすがにコーミエ相手にどうこうできる感じは全くしない。

オヴァンス・サンプレー×-〇ドミニク・レイエス(判定)
 レイエスが強烈なローを入れつつOSPのタックルを凌ぐ。組み付いて尻餅をつかせるOSPだが、レイエスは立ち上がり差し返す。ラウンド終盤にレイエスのパンチがヒットし、OSPは効いた様子。
 2RはレイエスがOSPのタックルを切りながらパンチと左ミドル。ただ攻め疲れか、手数が減ってきた。3RはOSPがパンチからタックルを狙うが、レイエスはフットワークで捌きながら上下に攻撃を散らす。試合終了間際にカウンターの左を叩き込みOSPをダウンさせたレイエスが、KOは逃したものの完勝。テイクダウンを防ぎながら打撃戦に徹するスタイルに身体能力の高さを感じる。スルスルッとタイトル戦線まで到達してもおかしくなさそう。

トニー・ファーガソン〇-×アンソニー・ペティス(2R TKO)
 ファーガソンが小刻みなリズムを取りながら前進。プレッシャーをかけ続け、遠い間合いから多彩なパンチを入れる。ペティスは回転ヒジやカポエイラキックを繰り出すものの不発。逆にファーガソンは三角跳びからのパンチを見せ、完全にペースを握ったか。
 2Rも前に出るファーガソンだが、ペティスの右がヒット!一転ピンチのファーガソンだが、ペティスの追撃をガードポジションで凌ぎスタンドに戻すと、再び圧力をかけパンチ!ケージに詰めてパンチ・ヒジの連打を入れ続け、気づけばダウンを奪ったはずのペティスの方が血まみれに。それでも打撃戦に挑むペティスだが、2R終了後に骨折のためギブアップ。
 終わってみるとメインの前にかすんでしまったが、こちらも見ごたえ十分な名勝負。一刻も早くヌルマゴvsファーガソン組んでほしい。

[PR]
# by nugueira | 2018-10-10 23:11 | UFC | Comments(0)
 日本時間13日&14日のベラトール。ヘビー級GP準決勝の予想を。

マット・ミトリオン〇-×ライアン・ベイダー
 まずは13日。直近の実績・内容を考えると本命というべきミトリオンと、対抗のベイダー。これが事実上の決勝か。一回戦は瞬殺KOで勝ち上がったベイダーだが、やはりミトリオン相手だと体格差が苦しくなりそう。ミトリオンKO勝利と予想。

エメリヤーエンコ・ヒョードル〇-×チェール・ソネン
 こちらは14日。まさか2018年にこの組み合わせが見れようとは。ヴァンダレイ、ランペイジとオールドネーム相手に塩漬けで連勝を重ねたソネンだが、ヒョードルをそう簡単にテイクダウン&トップキープできるか。打たれ弱さが目立つようになったヒョードルだが、ソネン相手ならKOパンチをもらう危険性は下がりそう。ヒョードルKO勝利。

[PR]
# by nugueira | 2018-10-09 23:29 | その他(総合・寝技系) | Comments(0)

拳四朗vsメリンド

 WBC世界ライトフライ級タイトルマッチ、拳四朗vsミラン・メリンドの感想を。

 拳四朗は小刻みなリズムで体を動かしながらメリンドとの距離を測っていく。1Rはまずは様子見か。
 2Rはメリンドの右クロスでヒヤリとする場面もあったが、拳四朗が着実に左ジャブをヒット。3Rに入るとギアを上げた拳四朗はワンツーの手数を増やしていく。この日の拳四朗はとにかく出入りのスピードが素晴らしく、ワンツーをもらったメリンドが反撃しようとすると、もうパンチが届く距離にいない。メリンドは戦いながらかなりイライラしていたのでは。
 中盤戦に突入した5R、拳四朗はワンツーだけでなく得意の右ボディもヒット。メリンドの距離とリズムを見切ってきた感じで、完全にペースを握った。流れを変えたいメリンドは6Rに自ら前に出て手数を増やすものの、拳四朗は逆に押し返すとワンツーからのボディで滅多打ち。
 迎えた7R、拳四朗の勢いは止まらずメリンドにワンツーを次々ヒット。前のラウンドにカットしたメリンドの出血がひどくなり、最後はドクターストップ。拳四朗が3戦連続KOでV4に成功。

 いや、拳四朗強い。かつてダイジェストでしか試合を放送してもらえなかったボクサーとは思えないわ。実績的には過去最高の難敵を迎え、現に1ラウンドは慎重さも見てとれたのだが、そこから抜群の距離感と的確なジャブでスルスルッとペースを握ってしまった。
 井上の次戦は海外開催が濃厚となると、次のフジのボクシング中継は拳四朗+この日ゲストに来ていた伊藤雅雪とかの組み合わせでも十分いけるのでは。拳四朗は毎回いい勝ち方をしても、その直後の井上が凄すぎて記憶を上書きされてしまうのがさすがに可哀想だし。

[PR]
# by nugueira | 2018-10-08 14:11 | ボクシング | Comments(0)