反り立つ壁に撃沈。


by nugueira
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

タグ:DEEP ( 50 ) タグの人気記事

DEEP CAGE IMPACTの予想

 AbemaTVで見た感想。

金原正徳○-×チャーリー・アラニツ(1R TKO)
 開始早々、前に出るアラニツに金原がカウンターのテンカオをボディへぐさり!効かされた様子のアラニツに金原はパンチ連打からミドル、サッカーボールキック。額をカットしたアラニツにドクターチェックの結果ストップがかかり、わずか30秒で金原勝利。
 緊急出場かつ本来1階級下の選手なのでいろいろ割り引く必要はあるとはいえ、お見事な勝利。やっぱりまだ引退は早い。

長倉立尚×-○今成正和(判定)
 間合いを測り合う両者。今成はいつもながらのノーガードからロー、跳び蹴り。長倉もローを返す。両者動きが少ないまま1R終了。
 2R、今成の飛び込んでのパンチが入るが長倉はすぐ打ち返す。今成の跳び蹴りをパンチで迎撃した長倉が、ボディストレート、左ジャブ、ローを着実にヒット。手数を増やし流れを引き寄せる。
 このまま長倉が逃げ切るかと思えた3R、今成が自ら前に出ると跳び蹴りがヒット!さらにパンチ連打で長倉をグラつかせると、タックルに来た長倉を倒してパウンド。大ピンチの長倉だが上を奪うと今成のオモプラッタを凌いで肘を入れる。スタンドに戻ると両者パンチの打ち合い!しかしここは長倉がパンチを効かせ、今成一瞬ヒザを着く。蹴りでバランスを崩す長倉だが、組み付いた今成から逆に上を奪うとパウンド。スタンドに戻った後も左右のパンチを着実に入れ、今成の顔面をのけぞらせる。ダウンシーンの後は長倉が盛り返した形で試合終了。
 3Rに盛り上げてくれたが、まあ長倉の勝ちか…と思ったが、判定は3-2で今成。DEEP特有の5人制ジャッジでは珍しいスプリットの接戦を制し、フェザー級王座に返り咲いた。
 ラウンドごとの採点ではないDEEPの判定基準は理解しているが、それにしても3Rのダウンシーン以外は長倉が優勢だったのでは。一度でも追い込む場面を作れば他の時間帯が劣勢でも勝ててしまうのでは、国際基準とかけ離れ過ぎてるなあ。いい試合だっただけに結末にもやもやが残ったのが残念。

[PR]
by nugueira | 2016-12-17 22:32 | その他(総合・寝技系) | Comments(2)

DEEP 75 IMPACT の予想

 明日のDEEP、セミだけつまみ食い予想。

桜井隆多×-○岡見勇信
 岡見がこのタイミングで国内復帰、しかもDEEP、というのは結構なサプライズ。パンクラスももはや「継続参戦じゃないなら必要ない」ぐらいのスタンスなのかしら、と色々勘ぐってしまう。
 ウェルター級2戦目、完敗に終わったフィッチ戦からの再起戦、ということでとにもかくにも結果が欲しい試合。正直岡見も今後の展開が見えにくい状況に追い込まれているが、ここで流れを変えることができるか。
[PR]
by nugueira | 2016-02-26 23:35 | その他(総合・寝技系) | Comments(0)

DEEP 73 IMPACTの予想

 17日のDEEPの予想を。

元谷友貴○-×小島壮太
 フライ級タイトルマッチ。元谷は昨年大晦日の試合映像を見ても、非常に分かりやすくて面白い試合をしてくれる選手。きっちり防衛して大晦日への道筋をつけたいところ。

シング・心・ジャディブ×-○カルロス・トヨタ
 急遽追加されたメガトン級王座決定戦。ヒョードルの対戦相手として名前が浮上していたジャディブだが、まだ正式決定ではないので今回が査定試合という位置づけか。ただジャディブってMMA経験1試合のみで、1年以上ブランクがあるわけでしょ?トヨタの「高瀬やホンマンをKO」という戦績をどう評価するかがまた微妙なのだが、少なくとも試合勘という意味ではアドバンテージがありそう。今回勝って大晦日のヒョードル戦に名乗り、という展開でいいのでは。正直今回のヒョードルの試合にハラハラする勝負論はハナから期待していないもので。
[PR]
by nugueira | 2015-10-14 23:37 | その他(総合・寝技系) | Comments(0)

DEEP CAGE IMPACTの予想

 20日のDEEP大田区大会、メインの予想。勢いの面でパンクラスに押されている感が強いが、団体として存在感を示せるか。

北岡悟○―×岡野裕城
 ライト級王者・北岡の3度目の防衛戦。大晦日の吉田戦やパンクラスでの試合を見ても、相手をドミネイトするファイトスタイルを完成させている北岡。対する岡野は試合映像を見たことがないのだが、今の北岡に一発入れて切り崩すのは並の日本人では難しいのでは。北岡が判定で防衛と予想。
[PR]
by nugueira | 2015-07-18 15:19 | その他(総合・寝技系) | Comments(0)

大塚vs石渡

 またも埋め草で昨年大晦日のDEEPの試合映像を見た感想。

大塚隆史×-○石渡伸太郎(1R TKO)
 序盤は大塚が石渡の蹴り足をつかみテイクダウンを奪いかける展開が続くが、石渡はすぐ立ち上がるとパンチから左のヒザを突き上げる。この一発で一気に形勢が逆転し、石渡は大塚のタックルを振り切るとパンチ連打を入れダウンを奪う。パウンドやサッカーボールキックで攻め込んだ後、一度は大塚が立ち上がるが、ダメージで完全に足元がおぼつかない。最後は石渡が左ストレートを打ち込み、王者対決をKOで制した。

 ゴン格で佐伯代表が大晦日を振り返っていたが、終盤は延長料金が気になっていて「円滑な進行を」ということしか頭になく、大塚のKO負けを見た瞬間も「ああ、これで早く進む」としか思わなかったというのが笑った。自分とこの王者がKOされといてそれはないだろう。

 石渡にとっては最高の形で2015年につなげたわけだが、そこで負傷による長期欠場。パンクラス全体も非常に勢いを感じさせるマッチメイクを編成しているだけに、核になるはずの石渡が不在なのがつくづく残念。
[PR]
by nugueira | 2015-03-13 23:51 | その他(総合・寝技系) | Comments(0)

北岡vs吉田

 昨日に続き昨年大晦日の試合映像、北岡vs吉田のDEEPライト級タイトルマッチの感想を。

北岡悟○-×吉田善行(判定)
 開始と同時に北岡が片足タックルに入り、そのままテイクダウン。一度は吉田にバックを取られかけるものの、再び上を取り返すと固めてパウンド、さらにチョーク。吉田が立ち上がりかけるとパンチを入れてからすぐさまタックルにつなげて再びテイクダウンを奪い、吉田に自分の動きをさせないままラウンドを終える。
 2Rも北岡がハイキックを見せてからのタックルでテイクダウンを奪い、1Rのリピートのような展開に。吉田は一度立ち上がりケージに押し込むものの、北岡は体勢を入れ替えて上を取り返し、終了間際にはまたも打撃を打ち込む。
 3Rは吉田がようやく反撃に転じ上を取る時間帯が長くなるものの、北岡はラウンド後半にしつこいタックルからテイクダウンを奪うと、終了間際には足関節を取る場面を見せ試合終了。危なげない内容でベルトを防衛。

 対照的といっていいキャリアを積んできた両者の対戦で、ケージでのスクランブル合戦になったら正直吉田の方に分があるんじゃないかと戦前は思っていたのだが、終わってみれば北岡の横綱相撲。北米に背を向けることとと北米スタイルの試合ができないことはイコールではない、と今さらながら実感。
 北岡の次戦はパンクラスのワールドスラム決勝でAKIRAと対戦。タックルを凌ぎ続けて一発を入れれば勝機はあるんだろうけど、果たしてそれができるかどうか。
[PR]
by nugueira | 2015-03-07 23:16 | その他(総合・寝技系) | Comments(0)

元谷vsマンザナレス

 ゴン格ではさんざん絶賛されている元谷友貴の試合映像を恥ずかしながらまだ見たことがなかったので、今さらながら大晦日の試合をネットでチェック。

元谷友貴○-×マット・マンザナレス(3R TKO)
 開始から左右のローを繰り出す元谷。マンザナレスはローに合わせてパンチを繰り出していくが、ここで元谷の跳びヒザがヒット!倒れ込んだマンザナレスにそのままパウンド、さらにはバックチョークを狙い元谷が一気に攻勢。
 2Rは再び打撃戦の比較的静かな展開が続くが、ラウンド終盤に元谷の前蹴りがヒットし、体勢を崩したマンザナレスに左右のパンチラッシュ。またも攻勢を印象付ける。
 完全に元谷ペースで迎えた3R、マンザナレスの蹴り足をつかんでテイクダウンすると、マウントを奪いパウンドの雨あられ。最後はバックマウントから殴り続けたところでようやくレフェリーがストップ。

 1・2Rのチャンスで一気に決めてほしかった、という贅沢な注文はつけようと思えばつけれるんだろうけど、初の国際戦で堂々の戦いぶり。要所要所でひらめきのような一撃が入るのは、見ていて昔の所英男を思いだした。それにしても練習環境が恵まれているとは言い難い富山のジムからこれだけの選手が出てきたのが驚き。富山発世界への道筋が、これからの1年間でハッキリ見えてくるか。
[PR]
by nugueira | 2015-03-06 23:32 | その他(総合・寝技系) | Comments(0)
 DEEP大晦日興業で和田竜光vs神酒龍一が決定。DEEP元王者と修斗現役王者というなかなかいい組み合わせ。パンクラスとの対抗戦もそうだが、ちゃんとリスクのあるカードを組んでいるのがいい。既に発表されている廣田瑞人vs高谷裕之といい、佐伯さんも関係者もなかなか頑張っているじゃない。
 一方で前座やオープニングファイトの面子を見ると「日頃のDEEPの延長線上」というコンセプトによくも悪くも偽りなしだな、と思えてくるが。

 出場予定選手も含めると全23試合のラインナップになりそう。佐伯さんは開催決定時の会見で観客動員の目標を8000人と言っていた記憶があるが、出場46選手で割ると一人あたりのノルマは170枚。大晦日で予定が入っちゃってる知り合いも多いだろうが、ぜひ各自営業を頑張ってほしい。って手売り以外の客はほとんどいない前提で計算しちゃってるけど。
[PR]
by nugueira | 2014-11-26 23:10 | その他(総合・寝技系) | Comments(0)
 パンクラスで勝利した北岡が大晦日出陣を宣言、という一報を聞いて「えっ!?」となったのだが、今日になってDEEPが大晦日にさいたまスーパーアリーナ大会を開くというニュースが。佐伯代表は以前ゴン格でも「誰もやらないならうちがやる」という発言をしていたので、まあ有言実行ではある。

 2年ぶりの大晦日たまアリ興業復活ということでこれまでの大晦日興業に改めて思いを馳せてみたのだが、あれだな。「功罪半ば」とか「愛憎相半ば」という言葉は大晦日興業のためにあるんだな。

 まさに「お祭り」として実現した2001年の猪木祭りに始まり、2003年の三つ巴興業を経て男祭り・Dynamite!!の二極構造へ。個人的に大晦日興業の心象が悪くなったのはイロモノ色が強くなってからのDYnamite!!で、曙vsボビーを見た後はこのブログにも「これが格闘技ブームだというならブームは終わってくれて構わない」と書いた記憶がある。

 PRIDE消滅によるDynamite!!への一本化を経て、K-1消滅後の2011年以降は猪木やGloryとの提携によって大会を存続。正直、この辺の時期は線としてつながっていかない「大晦日興業をやるための大晦日興業」にしか思えず、見ているこちらも意義を見出しにくかった。
 ただ印象的だったのは、昨年大晦日興業がないことが確定した際に「もう大晦日興業は役目を終えた」という趣旨の記事を書いたところ、コメント欄に「自分は去年(2012年)の大晦日に初めて会場観戦をしたので、今年ないのは寂しい」という書き込みがあったこと。批判も多いが、大晦日興業の意義はすれっからしのマニアが一刀両断にしていいようなものではないことも確かだ。

 そういう変遷を経て今回の発表に触れてみると、前述の「大晦日興業をやるための大晦日興業」というカラーは薄まっており(まだカード発表がない段階で判断するのは早いかもしれないが)、いつもの興業の線上に大晦日がある、という位置づけになっているのは個人的に好印象。
 ただこの方針でたまアリに客が入るのか、というのが最大の問題になってくるんだよなあ。UFC日本大会と同じサイズで開催するらしいが、ブランド力・メディア広報で雲泥の差があるDEEPがこれをどう克服するか。ツイッター上では早くも「試合数を増やして手売りで集めるしかない」「54試合組めば108人で除夜の鐘だ」といったコメントがあったが、あながち冗談に聞こえないから怖い。

 格闘技興業の酸いも甘いも、というか主に酸いを知り尽くした佐伯代表だけに、ある程度の算盤を弾いているとは思いたいが。DEEPにとっても日本MMAにとっても大きな賭けになる大晦日興業、果たしてどういう結末になるか。

 見に行くべきかどうかがまた悩ましい。人気ブログランキングへ
[PR]
by nugueira | 2014-10-06 23:37 | その他(総合・寝技系) | Comments(3)

DEEP 66 IMPACTの予想

 29日のDEEP、つまみ食いの予想を。

金原正徳○-×北田俊亮
 勝てども勝てどもUFCからのオファーが来ない金原。去年のパンクラスの秒殺KOなんてインパクト十分だったと思うのだが。8月のマカオ大会、9月の日本大会に向け日本人選手のニーズがまた高まってくるはずなので、ここはしっかり白星を重ねておきたい。

北岡悟○-×宮崎直人
 メインはライト級タイトルマッチ。3年連続で大晦日に敗れDEEPで再起戦、というシチュエーションの北岡。宮崎は試合映像を見ていないのだが、まだこの辺のグループの選手には負けていられないはず。3年連続の再起戦勝利を期待。
[PR]
by nugueira | 2014-04-25 23:59 | その他(総合・寝技系) | Comments(0)