反り立つ壁に撃沈。


by nugueira

タグ:観戦記 ( 1360 ) タグの人気記事

 WBA世界ミドル級タイトルマッチ、アッサン・エンダムvs村田諒太を視聴。

 前回と同じく圧をかけていく村田。これまた前回と同じくエンダムが手数を出していくが、村田も距離を詰めたところで左右のボディフック、さらに右ストレート。前回よりも手数は出せており、悪くない出だしでは。
 2Rはエンダムが距離を取りつつ手数で上回り、接近するとクリンチ。このラウンドは手数で取られた印象で、同じ展開を繰り返されると辛いか。
 3Rに入ると村田が一層距離を詰め、左右のボディ。エンダムも連打を返すが、村田はブロックしてさらにエンダムの打ち終わりに反撃。右ストレートも入れ、微妙だがこのラウンドは取ったか?
 このまま我慢比べの展開になるか…と思ったが、4Rは序盤からエンダムが足を使って逃げ回る展開。村田はエンダムを追いかけながらジャブを突き刺すと、ラウンド終盤にボディがヒット!エンダムは明らかに効いた様子。
 5Rはエンダムが再び手数を増やし、互いに右ストレートがヒット。村田はここから左右のボディを打ち込み、有効打では上回っている印象。とはいえ前回の判定があるので、エンダムの手数に打ち消されていないか?という不安感がぬぐえない。
 6Rもフットワークで動き回るエンダムを村田が追う展開。村田は打ちおろしの右を繰り返し出していくと、ラウンド終盤にエンダムのガードをすり抜けるように右ストレートをヒット!ダウンこそしなかったもののエンダムがガクリと腰を落とし、村田が一気に流れを引き寄せる。
 エンダムは7Rは完全に防戦一方となり、手数はほとんど出ずに動き回るだけ。村田はこのラウンドはストレート以上にジャブがよく突き刺さり、ボディも交えて上下の打ち分けをしていく。村田が一方的に攻め立て、これはいけるぞ…という空気になった7R終了後、エンダム陣営が試合を棄権。やや唐突な終幕だったが、村田が5月の不可解な判定負けを払しょくする快勝劇で、悲願の世界王座を奪取!

 もうねえ、村田がプロ転向する際に「まあ世界戦が一度組まれれば御の字じゃない?」とかもっともらしいことを言ってた奴、正座して謝罪な。本当にすいませんでした!しかも今回は戦前に村田敗北という予想までしており、深く陳謝いたします!!

 エンダムは試合後に足の負傷を明らかにしていたけど、まあこの世界はリング上の結果が全てなわけで、お見事というしかない村田のリベンジ劇でした。手数で遅れを取った前回の反省をしっかり活かしており、ダウンは奪えなかったものの内容的には5月よりも明確に試合を支配していた。振り返ってみると3Rがターニングポイントで、接近戦の我慢比べでも押し気味に試合を進めたことが大きかったか。
 これで止まっていた時計の針がようやく動き出した。さあ、待ってろゴロフキン!…というのはあまりに時期尚早だが、理屈上この台詞を言う権利のあるポジションに日本人がいるということに改めて驚きと感動を禁じ得ない。村田がここに切り開いた、日本ボクシング界の新たな1ページ。今日がゴールではなく、我々はここから始まっていく歴史の目撃者となるのだ。

[PR]
by nugueira | 2017-10-22 23:40 | ボクシング | Comments(0)

修斗の感想

 15日の舞浜大会、つまみ食いで見た感想を。

覇彌斗○-×六本木洋(3R TKO)
 1R、覇彌斗がタックルに行ったところへ六本木がギロチンチョーク。ヒヤリとさせられたが、覇彌斗はこれを凌ぐとトップポジションをキープしパウンドと鉄槌。しっかり削って1Rを終える。
 2Rも六本木のしつこいギロチン狙いを外した覇彌斗が、トップをキープし攻勢。ここまで来たらフィニッシュしてほしい…と思った3R、覇彌斗がトップポジションからヒジを落として流血を呼び込み、TKO勝利。とはいえ、結果的にスクランブル出場の六本木の健闘の方が光ってしまったか。

川名雄生○-×小谷直之(判定)
 序盤は小谷が組み力の強さを見せテイクダウンを奪うが、1R後半から川名もトップをキープ。ここまでは「なんだかんだでよく動けてる」という印象だった小谷だが、2R以降は失速。タックルを切られ自分から引き込む場面が増え、3Rもケージに押し込まれ続けて試合終了。川名がベテランの小谷を下した。小谷のランキングを考えれば普通に環太平洋タイトルマッチとして組んでやれば良かったようにも思うが。

扇久保博正○-×オニボウズ(1R チョークスリーパー)
 オニボウズのタックルを切った扇久保が左ハイを浅くヒット。スタンドの攻防が続いた後、またもオニボウズのタックルを切った扇久保が低空のダブルレッグからテイクダウン。ハーフからこつこつパウンドで削ると、背中を向けたオニボウズに強いパウンドを連打し、最後はバックに回ってチョークで一本。
 昨年の菅原戦に続き「扇久保強ええ」としか言いようがない圧勝劇。今回の試合内容で比べると、さすがに今の覇彌斗じゃまだ勝てないか。これだけの選手にUFC契約のチャンスが回ってこないのは切ないなあ。

[PR]
by nugueira | 2017-10-19 23:57 | その他(総合・寝技系) | Comments(0)

RIZINの感想②

 その他の地上波で流した試合の感想を。日本人女子が絡まない判定決着のカードは根こそぎカットで、桜庭の試合もダイジェストすら流れず。これだから地上波格闘技は…というのはもはや言うだけ野暮か。

ジェロム・レ・バンナ×-○ロッキー・マルティネス(1R ネックロック)
 バンナの身体の仕上がり具合には驚いたが、マルティネスがタイミングのいいタックルからテイクダウンすると最後は袈裟固めで一本。タプタプの体型のくせにグラウンドでは意外と動けるのね。

アイリーン・リベラ○-×山本美憂(2R 腕十字)
 スタンドでは押し気味だった山本だが、テイクダウンの後に下から仕掛けられる展開。1Rは何とか凌ぐものの、2Rはまたもタックル後にラバーガードから腕十字。回転して逃れようとするものの極められてしまいタップ。やっぱりテイクダウンから先の攻め手が用意できていなかった。リベラも山本相手にスタンドで後れを取るようだと、RENAにはあっさり殴り倒されそう。

浅倉カンナ○-×シルビア・ユスケビッチ(判定)
 浅倉がトップポジションはキープするがあまり印象に残らない展開を続けて判定勝利。

マネル・ケイプ○-×山本アーセン(1R KO)
 スタンドで積極的に手を出していたケイプが、左ハイをクリーンヒットさせKO勝利。やや交通事故的な感じもあるフィニッシュだったので、ケイプをどの程度評価すればいいのか判断に困る試合。

KINGレイナ○-×ガブリエル・ストークス(判定)
 テイクダウンは取るがなかなか攻め切れないレイナ。2Rにはストークスにバックマウントを奪われパウンドをもらい続けてしまう。嫌な空気で3Rを迎えたレイナだが、ストークスが露骨にローを効かされ失速。倒しきれなかったもののレイナが判定でRIZIN3連勝。インパクトに欠ける試合内容だったが、これで大晦日のギャビ戦当確か?

川尻達也○-×ガブリエル・オリベイラ(2R KO)
 オリベイラのパンチを顔面にもらい続ける川尻。タックルも切られ、最後は頭を下げたところにヒザを合わされKO負け。バンタム級挑戦という一世一代の賭けも実らず。せめて1Rから放送して欲しかったなあ…。オリベイラは61まで落とせるのならワイルドカードで出てほしい。

[PR]
by nugueira | 2017-10-16 23:37 | その他(総合・寝技系) | Comments(0)

RIZINの感想①

 生放送だったセミとメインの感想から。尺は大幅に余らず、最後はKOで締まってくれて悪くない展開だったのでは。会場組は大変だったろうけど。

那須川天心○-×藤田大和(判定)
 藤田は開始早々にミドルキックを繰り出し、さらに自ら組み付きにいくがここは那須川が逆に上を取る。この後も那須川は猪木アリ状態からの踏みつけを繰り出した後、スタンドで藤田の打ち終わりに左フックを叩き込みダウンを奪取!
 このまま那須川が一気に押しきるかと思ったが、藤田は2R以降もスタンドでキレのあるパンチを出し、那須川が浅く被弾する場面も。さらに2R後半は藤田がトップポジションをキープし、試合は最終ラウンドへ。
 3Rは那須川が左ストレートとテンカオを繰り返し叩き込んで優勢に進めるものの、猪木アリ状態の藤田を攻めきることができない。終了間際には藤田がマウントを奪い、結局判定で那須川が勝利。
 藤田が大舞台と那須川に呑まれず頑張ったというべきか、那須川が粗さを見せたというべきか。ボクシングエリート相手に予告通りパンチで上回ったのは相変わらず凄いが。藤田は地道にキャリアを積めば強くなるかもしれないけど、RIZINに引きずり込まれるとロングスパンで中途半端な相手を当てられてスポイルされそう。

RENA○-×アンディ・ウィン(1R KO)
 RENAがバックブローに行ったところをウィンが組み付きテイクダウン。RENAは下から腕十字を仕掛け立ち上がるが、ウィンはおぶさってバックチョーク狙い。しかしRENAはこれを振りほどいて正対すると、強烈な左ボディ!一発で聞かされた様子のウィンにRENAがヒザとボディの連打を入れ続け、最後は左ボディを食らったウィンがコーナーに崩れ落ちフィニッシュ。
 相手の計量オーバー、長丁場興業とモヤモヤの溜まる要素が多かった中、最後にきっちり締めるのはさすが。やっぱりこの子は持ってる。

[PR]
by nugueira | 2017-10-15 23:29 | その他(総合・寝技系) | Comments(0)

KING OF PRO-WRESTLING

 新日本プロレス両国大会を新日本プロレスワールドで観戦。

 メインとセミはオカダ・内藤が順当に勝ち、1.4ドームでの激突が決定。オカダvsEVILは今年のオカダのタイトルマッチの中で見ると「並の水準」という感じだったけど、EVILの玉座に乗っての入場が妙に迫力があって良かった。ドームでEVILのシングルマッチが組まれてこの入場シーンを見せられてもあまり違和感はないだろうし、シングルプレイヤーとしての立ち位置が確立しつつあるのは会社にとっても収穫なのでは。

 内藤vs石井はデスティーノ大安売りの感はあったものの、カウンター式デスティーノとカウンター式垂直落下の応酬は見ながら「すげえ」と唸るしかなかった。この夏以降の内藤は「4年前のドームへのリベンジ」というストーリーが明確で、観客もそれに素直に乗っかる空気が出来上がっている。今回のメイン後の二人の絡みも最高だったし、年が空けるのが楽しみで仕方がない。

 KUSHIDAvsオスプレイはのっけからフルスロットルで「こいつら正気か?」と思わせる攻防の末、オスプレイが遂にKUSHIDA超え。リコシェも巻いていないシングルのベルトを獲ったということは、長期参戦が確定しているのだろうか。それにしてもオスプレイの空中技をKUSHIDAが跳びつき腕十字で切り返す場面を見ていて、前日のデメトリウス・ジョンソンのフィニッシュがフラッシュバックした。DJ、つくづく凄いな。

 個人的に最もインパクトの強い試合だったのがIWGPジュニアタッグ。ロッポンギ3Kの正体が小松&田中というのはまあ予想通りだったのだが、凱旋早々ベルトを奪取、しかもリコシェから獲ったのには驚いた。次期シリーズのジュニアタッグトーナメントにリコシェの名前が見当たらないのは何か関係があるんだろうか。
 新日本を再び見るようになってからそろそろ3年になるが、若手の海外遠征出発から凱旋までをリアルタイムで見るのは今回が初めてなので、そういう意味でも感慨深い。11月の大阪大会に向けた謎の煽りVが続いているが、これもジェイ・ホワイトの凱旋なのかな?

[PR]
by nugueira | 2017-10-10 22:21 | プロレス | Comments(0)

パンクラス290の感想

田中半蔵×-○中原由貴(判定)
 1R、中原の左がヒットし田中ダウン!中原はそのまま近距離での打ち合いに持ち込むが、今度は田中の右が立て続けに入り中原がダウン!それでもひるまない中原は田中をケージ際に詰めると、またも左を打ち込んで2度目のダウンを奪取。のっけから凄い展開。
 2Rは両者手数が減るが、圧力をかける中原が要所要所で印象に残るパンチをヒット。田中のアイポークでの減点もあり、中原が一気にリードを広げる。
 後がない田中だが、3Rは田中のタックルを凌いだ中原が逆にバックを奪いパウンド。最後まで田中に逆転のチャンスを与えず、ランキング1位を破る大番狂わせをやってのけた。

日沖発×-○高谷裕之(1R KO)
 開始直後に高谷が前に出るが、日沖のアッパーがヒット!下がった高谷に日沖が左右のパンチを打ち込み、またもアッパー!ケージ際に下がった高谷を日沖が追撃に行くが、高谷の右フックがヒット!日沖は頭から前のめりに崩れ落ち、高谷が衝撃の逆転KO。
 こういうことを書くのは残念でしかないのだが、日沖はもう壊れてしまったのでは…。ダウンシーンは前回の田中戦の映像をプレイバックしたかのようで、2試合連続ワンパンチでのKO負けはもう言い訳が効かなくなってくる。セミの田中の敗戦も含めて、この1日でフェザー級の勢力分布が一気に変わってしまった。

[PR]
by nugueira | 2017-10-09 10:38 | その他(総合・寝技系) | Comments(0)

UFC216の感想

ベニール・ダリウシュ△-△エヴァン・ダナム(判定)
 開始から圧力をかけていくダリウシュ。ダナムをケージ際に詰めると打ち下ろしのヒジ!ダウンしたダナムの上を取ったダリウシュがパウンドで削り続けて1R終了。
 2Rは開始早々ダナムがタックルからテイクダウン。ダリウシュは下からオモプラッタを仕掛け立ち上がると、ラウンド後半に細かいパンチを入れていく。微妙だがダリウシュのラウンドか?3Rはダナムが積極性で上回った印象で試合終了。
 ダナムがよく立て直したが、ダリウシュの逃げ切りか?と思いきや判定はダリウシュ1-0のドロー。ダリウシュとしては勝利を取り逃がした形か。

ファブリシオ・ヴェウドゥム○-×ウォルト・ハリス(1R 腕十字)
 開始早々にシングルレッグからテイクダウンを奪ったヴェウドゥムがあっさりマウント。最後は腕十字で一本。試合当日の対戦相手変更だったが、えらいイージーファイトになっちゃったな。

デメトリアス・ジョンソン○-×レイ・ボーグ(5R 腕十字)
 DJのミドルをボーグがキャッチするが、DJはそこからバックに回り込む。スタンドに戻った後もボーグのタックルを切りトップポジションを取ると、アームロックを狙いながらパウンドで削っていく。
 2RはボーグがタックルでDJに尻餅をつかせ、さらに背中におぶさるものの、DJは振り落として上を取るとパウンド。相変わらず攻防のつなぎ目でのスピードが際立っている。
 ボーグはタックルからのテイクダウンとギロチンを狙っていくものの、DJの動きについていけず3R辺りから背中をべったりとマットにつけてしまう場面が増えてくる。DJがいつもながらの横綱相撲で圧倒するが、ボーグも一本は許さずに5Rに突入。このままDJが判定勝ちか…と思ったところで、バックを取ったDJがバックドロップ!空中でボーグの左腕をつかむと着地しながら腕十字の体勢に移行し、そのまま一本!劇的すぎるフィニッシュでUFC最多防衛記録更新に花を添えた。
 1Rと5Rで運動量が全く変わらないスタミナと「ここでこの動きができるか」という引き出しの多さは相変わらずで、これだけでも十分「DJ強し」と思わせる内容だったのだが、最後にあのフィニッシュ。それこそ新日本プロレスでKUSHIDAあたりがやってもおかしくなさそうなムーブで、それをMMAでやってしまうんだから恐れ入るしかない。DJを止める選手の出現は当分想像がつかないなあ。

トニー・ファーガソン○-×ケビン・リー(3R 腕十字)
 リーが遠い距離から飛び込んでのワンツーをヒット。さらにリーがパンチを打ち込み、ファーガソンがフラッシュダウン。しかし追撃に来たリーに今度はファーガソンがカウンターを入れ今度はリーがグラつく。攻め込むファーガソンにリーが組み付きテイクダウン。ファーガソンがオモプラッタや腕十字を仕掛けるが、これを防いだリーがパウンドとヒジで猛攻!ファーガソンはホーンに救われる。
 いきなりピンチを迎えたファーガソンだが、2Rに入るとジャブがリーの顔面を捉えるようになり、タックルも切ってみせる。リーは距離を見切られてしまったかパンチが当たらなくなり、ファーガソンのペースに。
 3Rはリーがリフトアップからのテイクダウン。一度はファーガソンが立ち上がるがリーが再度テイクダウン。するとファーガソンが下からの腕十字を仕掛ける。これはリーが防ぐが、今度は三角へ。脱出できずにリーがタップし、ファーガソンが10連勝で暫定王座を獲得。
 ここでリーに勝たれてしまうと「これまでのライト級は何だったんだ」となってしまうところだったので、順当な結果に落ち着いてくれてよかった。ファーガソンはマクレガーと戦ったら普通にKOされて終わりそうだけど、マクレガーは戻ってくるのかなあ…。

[PR]
by nugueira | 2017-10-08 23:21 | UFC | Comments(0)

Krush.81の感想

 ダブルメインの感想を。

安保璃紅×-〇郷州征宜(判定)
 前に出てくる郷州に、安保はフットワークを使って距離を取りながらローとパンチ。郷州が強い右ストレートを単発で入れるのに対し、安保は手数をまとめる展開。ローとミドルも使えているし、左ストレートがよく刺さる。
 2R以降も安保が郷州の正面に立たず、連打をまとめては距離を取る展開が続く。ミドルも立て続けにヒットし、このまま安保が防衛か…と思った3R残り10秒で、安保のテンカオに郷州が左ストレート!最後の最後に大逆転のダウンを奪った郷州が、悲願のチャンピオンベルトを獲得。
 安保にとっては勿体ない、としか言いようがない敗戦。郷州は正真正銘のワンチャンスをものにして勝利を手繰り寄せた。聴覚障害を乗り越えての戴冠は感動的ではあったけど、ボクシングの10ポイントマストに慣れているとこの展開でひっくり返されちゃうのは違和感があるなあ。

小澤海斗×-〇西京春馬(判定)
 ローの探り合いからスタートするが、目立つのは西京の距離感の上手さ。スッと踏み込んでストレートを打ち込んだかと思うと、小澤が前に出てくる場面ではバックステップで間合いを外す。小澤はバックブローなどを繰り出すが自分の距離で戦うことができない。
 2Rも西京のペースで進みつつ、キックルールだとポイント差がつくほどではないか、と思ったラウンド終了間際、西京がガードの隙間をすり抜けるように左ストレートを打ち込み小澤がダウン!一気に西京が優位に立つ。
 後がない小澤は3R、跳びヒザからのバックブローなどで強引に距離を詰めパンチを振るう。西京は多少被弾し鼻から出血するものの時すでに遅く、逆転の一打は入れられないまま終了。西京が小澤を返り討ちにしベルトを手に入れた。
 小澤が単なるビッグマウスでないことは戦績が物語っているが、その小澤を相手に2回とも完勝したのはさすが。キックの世界は分けわからないぐらい強い10代が定期的に出てくるな。これでK-1の方でも一気にメインストリームに割り込んできそうだが、よく考えたら武尊と同門だから対戦はなさそうか。

[PR]
by nugueira | 2017-10-01 23:12 | Krush | Comments(0)

UFN117の感想②

石原夜叉坊○-×ローランド・ディ(判定)
 開始早々、ディの蹴り終わりに夜叉坊が左を合わせダウン!一度は立ち上がったディを再びテイクダウンすると、夜叉坊がパウンドとヒジで削り続け1R終了。
 上々のスタートを切った夜叉坊だが、狙い過ぎたのかガス欠なのか、2Rからは入り際にカウンターを合わされ被弾する場面が増え、急に怪しい雲行きに。3Rもディのハイをもらうなど苦しい展開になるが、度重なるローブローでディが減点をもらった直後、夜叉坊がタックルからテイクダウン。五分かやや押し気味の展開に戻して試合終了。
 終わってみれば三者とも夜叉坊だったが、ローブローの減点がなければドロー。1Rで攻め急がずに冷静にテイクダウンを狙ったあたりは良かったが、結局2R以降は失速。首はつながったものの、今後への不安感は否めない試合内容だった。

グーカン・サキ○-×エンリケ・ダ・シウバ(1R KO)
 開始直後にサキの左がヒットしシウバがダウン!この後もサキが打撃スキルの差を見せつけパンチで圧倒するが、ラウンド後半に入るとやや失速。シウバの膝をもらい始める。サキをケージ際に詰めたシウバが左ミドルからラッシュ!しかし離れ際にサキが左フックを打ち抜き、一撃でシウバをノックアウト!ヒヤリとさせられたが、最後は力ずくで吹き飛ばした。

五味隆典×-○キム・ドンヒョン(1R KO)
 低い姿勢で圧力をかけながら飛び込んでのパンチを狙っていく五味。比較的よく動けているか?と思ったところでドンヒョンのノーモーションの右が入りダウン!ドンヒョンの追撃の鉄槌をもらい続けたところでストップ。
 止めるタイミングが早いのはまあそうなのだが、打たれ弱さを露呈し一発もらってそのまま終わり、というここ最近嫌になるほど見続けてきたパターン。PRIDE時代に数々の名勝負を見せてもらった五味に恩義は感じているし、試合後の涙は本心からのものだとは思うが、それでもここ2試合の負け方は契約を消化するためにとりあえずオクタゴンに上がっているようにしか見えなかった。契約解除後にRIZIN参戦はあるのか…という辺りがやはり気になってくるが、ダメージの蓄積が心配だし、何よりこれ以上晩節を汚すような行動はやめてほしい。

クラウディア・ガデーリャ×-○ジェシカ・アンドラージ(判定)
 序盤はガデーリャが正確な打撃で圧倒。アンドラージは額から流血し早期KOもあるか…と思えたが、後半にアンドラージがテイクダウンを奪うと、強めのパウンドを入れ続ける。ガデーリャはかなり削られた感じで、急に分からない展開になってくる。
 2Rはテイクダウンの奪い合いになるが、ガデーリャが露骨にガス欠。アンドラージがフックの連打を打ち込み、追い込んでいく。ラウンド終盤にガデーリャが起死回生のギロチンに行くが、これは極まらず。3Rは完全に失速したガデーリャをアンドラージがテイクダウンからのパウンドで圧倒し、文句なしの圧勝。上位ランカー対決を制しヨアンナとの再戦に近づいた。
 日本のファンには馴染みの薄い選手同士の対戦だったが、死力を尽くした今大会一の激戦になった。しかしまあ、両者ともタックル・打撃を当然のようにバランスよく使い分けていて、女子のレベルの向上を改めて思い知らされた。朱里がこのレベルに太刀打ちしようとしたら、覚えなければいけないスキルは山ほどあるなあ。

オヴァンス・サンプレー○-×岡見勇信(1R ヴァンフルーチョーク)
 開始早々シングルを狙った岡見。下になるとサンプレーの首をギロチンに抱えるが、サンプレーはここで得意のヴァンフルーチョークの体勢へ。そのままサイドに移行し締め上げると、岡見が失神しストップ。
 「岡見玉砕」というのはまあ予想通りなのだが、フィニッシュがあまりに分かりにくすぎたのか場内がパソコンの画面越しにも分かるほど静まり返る、もの凄く微妙な空気。とはいえこの相手に打撃で打ち合えとは間違っても言えないし、ダメージなく今回の仕事を乗り切ったという意味では岡見にとってはいい結果だったということなんだろうなあ。

 大会を通じて悪くはなかったものの、残念ながら会場に行かなかったことを後悔するほどではない内容。これはもう、今のUFCの非北米大会がこういうもん、と思うしかないんだろうけど。次の日本大会はさすがにインターバルが空くだろうなあ。

[PR]
by nugueira | 2017-09-25 23:08 | UFC | Comments(4)

リナレスvsキャンベル

 WBC世界ライト級タイトルマッチ、ホルヘ・リナレスvsルーク・キャンベルをWOWOWで視聴。

 長身のキャンベルは懐が深くパンチを入れるのに苦労しそうだったが、リナレスは初回から鋭い踏み込みで距離を潰していく。キャンベルも迎撃のパンチを返してくるのでしばらくは我慢比べか、と思った2Rにリナレスが踏み込んで左右のパンチ、さらに下がったキャンベルに追い打ちの右!あまりのハンドスピードの速さに何が起きたか分からない、見事な連打でダウンを奪取。序盤に大きなリードを奪う。
 3R、キャンベルは距離が詰まったところで連打を出すが、リナレスは柔らかい上体の動きでこれを回避。4Rまでリナレスのペースで進むが、キャンベルもダウンのダメージを感じさせずボディからの連打で反撃。五輪金メダリストのポテンシャルの高さを見せる。
 5Rに入ると手数でキャンベルが押し始める展開に。リナレスは目立った有効打は許さずカウンターの左アッパーを繰り出すが、手数が減って印象が悪い。続く6Rにはキャンベルがボディからの右ストレートをヒットさせリナレスの頭が跳ね上がる。流れが変わってきたか。
 7Rに入るとリナレスの打ち終わりにキャンベルがパンチを合わせる場面が続き、完全にペースを握られてしまう。リナレスも踏み込んでのコンビネーションは繰り出すがキャンベルにがっちりガードされてしまい、ジャッジの印象に残る攻撃につながらない。
 8R以降はダメージパンチはリナレスの方が入れているはずだが手数はキャンベル、という微妙なラウンド。9Rにリナレスの左アッパーでキャンベルの動きが一瞬止まるものの、終了間際に連打を入れられ帳消しにされてしまう。
 5R以降はリナレスが明確なラウンドを取れず、かなり苦しい展開で迎えた11R、リナレスが飛び込んで左右のパンチをヒット!10Rまでと違って手数が落ちたキャンベルから、ようやく明確なポイントを取り返す。迎えた最終Rはリナレスがギアを全開にし、フットワークでキャンベルを翻弄。相手の距離を作らせず着実にパンチを入れ、終盤にポイントを奪い返す展開で試合終了。

 個人的採点では5~10Rをキャンベルが取り、114-113でリナレス。微妙なラウンドの多さを反映しジャッジも割れたが、スプリット判定でリナレスが接戦をものにし、苦戦の末にベルトを防衛。
 最後までお互いが主導権を奪い合う高度な技術戦だったが、勝負を分けたのは11R。キャンベルは前のラウンドまでペースを握ったにも関わらず、ここで手数が落ちてしまい主導権を奪われてしまった。最終ラウンドに勝負を仕掛ける作戦だったのかもしれないが、世界戦の最終ラウンドは両者が死力を尽くすので11Rが重要になるのは分かり切った話。この辺は世界戦の経験の差が勝敗を分けたとも言えるし、結果的にリナレスの精神面での逞しさが見て取れた一戦でもあった。

[PR]
by nugueira | 2017-09-24 22:36 | ボクシング | Comments(1)