反り立つ壁に撃沈。


by nugueira

タグ:観戦記 ( 1308 ) タグの人気記事

 今年のK-1トーナメントにハズレなし、を継続する素晴らしい試合の連続だった。

城戸康裕○-×ルーク・ウィーラン(3R KO)
 序盤はウィーランの伸びる左に押され気味だった城戸だが、奥足へのローで徐々にリズムをつかむと、2Rにボディへのテンカオをクリーンヒット。下がるウィーランにテンカオとボディの連打を入れダウンを奪う。3Rに城戸はなおもローを効かせると、最後は左ミドルをグサリ。紹介Vを見た時点で「ダメだこりゃ」と思ったが、城戸が落ち着いた試合運びでKO発進。

廣野祐×-○サニー・ダルベック(2R TKO)
 廣野がイギリスでのボクシング修行の成果を見せ左ボディからのパンチ連打で攻め込むが、ヒザ狙いに切り替えたダルベックが跳びヒザで額を切り裂き流血。2Rも廣野は左右のパンチを入れ互角以上の攻防を繰り広げるが、3度目のドクターチェックが入ったところで無念のストップ。非常にいい動きを見せていただけに本当に残念。

中島弘貴×-○チンギス・アラゾフ(2R KO)
 アラゾフが序盤からキレのある左アッパー・左フックを連打。さらに左ミドルやハイも繰り出す。迎えた2R、パンチで前に出た中島に跳びヒザ一閃でダウンを奪うと、最後は左のショートアッパーでフィニッシュ。前評判通り…どころか前評判以上のインパクトを観客に植え付けるKO劇で日本デビューを飾った。

日菜太×-○ジョーダン・ピケオー(判定)
 1R終盤から圧力を強めたピケオーが、日菜太の蹴りの距離を潰す。2Rも圧力を強めるピケオーに対し日菜太はミドルを出すが、それでもピケオーは止まらない。3Rに入ると日菜太のローが効いた様子を見せ流れが変わりかけるが、ピケオーはなおも前進すると終盤に跳びヒザ!痛恨のダウンを喫した日菜太が初戦敗退。最後の最後でやはり外国勢の圧力を捌ききれなかった。

城戸○-×ダルベック(1R KO)
 落ち着いてローとミドルを蹴る城戸に対し、ダルベックはなかなか前に出られない。そうこうしているうちに城戸の関節蹴りをくらったダルベックが足をひきずり後退!城戸の追撃のローが決まりダルベック立ち上がれず。関節蹴りがあそこまできれいに入った場面はMMAでも見たことがないかも。

アラゾフ○-×ピケオー(1R KO)
 開始と同時い前に出るピケオー。一旦距離を置き両者のパンチが交錯するが、アラゾフのカウンター右フックが直撃しピケオー大の字!レフェリーがカウントをする素振りすら見せずストップ!「城戸いけるか?」という空気を一瞬でひっくり返す衝撃のKO。

城戸×-○アラゾフ(判定)
 距離を取る城戸に、アラゾフもここまでの2戦と違いなかなか攻めこまないが、1R終盤に左フックを打ち込みダウンを奪う!攻勢を強めるアラゾフだが、2Rに城戸がローに合わせたカウンターの右でダウンを奪い返す!やはり今日の城戸は持ってる。
 しかしすぐに立て直したアラゾフは3R、左ストレートでダウンを奪うと、またも左でダメ押しのダウンを奪い勝利。3戦連続KOはならなかったものの、圧勝というしかない内容でトーナメントを制した。

 MVPは城戸。外国勢の決勝だったら空気がまた違ったと思うが、今年のK-1は毎回日本人がトーナメントを盛り上げてくれる。煽りVを見た時点で馬鹿にしてつくづくすいませんでした。
 そんな城戸をも寄せ付けなかったアラゾフは「強すぎる」の一言。これが欧州トップランナーの実力か…。一回戦も準決勝も、KOの瞬間に湧きかえるのを通り越して会場が引いてたからなあ。停滞していた70キロ戦線がこれからどう動き出すのか楽しみ。

[PR]
by nugueira | 2017-06-19 22:44 | K-1 | Comments(0)

ウォードvsコバレフⅡ

 WOWOWオンデマンドで生観戦。まずWBA世界スーパーバンタム級王座統一戦、ギジェルモ・リゴンドーvsモイセス・フローレス。
 身長ではフローレスが10センチ以上上回るが、リゴンドーは序盤から飛び込んでのパンチを繰り出し、身長差を苦にしないいい動きを見せる。しかし1R終盤、リゴンドーがクリンチアッパーを連打しレフェリーが割って入ると同時にゴングが鳴るが、リゴンドーは既にモーションに入っており左がクリーンヒット。仰向けにダウンしたフエンテスはそのまま立ち上がれず、長い協議の末に結局リゴンドーKO勝利という裁定に。
 あの状態でパンチを止めるのも無理だろうからリゴンドーを攻めるのも酷なのだが、1年近くのブランク明けの試合がこの結末。今後も干されそうだなあ…。

 続いて3団体統一世界ライトヘビー級タイトルマッチ、アンドレ・ウォードvsセルゲイ・コバレフ。
 序盤からコバレフが圧力をかけ、ジャブから打ちおろしの右。ウォードは飛び込んでの右を繰り出すが、当たりが浅い。
 2Rもコバレフがプレッシャーをかけながら、ジャブから右ショート。ウォードは警戒しているのか徹底して距離をキープしている。3Rはウォードが左を出すが、コバレフはそこに右を被せていく。判断に悩むラウンドも多いが、序盤はコバレフのペースか。
 4Rに入るとウォードが左右のボディを連打し、ジャブからカウンター。徐々に手数増えてきた。5Rもウォードがボディから顔面へのコンビネーション。コバレフの打ち終わりにパンチを出していくが、コバレフも引き続き前に出ていく。お互いによく相手の動きを見ている、前回同様の緻密な好勝負。6Rはウォードが前に出るが、コバレフは下がりながらもパンチをヒット。
 前半戦は個人的採点ではコバレフがリードしていたが、7Rに入るとコバレフに疲れが見え始める。ウォードは打ちおろしの右を避けながら、ディフェンスが雑になったコバレフに細かくボディとジャブをヒット。
 迎えた8R、勝負どころと見たウォードが前進し、近距離の打ち合いに持ち込む。ボディを入れられ腰を落としたたコバレフがローブローをアピールするが、レフェリーは続行。続いてウォードの右カウンターがクリーンヒットすると、下がったコバレフをめった打ちに。最後はボディ連打を食らったコバレフがロープにもたれかかったところでレフェリーがストップ。ウォードがコバレフをKOで返り討ちにし防衛に成功。

 7Rまでの途中採点は2-1で競っていたが、ポイント以上に試合内容には差があった印象。空振りが多く後半に入った時点で露骨に消耗していたコバレフに対し、ウォードは終始自分のリズムで戦っていた。やはり前回フルラウンドで戦い相手の手の内を知ったことは、コバレフよりもウォードに有利に働いたか。
 フィニッシュにつながったボディはスローで見ると明らかにローブローではあるが、そこに至るまでのボディの蓄積もあったし、一気にフィニッシュに持って行った畳み掛けはお見事という他ない。ローブロー疑惑で第3戦への伏線が張られた、という見方もできるが、これ以上戦っても両者の差が開き続けるだけな気がする。

[PR]
by nugueira | 2017-06-18 22:57 | ボクシング | Comments(0)

オカダvsオメガ

 新日本プロレス・大阪城ホール大会の感想を。何はなくとも、メインのオカダ・カズチカvsケニー・オメガによるIWGPヘビー級タイトルマッチ。
 「東京ドームにはやや及ばない内容の試合でオメガが勝利」というのが大方の予想しているラインだった…と勝手に思っているのだが、とにかくフルタイムドローという結果を予測できていた人は皆無だったのでは?

 前半はオカダが膝を痛めたブックを挟みつつ意外と抑え目の展開だったが、ケニーが滞空時間の長いラ・ケブラーダを繰り出した辺りからヒートアップ。オカダがエプロンでのヘビーレインから場外でジョンウーを放てば、ケニーは雪崩式蒼い衝動。更にはオカダのドロップキックを跳びつきながらパワーボムで切り返してみせ、ドームの焼き直しとは違う大技とひらめきの応酬を繰り広げて見せる。
 オカダがテーブル上のケニーにジャンピングエルボーを入れたところから一気にペースをつかみ、ケニーは虫の息に。このままオカダが押しきるのか?と思いきや、バレットクラブの介入を経て息を吹き返したケニーが一気に逆襲。ドームでは極まらなかった片翼の天使に成功するが、3カウント直前にオカダの足がロープにひっかかり3カウントならず。
 50分を過ぎても勝敗の行方は一向に見えず、オカダはなんでこの時間帯でこの動きができるんだ?と不思議になるドロップキックを披露。終了間際にこの日何度目かのレインメーカーを入れるが、フォールには行けず試合終了のゴング。

 IWGPの時間切れドローは永田vs蝶野が記憶に残っているが、パフォーマンスのレベルと密度、場内に漂うエモーショナルな空気、どれをとっても申し訳ないが比較にはならないほどの名勝負。正真正銘、この二人は「レェェェベルが違った」。
 さすがに今回はオメガに獲らせるべきじゃなかったのか、IWGPのハードルをここまで上げきってしまってこの先大丈夫なのか、5時間興業は詰め込みすぎじゃないのか(ドームの時にも書いたが、終わった後に軽く飲みながら感想戦に浸れるぐらいのボリュームが適正だと思っている)、等々不安要素を挙げようと思えば出てくるのだが、もはや言うだけ野暮か。団体とファンのストーリーの読みあいという点において今回は新日本の勝利だし、安全面の議論が言われる中でこの試合をぶつけてきた辺りに、現場の自身や覚悟が見てとれた。

 このメインと比較するとどうやっても霞んでしまうのだが、セミのインターコンチは棚橋が内藤からベルトを奪取。ロスインゴ人気の沸騰に比べてIC王者としての内藤が盛り上がるテーマを提示できていなかったのは確かなのだが、ここで時計の針を巻き戻す意味はあるのかなあ。
 両者の情念が溢れるいい試合だったけど、アスリートとして圧巻のパフォーマンスを見せてくれたオカダvsオメガと比べると、満足な動きができない棚橋にベルトを巻かせていいのか…という根本的なところで違和感が否めない。この一つ前の鈴木みのるvs後藤も面白すぎる試合だったのだが、これも年齢を感じさせない鈴木の動きの良さがあってこそ、だと思うんだよね。今回の勝利で「エース完全復活」と喜んでいるファンはそれほど多くないはずで、今後の棚橋はこういうリング外の敵とも戦う必要がありそう。

[PR]
by nugueira | 2017-06-12 23:47 | プロレス | Comments(0)

UFN110の感想

ストラッサー起一×-○ザック・オットー(判定)
 ストラッサーは序盤からスタンドでパンチをもらい続け、組んでもテイクダウンが奪えない苦しい展開。2Rに蹴り足をつかんでテイクダウンに成功するが、ラウンド後半は上を取り返されバックマウントからチョークを狙われる。3Rは序盤からテイクダウンを取ったストラッサーがバックマウントをキープし続けるが、反撃も届かずスプリットの判定負け。
 後半は追い上げることができていたし、ブランクを考えれば悪くない動きだった。もう1試合チャンスをあげてほしいなあ。

アレクサンダー・ヴォルカノフスキー○-×廣田瑞人(判定)
 1R、ヴォルカノフスキーがケージへ押し込むと、離れ際に右フックを入れ廣田ダウン!ダメージの残る廣田にヴォルカノフスキーは攻め込むが、廣田はなんとかKOは免れる。
 ヴォルカノフスキーは2Rも離れ際のバック肘で廣田をグラつかせ構成。テイクダウンを取りたい廣田だがダブルレッグで組み付いてもヴォルカノフスキーに堪えられてしまい、いいところなく完敗。打たれ弱さも垣間見えたし、今後への好材料が見えてこない厳しい負け方。

ティム・エリオット×-○ベン・ウェン(1R チョークスリーパー)
 タックルからテイクダウンを狙うエリオットだが、ウェンが首投げを潰してバックに回ると、一気にチョークスリーパーで締め上げ一本!緊急出場とはいえTUFウィナーのエリオットを破る大アップセット。

ダン・フッカー○-×ロス・ピアソン(2R KO)
 序盤から身長で上回るフッカーがローをヒット。ピアソンの飛び込みながらのパンチに押し込まれそうになる場面もあったが、2Rにカウンターの跳びヒザ一閃!フッカーがシビれるKO勝利。

デレク・ブランソン○-×ダニエル・ケリー(1R KO)
 じりじり前に出るケリーにブランソンの左がクリーンヒット!衝撃のワンパンチKO。どうしてアンデウソン相手にこれができなかったのか。

デリック・ルイス×-○マーク・ハント(4R KO)
 1Rから前に出て圧力をかけていくハント。ルイスもパンチやハイを出していくがハントの前進は止まらず、じりじりと追い込んでいく。3Rにルイスはフックをぶん回すものの空振りが続き、完全にガス欠モード。
 迎えた4R、ハントはケージ際に詰めてボディへパンチを入れ続け、ルイスがギブアップ。ルイスの心を折ったハントが嬉しい地元でのKO勝利。敗れたルイスは試合後に引退を表明してしまい、ハントが勝ったのは嬉しいがヘビー級の新陳代謝が遠のいてしまった感じ。


[PR]
by nugueira | 2017-06-11 23:14 | UFC | Comments(0)

UFC212の感想

 メイン以外の感想を。

エリック・シウバ×-○ヤンシー・メデイロス(2R KO)
 1Rにメデイロスのワンツーでシウバがダウン。シウバはここからミドル・ローを起点にパンチで反撃。2Rに入るとシウバのリズムが良くなりミドルからパンチのコンビネーションが入るようになる。が、メデイロスの左一発でダウンしてしまい、パウンドをもらったところでストップ。ダメージの蓄積があるかなあ。

パウロ・ボハシーニャ○-×オルワレ・バンボゼ(2R KO)
 序盤はバンボゼがパンチからのタックルで攻めまくるが、ボハシーニャは1ラウンド後半からバンボゼをケージ際に詰めると、ボディを滅多打ち。バンボゼはなんとか耐えてラウンド終了。2Rもいけいけモードのボハシーニャは、ミドルを蹴ろうとしてスリップしたバンボゼをパウンドで粉砕。

ヴィトー・ベウフォート○-×ネイサン・マーコート(判定)
 1Rはマーコートがパンチで飛び込みながらテイクダウン。腹回りがダルダルのヴィトー、手数が出ない。
 2Rもマーコートが前に出ていくが、ヴィトーが左のショートをヒットさせマーコートを下がらせると猛ラッシュ!マーコートはここを凌いで、再び単発の打撃で反撃。ヴィトーはガス欠の気配。
 3Rも手数はそれほど増えないヴィトーだが、マーコートのタックルを切り単発ながら打撃をヒット。ようやく明確にラウンドを取る。1・2Rをマーコートに取られていておかしくない微妙な内容だったが、判定は三者ともベウフォート。苦しみつつもUFCでの有終の美を飾った。
 UFC最終戦とはいえ、ベラトールあたりであっさり復帰しそうだよなあ…と思っていたら試合後のインタビューで「あと5試合」とか言い出す始末。猪木ファイナルカウントダウンみたいになってきた。

クラウディア・ガデーリャ○-×カロリーナ・コヴァケビッチ(1R チョークスリーパー)
 組んでからあっさりテイクダウンを奪ったガデーリャがバックに回り、そのままチョークで一本。ヨアンナを過去最も苦しめた挑戦者の肩書は伊達ではなかった。次戦ではないにせよタイトル再挑戦はそう遠くなさそう。

[PR]
by nugueira | 2017-06-05 23:16 | UFC | Comments(0)

アルド陥落!

 UFC212、メインの感想を。

ジョゼ・アルド×-○マックス・ホロウェイ(3R KO)
 ホロウェイが前に出てくるが、アルドはホロウェイの飛び込み際にパンチを合わせ、ホロウェイのパンチはバックステップでかわす。ホロウェイは離れ際にも左フックを出してくるが、アルドは回避。アルドのワンツーが入り、下がったホロウェイにアルドが連打から跳びヒザ!ホロウェイはなんとか凌ぐが、ペースを握ったのはアルド。
 2Rもアルドのジャブがホロウェイを捕え、さらにボディもヒット。ホロウェイはそれでも怯むことなく圧力をかけ、近距離での打ち合いが増えるスリリングな展開に。アルドは接近戦でも打ち負けることなくアッパーを入れるが、手数が落ちてきたか。
 3R、やや疲れの見えるアルドにホロウェイはなおも圧力をかけ接近戦でパンチの連打。打ち返すアルドだが、ホロウェイのワンツー、そこからさらにワンツーが直撃しダウン!上を取ったホロウェイは強烈なパウンドを連打。ホームでの試合ということもありマッカーシーも相当様子を見たが、アルドが殴られ続けたところでようやくストップ。昨年のヴェウドゥム同様、ホームでの王者陥落に場内はお通夜のような空気。

 アルドの動きは悪くなく、接近戦でも打ち負けない辺りはかつての横綱相撲を思わせたのだが、2R終盤辺りから急に足が使えなくなってしまった。コンディションやアルドの力の低下云々よりも、被弾してもしつこく前に出続けて最後にワンツーの距離をつかんだホロウェイを褒めるしかないか。
 アルドにとっては出会いがしらにやられてしまったマグレガー戦よりも、今回の敗北の方が痛いのは間違いのないところ。2度のKOによるダメージの蓄積も不安材料だが、年齢的にはまだまだやれるはずだし、ホロウェイ戦の前に示唆していたライト級転向も含め、ここからのカムバックを信じたい。

[PR]
by nugueira | 2017-06-04 21:37 | UFC | Comments(2)

KUSHIDA vs オスプレイ

 今年のBOSJはリーグ戦をほとんどチェックできていなかったのだが、優勝決定戦だけでも新日本プロレスワールドで視聴。

 序盤はランカシャースタイルの攻防から側転・空中ドロップキックの応酬で場内の空気を温めるKUSHIDAとオスプレイ。こいつら最高。ここからKUSHIDAがコーナー最上段からの場外トペコン、かつてオライリーが使っていた雪崩式アームロックでまずは主導権を握る。
 しかしオスプレイも場外へのベリーロール式ダイブを繰り出すと、KUSHIDAをロープにひっかけてのシューティングスタープレス、さらにエプロンでのリバースフランケン!リングに戻った後もエセックスデストロイヤーでKUSHIDAの首を攻めていくが、KUSHIDAもオスカッターに行こうとしたところを腕十字で捕獲し反撃。
 20分を超えても両者のペースは落ちず、顔面蹴りの応酬からオスプレイがマサヒロタナカ!だがガッツポーズを取るオスプレイの首筋にKUSHIDAがマサヒロタナカを入れ返し両者ダウン!オスプレイがリバースファイヤーバードを繰り出すが、カウント2で返したKUSHIDAが雪崩式バックトゥザフューチャーからの正調バックトゥザフューチャーで3カウントを奪い、2年ぶり2度目のBOSJ制覇。

 2年前のKUSHIDA初優勝は会場観戦していて、「ヘビー超え」を目指した末に行きついた四天王プロレス的な展開にやや引いたのを覚えている。対する今回は当然ながらエグい攻防はあったものの、必要以上の我慢比べや危険度を競うような場面はなく、安心して見ていられる長丁場をやってくれたという印象。オスプレイとの試合内容に自信があるからなのか、昨今の事故続出に対する批判的な空気を踏まえてなのかは分からないけど。
 試合後は解説席に座っていたライガーもリングに上がり、一本締めでのエンディング。今回は子供の運動会と重なったので会場観戦は回避したのだが、この空気はぜひ体感したかったなあ。


[PR]
by nugueira | 2017-06-03 22:11 | プロレス | Comments(0)

PANCRASE 287の感想

日沖発×-○田中半蔵(1R KO)
 前蹴りでプレッシャーをかける日沖が田中をケージ際に詰めるが、ここで田中の左ストレートがカウンターでヒット!スローモーションのようにゆっくりと日沖が崩れ落ちる、わずか14秒の衝撃KO。
 うっかりツイッターで結果を知ってしまってから映像を見たのだが、それでもこの現実がにわかには信じられなかった。単なる交通事故か、それとも環境の変化が日沖の歯車を狂わせていたのか…。とにもかくにも、これでフェザー級戦線の勢力図がガラリと変わってしまったのは確か。

朱里○-×キンバリー・ノヴァス(判定)
 組み付いてケージへ押し込むノヴァスに対し、朱里は組んでのヒザ。さらに距離が空くとストレートとヒジを繰り出す。ノヴァスはしつこくケージへ押し込み、細かいヒザ。競った展開だが、1Rは三者ともノヴァス。
 2Rは朱里がストレートを入れてノヴァスを下がらせると、1Rとは逆に自分がケージに押し込みながらボディへヒザ。ポイントを奪いかえす。
 3R、ノヴァスは打撃戦に臆することなく、前蹴りから左右のパンチ連打。朱里は引き続きケージへ押し込んでヒザを入れていく。手数が減った印象はあるがこのラウンドもジャッジは三者朱里。
 ノヴァスは続く4Rも思い切りのいいパンチを出すが、朱里は首相撲からのヒザ地獄。さらに頭を下げたノヴァスをスタンディングギロチンの体勢に捕えながら頭部へのヒザ連打。一方的に攻め続け、ジャッジ一者は10-8をつける。最終Rもギロチンの体勢からのヒザで圧倒し続けた朱里が、大差の判定でストロー級王座を獲得。
 MMAキャリアで上回る相手をこの内容で圧倒できたのは、ベルト獲得以上に価値のある勝利。朱里は攻撃の引き出しが多いわけではないのだが、このスタイルでの攻めを5R貫徹できた辺りにMMA選手としての成長を感じさせられた。

石渡伸太郎○-×ハファエル・シウバ(判定)
 1R、シウバは強烈なロー。石渡の跳びヒザをかわすとシングルレッグの体勢へ。しばらく堪える石渡だが、シウバは尻餅をつかせるとそのままバックをキープし続け1Rを終了。
 2Rも開始早々にシウバがタイミングよくタックルからテイクダウン。そのままラウンド終了までトップをキープし、細かくパウンドを落とし続ける。
 シウバのしつこい寝技にポイントでは早くも後がなくなった石渡だが、3Rに入ると鋭い踏み込みからのパンチを見せ、シウバのタックルをがぶると遂にトップポジションを取る。ここから石渡は強烈なパウンドを落とし続け、流れをひっくり返す。4Rもシウバのタックルをがぶった石渡がトップを奪うと、強烈なパウンドをヒット。ポイントをイーブンに戻す。
 勝負の懸かった5R、ケージに詰めながら力を振り絞ってテイクダウンを狙うシウバに、堪え続ける石渡。石渡がバックを取りかけたところでシウバが再びタックルへ行く息詰まる展開が続くが、最後は石渡がハーフネルソンからスプロールしバックを奪う。ラスト1分はバックから石渡がパウンドを入れ続け終了。序盤の劣勢を跳ね返し5度目の防衛に成功。
 シウバが後半失速するのはこれまでの試合からも見えていたので、石渡は最初の2Rを取られる点も含めてプラン通りに戦っていた感じ。とはいえ最終ラウンドの攻防は「ここで諦めた方が負け」という究極の我慢比べの展開で実に見応えがあった。
 改めてこの階級で「国内組」最強であることを印象づけた石渡。次の戦いの場について明言はなかったが、ここは堀口へのリベンジを狙ってRIZINに殴りこんでほしいなあ。

[PR]
by nugueira | 2017-05-30 23:47 | その他(総合・寝技系) | Comments(0)
 今朝のUFCスウェーデン大会のメインを視聴。

アレクサンダー・グスタフソン○-×グローバー・テイシェイラ(5R KO)
 開始からフットワークで距離を取るグスタフソンに対し、テイシェイラはケージ際に詰め抱え上げるようにテイクダウン。しかしグスタフソンはすぐ立ち上がると、遠い間合いからのアッパーをヒット!テイシェイラがケージに詰めようとすると、グスタフソンは背中を見せながらサイドへ逃れて距離をキープ。
 2Rもグスタフソンはアッパーを次々ヒットさせると、スピニングエルボーから左右のラッシュ!ケージ際に倒れたテイシェイラにパウンドを入れ、完全に流れを掌握。3Rもアッパーからの連打を打ち込みダウンを奪ってみせる。
 今回のグスタフソンはとにかく遠い間合いからのアッパーが面白いようにヒットし、後半に入ってもテイシェイラを圧倒。粘るテイシェイラはグスタフソンの猛攻を耐え5Rにワンツーを入れる場面もあったが、最後はグスタフソンがまたもアッパーの連打!棒立ちになったテイシェイラに右を打ちこみ、テイシェイラが大の字にダウンしたところでストップ。

 次期挑戦者決定戦とはいえタイトルマッチ経験者同士による対戦で、正直ライトヘビー級の層の薄さを象徴するカードだと思っていたのだが、グスタフソンはここ2~3年で最高のパフォーマンスを見せてくれた。ここまできれいなアッパーを打てる選手だったっけ?コーミエ対JJの勝者に今回の戦法が通じるかといったらそう簡単には行かないだろうけど、すくなくとも過去2回のタイトルマッチ以上の戦いが期待できそう。2年ぶりのスウェーデン大会で地元の英雄が完璧なKOを見せてくれたのはUFC的にも大助かりか。
 

[PR]
by nugueira | 2017-05-29 23:18 | UFC | Comments(0)

Krush.76の感想

 AbemaTVで観戦。

木村“フィリップ”ミノル○-×KENJI(1R KO)
 序盤にコーナーに詰められ攻め込まれた木村だが、ここをガッチリ凌ぐとボディから打ちおろしの右で反撃。KENJIから次々ダウンを奪い、1ラウンドKOでようやく長いトンネルから脱出。これでK-1ウェルター級トーナメントは確定か。

KANA○-×グレイス・スパイサー(判定)
 序盤からキレのある動きを見せるKANA。細かくヘッドスリップする動きから左右のボディ連打、ローへとつなげるコンビネーションでペースを握り続ける。2Rには前蹴りでスパイサーの鼻を派手に出血させると、3Rに左ボディから右ハイの見事なコンビネーションでダウンを奪取。完璧な内容で復帰戦を飾った。以前よりも強くなったのでは?と思わせるぐらいで、もうヘウヘスとの再戦へ待ったなしの状況か。

レオナ・ペタス×-○安保璃紅(判定)
 1Rから近距離で互いのパンチが交錯するが、両者目立った決定打はなし。2R開始と同時に安保が跳び蹴りで奇襲。面食らったようにスリップするレオナだが、すぐ立て直すと逆にパンチで安保を下がらせる。この後もダウン上等の打ち合いに挑む両者だが、ディフェンス技術も高く決定的な場面は出てこない。
 3Rも両者積極的に攻めるが決定打はなし。蹴りも出している安保に比べレオナはパンチ一辺倒か、という感じはするが、それでも時折安保の顔面を捉えてはいる。これは延長戦か…と思いながら判定を聞いたものの、ジャッジは三者とも安保を支持。
 安保が要所要所で先手を取って蹴りも出していたのは確かなのだが、キックの採点でよくこの差を評価したなあ、という印象。個人的にそれほどの差は感じなかった、というかレオナに一票入れたいぐらいだったが。安保がいきなりK-1で通用するかというと微妙な気はするが、デビュー以来8連勝の19歳。また将来性のありそうな若手がのし上がってきた。

[PR]
by nugueira | 2017-05-28 23:48 | Krush | Comments(0)