反り立つ壁に撃沈。


by nugueira

タグ:勝敗予想 ( 1097 ) タグの人気記事

UFN100の予想

 これまた日本時間20日のブラジル大会の予想。

ターレス・レイチ○-×クシシュトフ・ヨッコ
 ビスピン・ムサシに連敗したレイチだがカモージには完勝。ホームでの試合だし連勝といきたい。

クラウディア・ガデーリャ○-×コートニー・ケイシー
 ヨアンナをあと一歩まで追いつめたガデーリャの再起戦。格下相手なので着実に勝ちそう。

トーマス・アルメイダ○-×アルバート・モラレス
 これまた再起戦。ガーブランドに敗れ無敗がストップしたアルメイダ。きっちりKOでアピールしたいところ。

ライアン・ベイダー○-×アントニオ・ホジェリオ・ノゲイラ
 ここまでことごとくブラジル勢に張っておいて何だが、メインはホジェリオが苦戦しそう。タイトルマッチが見えてきたあたりで躓いてしまうベイダーだが、逆に言えばタイトルコンテンダークラス以外の相手には着実に勝ち続けている。ホジェリオが勝つとしたら打ち合いで一発入れるしかないかなあ。

[PR]
by nugueira | 2016-11-18 22:34 | UFC | Comments(0)

UFN99の予想

 日本時間20日のアイルランド大会の予想を。

堀口恭司○-×アリ・バガウティノフ
 意外とランカークラスとの対戦が少ない堀口にとってはタイトルマッチ以来最強の相手。とはいえ前回のシーリー戦ではテイクダウン能力にも格段の進歩を見せており、ATTでの修行の成果を見せている。今回もきっちり勝っておきたいところ。

イアン・マッコール○-×ニール・シーリー
 黒星も多いマッコールだが、相手は堀口に完敗しているシーリー。さすがにここでの取りこぼしはないか。

アルテム・ロボフ×-○石原夜叉坊
 UFCデビュー以来2連続KOの夜叉坊。アウェーとはいえ実績のない相手で、オッズも優位。3連続KOなるか。

ゲガール・ムサシ○-×ユライア・ホール
 メインは昨年の日本大会の再戦。前回は逆転KOを食らったムサシだがその後は3連勝。あっさりリベンジしそう。

[PR]
by nugueira | 2016-11-17 23:36 | UFC | Comments(2)

ベラトール165の予想

 日本時間20日のベラトールの予想を。ベラトールは日本時間では土曜の印象が強かったので何か意外。この日はUFC2大会にコバレフvsウォードもあるから、ちょっと手が回らないなあ。

マイケル・チャンドラー○-×ベンソン・ヘンダーソン
 メインはライト級タイトルマッチ。ベンヘンにとってはWEC・UFCに続く3本目のベルト獲得がかかった試合。
 チャンドラーは一時期3連敗でどん底を経験したが、ここ3試合はKO・一本で勝利し完全に復調した形。一方のベンヘンはベラトール移籍後も初戦はウェルター級で黒星スタート、ライト級に戻した前戦は相手の負傷による勝利といまいちパッとしない状況。
 ベンヘンがかつての固い試合ぶりを発揮できるかどうかだが、UFC時代も爆発力のある相手に敗れるケースがあったし、勢いからしてもチャンドラー優位と予想。

[PR]
by nugueira | 2016-11-16 23:07 | その他(総合・寝技系) | Comments(0)

UFC205の予想

 悲願のニューヨーク進出となる13日のマジソンスクエアガーデン大会の予想を。3大タイトルマッチをはじめ好カード揃い。

ジム・ミラー○-×チアゴ・アウベス
 2連勝と復調をみせるミラーがライト級転向のアウベスを迎え撃つ。アウベスがライト級にどこまでアジャストできるかによるが、ミラー3連勝を期待。

ハビブ・ヌルマゴメドフ○-×マイケル・ジョンソン
 連勝中だが怪我の多さに泣いているヌルマゴ。次期挑戦権はファーガソンが手中にしているので順番待ちはしばらく続きそう。とりあえず白星を重ねるしかない。

フランキー・エドガー○-×ジェレミー・スティーブンス
 当面の目標が見えづらくなっているエドガー、まずは目の前の相手にきっちり勝つしかないか。ヌルマゴといい、「マグレガーにキャリアを乱された選手の集い」みたいになっちゃってるな。

ミーシャ・テイト○-×ラケル・ペニントン
 この1年で天国と地獄を見たミーシャ。タイトル再挑戦の道のりは楽ではなさそうだが、白星できれいにリスタートを飾りたい。

クリス・ワイドマン○-×ヨエル・ロメロ
 今大会の裏メイン。ロメロはここで元王者を下せばタイトルマッチが一気に近づく。とはいえレスリングベースのワイドマンから簡単にテイクダウンは奪えないだろうし、長丁場になると辛いか。ワイドマンも負傷空けでブランクがあるので不安も大きいが。

ヨアンナ・イエンジェイチック○-×カロリーナ・コヴァケヴィッチ
 気づけば現役王者の中ではDJに次ぐ長期政権となっているヨアンナ。コヴァケヴィッチは打撃ベースの似たスタイルで噛み合う分、ヨアンナが圧倒しそう。

タイロン・ウッドリー×-○スティーブン・トンプソン
 トンプソンが遂に王座挑戦。ウッドリーは一発は怖いものの、泥仕合に引きずり込まれるローラーに比べればやりやすいか。ワンダーボーイのベルト奪取を期待。

エディ・アルバレス×-○コナー・マクレガー
 メインはライト級タイトルマッチ。2度のネイト戦ではリーチ差に苦しめられたマクレガーだが、今回はリーチでアルバレスを上回る。アルバレスはメレンデス戦・ペティス戦のようにしつこく組み付きたいが、テイクダウン能力がずば抜けているわけでもないのでマクレガーとしてはやりやすいタイプか。フェザー時代に比べてパンチが効きにくくなることを差し引いても、打撃戦に持ち込んだマクレガーがそのままKOしてしまう映像が頭に浮かんでしまう。この試合の後は長期休養が噂されるマクレガー、ベルトの存在意義を破壊するのはもうやめてほしいのだが…。

[PR]
by nugueira | 2016-11-11 23:59 | UFC | Comments(2)

PANCRASE 282の予想

 13日のパンクラスの予想を。フェザー級王座統一戦が流れたのは残念。

中井りん○-×シャーリーン・ワット
 中井の日本復帰2戦目。UFC時代の戦績からして噛ませでない外国人相手の試合は不安が大きいのだが、ここで負けられると年末の村田戦が危うくなっちゃうからなあ。期待込みで中井勝利を予想。

ビクター・ヘンリー○-×ハファエル・シウバ
 メインはバンタム級次期挑戦者決定戦。昨年末に石渡と大激闘を繰り広げたヘンリーを断固支持。石渡との再戦は大歓迎なので、このバンタム級外国人頂上決戦はなんとしてもクリアしてほしい。

[PR]
by nugueira | 2016-11-10 23:06 | その他(総合・寝技系) | Comments(0)

ONE Championship 49の予想

 11日のONEシンガポール大会の予想を。

マラット・ガフロフ○-×ジャダンバ・ナラントンガラグ
 フェザー級タイトルマッチに日本のファンにはおなじみのナラントンガラグが登場。とはいえ、横田相手に一本を極めてみせたガフロフにどうしても期待してしまう。

青木真也○-×エドゥアルド・フォラヤン
 青木は昨年末の桜庭戦以来のMMA。相手のフォラヤンはONE参戦後に限っても2敗しており、あまり怖さは感じられない相手。ONEが提供できるのは結局この辺のレベルになっちゃうんだよなあ。青木は快勝してRIZINに電撃参戦してほしいところ。なんだかんだで日本の地上波への露出には色気があるだろうし。

[PR]
by nugueira | 2016-11-09 23:10 | その他(総合・寝技系) | Comments(0)
 日本時間6日に行われるWBO世界ウェルター級タイトルマッチ、マニー・パッキャオvsジェシー・バルガス。パッキャオのわずか7ヶ月での現役復帰には騙された感しかないのだが、終わった後で「こうなると思った」とか言うのも嫌なので勝敗予想を。

 焦点の一つはパッキャオのコンディション…と言いつつ、7ヶ月の試合間隔は世界王者にしたら普通のスパンだからなあ。一度切れた緊張の糸がもとのテンションに戻っているのか、というメンタル面での不安要素はゼロではないが、この程度のブランクをマイナス材料に捉える方が逆に難しいのでは。

 一方のバルガスは2階級制覇を達成したアリ戦では起死回生の右フック一発で逆転KOしたが、序盤はアリに距離をコントロールされる場面も目立った。激戦区ウェルター級にあっては並の王者という印象で、まあパッキャオ陣営も与しやすしとみて復帰戦の相手に選んだということか。パッキャオの出入りの速さと回転力にバルガスが対応する姿はちょっと想像できない。

 パッキャオの不安要素はむしろ来月で38歳を迎える年齢。ダメージの蓄積も当然あるし、持ち味のスピードに衰えがみられた場合は出会いがしらの一発を…という可能性もなくはないか。

 とはいえ、仮にパッキャオが引き際を見誤って黒星を重ねることがあるとしても、それは今回ではないはず。圧力と手数で押し続けたパッキャオが判定勝利、と予想。

[PR]
by nugueira | 2016-11-04 23:26 | ボクシング | Comments(0)
 11月6日(日本時間)のメキシコ大会の予想を。

ベニール・ダリウシュ○-×ラシッド・マゴメドフ
 微妙な判定こみだがかつて5連勝を記録したダリウシュ。マゴメドフはUFC4連勝中だがランカークラスとの対戦はなし。ダリウシュが踏みとどまれるか。

リカルド・ラマス○-×チャールズ・オリベイラ
 メンデスやホロウェイといったトップ陣には敗れているラマスと、ペティスをあと一歩まで追いつめたオリベイラが対戦。ラマスは逆にいうと中堅クラスにはしっかり勝っているので、今回もオリベイラに立ちはだかりそう。

ディエゴ・サンチェス×-○マルティン・ヘルド
 勝ったり負けたりを繰り返しながら実は久しく連敗を喫していないサンチェス。今回はベラトールから移籍してきたヘルドと対戦。日本大会の五味戦を含め、ここ何年かサンチェスの試合に強さを感じないのでこういう予想に。

ハファエル・ドス・アンジョス○-×トニー・ファーガソン
 メインは前王者ドス・アンジョスvs怒涛の8連勝中のファーガソンというライト級の注目カード。勝った方が次期挑戦者か。
 ファーガソンは前回緊急出場のヴァナータ相手に危ない場面を見せるなど、イマイチ安定しない部分も。アルヴァレスほどの一発があるわけでもないし、順当にいけばドス・アンジョスがスタンドで押しきるか。

[PR]
by nugueira | 2016-10-31 23:25 | UFC | Comments(0)
 ワンマッチの方の予想を。

左右田泰臣○-×ファワド・セディッキ
 スーパーライト級トップ戦線から脱落した感のある左右田、巻き返しなるか。正直厳しい気がしなくもないが。

久保優太○-×牧平圭太
 新設のウェルター級で元Krush -67kg王者同士が激突。軸になる選手が見えてこない階級だけに、両者ともここでインパクトを残したい。

城戸康裕×-○サニー・ダルベック
 タイトルマッチが一向に組まれず停滞感のあるスーパーウェルター級。この階級だと海外団体に外国人引っ張られちゃうのかな。城戸に期待したいが、楽な戦いにはならなそう。

[PR]
by nugueira | 2016-10-29 23:58 | K-1 | Comments(0)
 来月3日のK-1、初代フェザー級王者決定トーナメントの予想を。

小澤海斗○-×ジョシュ・トナー
 武尊との因縁深まる小澤、リマッチへ向けて突き進んで欲しいところ。でも小澤って外国勢との対戦経験あるんだっけ?相手はISKA王者なので、いきなりつまずく展開も否定できない感じ。

戸邊隆馬×-○エリアス・マムーディ
 戸邊も外国人相手は厳しいかなあと思いこういう予想に。

神戸翔太×-○ユン・チー
 60キロで小宮山を破ったユン・チー、このトーナメントの台風の目になりそう。

武尊○-×ジェイミー・ウィーラン
 このトーナメントの主役たる武尊だが、相手のウィーランはISKAの59キロ王者。これまでと比べたら2階級上で戦っていた相手とやるわけで、真正面から打ち合うと危ないのではないかという不安が。

小澤×-○マムーディ
ユン・チー×-○武尊
 準決勝。小澤は外国勢をなぎ倒して決勝へ進む絵柄が想像できないのでこの辺で負けるのでは。武尊はとりあえず印をつけるけど、ユン・チーも60キロで戦える選手だから危険な相手になりそう。

マムーディ×-○武尊
 ここ2年の武尊の試合を見ている以上、本当に負ける場面を見るまで勝利予想を続けるというスタンスで。とはいえ、繰り返し書くように階級を上げて早々、自分とは逆に上の階級から落としてくる選手との対戦が続きそうなトーナメント。これまでのバチバチスタイルにこだわると武尊といえど…という不安が拭いきれない。

[PR]
by nugueira | 2016-10-28 23:55 | K-1 | Comments(2)