反り立つ壁に撃沈。


by nugueira

タグ:勝敗予想 ( 1143 ) タグの人気記事

PANCRASE 287の予想

 28日のパンクラスの予想を。今回は夕方からの開始。

日沖発○-×田中半蔵
 日沖が1年ぶりの登場。試合間隔が空いたこと以上に、自分のジムを持って経営者の立場になったことがどう影響するのかが不安。とはいえフェザー級の中心にいてもらわないと困る存在なのは間違いない。ここは難なくクリアして、タイトルマッチへ駒を進めてほしい。

朱里×-○キンバリー・ノヴァス
 女子ストロー級王座決定戦。朱里が王者になるべく作られた感もある女子ストロー級だが、相手のノヴァスはMMAの実績では朱里を上回っている。肩を負傷という話も聞こえてきているし、厳しい戦いになるか?

石渡伸太郎○-×ハファエル・シウバ
 メインは石渡の5度目の防衛戦。シウバのねちっこい寝技は注意が必要だが、長丁場に持ち込んで最後は殴り倒してほしい。
 パンクラスで結果を出し続けている石渡にUFCのチャンスが巡ってこないのはかわいそうだが、UFCが2年ぶりに上陸する今回は最後のチャンスか?RIZINで堀口へのリベンジを狙うという路線でもいいけど。

[PR]
by nugueira | 2017-05-25 23:07 | その他(総合・寝技系) | Comments(0)

UFN109の予想

 28日のスウェーデン大会の予想。とはいえメイン以外は「うーん、どういう選手だったっけ?」と悩んでしまう名前が多い。9月の日本大会もこういう感じの編成だろうか。

ヴォルカン・オズデミア×-○ミーシャ・サークノフ
 前戦でOSP相手に番狂わせを演じたオズデミアだが、かなり僅差の内容。UFC4連勝中のサークノフ相手はきついか。

アレクサンダー・グスタフソン○-×グローバー・テイシェイラ
 かつてはジョン・ジョーンズを最も苦しめた男であるグスタフソンだが、最近は停滞気味。テイシェイラはAJ戦が秒殺KO負けだったものの、ここ5戦は4勝1敗。地の利でグスタフソン勝利の予想にするけど、スタジアムをお通夜状態にした2年前のスウェーデン大会がチラつくなあ。

[PR]
by nugueira | 2017-05-24 23:13 | UFC | Comments(0)

村田vsエンダムの予想

 いよいよ20日に迫ったWBA世界ミドル級王座決定戦、村田諒太vsアッサン・エンダム。終わった後で「実はこう思っていた」と言い出すのが(当たるにせよ外れるにせよ)格好悪いので、事前に自分のスタンスを示しておくためにも勝敗予想を。

 エンダムの印象で強く残っているのはレミューとの試合で4回ダウンを奪われながら判定まで持ち込んだ試合。「打たれ脆い」と取るか「しぶとい」と取るかは人によって分かれると思うが、自分は後者。ダウンを奪われたラウンド以外では結構ポイントも取っていたしなあ。4連続KO中の村田とはいえ、強打のレミューでも仕留められなかった相手を倒せるとはちょっと考えにくい。
 一方でエンダムが攻撃のリズムをつかんだら村田が捌ききれるかというと…判断材料がないというのが正直なところ。これまでピンチらしいピンチがなかった、というよりそこまでシビアな相手との対戦経験がないだけに、劣勢になった時の村田のしぶとさがどの程度なのか、何とも言い難い。まだ底を見せていない、というよりはプロのリングでの修羅場を経験できていない、という評価の方がしっくりくるか。

 トータルで見るとやはりプロキャリアに勝るエンダム優位、と考えるのが妥当。じゃあ勝敗予想はどっちに印をつけるか、と聞かれたら迷わず村田。
 「何じゃそりゃ」と言われそうだが、この試合に関しては客観的な予想はさておき、前のめりになってテレビにかじりつきたい。日本人がミドル級で世界のベルトを視界に入れて戦うチャンスはこれが最後、とまでは言わないが、今回ダメだったらチャンスはあるにしても相当先になるはず。竹原の戴冠時にボクシングファンをやっていなかった自分としては、日本ボクシングの歴史的瞬間をやはりこの目で見たい。

 プロの実績では不利とはいえ、怪物ひしめくミドル級にあって相対的にはどうにかなりそうな相手を、ホームリングに引きずり込むという絶好の環境を作れているのは確か。何より、五輪金メダルという誰も想像できなかった頂を経験している村田なら、この一世一代の大勝負も自分のものにしてしまうのではないか…と思いたくなってしまうのだ。

 村田が判定勝利で王座戴冠。予想や期待というより、こうなることを信じて20日を迎えさせてもらいます。

[PR]
by nugueira | 2017-05-18 23:53 | ボクシング | Comments(0)

Bellator179の予想

 日本時間20日のベラトール、メインの予想を。

ローリー・マクドナルド○-×ポール・デイリー
 ロリマクの移籍初戦。2015・2016年は1試合ずつ戦い連敗中。とはいえ一時はGSPの後継者とも目される存在だったわけで、ジャブで距離をコントロールするスタイルがハマった時はつけ入る隙がなかった。
 一方のデイリーはベラトール参戦後4勝1敗で、爆発力は相変わらず健在。スマートに戦いたいであろうロリマクを、かつてのローラーのように強引に打ち合いに引きずり込めるかがカギになるか。
 正直UFC時代のロリマクは好きな選手ではなかったのだが、ここは結果を出してほしいところ。何なんだろう、UFC離脱組に対して湧いてくるこの親心のような心境は。

[PR]
by nugueira | 2017-05-16 23:28 | その他(総合・寝技系) | Comments(2)

RISE117の予想

 20日のRISE、メインの予想を。

那須川天心○-×ライアン・シェーハン
 いや、結果的にセコく勝敗予想の的中率を稼ごうとしているのが申し訳ないところではあるのだが。勢いが加速する一方の那須川にとって、結果以上に内容が期待される試合。派手なKO防衛を見せてくれるのでは。6月のKNOCK OUTには名前がないので、次戦は7月のRIZINか?

[PR]
by nugueira | 2017-05-15 23:14 | RIZE | Comments(0)

UFC211の予想

 日本時間14日のダラス大会の予想を。

エディ・アルバレス○-×ダスティン・ポイエー
 前ライト級王者のアルバレスがプレリミ枠!ひどい待遇!しかし打撃戦になるとポイエーに分があるかも、と思えてしまうのが怖い。アルバレスはタイトル奪取前の地味にしがみつくスタイルに戻してくるかな。

ヘンリー・セジュード○-×セルジオ・ペティス
 連敗中のセジュードだがDJに負けたのは仕方ないし、ベナビデス戦ではスプリットで敗れたもののMMA選手としての進化を見せていた。相手は3連勝中のペティスだが、ここで再浮上のきっかけをつかんで欲しい。

フランキー・エドガー○-×ヤイール・ロドリゲス
 UFC6連勝中のエドガーがペンに続きレジェンド狩りに挑む。ファイターとしての完成度は明らかにエドガーが上だが、モチベーション維持に苦しんでいるであろう点と、ダメージの蓄積による打たれ弱さが不安材料。

デミアン・マイア○-×ホルヘ・マスヴィダル
 UFC屈指の寝業師マイアがセラーニをKOしたマスヴィダルと対戦。6連勝中のマイアはここで勝ってタイトル挑戦を確定させたい。コンディット戦と同様に早いところ寝かせられるかがカギになりそうだが、チャンスを逃してスタンドの展開が続くと先日のジャカレイみたいになりそうで怖いなあ。

ヨアンナ・イエンジェイチック○-×ジェシカ・アンドラーデ
 気づけばDJに次ぐ長期政権となっているヨアンナの5度目の防衛戦。打撃戦で圧倒できることに加えて、簡単にはテイクダウンされない技術も身につけている。ヨアンナが負ける場面はしばらく想像できない。

スタイプ・ミオシッチ○-×ジュニオール・ドス・サントス
 メインはミオシッチ2度目の防衛戦。ドス・サントスには以前判定で敗れているが、ここ2年ぐらいの戦績ではミオシッチが完全に逆転した形。ドス・サントスはアリスターにKO負けしたりダメージの蓄積が見てとれるし、ミオシッチがあっさり勝ちそう。

[PR]
by nugueira | 2017-05-09 23:30 | UFC | Comments(0)

勝敗予想(4月の決算)

 4月の勝敗予想の決算を。

4/1 KNOCK OUT vol.2(2/3)
4/1 ベラトール175(1/1)
4/2 Krush.75(2/4)
4/9 UFC210(2/4)
4/16 UFC on FOX(6/7)
4/16 RIZIN(7/10)
4/22 K-1 WORLD GP(4/10)
4/23 PANCRASE286(3/3)


 合計は27/42で的中率64.3%。相変わらずの低空飛行。
 4月で痛かったのはK-1のスーパーバンタム級トーナメント。なんと7試合中的中は1試合のみ。ワンデートーナメントがリスクが高いのは確かなんだが、ここまでひどいのはさすがに初めてかも。とはいえ武居と久保が決勝を争うなんて予想、絶対できなかったからなあ…。




[PR]
by nugueira | 2017-05-02 23:11 | 雑記 | Comments(0)

PANCRASE 286の予想

 23日のパンクラスの予想を。

ISAO○-×マルコ・ブルシッチ
 唐突な感もあるチーム・シカティックとの対抗戦。ベラトールで結果は出せなかったものの実力に疑いはないISAO、ここで快勝してタイトル挑戦に近づきたいところ。

アキラ×-○徳留一樹
 ライト級上位陣の潰し合い。徳留は久米戦のダメージ以上に、UFC再挑戦が振出に戻ったことでモチベーションが維持できているかが心配。徳留に印をつけておくが、アキラはこれに勝てばタイトルマッチへ待ったなしか。

久米鷹介○-×マティヤ・ブラジセビッチ
 メインはライト級王者の久米がチーム・シカティックを迎え撃つ。ここで久米が負けるとタイトルマッチ戦線がぐちゃぐちゃになるので、きっちり結果を出してほしい。

[PR]
by nugueira | 2017-04-20 23:26 | その他(総合・寝技系) | Comments(0)
 続いてワンマッチの予想を。

HIROYA×-○大和哲也
 日菜太に続き大物日本人・大和哲也がK-1参戦。ゲーオの一強状態が長く続くスーパーライト級戦線を盛り上げるためにも、インパクトのある勝ち方を期待。ここで差し出されるのがHIROYAなのも可哀想っちゃ可哀想だが。

武尊○-×ビクトー・サラビア
 武尊の2017年初戦。地上波の試合の露出では那須川に遅れを取りつつあるが、正直この二人の対戦はもう実現させなくてもいいかな…と思っているので、K-1エースとしての仕事をきっちり果たして欲しい。

ゲーオ・ウィラサクレック○-×山崎秀晃
 山崎がゴンナパーに負けた時点でタイトルマッチも立ち消えかと思ったが、きっちりと実現。ゲーオの負傷が原因だったとはいえ、K-1も律儀だね。まあ他にゲーオに当てるべき選手が特段見つからない、という事情もあるんだろうけど。

[PR]
by nugueira | 2017-04-19 22:42 | K-1 | Comments(0)
 22日のK-1の予想。バンタム級王者決定トーナメントから。

石田圭祐×-○チャールズ・ボンジョバーニ
 常連外国人のボンジョバーニは毎回タイトルにはもう一息手が届かないので、モチベーションは高いはず。初戦は順当にクリアするか。

武居由樹×-○アントニオ・オルデン
 「足立区悪ガキ伝説」で一躍注目度の上がった武居。とはいえ55キロに上げての挑戦となるし、外国人との対戦経験もあまりないのでは。厳しい戦いになりそう。

寺戸伸近○-×ジェイミー・ウィーラン
 Krush王者の寺戸、K-1戴冠へ向けて突き進んでほしい。年齢を考えると初戦でつまづくリスクも決して小さくはないとは思うのだが。

久保賢司×-○ソン・ダーチェン
 ボクシング転向を経て引退していた久保弟が電撃復帰。これ、日本人の若手は面白くないだろうな。さすがにこれだけのブランクを経ていると期待できる要素が見当たらなくなってしまう。

ボンジョバーニ○-×オルデン
寺戸○-×ダーチェン

 準決勝は試合映像を見たことある選手にベット。こういう時に限ってノーマークの選手が快進撃を見せたりするのだろうか。

ボンジョバーニ×-○寺戸
 決勝はKrushタイトルマッチの再戦。微妙な判定になったら日本人有利というのも込みで寺戸の方が分がいいかなと。とはいえ、今回のトーナメントは悪い意味で本命不在。「この日この時、一番強い奴が勝つ」トーナメントになりそう。

[PR]
by nugueira | 2017-04-18 22:08 | K-1 | Comments(0)