反り立つ壁に撃沈。


by nugueira
カレンダー

タグ:勝敗予想 ( 1164 ) タグの人気記事

 日本時間27日に行われるフロイド・メイウェザーvsコナー・マクレガー、例によって終わってから「俺はこう思っていた」と言うのはみっともないので、事前に自分のスタンス及び予想を。

 当ブログでこのコメントを述べるのはもう3回目ぐらいになるが、自分はこの試合が何かの到達点だとか、ここから何かが生まれるとは全く思っていない。巨額の金が動くビッグビジネスであるのは間違いないが、ただそれだけ。試合後に何が起こるかといったら、マクレガーという稀代のビッグマウスが大金をつかみ、UFCライト級戦線は停滞したまま放置される、というMMAファンにとってはマイナスの結果しか残らない。もっとも、こうして文句を言っている自分自身もいざ当日になれば映像はチェックするんだけど。

 では勝敗予想は…と言うと、バウレビに載っている村田諒太のコメントが全てを言い尽くしてくれている感じ。

 「マクレガーがラフなパンチで攻めて、メイウェザーが受けて、1・2Rは『オーッ』てなりますけど、次第にメイウェザーが当て始めて、中盤KO」
 「マクレガーは特にパンチの打ち方がオープンだしワイルドなので、12R持つとは思えない」
 「逆にマクレガーが変にボクシングを覚えてきたら、メイウェザーにとっては『下手なボクシングを覚えてきたな』ってなって楽」

 という指摘には大概の格闘技ファンがうなずくのではないか。アルバレス戦で見せたマクレガーのパンチ技術が素晴らしかったこと自体は認めるが、プロボクシングではただの1試合もこなしていない選手と、49戦無敗を続けた5階級制覇王者。客観的に見て技術水準には天と地ほどの開きがあるし、この対戦が実現したこと自体が何かの大きな手違いとしか思えない。

 村田が言っていたもう一つのコメント「マクレガーが勝つチャンスがあるとすれば序盤」についてはアメリカの関係者も同じようなことを言っていたが、自分はこれには与しない。この試合の唯一の不確定要素である「メイウェザーのブランク」がこういう予想というか想像の余地を生んでしまうのだろうけど、1度もダウンを喫することなく49の白星を積み上げたメイウェザーが今さらMMA選手のパンチをもらうのだろうか?振り返ればメイウェザーはパッキャオ戦も自分にとっていいタイミングで受けていたわけで、今回も計算ずくで復帰のタイミングと相手を選んだように思えてくる。

 村田が言うところの「格闘技だから100対0はない」というのはごもっともなのだが、この試合に関していえば、この台詞を口にしてしまうのは単なる逃げ。メイウェザーがマクレガーにチャンスらしいチャンスを与えず、8R以降にKO勝利。こう予想させてもらいます。

[PR]
by nugueira | 2017-08-21 23:14 | ボクシング | Comments(7)

KNOCK OUT vol.4の予想

 20日のKNOCK OUTの予想を。那須川出場で興味はあるが、所用のため会場観戦は見送り。

小笠原瑛作○-×ファン・ヒョシク
 森井と並ぶ「ミスターKNOCK OUT」的な存在になりつつある小笠原。今回は軽めの相手をあてがった感もあるので、連続KOを更新できそう。

森井洋介○-×ジュ・ギフン
 森井と町田のライト級トーナメント準決勝は町田の怪我で延期。森井はそれでも代役相手にきっちり試合するのがキックボクサーらしくていい。ここはKOでクリアして町田戦へ勢いをつけたいところ。

前口太尊○-×勝次
 もう一方のトーナメント準決勝。普通に考えてあれだけのダウン合戦を演じた勝次のダメージがすぐ抜けるとも思えないので、前口優位か。あれだけの試合をやってのけた勝次に頑張ってほしい、というのもあるけど。

那須川天心○-×ウィサンレック・MEIBUKAI
 那須川がKNOCK OUTの初メインに登場。相手のウィサンレックは元ルンピニー&ラジャ王者だが、35歳が那須川のスピードに対応できるかどうか。というか相手のレベルがどうこうに関係なく、那須川が実際に負けるまでは勝敗予想は絶対那須川に印をつけ続けます。

[PR]
by nugueira | 2017-08-17 23:24 | その他(立ち技系) | Comments(2)

Krush.79の予想

 夏の恒例イベントとして定着してきた感のある、20日のKrush名古屋大会の予想を。

KANA○-×エミリー・マシュー
 王座奪還へ再始動のKANA。相手はISKA王者だが48キロ級の選手なので、ここはしっかり勝っておきたい。

大和哲也○-×エルソン・パトリック
 大和をいつゲーオに当てるか…と思っていたら野杁が新王者に。こう言っちゃなんだが王座奪取のチャンスは相対的に高まったはず。タイトルマッチへアピールできる快勝を期待。

野杁正明○-×ディエゴ・フレイタス
 メインはその野杁が凱旋試合。まあここで揃って勝利して野杁vs大和が激突必至!という空気づくりへ…というのが理想的な展開ですわな。

[PR]
by nugueira | 2017-08-16 23:40 | Krush | Comments(0)

PANCRASE 289の予想

 20日のパンクラスの予想。DEEPとの対抗戦は双方の出場メンバーが中堅クラス中心でいまいちよく分からないのでパス。あと、マモルの試合も実はきちんと映像でチェックしてないのよね。

ISAO○-×カイル・アグオン
 タイトルマッチが流れてしまったISAOだが、ここでの取りこぼしは許されない。

松嶋こよみ○-×粕谷優介
 松嶋が元UFCの粕谷と対戦。ここ一番の試合で敗戦が多い松嶋だが、ステップアップのためにここはしっかり勝ちたいところ。対日本人無敗を継続できるか。

室伏シンヤ○-×小塚誠司
 ストロー級次期挑戦者決定戦。この階級もブルックス参戦で面白くなるかと思ったがやや停滞気味の印象。室伏はインパクト満点の勝利はないが、元修斗王者の意地を示したい。

[PR]
by nugueira | 2017-08-14 23:27 | その他(総合・寝技系) | Comments(0)

Krush.78の予想

 6日のKrush、ダブルメインの予想を。

佐々木大蔵○-×谷山俊樹
 63キロタイトルマッチはともにK-1トーナメント初戦敗退からの再起戦。両者再浮上のために負けられないところだが、過去のタイトルマッチで説得力ある勝ち方をしている佐々木に期待。

中澤純×-○左右田泰臣
 65キロタイトルマッチの方は、左右田としてはベルトを手土産にK-1再上陸をしたいところ。中澤は王者決定トーナメントでもそこまでインパクトのある勝ち方ではなかったし、厳しい試合になるか。

[PR]
by nugueira | 2017-08-05 21:41 | Krush | Comments(0)

UFN114の予想

 日本時間6日のUFCの予想。先月の惨敗から立て直せるか。

サム・アルヴィー○-×ラシャド・エヴァンス
 どん底状態の元王者エヴァンスが登場。相手のアルヴィーもさほどのレベルではないはずの相手だが、今のエヴァンスを信頼できる要素がない。

セルジオ・ペティス×-○ブランドン・モレノ
 メインにペティス弟が登場。UFC3連勝中同士の対戦だが、戦績を見るとモレノの方が一本勝ちも多いし、地元で戦える利があるか?

[PR]
by nugueira | 2017-08-04 23:08 | UFC | Comments(0)

勝敗予想(7月の決算)

 7月の勝敗予想の決算を。

7/2 パンクラス288(3/4)
7/2 パッキャオvsホーン(0/1)
7/8 TUF Finale(0/2)
7/9 UFC213(1/4)
7/15 DEEP(1/2)
7/16 Krush.77(3/5)
7/16 三浦vsベルチェルト(1/1)
7/17 UFN(0/1)
7/23 UFC on FOX(1/3)
7/30 RIZIN(4/10)
7/30 UFC214(5/8)


 合計19/41で的中率46.3%…。どの大会が悪かったというより、どの大会もまんべんなく外した轟沈としか言いようがない状態。一度お祓いに行った方がいいのだろうか。

[PR]
by nugueira | 2017-08-03 23:56 | 雑記 | Comments(0)

UFC214の予想

 日本時間30日のUFCの予想。3大タイトルマッチの大盤振舞だが、一方で8月のPPVイベントはキャンセル。なんだかなあ。

エリック・シェルトン×-○ジャレッド・ブルックス
 かつてパンクラスに上がったブルックスがUFCデビュー。パンクラスではストロー級だったのでフライ級でどこまで戦えるかだが、軽量級戦線を荒らしまわることを期待。

ブライアン・オルテガ○-×ヘナート・モイカノ
 グイダにはKO勝ちした柔術家オルテガが久しぶりに登場。個人的に好きなタイプの選手なので推しておきます。

アルジャメイン・スターリング○-×ヘナン・バラォン
 バラォンは結局バンタムに戻せないのかキャッチウェイト。スターリングは一時期負けは込んだがバンタム級のホープと目されていたし、下降線に入っているバラォンには厳しい相手になりそう。

ジミー・マヌワ○-×ヴォルカン・オズデミア
 ライトヘビー戦線でじわりと存在感を増しているマヌワ。格上相手に連勝を続けているオズデミアだが、マヌワとしてはしっかり仕留めてタイトル戦線に近づきたい。

ロビー・ローラー×-○ドナルド・セラーニ
 今大会の裏メイン。問答無用の殴り合いになりそうだし、どっちに転ぶかも全く見当がつかない。前戦でウェルター級初黒星を喫したセラーニだが、ダメージの蓄積という点ではローラーも辛そう。

クリス・サイボーグ○-×トーニャ・エヴィンガー
 初代王者ランデミーの不可解な王座返上(剥奪?)に伴う女子フェザー級王者決定戦。サイボーグにベルトを獲らせるために組んだとして思えないなあ。

タイロン・ウッドリー○-×デミアン・マイア
 マイアが悲願のウェルター級タイトルマッチに挑戦。とはいえ試合ではガス欠の場面も目立つし、短期決着で一本を取らないと厳しくなりそう。レスリングベースのウッドリーがテイクダウンを凌いで、後半KOか判定で防衛と予想。

ダニエル・コーミエ○-×ジョン・ジョーンズ
 メインは因縁のライトヘビー級タイトルマッチ。オッズではジョーンズ優位だが、度重なるトラブルで2015年以降今回が3試合目。コーミエも最近の試合ではピリッとしないが、ジョーンズが復帰早々あっさり頂点に返り咲くのも違和感がある。かなりのヤマッ気込みでコーミエ勝利を予想。

[PR]
by nugueira | 2017-07-27 23:22 | UFC | Comments(3)

RIZINの予想②

那須川天心○-×才賀紀左衛門
 那須川には格下相手でもMMAの経験積んでほしいし、MIXルールの必要性がよく分からない。今年に入ってからの試合内容からしても、那須川が普通に1RでKOしそう。

KINGレイナ×-○レイディー・タパ
 レイナvsギャビは上手く盛り上げればテレビ的な年末の軸になると思うんだけど、その割にレイナにリスキーなマッチメイク。ベイズラー戦でも不用意に打ち合う場面があったし、ギャビからダウンを奪ったタパは相手としてはけっこう厳しいのでは。

ギャビ・ガルシア○-×オクサナ・ガグロエヴァ
 そのギャビはロシアのボクサーと対戦。デビュー以来一応キャリアは積んできているし、不用意に打撃戦で負ける心配もそれほどしなくていいか。

アミール・アリアックバリ○-×タイラー・キング
 これまた軽量化路線により行き場をなくしつつあるアリアックバリ。今回が契約最終戦らしいが、RIZIN側もアリアックバリ側も延長する気あるのかな。

堀口恭司○-×所英男
 メインはバンタム級GPの大物日本人対決。ベテラン所の意地には期待したいし、これまで散々勝負強さを見せてきたが…。堀口とは残念ながら性能に差がありすぎる。負けたら負けたでワイルドカード枠で復活しそうなのがまた微妙なんだけど。

[PR]
by nugueira | 2017-07-26 14:50 | その他(総合・寝技系) | Comments(0)

RIZINの予想

 30日のRIZINの予想、前半戦から。

テオドラス・オークストリス○-×カール・アルブレックソン
 軽量級&女子へのシフトが顕著になる中で存在感が薄くなっている外国勢同士の対戦。旗揚げメンバーであるオークストリスにとりあえず期待。

真珠・野沢オークライヤー○-×シーナ・スター
 どうにもコメントしづらい野沢直子の娘の登場。対戦相手もここまで実績のない選手を呼ぶんなら日本人でいいと思うのだが、やっぱり見栄えの問題なんだろうなあ。野沢娘は試合映像を見たら思い切りのいい打撃は出していたようなので、ここは白星スタートを切れそうか。

石橋佳大○-×カリッド・タハ
大塚隆史×-○アンソニー・バーチャック

 バンタム級GP一回戦。石橋は試合を見たことがないのだが、ほどほどの相手をあてがってもらっている印象。バーチャックは適正階級での試合になるので、大塚にとっては厳しいか。

キャシー・ロブ×-○山本美憂
 そろそろ白星が欲しい山本母だが、推す材料がないので厳しめの予想に。アメリカで実戦経験が詰めなかったのは痛い。

北岡悟○-×矢地祐介
 勝負論という点では今大会の裏メイン的カード。実績では圧倒する北岡だが、2戦連続KOで矢地が勢いに乗っているのも間違いないところ。北岡にとっては寝技を凌がれ打撃でひっくり返された廣田戦や徳留戦の悪夢がよぎるが、今回は10分・5分の2ラウンド。逆転される前に固め続けるか、一本を取れるのでは。

[PR]
by nugueira | 2017-07-25 23:55 | その他(総合・寝技系) | Comments(0)