反り立つ壁に撃沈。


by nugueira

タグ:勝敗予想 ( 1143 ) タグの人気記事

BellatorNYCの予想

 日本時間25日のベラトールニューヨーク大会の予想を。

フィル・デイヴィス×-○ライアン・ベイダー
 モーとの試合は怪我で流れたが、結果的にベイダーが移籍初戦でタイトルマッチのチャンスをつかむことに。UFC時代は面白いようにタイトルマッチ挑戦者の踏み台にされ続けてきたから、ここらでベルトを手にしてほしいなあ。

マイケル・チャンドラー○-×ブレント・プリムス
 かつての強さを取り戻しているライト級王者チャンドラー。今回もスカ勝ちを期待。

マット・ミトリオン○-×エメリヤーエンコ・ヒョードル
 2月にミトリオンの体調不良により流れたカード。ヒョードルにとってはようやくベラトール初陣となるが、去年のロシアでの試合があまりにひどかったからなあ…。ミトリオンもコンディションがよく分からないので悪い意味で競った試合になってもおかしくないのだが、今のヒョードルにベットする気になれない。

チェール・ソネン○-×ヴァンダレイ・シウバ
 こういう試合がニューヨーク初進出のメインに持ってこられる辺り、ベラトールは旗揚げ当時のRIZINと大差ないのかなあと思えてくる。その一方でチャンドラーやロリマクもいるからバランスが取れてはいるんだろうけど。これまた悪い意味で予想が難しい試合なのだが、相対的に試合勘が戻っているであろうソネンの方が有利か。

[PR]
by nugueira | 2017-06-21 23:44 | その他(総合・寝技系) | Comments(0)

UFN111の予想

 17日のUFCシンガポール大会の予想。現地時間の夕方開催という地元ファンに優しい設定。

リー・ジンリャン○-×フランク・カマチョ
 日本大会でK太郎に一本負けを食らったものの打撃で追い込んでいたジンリャン登場。その後2連勝しているようだし、PXC出身のカマチョにオクタゴンでの場数の差を見せるか。

ジャスティン・スコッギンズ○-×佐々木憂流迦
 成績はパッとしないものの契約延長に成功したウルカ。UFCの戦績で比べると今回も厳しい試合になりそう。打撃に成長が見られるのは好材料だが。

五味隆典×-○ジョン・タック
 五味にとってはここ数年で最も格下レベルの対戦相手だが、当の五味自身がもはや「格下レベル」の選手。ここ最近の試合は負けたという結果以上に、内容に上積みが全く感じられないのがひどい。今の五味に期待できる要素はないなあ。UFCは日本大会で最後という発言が飛び出しているが、大晦日に日本で見れたりするのだろうか。

タレック・サフィジーヌ×-○ハファエル・ドス・アンジョス
 元ライト級王者RDAがウェルターに転向。セローニのようにまだまだ暴れまわって欲しいしその力はあるはずだが、やはりパワー差が不安。相手のサフィジーヌはほどほど感はあるし、クリアしてほしいなあ。

キム・ドンヒョン○-×コルヴィー・コヴィントン
 オッズでコヴィントン優位になっているのが結構意外。ドンヒョンも3連勝中だが、前回のサフィジーヌ戦は微妙な判定だったからか。

アンドレイ・アルロフスキー×-○マルチン・チブラ
 現在4連敗中のアルロフスキーは露骨に打たれ弱くなっているので、対戦相手のレベル云々に関係なく試合を見るのが不安でしかない。さすがに今回で見納めだろうか。

ホーリー・ホルム○-×ベチ・コヘイア
 メインは3連敗中のホルムと、かつてロンダに秒殺されたコヘイアという悪い意味で予想しにくい試合。やはりアジア地区の大会ではこのぐらいのカードが限界か…。最近は試合を見るたびに「本当に立ち技出身か?」と思えてくるホルムだが、さすがに今回は持ち味を発揮してくれるのでは…と思いたい…。

[PR]
by nugueira | 2017-06-17 00:07 | UFC | Comments(0)
 18日のK-1、ワンマッチの方の予想を。たまアリ初進出とあって豪華メンバー勢揃い。

平本蓮○-×ウマル・パスハエフ
 ライト級トーナメントで大躍進を遂げた平本。スーパーライトに上げて減量苦から解放される一方、外国人とのパワーの差も出やすくなる階級だけにどうなるか。キシェンコの刺客を返り討ちにしてほしい。

小澤海斗○-×西京春馬
 Krushでは難敵ユン・チーを下した小澤、何となくこのまま武尊との再戦まで突っ走りそうな気もしてきた。

大雅○-×皇治
 記者会見では新生K-1名物(?)の乱闘騒ぎになった両者。この手の安いパフォーマンスはあんまり繰り返されると萎えるなあ。大雅がタイトルマッチで見せた勝負強さを考えると、ここでの取りこぼしはなさそう。

武尊○-×ブバイサ・パスハエフ
 前回はローブローの中断から気迫のKO勝利を見せてくれた武尊。来年3月大会のメインに向けて、今回も勝利以上に中身も求められる。

ウェイ・ルイ○-×ゴンナパー・ウィラサクレック
 日本人王者にはノンタイトルでほどほどの相手をぶつける一方で、外国人王者にはいきなり最強挑戦者をあてがってのタイトルマッチ。K-1の運営は分かりやすいぜ。ゴンナパーがどれだけ距離を潰せるかが焦点だが、ウェイ・ルイが間合いをコントロールし続けて完封しそう。

ゲーオ・ウィラサクレック○-×野杁正明
 ゲーオが連チャンのタイトルマッチに出陣。挑むのは日本人最後の砦の野杁…と言いつつ一回負けてるからなあ。ゲーオはいよいよ相手がいなくなってきそう。

[PR]
by nugueira | 2017-06-16 23:28 | K-1 | Comments(0)
 18日のK-1、まずはスーパーウェルター級王座決定トーナメントの予想を。

城戸康裕○-×ルーク・ウィーラン
廣野祐×-○サニー・ダルベック
中島弘貴×-○チンギス・アラゾフ
日菜太×-○ジョーダン・ピケオー


 初見の外国人もいるので、この階級の日本と世界の力関係をもとに予想。城戸の相手は代打出場なのでまだつけ入る隙がありそうだが、他は厳しい展開になるのでは。日菜太にも頑張ってほしいものの、ピケオーはピークを過ぎたベテランではなくガンガン攻めてくるタイプなので、リスティ戦と同様苦しい戦いになりそう。

城戸×-○ダルベック
アラゾフ○-×ピケオー
ダルベック×-○アラゾフ


 ダルベックにKO負けを喫している城戸は短期間でのリベンジは難しいか。アラゾフとピケオーが事実上の決勝になりそう。日本での試合に慣れているピケオーにアドバンテージがありそうな気もするが、前評判のいいアラゾフを推させてもらいます。

[PR]
by nugueira | 2017-06-14 22:44 | K-1 | Comments(0)

KNOCK OUT vol.3の予想

 那須川・梅野が揃って出場せず、真価が問われる興業となる17日のKNOCK OUTの予想を。ライト級トーナメントはいまいち分からない選手が多いのでパス。

T-98○-×廣虎
 ラジャ王座から陥落したT-98の再起戦。旗揚げ戦の自演乙戦でのKOはお見事だったので、今回も快勝を期待。

石井一成○-×能登龍也
 こちらも王座陥落からの再起戦となる石井。まあここでの取りこぼしはないかなと。

小笠原瑛作×-○ワンチャローン・PKセンチャイジム
 KNOCK OUT唯一の3連勝を記録している小笠原が、旗揚げ戦で那須川に敗れたワンチャローンと対戦。一階級下とはいえ小笠原にとっては過去最強の敵。タイ人との試合もまだ見たことがないので、正直どこまで食らいつけるのか不安。ここで勝てば那須川への挑戦に説得力が出るが、厳しい試合になりそう。

森井洋介○-×ワンマリオ・ゲオサムリット
 ライト級トーナメントで一足先に準決勝進出を決めている森井が志願の連戦。相手は梅野に敗れているワンマリオ。KNOCK OUTでの森井は神がかった試合を連発しているし、今回もいけるのでは。梅野が仕留められなかったワンマリオをKOするようなことがあればインパクト的にもデカい。

[PR]
by nugueira | 2017-06-13 22:48 | その他(立ち技系) | Comments(0)
 18日の3団体統一世界ライトヘビー級タイトルマッチ、アンドレ・ウォード対セルゲイ・コバレフの予想を。

 昨年11月の対戦ではコバレフが序盤にダウンを奪うも、中盤以降距離をつかんだウォードが着実に有効打を入れ、ジャッジ三者とも1ポイントという接戦を制し逆転勝利。これだけのカードのダイレクトリマッチがこのショートスパンであっさり実現してしまうと逆に驚きなのだが、議論の余地のある判定だっただけに完全決着のチャンスが設けられるのはファンとしても大歓迎。前回の試合を見て「またやるの?」と思う人は皆無でしょう。

 勝敗予想の方だが、やはり第1戦と同様「前半決着ならコバレフ、長期戦になればウォード」という見方が妥当か。コバレフは細かいフェイント合戦など技術面でもウォードに引けをとらない動きを見せていたが、やはり後半戦に集中力を切らしガードが雑になる場面があった。前回は2Rにダウンを奪いながらそこからの逆転を許したが、リベンジするならああいった好機を逃さず一気にフィニッシュに持っていくしかなさそう。
 ただ、今回の試合を「2回目の対戦」ではなく「13ラウンドからの続きを戦う」と捉えた場合、やはりウォードが有利。コバレフの圧力と距離感をフルラウンドの戦いを通してつかんだことは大きなアドバンテージになっているはずで、コバレフにとっては序盤から「長い後半戦」を戦うことになる…という見方もできそう。KOは難しいが、ウォードが第1戦以上に明確な差をつけてコバレフを返り討ちにするのではないかと予想。

[PR]
by nugueira | 2017-06-10 23:24 | ボクシング | Comments(0)

UFN110の予想

 11日のUFCニュージーランド大会の予想。

ストラッサー起一×-○ザック・オットー
 ヒザの怪我から2年以上のブランクを経たストラッサーの復帰戦。相手のレベル云々よりも試合勘が戻せるかどうかが心配。

アレクサンダー・ヴォルカノフスキー×-○廣田瑞人
 廣田のUFC復帰2戦目。相手は粕谷をリリースへ追い込んだヴォルカノフスキー。厳しいとは思うが、前回の試合でUFC初勝利を挙げた廣田のしぶとさに期待。

ティム・エリオット○-×ベン・ウェン
 ベナビデス負傷によりエリオットがショートスパンで登場。このレベルの相手に取りこぼす心配はなさそう。フライ級もDJと経営陣のゴタゴタがどう収まるのか心配だが。

デレク・ブランソン○-×ダニエル・ケリー
 前戦でエヴァンスを破ったケリーが登場。勢いでは2連敗中のブランソンより4連勝中のケリーだが、上位陣との対戦経験は皆無。フィジカルの強さで押していくスタイルは面白いけど、ブランソンの打撃を凌ぎ切るのは難しいか。

デリック・ルイス○-×マーク・ハント
 メインはヘビー級メガトン対決。ハントはペザォン・ミアといったロートル相手の試合ではいまだに凄味を発揮するが、ダメージの蓄積もそれなりにありそう。ここは新世代のルイスにジャンプアップを果たしてほしいかな。

[PR]
by nugueira | 2017-06-08 23:17 | UFC | Comments(0)

UFC212の予想

 日本時間4日のブラジル大会の予想。

ユーリ・アルカンタラ○-×ブライアン・ケレハー
 トップ戦線には絡んでこないが地味に戦績を積み重ねているアルカンタラ。ホームでの試合だし今回も手堅く勝ちそう。

ハファエル・アスンソン×-○マルロン・モラエス
 WSOFのバンタム級絶対王者モラエスが遂にUFCデビュー。いきなりアスンソンという楽ではない相手をぶつけられたが、勝てば一気にステップアップできる。他団体王者がUFCで壁にぶち当たるケースも散々見てきたので油断は全くできないが、バンタム級に旋風を巻き起こしてほしい。

エリック・シウバ○-×ヤンシー・メデイロス
 前回のブラジル大会で連敗を脱出したシウバ。相手のメデイロスは目立った戦績もないし元ライト級なので、KOを期待。

ヴィトー・ベウフォート○-×ネイト・マーコート
 ベウフォートのおそらくUFC最後となる試合。マーコートは最近連敗はしていないが打たれ弱さも顕著になっているし、ずっとウェルターで戦っていたのに今回はミドル級。ベウフォートに有終の美を飾らせるためのマッチメイクかなあ。UFC引退後もベラトールであっさり復帰しそうな流れになっているのが嫌だけど。

クラウディア・ガデーリャ○-×カロリーナ・コヴァケヴィッチ
 セミはヨアンナに敗れた者同士の対戦。そのヨアンナ戦を比較材料にすると、前半にテイクダウンを繰り返し奪い「あわや」の場面を作ったガデーリャの方が上かな、と思える。3R戦だし、コヴァケヴィッチは寝かされると苦しくなりそう。

ジョゼ・アルド○-×マックス・ホロウェイ
 メインはフェザー級王座統一戦。問答無用の10連勝で暫定王者まで登り詰めたホロウェイの方が勢いは上か。とはいえアルドもエドガーとの息詰まる間合い戦を制しているわけで、総合力ではアルドに分がありそう。マグレガーがライト級に転向…というかもはやUFCで試合をするかどうかも分からない状態になっており、モチベーションを維持できているかどうかが最大の不安要素。地元での快勝劇を見せてほしいが。

[PR]
by nugueira | 2017-06-01 23:37 | UFC | Comments(1)

勝敗予想(5月の決算)

 5月の勝敗予想の集計を。

5/14 UFC211(4/4)
5/20 RISE117(1/1)
5/20 Bellator179(1/1)
5/20 村田vsエンダム(0/1)
5/28 UFN109(1/2)
5/28 PANCRASE287(1/3)
5/28 Krush.76(2/2)


 合計は10/14で的中率71.4%。そもそも試合数が少なかったものの、とりあえず7割はクリア。これで上昇気流に乗りたいところだが、6月はどうなるか。

[PR]
by nugueira | 2017-05-31 23:02 | 雑記 | Comments(0)

Krush.76の予想

 28日のKrushの予想。60キロ王者決定トーナメント決勝はこれまでの試合を見れていないためパス。

木村“フィリップ”ミノル○-×KENJI
 立ち技再起戦にも敗れ落ちるところまで落ちた感のあるミノル。ただ前回は一発もらって負けたものの直前まで動きは悪くなかった。さすがにこの辺で上昇気流に乗りたい。

KANA○-×グレイス・スパイサー
 KANAの再起戦。ヘウヘスからベルトを奪うとしたらKANAがリベンジするしかないと思うので、まずは目の前の試合をしっかり勝ってほしい。相手も強そうなので油断できないが。

[PR]
by nugueira | 2017-05-26 23:28 | Krush | Comments(0)