反り立つ壁に撃沈。


by nugueira
カレンダー

タグ:勝敗予想 ( 1196 ) タグの人気記事

K-1 WORLD GPの予想

 年末興業の予想も立て込んでくるので、まずは27日のK-1後楽園ホール大会から。

軍司泰斗○-×大岩翔大
 Krushの王座決定戦ではインパクトのある勝利を挙げた軍司。ここで勝って来年はK-1の55キロ戦線へ殴り込みか。武居の壁は高そうだが。

西京春馬○-×椿原龍矢
 K-1甲子園王者対決。西京は武尊の階級変更によりK-1フェザー級王座も狙える状況になってきた。ここはきっちり白星を挙げて来年につなげたいところ。

日菜太○-×廣野祐
 メインはスーパーウェルター級の次期挑戦者決定戦。実績を考えると日菜太か。とはいえここをクリアしてもアラゾフ相手にどうこうできる感じはしないのが辛い。

[PR]
by nugueira | 2017-12-22 22:52 | K-1 | Comments(0)

UFC on FOXの予想

 日本時間17日のUFCの予想。

ジョーダン・メイン○-×エリック・シウバ
 ここ4戦で3敗のエリシウ。打たれ弱さも顕著になっているし、今回も厳しい戦いになりそう。

グローバー・テイシェイラ○-×ミーシャ・サークノフ
 タイトル再挑戦には手が届かないが格下にはきっちり勝つ、というポジションになってきているテイシェイラ。ここも門番としての役割を発揮できるか。

サンティアゴ・ポンジニビオ○-×マイク・ペリー
 5連勝中、前回はネルソンをKOしたポンジニビオ。そろそろ上位陣との戦いが見えてきそう。ペリーもKO勝ちの多い選手なのでバチバチの展開を期待。

リカルド・ラマス○-×ジョシュ・エメット
 ラマスは比較的最近ホロウェイに負けているのでタイトルショットの順番はなかなか回ってこなそう。とはいえ上位グループから脱落しないよう落とせない一戦。

ロビー・ローラー×-○ハファエル・ドス・アンジョス
 メインはウェルター級の注目カード。ローラーは前回のセローニ戦ではペース配分を考えた老獪な試合運びで勝利。打撃戦になるとライト級から上げてきたRDAはキツいか。ローラーから一本取るのも簡単ではないだろうけど、RDAが勝った方が今後が面白くなりそうなのでこういう予想に。

[PR]
by nugueira | 2017-12-15 23:48 | UFC | Comments(0)

KING OF KNOCK OUT 2017 の予想

 KNOCK OUTにとって旗揚げ以来最大の大会となる、10日の両国大会の予想。

大月晴明○-×町田光
 思えばKNOCK OUT旗揚げ戦は大月のKOから幕を開けた。町田とは噛み合う展開になりそう。一発もらうリスクも当然あるが、大月のKOを期待。

能登龍也○-×石井一成
 西の神童・石井がリベンジマッチに挑む。前回はパンチ一発でひっくり返されてしまい交通事故的な感じもなくはないのだが、石井のその後の戦績を見ると完全に低迷期に入ってしまった印象。能登に返り討ちにされそう。

不可思○-×金原正徳
 ライト級トーナメントで勝次と激闘を繰り広げた不可思が登場。契約体重は金原寄りだが、ここは本職の意地を見せてほしい。金原もキックやるよりRIZINに参戦すればいいのに。

小笠原瑛作○-×高橋亮
 旗揚げ戦以来KO勝利を連発し、森井とともにミスターKNOCK OUTと呼ぶべき存在となった小笠原。正直那須川戦への機運が盛り上がっているかといったら微妙ではあるが、勝利を重ねて力ずくで那須川を引き寄せてほしい。

森井洋介○-×勝次
 ライト級トーナメント決勝。旗揚げ以来ハイペースで試合を重ねてきた本命・森井と、年間ベストバウト級の試合を立て続けにやってのけた勝次。どっちがどう勝つにしても、絶対面白くなる。
 勝次は2戦続けての逆転勝ちはお見事だが、2試合ともダウンしているのはディフェンスの甘さの現れでもある。森井はガンガン前に出てパンチ・ロー・ヒジを繰り出すので、遠い間合いで戦いたい勝次には嫌なタイプ。乱打戦になっても森井はヒジを繰り出す引き出しの豊富さがあるし、やはり最後は「森井の、森井による、森井のためのトーナメント」になると予想しておきます。

[PR]
by nugueira | 2017-12-08 23:18 | その他(立ち技系) | Comments(1)
 10日に行われるWBO世界スーパーフェザー級タイトルマッチ、ワシル・ロマチェンコvsギジェルモ・リゴンドーの予想を。

 ロマチェンコのここ3試合の戦いぶりは圧倒的。別次元のスピードと多彩かつ的確なコンビネーション、1Rで相手の動きを見切る図抜けた分析力で序盤から試合を掌握し、相手は反撃の糸口すらつかめないまま一方的に殴られるだけ。3試合連続で対戦相手の戦意喪失によるTKOという世界戦では信じがたいパフォーマンスを見せている。
 対するリゴンドーはドネアとの統一戦に勝利しスーパーバンタムの頂点に立ったまでは良かったが、その後は勝利は重ねるものの試合内容のインパクトという意味では低迷。今年のフローレス戦では1ラウンドKOを収めたものの、結局ラウンド終了後のパンチによるものとしてノーコンテストに変更されてしまった。

 ともに五輪を連覇した世界屈指の技術力を持つ者同士の激突だが、ここ1~2年の充実度で考えればやはりロマチェンコが数段上。リゴンドーにとっていきなり2階級上げての試合というのも分が悪い。リゴンドーのカウンターを警戒してロマチェンコも序盤は慎重に戦うかもしれないが、リゴンドーをもってしてもロマチェンコのスピードについていくのは相当困難なはず。天笠戦での2度のダウンが示すようにリゴンドーも決して打たれ強くはなく、ロマチェンコとしてはパワーでゴリゴリ攻められるおそれがない分、むしろ戦いやすいのでは。
 中盤以降ロマチェンコがスピードで圧倒するいつもの展開に持ち込み、終盤のラウンドで先頭不能に追い込んで勝利、と予想。

[PR]
by nugueira | 2017-12-07 23:04 | ボクシング | Comments(2)

UFN123の予想

 日本時間10日のフレズノ大会の予想。最近の試合をチェックできてない選手が多いのでメインだけ。

カブ・スワンソン○-×ブライアン・オルテガ
 全て判定ながら4連勝中のスワンソンと、こちらは全て一本・KOで4連勝中のオルテガの対戦。スワンソンは昨年ドゥホとの大激闘があったし、今年は格下のロボフに手こずったりとダメージの蓄積が出始めてもおかしくないキャリア。ただオルテガは柔術家の割に思い切った打撃も見せるので、スタンドの攻防で辺に自信を持つと裏目に出そう。スワンソンが打撃で押しきって勝利、と予想。

[PR]
by nugueira | 2017-12-06 23:56 | UFC | Comments(0)

PANCRASE 292の予想

 ディファでの最終興業となる10日のパンクラスの予想。

ISAO○-×粕谷優介
 思わぬ敗戦でタイトル戦線から後退を余儀なくされたISAO。粕谷は元UFCファイターとはいえ実績ではISAOが上回るので、再起戦をしっかり白星で飾りたい。

松嶋こよみ○-×カイル・アグオン
 ISAOに勝ったアグオンと、粕谷に勝った松嶋が激突。こういうマッチメイクは分かりやすくていい。上位進出が期待されながらここ一番での取りこぼしが多い松嶋だが、今回は結果を出せるか。

久米鷹介○-×徳留一樹
 メインはライト級タイトルマッチ。王座陥落後も立て直して2連勝した徳留の挑戦はまあ妥当。とはいえ久米にとって前回スタンドの打撃戦で殴り勝てたのは自信になっているはずだし、「また徳留?」という気の緩みが発生する状況でもなさそう。返り討ちで久米が防衛と予想。

[PR]
by nugueira | 2017-12-05 22:52 | その他(総合・寝技系) | Comments(0)

Krush.83の予想

 年内最後となる9日のKrushの予想。年末に後楽園でK-1あるけど。

左右田泰臣○-×中村広輝
 Krushのベルト獲りに失敗して今後のターゲットが見えにくくなっている左右田。まずは連敗を回避できるか。

メロニー・ヘウヘス×-○KANA
 メインはKANAのベルト奪還が懸かったタイトルマッチ。前回は途中まで押し気味に進めながら一発の威力で試合をひっくり返されてしまった形。とはいえ再起後のKANAはしっかりKO勝ちをしており、万全の状態でリマッチに挑む。ここで勝てないとヘウヘスの長期政権が続きそうだし、KANAのリベンジで年内最終戦を締めてほしいなあ。

[PR]
by nugueira | 2017-12-04 23:35 | Krush | Comments(0)

UFC218の予想

 日本時間3日のUFCの予想。なかなかの好カードが目白押し。

エディ・アルバレス×-○ジャスティン・ゲイジー
 UFCデビュー戦でも信じがたい逆転KOを収めた「やりすぎゲイジー」が元王者アルバレスと対戦。ゲイジーに勝つにはゲイジー以上の打撃力とタフネスさが必要そうだけど、今のアルバレスにそれを求めるのは厳しいかなあ。

ヘンリー・セジュード○-×セルジオ・ペティス
 ポテンシャルを開花させたアスリート・モンスターのセジュードが、ペティス弟と対戦。ここまで地味に4連勝を重ねているペティスだが、今のセジュード相手はキツい。KOされて終わりそう。

アリスター・オーフレイム×-○フランシス・ガヌー
 UFC5連勝のヘビー級要注意人物・ガヌーが遂に上位ランカーと激突。ここで勝てばタイトル戦線も一気に見えてくる。アリスターもハードパンチャー相手に距離を取りつつ勝つスタイルを身につけているので競った展開になっておかしくないが、ここはガヌーに大暴れしてほしいなあ。

マックス・ホロウェイ○-×ジョゼ・アルド
 エドガー負傷欠場によりアルドにダイレクトリマッチのチャンスが巡ってきた。とはいえ前回は打撃の精度では上回りつつもホロウェイの圧力と手数を止められずKOされ、出会いがしらの交通事故ではない負け方。これだけショートスパンでの再戦だと、アルドが前回の結果をひっくり返すだけの材料が見えてこない。

[PR]
by nugueira | 2017-12-01 22:05 | UFC | Comments(0)
 11月の結果集計。

11/5 Krush.82(2/3)
11/4 ベラトール186(2/2)
11/5 UFC217(3/7)
11/12 パンクラス291(1/2)
11/12 UFN120(4/7)
11/19 UFN121(2/4)
11/23 RISE121(1/1)
11/23 K-1 WORLD GP(11/13)
11/25 UFN122(2/2)


 合計は28/41で的中率68.3%。K-1ヘビー級トーナメントの完全的中を含め終盤に追い上げたものの、7割には届かず。今年は本当に低調。







[PR]
by nugueira | 2017-11-28 23:30 | 雑記 | Comments(0)

UFN122の予想

 25日の上海大会の予想を。日本時間の土曜夜という珍しい時間帯の開催。

リー・ジンリャン○-×ザック・オットー
 かつて日本大会でK太郎に逆転一本負けを喫したものの、そこから3連勝中のジンリャン。ホームでの試合ということでキッチリ結果を出したい。

マイケル・ビスピン×-○ケルヴィン・ガステラム
 アンデウソンの出場停止でどうなるかと思ったら、王座陥落直後のビスピンがまさかのスクランブル出場。UFCは中国市場に力入れていくつもりなんだなあ。
 GSP戦ではフィニッシュ前にダウンしているので当然ダメージはあるだろうし、緊急出場のうえに中国遠征でコンディション的にも相当厳しいはず。心情的に今回はビスピンに頑張ってほしいのだが、やっぱりガステラムのKO勝ちと見るのが妥当か。

[PR]
by nugueira | 2017-11-23 21:41 | UFC | Comments(0)