反り立つ壁に撃沈。


by nugueira
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

タグ:勝敗予想 ( 1139 ) タグの人気記事

UFC213の予想

 日本時間9日のUFCの予想。どうにかダブルタイトルマッチは組んだが、去年のUFC200に比べるとスケールダウンは否めないラインナップ。

トラヴィス・ブラウン×-○アレクセイ・オレイニク
 ここ5試合で1勝4敗のブラウン。打たれ弱くなった印象もあるし、格下のオレイニクにあっさり食われそうな気も。嫁のロンダのためにも頑張ってほしいところではあるが。

アンソニー・ペティス×-○ジム・ミラー
 フェザーに転向したペティスがいいところなくライト級にカムバック。対するミラーは一時期負けが込んでいたが、昨年3連勝して復調の雰囲気を見せている。ペティスはここ2年ほど強さの感じられない戦いぶりが続いているので、今回も厳しめの予想に。

ファブリシオ・ヴェウドゥム○-×アリスター・オーフレイム
 ヴェウドゥムとアリスターがPRIDE無差別級GP、ストライクフォース・ヘビー級GPに続く3度目の対戦。二人とも息が長いなあ。前回の対戦ではヴェウドゥムの寝技に付き合わずオーフレイムが勝利したが、ヴェウドゥムはその後打撃スキルが急成長。調子に乗って打ち負けるリスクもあるが、アリスターもかつての爆発力はなくなっているのでヴェウドゥム判定勝利と予想。

ヨエル・ロメロ○-×ロバート・ウィテカー
 ビスピンが試合をしない間にミドル級の暫定王座決定戦。毎回爆発力のあるKOを見せてくれるロメロに期待しているが、7連勝中のウィテカーの勢いも本物。ロメロはスタミナに難があるので早めのラウンドで仕留められないと苦しくなりそう。

アマンダ・ヌネス○-×ヴァレンティーナ・シェフチェンコ
 メインは女子バンタム級タイトルマッチ。ミーシャ、ロンダといった草創期のメンバーをリタイアへ追い込んだヌネスが安定政権を確かなものとするか。シェフチェンコは下からのサブミッションで一本勝ちしたり器用な面もあるが、ヌネスがスタンドで押しきりそう。

[PR]
by nugueira | 2017-07-06 22:59 | UFC | Comments(0)

TUF25 Finaleの予想

 日本時間8日のTUFの予想。

グレイ・メイナード×-○石原夜叉坊
 実績では圧倒的に上のメイナードだが、ここ6戦は1勝5敗。最近はKO負けはしていないもののダメージの蓄積は相当見て取れるし、夜叉坊にすると十分勝ち目はある、というかUFCで生き残っていくには勝たなければいけない相手。前戦は積極性が感じられない負け方だったので不安はあるが、快勝して日本大会のメインに名乗りをあげてほしい。本人のキャラ的に「さっさとRIZINに行って日本国内で有名になりたい」とか思っていそうなのが怖いが。

マイケル・ジョンソン○-×ジャスティン・ゲイジー
 WSOFライト級の絶対王者ゲイジーのUFC初戦。対するジョンソンはここ4試合が1勝3敗なので、ゲイジーをブレイクさせるためのマッチアップという感じはしなくもない。とはいえジョンソンはポイエー相手にKO勝利を収めているし、ゲイジーがいつもの喧嘩上等スタイルで戦った場合、先に一発もらう可能性は十分ありそう。同じくWSOFのバンタム級王者だったモラエスも黒星スタートになったので、ゲイジーがUFCの洗礼を浴びるのではないかと予想。

[PR]
by nugueira | 2017-07-03 22:17 | UFC | Comments(0)
 2日に行われるWBO世界ウェルター級タイトルマッチ、マニー・パッキャオvsジェフ・ホーンの予想を。

 とはいえ、多くの記事で述べられているように勝負論的な面白みはゼロ。パッキャオが知名度ほぼゼロの相手と戦うのはアルジェリ以来だが、ホーンは実績的にはアルジェリすら下回る。それなりに油断できないレベルの相手ではあったバルガスを簡単に下したパッキャオがここで取りこぼすとも思えない。やっぱり焦点は勝敗ではなくパッキャオが久しぶりのKOを見せてくれるかどうか、というところか。パッキャオKO勝ちと予想。

 これからのパッキャオがこういう小遣い稼ぎ的な試合をこなしていくのだとしたらガッカリ。最終的に噂されているクロフォード戦にたどり着いてくれるのなら、まあ我慢できなくはないが。

[PR]
by nugueira | 2017-06-30 23:30 | ボクシング | Comments(0)

PANCRASE 288の予想

 2日のパンクラスの予想を。

村田夏南子○-×クレア・フライヤー
 年末に中井に敗れた後は怪我で欠場、さらにリベンジを狙うべき中井はフェードアウト…と流れに乗り切れない村田。下半期に巻き返しなるか。

近藤有己○-×ミノワマン
 今のパンクラスでこのカードを組む意味はあるのか…と思う一方で、パンクラスで組むからこそ生まれてくる意味もあるのかな、とも思えてくるマッチアップ。曲がりなりにも定期的に試合をこなしている近藤の方がコンディションはいいのかなあ。

徳留一樹○-×キーラン・ジョブリン
 UFC日本大会を目指す徳留が志願の緊急出場。勝ってもオファーが来るとは限らないリスクの大きい試合だが、再起戦で秒殺KOを見せた徳留の底力に期待。

三浦広光○-×阿部大治
 メインはウェルター級KOPタイトルマッチ。阿部の試合を見ていないのだが、元J-NET王者ということは三浦とは噛み合う試合になりそう。ただそうなると、三浦に分があるんだろうな。

[PR]
by nugueira | 2017-06-29 23:13 | その他(総合・寝技系) | Comments(0)

勝敗予想(6月の決算)

 6月の勝敗予想の集計を。

6/4 UFC212(2/6)
6/11 UFN110(2/5)
6/17 KNOCK OUT vol.3(2/4)
6/17 UFN111(5/7)
6/18 ウォードvsコバレフ(1/1)
6/18 K-1(11/13)
6/25 ベラトール(3/4)
6/26 UFN112(1/3)


 合計は27/43で的中率62.8%。K-1のトーナメントでかなり盛り返したものの、序盤の出遅れを取り戻せず。いまいち波に乗り切れないまま2017年も後半戦へ突入。




[PR]
by nugueira | 2017-06-27 23:11 | 雑記 | Comments(0)

UFN112の予想

 日本時間26日のUFCの予想。

クレイ・グイダ×-○エリック・コク
 かつての名勝負製造機も最近は負けが込んでいるグイダ。久々のライト級復帰だが、前回は柔術家のオルテガに打ち負けているし厳しい戦いになりそう。

BJ.ペン×-○デニス・シバー
 ペンの復帰2戦目は2年ぶりの試合となるシバー。悪い意味で予想しにくいカードだが、ペンの方はまともに動けるのか、というレベルで不安があるのでこういう予想に。

ティム・ボーシュ×-○ジョニー・ヘンドリックス
 ジョニヘンのミドル級2戦目。相手のボーシュはリリースされてもおかしくない位置にいる選手なので、このレベルはクリアしてほしいなあ。

[PR]
by nugueira | 2017-06-23 23:11 | UFC | Comments(0)

BellatorNYCの予想

 日本時間25日のベラトールニューヨーク大会の予想を。

フィル・デイヴィス×-○ライアン・ベイダー
 モーとの試合は怪我で流れたが、結果的にベイダーが移籍初戦でタイトルマッチのチャンスをつかむことに。UFC時代は面白いようにタイトルマッチ挑戦者の踏み台にされ続けてきたから、ここらでベルトを手にしてほしいなあ。

マイケル・チャンドラー○-×ブレント・プリムス
 かつての強さを取り戻しているライト級王者チャンドラー。今回もスカ勝ちを期待。

マット・ミトリオン○-×エメリヤーエンコ・ヒョードル
 2月にミトリオンの体調不良により流れたカード。ヒョードルにとってはようやくベラトール初陣となるが、去年のロシアでの試合があまりにひどかったからなあ…。ミトリオンもコンディションがよく分からないので悪い意味で競った試合になってもおかしくないのだが、今のヒョードルにベットする気になれない。

チェール・ソネン○-×ヴァンダレイ・シウバ
 こういう試合がニューヨーク初進出のメインに持ってこられる辺り、ベラトールは旗揚げ当時のRIZINと大差ないのかなあと思えてくる。その一方でチャンドラーやロリマクもいるからバランスが取れてはいるんだろうけど。これまた悪い意味で予想が難しい試合なのだが、相対的に試合勘が戻っているであろうソネンの方が有利か。

[PR]
by nugueira | 2017-06-21 23:44 | その他(総合・寝技系) | Comments(0)

UFN111の予想

 17日のUFCシンガポール大会の予想。現地時間の夕方開催という地元ファンに優しい設定。

リー・ジンリャン○-×フランク・カマチョ
 日本大会でK太郎に一本負けを食らったものの打撃で追い込んでいたジンリャン登場。その後2連勝しているようだし、PXC出身のカマチョにオクタゴンでの場数の差を見せるか。

ジャスティン・スコッギンズ○-×佐々木憂流迦
 成績はパッとしないものの契約延長に成功したウルカ。UFCの戦績で比べると今回も厳しい試合になりそう。打撃に成長が見られるのは好材料だが。

五味隆典×-○ジョン・タック
 五味にとってはここ数年で最も格下レベルの対戦相手だが、当の五味自身がもはや「格下レベル」の選手。ここ最近の試合は負けたという結果以上に、内容に上積みが全く感じられないのがひどい。今の五味に期待できる要素はないなあ。UFCは日本大会で最後という発言が飛び出しているが、大晦日に日本で見れたりするのだろうか。

タレック・サフィジーヌ×-○ハファエル・ドス・アンジョス
 元ライト級王者RDAがウェルターに転向。セローニのようにまだまだ暴れまわって欲しいしその力はあるはずだが、やはりパワー差が不安。相手のサフィジーヌはほどほど感はあるし、クリアしてほしいなあ。

キム・ドンヒョン○-×コルヴィー・コヴィントン
 オッズでコヴィントン優位になっているのが結構意外。ドンヒョンも3連勝中だが、前回のサフィジーヌ戦は微妙な判定だったからか。

アンドレイ・アルロフスキー×-○マルチン・チブラ
 現在4連敗中のアルロフスキーは露骨に打たれ弱くなっているので、対戦相手のレベル云々に関係なく試合を見るのが不安でしかない。さすがに今回で見納めだろうか。

ホーリー・ホルム○-×ベチ・コヘイア
 メインは3連敗中のホルムと、かつてロンダに秒殺されたコヘイアという悪い意味で予想しにくい試合。やはりアジア地区の大会ではこのぐらいのカードが限界か…。最近は試合を見るたびに「本当に立ち技出身か?」と思えてくるホルムだが、さすがに今回は持ち味を発揮してくれるのでは…と思いたい…。

[PR]
by nugueira | 2017-06-17 00:07 | UFC | Comments(0)
 18日のK-1、ワンマッチの方の予想を。たまアリ初進出とあって豪華メンバー勢揃い。

平本蓮○-×ウマル・パスハエフ
 ライト級トーナメントで大躍進を遂げた平本。スーパーライトに上げて減量苦から解放される一方、外国人とのパワーの差も出やすくなる階級だけにどうなるか。キシェンコの刺客を返り討ちにしてほしい。

小澤海斗○-×西京春馬
 Krushでは難敵ユン・チーを下した小澤、何となくこのまま武尊との再戦まで突っ走りそうな気もしてきた。

大雅○-×皇治
 記者会見では新生K-1名物(?)の乱闘騒ぎになった両者。この手の安いパフォーマンスはあんまり繰り返されると萎えるなあ。大雅がタイトルマッチで見せた勝負強さを考えると、ここでの取りこぼしはなさそう。

武尊○-×ブバイサ・パスハエフ
 前回はローブローの中断から気迫のKO勝利を見せてくれた武尊。来年3月大会のメインに向けて、今回も勝利以上に中身も求められる。

ウェイ・ルイ○-×ゴンナパー・ウィラサクレック
 日本人王者にはノンタイトルでほどほどの相手をぶつける一方で、外国人王者にはいきなり最強挑戦者をあてがってのタイトルマッチ。K-1の運営は分かりやすいぜ。ゴンナパーがどれだけ距離を潰せるかが焦点だが、ウェイ・ルイが間合いをコントロールし続けて完封しそう。

ゲーオ・ウィラサクレック○-×野杁正明
 ゲーオが連チャンのタイトルマッチに出陣。挑むのは日本人最後の砦の野杁…と言いつつ一回負けてるからなあ。ゲーオはいよいよ相手がいなくなってきそう。

[PR]
by nugueira | 2017-06-16 23:28 | K-1 | Comments(0)
 18日のK-1、まずはスーパーウェルター級王座決定トーナメントの予想を。

城戸康裕○-×ルーク・ウィーラン
廣野祐×-○サニー・ダルベック
中島弘貴×-○チンギス・アラゾフ
日菜太×-○ジョーダン・ピケオー


 初見の外国人もいるので、この階級の日本と世界の力関係をもとに予想。城戸の相手は代打出場なのでまだつけ入る隙がありそうだが、他は厳しい展開になるのでは。日菜太にも頑張ってほしいものの、ピケオーはピークを過ぎたベテランではなくガンガン攻めてくるタイプなので、リスティ戦と同様苦しい戦いになりそう。

城戸×-○ダルベック
アラゾフ○-×ピケオー
ダルベック×-○アラゾフ


 ダルベックにKO負けを喫している城戸は短期間でのリベンジは難しいか。アラゾフとピケオーが事実上の決勝になりそう。日本での試合に慣れているピケオーにアドバンテージがありそうな気もするが、前評判のいいアラゾフを推させてもらいます。

[PR]
by nugueira | 2017-06-14 22:44 | K-1 | Comments(0)