反り立つ壁に撃沈。


by nugueira

タグ:勝敗予想 ( 1111 ) タグの人気記事

 GPに続いてワンマッチの予想。無駄に細切れにして、まずは前座4試合。

日沖発×-○ジェフ・カラン
 今回のニューカマーの中では「なんでコイツがいきなり?」という感が強い日沖。この前TKOでタイトル獲得して勢いに乗ってるし、地元開催だし、勝ってもおかしくはないんだろうけど。
 でもカランの戦績を見ると、ベネットとかカルバーリョにも勝ってるのね。やっぱり経験の差でカランが勝ちそう。

帯谷信弘×-○ギルバート・メレンデス
 DEEPライト級王者の帯谷が規定路線どおり武士道参戦。対するはこちらも満を持して初出場のメレンデス。
 雷暗戦を見る限り帯谷もスタンドのスキルは相当上げてきているみたいだけど、メレンデスが殴り勝ちしそう。体重も修斗ライト級時代よりだいぶ上げてきているみたいだし。

青木真也○-×ジェイソン・ブラック
 お騒がせ男・青木が宣言どおり武士道上陸。コノヤロー、ボコボコにされちまえ!
 でも実際問題、青木が勝つんだろうなあ。ここまで周りを騒がせて出てくる以上、いきなり躓かれても困るし。不安点があるとすれば、グラウンドの打撃制限が緩いPRIDEルールに対して頭の切り替えができているかどうか。迂闊に引き込んじゃうとやばい展開になるかも。

美濃輪育久○-×バタービーン
 アイブル・キモ・ジャイシルに続く、美濃輪の「デカいけど動きの鈍いヘビー級に挑んでみよう!」企画第4弾。遂にバタービーンまで引っ張り出してきた。次は誰だろう。TOA?
 バタービーンの戦績を見ると、確かに6連勝中で勝利の大半がサブミッションというのはウソではないみたい。2週連続で試合に出てたり、どんなレベルの相手なのか胡散臭い部分はあるけど。
 まあでも、美濃輪が足関節で一本取って盛り上げてくれるんじゃない?完全に予想も投げやり。実際会場に行ったら一緒に盛り上がっちゃうんだろうけど。

 さらに続く。人気blogランキングへ
[PR]
by nugueira | 2006-08-19 18:46 | PRIDE武士道 | Comments(4)
 月曜から旅行で不在なので、武士道の予想を早めに。まずはウェルター級GPから。

デニス・カーン○-×アマール・スロエフ
 一回戦の劇勝で一躍優勝候補に躍り出たカーンと、ブスタマンチを完封した地味強のスロエフ。2回戦のカードで一番予想しにくい。日本人が絡んでないからなんだろうけど。
 スロエフがまたのらりくらりと自分のペースに引き込めるかどうかだけど、カーンはここぞというところの突進力もあるからなあ。スロエフが逃げ切る前にカーンが一発いいのを入れて勝ちそう。

ゲガール・ムサシ×-○郷野聡寛
 ボクシングのナショナルチーム代表候補だったという経歴が今さらになって発覚したムサシ。ということは打ち合いでは郷野不利なのかなあ。
 でも郷野はニルソン・デ・カストロみたいなバリバリのストライカーにも勝ってるし、距離感と出入りの上手さでいなしそう。ムサシとの場数の違いを見せてほしいところ。入場は正直どうでもいいけど。

長南亮×-○パウロ・フィリオ
 1回戦が毎度ながらの判定勝利だったので印象はイマイチだけど、やっぱり普通に考えてフィリオがこのトーナメントの本命になるんだよなあ。とりあえず長南では、判定まで粘ることはあっても勝つことはないと思う。ヒカルド・アルメイダ戦と同じような展開が頭に浮かんでならない。

ダン・ヘンダーソン○-×三崎和雄
 1回戦シードのダンヘン、4月に戦ったばかりの三崎と早くも再戦。別に見たくないのに。
 ダンヘンは前回対戦時の三崎の行為に怒っているらしいけど、一体何したんだろう。「このテロリスト!」とか言われたのかな。ちょっと時期が早すぎるか。
 ダンヘンがこの階級で磐石の存在だとは思わないし、どこかでポコッと負けるんだろうけど、その相手が日本人になるとも思えないんだよなあ。前回同様、「惜しい!あと一歩!」という展開の末に三崎が判定負けじゃないですかね。この「あと一歩」はそう簡単に埋まらない気がするけど。

 ワンマッチ予想へ続く。人気blogランキングへ
[PR]
by nugueira | 2006-08-18 00:42 | PRIDE武士道 | Comments(2)
 全日本キックの宮田興行部長には不義理を働いてしまい非常に申し訳ないのだが、8/27はパンクラスの横浜文体大会を観戦する予定。プッ、パンクラスだって。本気かよ、オレ。
 まあでも近藤出るし前田出るし、4大タイトルマッチの大盤振る舞いだからなあ。久しぶりに足を運んでみようかと。

 せっかくなので、少し早いがタイトルマッチの勝敗予想を。いや、書くことがないもので。

ヘビー級王者決定トーナメント決勝
ポアイ菅沼○-×アルボーシャス・タイガー

 ともに難なく決勝まで勝ち上がってきた両者。どっちに転んでもおかしくないんだけど、ポアイの方がポテンシャル高そうな感じはするんだよなあ。映像では見ていない状態で書いてますが。ここは花井仕込みのサブミッションでキュッと。

ウェルター級王者決定戦
井上克也○-×石毛大蔵

 正直に白状するが、石毛がどういうスタイルの選手なのか全く頭に浮かばない。じゃあ予想しなきゃいいのに。
 まあ井上も暫定王者生活長いからさ、そろそろ正王者の座を楽しませてやろうよ。何なんだろう、この日本人的発想に基づく予想(というか提案)は。

フェザー級王者決定トーナメント決勝
前田吉朗○-×DJ.taiki

 少し前までフェザー級は前田のための階級だったはずなのに、ベネットに負け今成に負け、遂にはパンクラスのリングでDJ.taikiにまで敗北。いったいどこで歯車が狂ったのか。
 とはいえ、おかげでフェザー級トーナメントに「前田復活なるか」というテーマができたのも事実。打ち合いになるんだろうけど、ここはきれいに前田がリベンジ成功・ハッピーエンドになるのでは。

ライトヘビー級タイトルマッチ
近藤有己○-×松井大二郎

 出場だけが発表されていた近藤、やっと相手が決まったと思ったらいきなりタイトルマッチ。しかも相手が松井。なんか唐突。ベルト取ってからだいぶ経つからいい加減タイトルマッチやらなきゃならんのは分かるけど、菊田を出せよ菊田を。
 さすがに松井の勝ちはないなあ。勝たれても今後の展開がないし。PRIDEでは結果が出ない近藤、ここでは内弁慶ぶりを発揮ということで。

 文体遠いんだよなあ。人気blogランキングへ
[PR]
by nugueira | 2006-08-16 00:40 | その他(総合・寝技系) | Comments(3)
 マゴメド・マゴメドフとジェレミー・ウィリアムスが欠場。代わりにゲーリー・グッドリッジとアリエル・マストフ(誰?)が出場。

 ノー!人が予想書いた直後にこの仕打ちかよ!ていうか昨日の『SRS』でも谷川がマゴメドフとウィリアムスを「注目ですよ!」とか言ってたのに。

 というわけで大会前日、大急ぎで予想やり直し。

マクドナルド○-×マストフ
 公式HPでマストフのプロフィールを見たけど、体重90キロ、年齢31歳。だめだ、期待できない・・・。
 そういえば最初に名前が上がっていたシーク・コンゴ、月末のUFCに出場するのね。もともと総合の選手だったみたい。ていうか国籍フランスなんじゃん。

グッドリッジ×-○ウィリアムス
 グッドリッジ、直前までバカンスでジャマイカにいたんでしょ?オファー断ればいいのに。さすがにこの状況でウィリアムスのポカはないよなあ。

 準決勝、前半のブロックは当初の予想どおりマクドナルド。

レコ×-○ウィリアムス
 ともに安定感に欠ける2人。どっちが勝つかというよりどっちが先に集中力を切らすかの勝負になりそうな感じもする。とりあえずウィリアムスにしておくか。レコは試合勘を取り戻せているかどうかというレベルで不安だし。

マクドナルド×-○ウィリアムス
 マクドナルドが勝てば「番狂わせ」ではあるけど「地味強」に該当するかというとちょっと・・・。
 ウィリアムスはここで勝てば一気にポテンシャルが開花しそうな気もするので、期待も込めて。なんかここ最近の予想を外す典型的なパターンにはまってる気がする。

 オッズ一番人気はイグナショフ。まあそうなるか。人気blogランキングへ
[PR]
by nugueira | 2006-08-13 00:29 | K-1 | Comments(2)
 というわけで、いよいよ世界最終予選が間近に。

 それにしてもトーナメント表を見ると、「是が非でもイグナショフを勝たせるぞ!」という主催者サイドの固い決意が感じ取れる組み合わせになってますね。

 でも今年の予選トーナメントは「番狂わせ」「地味強」がキーワードだからなあ。谷川の思惑どおりに行くかどうか。

アレクセイ・イグナショフ○-×イマニー・リー
 問題の(?)イグナショフ、さすがに初戦からつまづくことはないか。対戦相手は名前すら知らないやつだし。まあでも、オランダでは同じく名前すら知らないやつに負けてる前科があるので油断できない。

マイケル・マクドナルド○-×ジェレミー・ウィリアムス
 最初に名前があったシーク・コンゴ(そのものずばりコンゴ出身)の方が胡散臭さ満点で楽しみだったのに。代役のウィリアムスはボクシング出身の選手みたい。
 ここは場数の差でマクドナルドが勝つかなあ。器用に蹴りを出していくタイプでもないのが少々不安だけど。

ステファン・ブリッツ・レコ○-×スコット・ライティ
 バダ・ハリ戦、カラエフ戦を見る限りでは下り坂に入っちゃった気配のあるレコ。それでも1回戦ぐらいはまあなんとか・・・。ゲンのいいラスベガスでもあるし。

マゴメド・マゴメドフ○-×カーター・ウィリアムス
 さて、この辺から「番狂わせ」「地味強」というキーワードの発動しどころですよ(明らかに「勝敗予想」とは違う種類の行動になってきている。)。スカンジナビア大会優勝の注目株・マゴメドフがウィリアムスを下す波乱。ウィリアムスは試合の出来にムラがあるので、冗談抜きでありうる話だと思う。

 そして準決勝。

イグナショフ×-○マクドナルド
 集中力が続かないイグナショフ、ここでマクドナルド相手に取りこぼし。マクドナルドはミルコ戦以来の大金星。これでまたしばらく飯が食える。

レコ×-○マゴメドフ
 イグナショフと同様、どうも最近ムラっ気が見られるレコがこの辺でコケそう。

 で、決勝。

マクドナルド×-○マゴメドフ
 強豪をなで斬りにして勢いに乗ったマゴメドフ、そのままマクドナルドを蹴散らして優勝。昨年同様、最終予選のチケットはロシア人がゲット。

 うわ、えらい思い切った予想に。確信犯だけど。ラスベガスで実際にこういう賭け方したら、どのぐらいのオッズが付くんだろう。

 推薦枠が誰になるか、という問題もある。人気blogランキングへ
[PR]
by nugueira | 2006-08-12 00:42 | K-1 | Comments(5)
 気づけば大会当日。それではミドル級GPの勝敗予想を!

宇野薫○-×ブラックマンバ
 マンバのリーチの長さはやや気になるところなんだけど、さすがに宇野は取りこぼしはしないでしょう。正直、このメンツの中なら優勝候補筆頭なわけだし。

安廣一哉×-○ハニ・ヤヒーラ
 よりによって推薦枠がなんでこういう人選に・・・。シャオリン出せ、シャオリン。
 安廣は総合でもそこそこいい動きしそうだけど、さすがに勝つレベルまでは行ってないだろうなあ。ヤヒーラがあっさり下から三角極めそう。

高谷裕之×-○J.Z.カルバン
 高谷の一発が入れば面白いんだけど、ちょっと試合間隔空きすぎなのが不安。カルバンも優勝候補の呼び声高いしね。

所英男×-○イヴァン・メンジヴァー
 所は少し前ならこういうタナボタのチャンスを逃さなかったんだろうけど・・・。今は完全に神通力が切れちゃった感じがする。

 KID・須藤の欠場で、日本人は宇野以外イマイチのメンツ。しかも外人が根こそぎ強い上に地味。ミドル級、試練の時か。

 あと、ライトヘビー級でカード変更が。

メルヴィン・マヌーフ○-×クラウスレイ・グレイシー
 正直、今のニュートンだったら瞬殺もありうると思っていたので、クラウスレイの方がいい試合になりそう。試合展開も地味になりかねないけど。まあでも、試合からだいぶ遠ざかってのスクランブル出動だから勝つのは難しいか。

 それにしても、ライトヘビー級は桜庭の主張が全面的に通って10分・5分の2ラウンド制に。同じ大会なのに階級で試合時間が違うのってすごい不自然だと思うのだが。他の選手もいい迷惑だよね。試合時間が変わったらゲームプランも組み立て直さなきゃいけないだろうし。
 実績を考えたら文句は言えないんだけど、移籍早々露骨なVIP待遇ってあとあと歪みが出てきそうな気がする。

 えーと、あとワンマッチあるんだっけ?面倒くさいな。

セーム・シュルト○-×キム・ミンス
 だから、シュルトを休ませてやれって言ってるだろ!

アレッシャンドリ・フランカ・ノゲイラ○-×朴光哲
 ペケーニョをGPに出せって!何度も言わせるな!

ドン・フライ○-×(略)
 興味ないんだよ!

 桜庭がいないとだいぶ辛い興行。人気blogランキングへ
[PR]
by nugueira | 2006-08-05 01:20 | HERO’S | Comments(0)
 K-1札幌大会が終わったと思ったら今度の土曜はHERO’S。そしてその次の週はK-1ラスベガス大会。すげえな、谷川ホントに過労死するんじゃないのか?

 ではライトヘビー級の予想から。

秋山成勲○-×金泰泳
 金泰泳は空手の道着で出てきそうな気がする。異種格闘技っぽくなるじゃん。
 試合と関係ない予想から入ってしまったが、まあ秋山が問題なく勝つでしょ。ストライカー相手には躊躇なく寝技に持ち込む冷静さも持ってるし。去年のボクサー相手の試合みたいに、えげつなくパウンドでボコスカ殴りそう。

桜庭和志○-×ケスタティス・スミルノヴァス
 KID・須藤の欠場もあり、今大会最注目の一戦。桜庭、いきなりコケないよなあ・・・。
 まあこの階級ならパワー負けの心配もないし、大丈夫か。スミルノヴァスはZSTでもイマイチ印象に残っていない。

大山峻護×-○ホドリゴ・グレイシー
 ホドリゴがガッチリ固めて判定勝ち。他の展開が浮かばないし、たぶん合ってると思う。HERO’Sも、なんでこういう地上波に向かない選手を出しちゃうかなあ。まあ強い選手大歓迎だけど。

カーロス・ニュートン×-○メルヴィン・マンホーフ
 寝技のニュートン、打撃のマンホーフ。両者が持ち味を出し切れば面白い試合になりそうだけど、ニュートンがどこまでコンディションを上げてくるかがカギか。このところパッとしない内容が多いからなあ・・・。
 ニュートンに頑張ってほしいけど、グラウンドに持ち込む前にマンホーフが殴り倒しちゃう気がする。

 ライトヘビー級はどの試合もほぼ鉄板。11月の決勝に向けた肩慣らしか。

 ワンマッチはまだ追加発表ないのか。人気blogランキングへ
[PR]
by nugueira | 2006-08-01 00:56 | HERO’S | Comments(5)

K-1札幌大会の予想

 日曜に近づいたK-1札幌大会。素直にジャパンGPを開催して、アレックス・ロバーツを出してくれた方がどれだけマシだったか。
 始まる前から愚痴りつつ、勝敗予想を。

グラウベ・フェイトーザ×-○武蔵
 武蔵有利とも思えないけど、グラウベも怪我でけっこう長いブランク。微妙だなコレ。
 前回みたいに序盤でいいのをもらっちゃうとそのままグラウベが押し切りそう。逆にいつもどおりダラダラした展開に持ち込めば武蔵か。
 番組構成的にリベンジ成功!という絵が1試合ぐらいは欲しいので武蔵。やる気のない予想でスマン。

ピーター・アーツ○-×ゲーリー・グッドリッジ
 今年はやけに好調(妙な判定や格下の相手に助けられてる面はあるにせよ)なアーツ。グッドリッジじゃちょっと荷が重いか。落ち着いて蹴り中心でいなしちゃいそう。

マイティ・モー○-×レミー・ボンヤスキー
 えらい久しぶりの登場になるモー。去年の対戦と同様にパンチで押し切る→GP推薦枠獲得という展開になる気がしてならない。
 練習環境が悪化しているレミーは、しばらく浮上の目はないと思う。

チェ・ホンマン○-×曙
 いや、特に説明不要でしょ。曙、1分持ちこたえてくれるかなあ・・・。

 じゃあついでにワンマッチの予想も簡単に。

ポール・スロウィンスキー○-×富平辰文
 スロウィンスキーが磐石だとは思えないが、富平が付け入る展開も想像できない。

ビヨン・ブレギー○-×中迫強
 一発の威力の違いで押し切られそう。

フレディ・ケマイヨ○-×天田ヒロミ
 天田が勝ってもおかしくないんだろうけど、やはり殴りあいの末に・・・。

新村優貴×-○内田ノボル
 新村はこの前のG-BAZOOKAに出てた選手ね。あまり興味ないけど。

藤本祐介○-×ボビー・オロゴン
 ボビーはこの前の大晦日に出てた選手ね。興味ないけど。

 最終予選のカード発表まだ?人気blogランキングへ
[PR]
by nugueira | 2006-07-27 00:31 | K-1 | Comments(5)
 というわけで2回戦4試合の予想を。

アントニオ・ホドリゴ・ノゲイラ○-×ファブリシオ・ヴェウドゥム
 寝業師同士の対決、蓋を開けると両者寝ないまま殴り合い、という最近のMMAの悪しき風潮が繰り返されそうな気配が。そうなると打撃スキルの差でノゲイラの勝ちでしょうね。こういう状況では周りがどう煽ろうとリアルに勝ちに徹しそうだし。
 とりあえず寝ないなら寝ないで、せめてスッキリKO勝利で決めて欲しいところ。

藤田和之×-○ヴァンダレイ・シウバ
 2回戦で一番予想がしにくいカード。体重とパワーの差で藤田有利という見方もけっこうあるようですが。
 ただ、シウバもハント相手に判定まで持ち込んだぐらいの打たれ強さと根性あるからなあ。グラウンドで凌ぐ技術も持っているから、藤田はテイクダウンは取れてもそこから先は攻めあぐねそうだし。
 逆に、藤田はいくら打たれ強いといってもシウバの回転力のある攻めをどこまで耐え切れるか。トンプソン戦のように受けに回る時間帯を作ってしまうと厳しそう。
 藤田が序盤は上を取るかもしれないけど、そこを辛抱したシウバのKO勝利かなあ。

ジョシュ・バーネット○-×マーク・ハント
 スタンドの防御に難があるジョシュと、まともにグラウンドに持ち込まれたら分の悪いハント。互いに持ち味をどれだけ出すかと同時に、苦手な展開にどれだけ持ち込ませないかがカギになりそう。
 ハントはこれまで体格が劣っているかテイクダウン能力がそれほど高くない相手が多かったから危ない場面を作らせなかったけど、ジョシュは体格・テイクダウン能力ともにクリアしているからなあ。
 アレキサンダー戦と同様、ジョシュが打ち合いで危ない場面を作りつつ、最後はきっちりグラウンドに持ち込んでしとめるのでは。

吉田秀彦×-○ミルコ・クロコップ
 吉田はシウバ戦などを見ても、自分の間合いで戦うのが非常にうまい。それほど簡単にミルコの打撃の距離は作らせなさそう。
 とはいえ、吉田が凌いでテイクダウンを取っても、今度はミルコがそこからのディフェンス能力を発揮しそう。もはや寝かせればどうにでもなる、という相手ではないし。
 となるとシウバ戦と同様、吉田が決定的な場面は作らせないけど打撃でジリジリと押されて惜敗、という展開ですかね。ミルコのモチベーションがどこまで復活しているかにかかる部分も大きいけど。

 決勝ラウンドは無事行われると・・・信じてる。人気blogランキングへ
[PR]
by nugueira | 2006-06-28 00:57 | PRIDE | Comments(2)
 GP2ndラウンドの勝敗予想、まずはワンマッチから。

 いきなり文句から始まり恐縮ですが、今回はGP本体のカードが充実してるんだから、ワンマッチは数を抑え目にした方が締まった興行になっていいと思うんですが。
 試合数を減らすと「やっぱりやりくりが苦しいんだ」と思われるのが癪、ということなんですかねえ。その割に面子が地味だけど。

エジソン・ドラゴ○-×パウエル・ナツラ
 初出場のドラゴはノゲイラのスパーリングパートナーで、通算戦績は9戦9勝7KO。4月のケージレイジでは5秒でのKO勝利も記録している注目株。
 とはいえ、これまで名のある相手とはあまりやってないからなあ。ナツラもこれまで2連敗しているけど総合への適応性は示しているだけに、けっこう予想の難しい試合。
 ドラゴが殴るのが先か、ナツラが寝かすのが先かの勝負だろうけど、ここはドラゴのKO勝利を予想。この試合が一番予想しづらい。

中尾芳広○-×イ・ウンス
 キス魔・中尾が禁断の?PRIDEデビュー。煽りVはどういう作りにするんだろうか。
 すっかりイロモノ扱いにされちゃってるけど、よく考えたら中尾は総合の実績も地道に積んでるしベースもある選手だから、よう分からん韓国人相手に取りこぼすこともないか。次以降ぶつける相手が難しいけど。

高橋義生×-○ビクトー・ベウフォート
 アリスターに連敗でなかなか浮上のきっかけがつかめないベウフォート。いくらなんでも高橋には負けないでしょう。ボクシングベースのスタイルも共通しているから、技術の差でベウフォートが手堅く勝利。

アントニオ・ホジェリオ・ノゲイラ○-×アリスター・オーフレイム
 今回のワンマッチの中で一番必要性が感じられないカード。わざわざこのタイミングで再戦を組む必要あるか?
 バランスのいいホジェリオが負けるとしたら長丁場にもつれ込んだ末の競り負けだろうけど、その前にアリスターの方がガス欠を起こしそう。ヴェウドゥム戦と同じ展開になりそうな予感が・・・。

中村和裕○-×エヴァンゲリスタ・サイボーグ
 もっと早くPRIDEに上がっていても不思議ではなかったサイボーグがようやく登場。まあでも、04年の近藤戦で底が見えちゃった感じはするからなあ。
 1年半でサイボーグの上積みがどこまであるかによるけど、カズが堅実に勝ちそう。いつものようにポジショニングとコツコツした攻撃だけで。

 GPの予想はまた後で。人気blogランキングへ
[PR]
by nugueira | 2006-06-27 00:27 | PRIDE | Comments(3)