反り立つ壁に撃沈。


by nugueira

タグ:勝敗予想 ( 1106 ) タグの人気記事

 気づけば大会当日。それではミドル級GPの勝敗予想を!

宇野薫○-×ブラックマンバ
 マンバのリーチの長さはやや気になるところなんだけど、さすがに宇野は取りこぼしはしないでしょう。正直、このメンツの中なら優勝候補筆頭なわけだし。

安廣一哉×-○ハニ・ヤヒーラ
 よりによって推薦枠がなんでこういう人選に・・・。シャオリン出せ、シャオリン。
 安廣は総合でもそこそこいい動きしそうだけど、さすがに勝つレベルまでは行ってないだろうなあ。ヤヒーラがあっさり下から三角極めそう。

高谷裕之×-○J.Z.カルバン
 高谷の一発が入れば面白いんだけど、ちょっと試合間隔空きすぎなのが不安。カルバンも優勝候補の呼び声高いしね。

所英男×-○イヴァン・メンジヴァー
 所は少し前ならこういうタナボタのチャンスを逃さなかったんだろうけど・・・。今は完全に神通力が切れちゃった感じがする。

 KID・須藤の欠場で、日本人は宇野以外イマイチのメンツ。しかも外人が根こそぎ強い上に地味。ミドル級、試練の時か。

 あと、ライトヘビー級でカード変更が。

メルヴィン・マヌーフ○-×クラウスレイ・グレイシー
 正直、今のニュートンだったら瞬殺もありうると思っていたので、クラウスレイの方がいい試合になりそう。試合展開も地味になりかねないけど。まあでも、試合からだいぶ遠ざかってのスクランブル出動だから勝つのは難しいか。

 それにしても、ライトヘビー級は桜庭の主張が全面的に通って10分・5分の2ラウンド制に。同じ大会なのに階級で試合時間が違うのってすごい不自然だと思うのだが。他の選手もいい迷惑だよね。試合時間が変わったらゲームプランも組み立て直さなきゃいけないだろうし。
 実績を考えたら文句は言えないんだけど、移籍早々露骨なVIP待遇ってあとあと歪みが出てきそうな気がする。

 えーと、あとワンマッチあるんだっけ?面倒くさいな。

セーム・シュルト○-×キム・ミンス
 だから、シュルトを休ませてやれって言ってるだろ!

アレッシャンドリ・フランカ・ノゲイラ○-×朴光哲
 ペケーニョをGPに出せって!何度も言わせるな!

ドン・フライ○-×(略)
 興味ないんだよ!

 桜庭がいないとだいぶ辛い興行。人気blogランキングへ
[PR]
by nugueira | 2006-08-05 01:20 | HERO’S | Comments(0)
 K-1札幌大会が終わったと思ったら今度の土曜はHERO’S。そしてその次の週はK-1ラスベガス大会。すげえな、谷川ホントに過労死するんじゃないのか?

 ではライトヘビー級の予想から。

秋山成勲○-×金泰泳
 金泰泳は空手の道着で出てきそうな気がする。異種格闘技っぽくなるじゃん。
 試合と関係ない予想から入ってしまったが、まあ秋山が問題なく勝つでしょ。ストライカー相手には躊躇なく寝技に持ち込む冷静さも持ってるし。去年のボクサー相手の試合みたいに、えげつなくパウンドでボコスカ殴りそう。

桜庭和志○-×ケスタティス・スミルノヴァス
 KID・須藤の欠場もあり、今大会最注目の一戦。桜庭、いきなりコケないよなあ・・・。
 まあこの階級ならパワー負けの心配もないし、大丈夫か。スミルノヴァスはZSTでもイマイチ印象に残っていない。

大山峻護×-○ホドリゴ・グレイシー
 ホドリゴがガッチリ固めて判定勝ち。他の展開が浮かばないし、たぶん合ってると思う。HERO’Sも、なんでこういう地上波に向かない選手を出しちゃうかなあ。まあ強い選手大歓迎だけど。

カーロス・ニュートン×-○メルヴィン・マンホーフ
 寝技のニュートン、打撃のマンホーフ。両者が持ち味を出し切れば面白い試合になりそうだけど、ニュートンがどこまでコンディションを上げてくるかがカギか。このところパッとしない内容が多いからなあ・・・。
 ニュートンに頑張ってほしいけど、グラウンドに持ち込む前にマンホーフが殴り倒しちゃう気がする。

 ライトヘビー級はどの試合もほぼ鉄板。11月の決勝に向けた肩慣らしか。

 ワンマッチはまだ追加発表ないのか。人気blogランキングへ
[PR]
by nugueira | 2006-08-01 00:56 | HERO’S | Comments(5)

K-1札幌大会の予想

 日曜に近づいたK-1札幌大会。素直にジャパンGPを開催して、アレックス・ロバーツを出してくれた方がどれだけマシだったか。
 始まる前から愚痴りつつ、勝敗予想を。

グラウベ・フェイトーザ×-○武蔵
 武蔵有利とも思えないけど、グラウベも怪我でけっこう長いブランク。微妙だなコレ。
 前回みたいに序盤でいいのをもらっちゃうとそのままグラウベが押し切りそう。逆にいつもどおりダラダラした展開に持ち込めば武蔵か。
 番組構成的にリベンジ成功!という絵が1試合ぐらいは欲しいので武蔵。やる気のない予想でスマン。

ピーター・アーツ○-×ゲーリー・グッドリッジ
 今年はやけに好調(妙な判定や格下の相手に助けられてる面はあるにせよ)なアーツ。グッドリッジじゃちょっと荷が重いか。落ち着いて蹴り中心でいなしちゃいそう。

マイティ・モー○-×レミー・ボンヤスキー
 えらい久しぶりの登場になるモー。去年の対戦と同様にパンチで押し切る→GP推薦枠獲得という展開になる気がしてならない。
 練習環境が悪化しているレミーは、しばらく浮上の目はないと思う。

チェ・ホンマン○-×曙
 いや、特に説明不要でしょ。曙、1分持ちこたえてくれるかなあ・・・。

 じゃあついでにワンマッチの予想も簡単に。

ポール・スロウィンスキー○-×富平辰文
 スロウィンスキーが磐石だとは思えないが、富平が付け入る展開も想像できない。

ビヨン・ブレギー○-×中迫強
 一発の威力の違いで押し切られそう。

フレディ・ケマイヨ○-×天田ヒロミ
 天田が勝ってもおかしくないんだろうけど、やはり殴りあいの末に・・・。

新村優貴×-○内田ノボル
 新村はこの前のG-BAZOOKAに出てた選手ね。あまり興味ないけど。

藤本祐介○-×ボビー・オロゴン
 ボビーはこの前の大晦日に出てた選手ね。興味ないけど。

 最終予選のカード発表まだ?人気blogランキングへ
[PR]
by nugueira | 2006-07-27 00:31 | K-1 | Comments(5)
 というわけで2回戦4試合の予想を。

アントニオ・ホドリゴ・ノゲイラ○-×ファブリシオ・ヴェウドゥム
 寝業師同士の対決、蓋を開けると両者寝ないまま殴り合い、という最近のMMAの悪しき風潮が繰り返されそうな気配が。そうなると打撃スキルの差でノゲイラの勝ちでしょうね。こういう状況では周りがどう煽ろうとリアルに勝ちに徹しそうだし。
 とりあえず寝ないなら寝ないで、せめてスッキリKO勝利で決めて欲しいところ。

藤田和之×-○ヴァンダレイ・シウバ
 2回戦で一番予想がしにくいカード。体重とパワーの差で藤田有利という見方もけっこうあるようですが。
 ただ、シウバもハント相手に判定まで持ち込んだぐらいの打たれ強さと根性あるからなあ。グラウンドで凌ぐ技術も持っているから、藤田はテイクダウンは取れてもそこから先は攻めあぐねそうだし。
 逆に、藤田はいくら打たれ強いといってもシウバの回転力のある攻めをどこまで耐え切れるか。トンプソン戦のように受けに回る時間帯を作ってしまうと厳しそう。
 藤田が序盤は上を取るかもしれないけど、そこを辛抱したシウバのKO勝利かなあ。

ジョシュ・バーネット○-×マーク・ハント
 スタンドの防御に難があるジョシュと、まともにグラウンドに持ち込まれたら分の悪いハント。互いに持ち味をどれだけ出すかと同時に、苦手な展開にどれだけ持ち込ませないかがカギになりそう。
 ハントはこれまで体格が劣っているかテイクダウン能力がそれほど高くない相手が多かったから危ない場面を作らせなかったけど、ジョシュは体格・テイクダウン能力ともにクリアしているからなあ。
 アレキサンダー戦と同様、ジョシュが打ち合いで危ない場面を作りつつ、最後はきっちりグラウンドに持ち込んでしとめるのでは。

吉田秀彦×-○ミルコ・クロコップ
 吉田はシウバ戦などを見ても、自分の間合いで戦うのが非常にうまい。それほど簡単にミルコの打撃の距離は作らせなさそう。
 とはいえ、吉田が凌いでテイクダウンを取っても、今度はミルコがそこからのディフェンス能力を発揮しそう。もはや寝かせればどうにでもなる、という相手ではないし。
 となるとシウバ戦と同様、吉田が決定的な場面は作らせないけど打撃でジリジリと押されて惜敗、という展開ですかね。ミルコのモチベーションがどこまで復活しているかにかかる部分も大きいけど。

 決勝ラウンドは無事行われると・・・信じてる。人気blogランキングへ
[PR]
by nugueira | 2006-06-28 00:57 | PRIDE | Comments(2)
 GP2ndラウンドの勝敗予想、まずはワンマッチから。

 いきなり文句から始まり恐縮ですが、今回はGP本体のカードが充実してるんだから、ワンマッチは数を抑え目にした方が締まった興行になっていいと思うんですが。
 試合数を減らすと「やっぱりやりくりが苦しいんだ」と思われるのが癪、ということなんですかねえ。その割に面子が地味だけど。

エジソン・ドラゴ○-×パウエル・ナツラ
 初出場のドラゴはノゲイラのスパーリングパートナーで、通算戦績は9戦9勝7KO。4月のケージレイジでは5秒でのKO勝利も記録している注目株。
 とはいえ、これまで名のある相手とはあまりやってないからなあ。ナツラもこれまで2連敗しているけど総合への適応性は示しているだけに、けっこう予想の難しい試合。
 ドラゴが殴るのが先か、ナツラが寝かすのが先かの勝負だろうけど、ここはドラゴのKO勝利を予想。この試合が一番予想しづらい。

中尾芳広○-×イ・ウンス
 キス魔・中尾が禁断の?PRIDEデビュー。煽りVはどういう作りにするんだろうか。
 すっかりイロモノ扱いにされちゃってるけど、よく考えたら中尾は総合の実績も地道に積んでるしベースもある選手だから、よう分からん韓国人相手に取りこぼすこともないか。次以降ぶつける相手が難しいけど。

高橋義生×-○ビクトー・ベウフォート
 アリスターに連敗でなかなか浮上のきっかけがつかめないベウフォート。いくらなんでも高橋には負けないでしょう。ボクシングベースのスタイルも共通しているから、技術の差でベウフォートが手堅く勝利。

アントニオ・ホジェリオ・ノゲイラ○-×アリスター・オーフレイム
 今回のワンマッチの中で一番必要性が感じられないカード。わざわざこのタイミングで再戦を組む必要あるか?
 バランスのいいホジェリオが負けるとしたら長丁場にもつれ込んだ末の競り負けだろうけど、その前にアリスターの方がガス欠を起こしそう。ヴェウドゥム戦と同じ展開になりそうな予感が・・・。

中村和裕○-×エヴァンゲリスタ・サイボーグ
 もっと早くPRIDEに上がっていても不思議ではなかったサイボーグがようやく登場。まあでも、04年の近藤戦で底が見えちゃった感じはするからなあ。
 1年半でサイボーグの上積みがどこまであるかによるけど、カズが堅実に勝ちそう。いつものようにポジショニングとコツコツした攻撃だけで。

 GPの予想はまた後で。人気blogランキングへ
[PR]
by nugueira | 2006-06-27 00:27 | PRIDE | Comments(3)
 いよいよ間近に迫ったMAX決勝トーナメント。そろそろ優勝予想を。

 最初に弱音から吐かせてもらいますが、いやー今回の面子、予想が非常に難しい。コヒ、カラコダ、ドラゴは消去法で消せるけど、残り5人は誰が勝ってもおかしくない。こうなると当日の勢いや運を見方につけた選手の勝ちでしょうね。とはいえこれを結論にしてもしょうがないので、自分なりの予想を。

魔娑斗○-×小比類巻貴之
 ちょっと旬を逃してしまったかなあ、という気がしなくもない2人の再戦が1回戦で実現。まあ番組の展開としては煽りやすいわな。MAXの歴史はこの2人から始まっているわけだし、実に9年の歳月をかけたラバーマッチだし。
 でも予想はさほど悩む必要はなさそう。コヒは勝つとしたらヒザでの一発だけど、おそらく魔娑斗を捉えきれないでしょう。判定まで行くだろうけど、魔娑斗の勝利。技術面でもメンタル面でも、2人の差は4年前から広がりこそすれ、縮まっているとは思えない。

アンディ・サワー○-×ヴァージル・カラコダ
 カラコダはK-1ルールに器用に適応している(しようとしている)印象はあるけど、さすがにサワー相手に勝ちきるだけの決め手がなさそう。なんぼなんでもパンチだけじゃねえ。
 復調の気配が見えるサワーは、ここで足技も絡めてカラコダを圧倒できれば期待できそう。逆に昨年のカノレッティ戦みたいにゴツゴツ打ち合ってしまうと、勝っても準決勝以降が厳しい。

アルバート・クラウス○-×ドラゴ
 ドラゴは1回戦を見る限りまだ動きが硬いし、5月のオランダ大会で取りこぼしをやってしまったようにムラがありすぎる。大舞台でポテンシャルを発揮するまでもう少し時間がかかりそう。クラウスは意外に勝つための試合運び上手いしね。

佐藤嘉洋○-×ブアカーオ・ポー・プラムック
 1回戦最大の注目カード。この2人ならキックルール・5ラウンドでやってほしい。無理だろうけど。
 ブアカーオのコンディションがどうか、というのが全て。カラコダ戦のような状態ならあっさり押し切られるだろうし、ザンビディス戦のように絶好調なら間合い勝負を支配して圧勝しそう。でも敢えて予想をすれば佐藤かなあ。手数で押し切るK-1向けのスタイルを完成させつつあるし、ムエタイ慣れしているのも強み。
 この試合で勝った方が勢いに乗って・・・という気もするけど、消耗戦で潰しあいになっちゃう不安も。

 ここから先は準決勝以降の予想。そもそも1回戦の予想がちゃんと当たってくれるかどうか・・・。

魔娑斗○-×サワー
 めちゃめちゃ噛み合う展開になるだろうけど、サワーは魔娑斗の出入りの速さに対応できないと思う。オーソドックスなキックボクシングの試合なら、基本的に魔娑斗の土俵でしょう。
 ただ、MAXのトーナメントって「優勝者は翌年の大会は準優勝」というパターンが第2回以降きれいに毎回続いているんですよね。ということはサワーが決勝に・・・。と無駄に不安感を煽りつつ魔娑斗勝利の予想で。

佐藤○-×クラウス
 おそらく1回戦で相当疲弊している佐藤に対して、クラウスは下手すれば1回戦をほぼノーダメージで切り抜けている可能性も。さらにクラウスは佐藤の苦手な一発のあるタイプ。
 とデータ的には佐藤が不利なんだけど、ここはもう佐藤の勢いを信じる。ザンビディス戦ではパンチで意識が飛びながらも3R戦い抜いたぐらいだしね。

 というわけで、決勝。

魔娑斗×-○佐藤
 技術・メンタルともに超一流同士の日本人対決。完成度+適応度+実績(+主催者の優遇)で魔娑斗有利だとは思うが・・・。決勝に至るまでの展開を完全に予想することなんて誰にも無理。理屈で見当がつかない状況なら、自分が勝ってほしい選手を押すのが予想でしょう。
 というわけで今回、私は佐藤に賭けます。まあほら、ヘビーの方は今年は「地味強」がキーワードだし。

 冗談抜きで、100人いれば100とおりの予想がありそう。人気blogランキングへ
[PR]
by nugueira | 2006-06-25 00:10 | K-1MAX | Comments(5)
 では残り4試合の予想を。

ジェイソン・ブラック○-×オ・ウォンジン
 うわー、どっちも分かんねえ。もう助けて。
 戦歴を見る限りブラック優位かなあ。ミレティッチ門下だけに期待してよさそう。

石田光洋×-○マーカス・アウレリオ
 アウレリオは「桜庭に勝って完全に勢いに乗ったシウバ」になれるか、「桜庭に勝っただけのシェンブリ」になってしまうか。まあでも、もともと実績・実力は申し分ない選手なんだよな。
 石田もネチっこい展開は得意なだけに、噛みあった接戦になりそう。でもアウレリオが逃げ切るかなあ。というか、ここで負けられるともうグチャグチャになっちゃうから勘弁してほしい。

川尻達也○-×チャールズ・クレイジーホース・ベネット
 ハンセン戦の惨事から復帰戦となる川尻。でも相手がベネットって必然性がないなあ。本人も不満な様子だけど。
 川尻ってグラップラー相手なら負ける気がしないけど、ガンガン打ってくるタイプの場合はどうなんだろう。でもケンカスタイルのベネット相手に取りこぼしはないか。来るべきハンセンとの再戦に向けて綺麗に勝ってほしい。

桜井マッハ速人×-○酒寄健一(追突→右ストレート) 
 間違えた。いや、事実関係としては間違っていないかもしれないけど。

桜井マッハ速人○-×オラフ・アルフォンソ
 アルフォンソって「日本人が思い浮かぶステレオタイプなメキシコ人」という感じの顔してるな。
 普通に考えて絶対マッハ勝つよなあ。ただ、ヒューズ戦に負けた後のシールズ戦のような状態になっていないか心配。五味戦の後は相当落ち込んでいたとかいう話だし。

 明日は速報します。人気blogランキングへ 
[PR]
by nugueira | 2006-06-03 14:33 | PRIDE武士道 | Comments(3)
 「最強未開」という開き直ったキャッチフレーズで攻めてきたウェルター級GP、いよいよ開幕。すげえ楽しみ。でも集客能力が不安。まあとりあえず勝敗予想を。

ムリーロ・ブスタマンチ○-×アマール・スロエフ
 昨年のGP準優勝なのに第2試合。ブスタマンチ、どうも扱いが微妙。
 スロエフはどうも決め手に欠ける感じがするので、ブスタマンチが手堅く勝ちそう。でも判定までいっちゃいそうな気配。だから第2試合なのか。

パウロ・フィリオ○-×グレゴリー・ブーシェゲラム
 ドンシクが怪我で欠場、代打出場はフレンチ・トップチームから初参戦のブーシェゲラム。全然知らない。
 でもプロフィールを見ると身長190センチ。この階級にしちゃずいぶん上背あるな。しかもウィアーやシモノフからも白星挙げてるし、なんかドンシクよりも強そう。
 まあでも、フィリオだろうなあ。いつもどおりネチっこいタックルからコツコツ殴ったり極めたりで。

長南亮○-×ジョーイ・ヴィラセニョール
 久しぶりの武士道出陣となる長南。対戦相手のヴィラセニョールはKOTCミドル級王者で現在15連勝中。うわ、また地味強系かよ。
 打撃系の選手っぽいので下手にスタンドでつきあってしまわないかが心配。長南がインタビューで繰り返している一歩引いた発言も、負ければ単なる「ええかっこしい」になっちゃうので、ここはなんとしてもクリアしてほしい。

瀧本誠×-○ゲガール・ムサシ
 そういえば瀧本って、バリバリのストライカー系とやるのは今回が初めてか。寝かせばどうにかなるのかもしれないけど、その前に打撃で押し込まれる気がしてならない。
 郷野がふっかけた因縁マッチ、瀧本のポカで実現せず。という予想にしときます。

郷野聡寛○-×ヘクター・ロンバード
 吉田をはじめ関係者大絶賛のロンバード。確かに身体能力はすごそう。
 でも柔道家のパンチで郷野が倒れるか?最初は押されても、いつもどおりノラクラやってるうちにペースを奪い返しちゃうんじゃないの。まあほら、日本がキューバに負けるわけないんだよ、野球も格闘技も。(←すごくダメなナショナリズム。)

デニス・カーン○-×ムリーロ・ニンジャ
 華はないがむやみにレベルの高いこのトーナメントを象徴するカード。ニンジャがミドル級時代の強さを取り戻してれば面白いけど、やっぱりカーンの勢いの方が上回っていそう。

三崎和雄○-×フィル・バローニ
 本命なき今大会、メインの座を射止めたのはこのカード。DSEも冒険に出たなあ。
 勝っても勝っても一発屋の印象を拭えないバローニ。そういえば俺も毎回予想では×をつけてる気がする。なんか可哀想になってきた。でも今回も×。
 いや、だってジックリ攻められたらすぐにガス欠起こしそうなんだもん、2度目の美濃輪戦みたいに。三崎もその辺はちゃんと考えてるでしょう。戦前の発言どおりクレバーにしとめてくれそう。

 ワンマッチもあるのか。人気blogランキングへ
[PR]
by nugueira | 2006-06-03 02:07 | PRIDE武士道 | Comments(2)
 先週はネタ枯れで困っていたような記憶があるのだが、今週は勝敗予想をちゃんと消化できるか不安。なかなかうまく行かないものだ。
 というわけでワンマッチの方の予想。

ピーター・アーツ○-×堀啓
 アーツはオランダ大会のメインに引っ張り出されたとき「練習は全くやっていなかった」とか言ってたけど、あの時点でソウル大会の出場は決まってたわけでしょ?試合3週間前なのに練習やってないのか?
 今のアーツは「強さ」はないけど「負けない力」は逆に伸びてる感じがするからなあ。堀じゃ荷が重いか。

ルスラン・カラエフ×-○レイ・セフォー
 カラエフのスピード+連打か、セフォーの一発か。今回のカードの中で一番楽しみ。
 カラエフに頑張ってほしいんだけど、セフォーの打たれ強さを切り崩せないような気がする。逆にカラエフの方が、レコ戦みたいに集中力が切れたところでいいのをもらっちゃいそう。去年みたいな秒殺はないだろうけど、判定でセフォーか。

セーム・シュルト○-×チェ・ホンマン
 いい加減シュルト休ませてやれよ。これで札幌も出すとか言い出さないだろうな。
 まあ順当な結果に落ち着くでしょうね。プレデター戦を見る限り、ホンマンにあっと驚く隠しダマがあるとは思えないし。

 昔、ソウルのカジノで思い切りスッたことがある。人気blogランキングへ
[PR]
by nugueira | 2006-06-02 01:41 | K-1 | Comments(2)
 オランダのサップ・ショックも冷めやらぬうちに、今度はアジアGP。過密スケジュールで選手の怪我(及び谷川の過労死)が懸念されるところだ。
 
 で、トーナメントの勝敗予想。しつこいようですが、今年に入ってからの3大会から読み取れる傾向は「地味強」。今回もそれに当てはまる選手を探せばいいわけね。えーっと・・・。
 うわっ!いねえ!「地味」というより「よく分かんない」選手ばっかりだし、強い選手に至ってはほぼ皆無!このうち1人は大阪ドームに行ってしまうというのは問題ではないのか。
 まあそこを無理矢理、予想にトライ。

藤本祐介○-×キム・ドンウック
 サップがブレイク→とりあえずデカい外人を集めよう(03年頃)
 ホンマンがブレイク→とりあえずデカい韓国人を集めよう(今年)
 K-1はいい加減、柳の下にドジョウは何匹もいないということを学習すべきだと思うのだが。
 さすがに藤本勝つよなあ。よほど派手なポカをしない限り。

ガオグライ・ゲーンノラシン○-×中迫強
 一昨年の対戦でもガオグライが勝ってるんだっけ。先日の天田戦を見る限りガオグライのスタイルも限界が見えてきてる感はあるけど、中迫相手なら何とか凌いで判定で逃げ切りそう。

ムラッド・ボウジディ×-○メハディ・ミルダブディ
 そういえば今年のもうひとつの傾向は「主催者側が勝ってほしい選手が根こそぎコケる」。今回谷川サイドが期待しているのは韓国勢、それがダメなら日本人という腹なのでは。そうなると・・・。
 ズバリ、この試合の勝った方が優勝ですね。こうなるとガタイは馬鹿でかいらしいミルダブディに俄然期待。もう何の根拠もなしに書いてますが。

キム・ギンソック×-○キム・ミンス
 元シルムVS元柔道の殴り合い。もういいよ、どっちでも。じゃあ本業を離れてからの時間が長いミンスの勝ちで。ギンソックはスタミナ切れが早そう。

 で、準決勝以降をミルダブディ優勝という前提で予想。

ガオグライ○-×藤本
 藤本が勝ってもおかしくないんだけど、ガオグライが延長の末に振り切るように思えてならない。

ミルダブディ○-×ミンス
 素人同士の殴り合い、最後にものを言うのは体格。

ガオグライ×-○ミルダブディ
 泥試合の連続で疲弊しきったガオグライをミルダブディが押し切る。

 うわー、こんな結末で興業として成立するんだろうか。予想していて怖くなってきた。どうか外れますように。

 ソウルで焼肉食いたい。人気blogランキングへ
[PR]
by nugueira | 2006-06-01 00:54 | K-1 | Comments(2)