反り立つ壁に撃沈。


by nugueira

タグ:勝敗予想 ( 1143 ) タグの人気記事

PRIDE34の予想

 DSE体制での最後の開催となるPRIDE34、残念ながらマッチメイクに関してはKAMIKAZEは吹かず。身売りの対応で興行の準備が後手後手に回ったんだろうけど、全カードの決定が大会前日って、数年前の大晦日じゃないんだから・・・。
 大会まで数時間となりましたが、勝敗予想です。

中尾“KISS”芳広×-○エジソン・ドラゴ
 当初DEEPに出場という噂のあったドラゴが参戦。やっぱりやりくり苦しかったのかなあ・・・。
 中尾が勝つとしたら上から固めてコツコツ殴り続けるしかないけど、その前にドラゴに一発もらって終わっちゃいそう。馬力の差も大きいだろうし。

バタービーン○-×ズール
 イロモノ路線全開のスーパーヘビー級マッチメイク(この構想も今後はどうなるのやら・・・)。バタービーンはオヘアー戦やトンプソン戦の結果からしても、図体でかい者同士の殴り合いなら負けることはないでしょう。こうなると次はいよいよハントと激突か。

瀧本誠×-○ゼルグ・弁慶・ガレシック
 ネット上でPRIDEに出る出ないを巡って話題になっていた弁慶。試合の映像を見たことが一度もないのだが、瀧本に対してポジティブな評価をできる要素が全くないからなあ。ウェルター級にニューカマー出現、という結果になった方が盛り上がるのでは。

ギルバート・アイブル○-×小路晃
 アターエフの出場、けっこう楽しみだったのになあ。挙句の果てに代打が小路。うわあ、どうでもいい・・・。体重差もあるからアイブル勝っちゃうでしょう。と言いつつ寝技でコロッとやられる絵も想像できなくはないんだけど。

ドン・フライ×-○ジェームス・トンプソン
 「元祖ゴング・アンド・ラッシュ」のフライがトンプソンと激突。客の要求どおりに真っ向から殴り合ってくれたら盛り上がるだろうなあ・・・。
 正直どっちも危なっかしい部分があるので予想しにくいのだが、こういうシチュエーションで会場の空気を読まずに結果を出しちゃうのがトンプソンの持ち味なので、こういう予想にしておきます。

青木真也○-×ブライアン・ローアンホー
 GP直前の時期なのに青木が出陣。よく働くねえ。対戦相手はよく知らん奴だな、と思ったら昔リングスに出てたブライアン・ロアニューのことね。
 今の青木は自信もつけてるしモチベーションも高いから、ここでポカやることはないでしょう。注目点は何だろう。スパッツの色かな。

ソクジュ×-○ヒカルド・アローナ
 衝撃デビューを果たしたソクジュ、2戦目でいきなりアローナと対戦。本来セミに持ってくるようなカードじゃないんだけどなあ・・・。
 アローナも打撃への警戒はしてくるだろうし、さすがに2戦続けてのアップセットはないでしょう。これでソクジュが勝ったら本当にミドル級戦線がえらいことになってくるけど。

藤田和之○-×ジェフ・モンソン
 PRIDE対UFC対抗戦の幕開けとなる一戦。「小結同士の対戦」という気はしなくもないですけど。
 正直なところ、モンソンが徹底的にタックルから上を取り続けてしょぼい内容のまま判定勝ち、という展開になりそうな気はするんだよねえ。まあでも、プロレスよりも格闘技のリングの方でプロレス魂を発揮するのが藤田という男。今回もやってくれると信じてます。

 今日は所用により会場観戦回避。ビデオを見るのも一週間後ぐらいになりそう。会場観戦組の方、「サプライズ」の内容など、じゃんじゃんコメント欄に書き込んでください。

 いい煽りV流すんだろうなあ。人気blogランキングへ
[PR]
by nugueira | 2007-04-08 11:59 | PRIDE | Comments(2)

UFC69の予想

 UFCも勝敗予想するんだったっけ。いかんいかん。この前書いたとおり、存じ上げないお名前が多い前座は大胆にカットさせてもらいます。

ジョルジュ・サンピエール○-×マット・セラ
 サンピエールは怪我で試合間隔が空いたのが不安といえば不安だけど、ここでの取りこぼしはないでしょう。これをクリアしたらいよいよヒューズとの再戦か。

ディエゴ・サンチェズ○-×ジョシュ・コスチェック
 サンチェズって名前よく聞く割に印象が残ってないんだよなあ・・・と思ったらUFNへの出場が多いのね。コスチェックも白星は積み重ねてるようだけど、場数の差でサンチェズ。

岡見勇信○-×マイク・スウィック
 ミドル級王座へ向け一戦一戦が背水の陣の岡見。相手のスウィックもなかなか強そうだけど、場慣れしてきた岡見が4連勝をマークするのではないかと。

ブラッド・アイメス×-○ヒース・ヒーリング
 ヒーリング、この期に及んで取りこぼしはしないよなあ・・・。地元テキサスへ凱旋試合、相手のアイメスも大した実績のない選手だぜ?
 それでもイマイチ信用しきれないのが現在のヒーリングなわけだが。

 WOWOWの解説が五味!人気blogランキングへ
[PR]
by nugueira | 2007-04-07 09:31 | UFC | Comments(2)

MAX世界最終選抜の予想

 4月の予想第一弾、K-1MAXです。「世界最終選抜」と銘打ちつつも日本人VS世界の構図が中心になってますが、とりあえずサクサク予想を。

ジャダンバ・ナラントンガラグ○-×ツグト“忍”アマラ
 世界大会のモンゴル代表枠決定戦。キックの実績から言えば断然忍なんだけど、70キロに上げて以降の忍には評価できる要素が全くないので、敢えてナラントンガラグに一票。

ダニエル・ドーソン○-×ジョーダン・タイ
 こちらはオセアニア代表枠決定戦。昨年のS-CUPで存在感を見せたドーソンが予想どおりエントリー。タイも一発はありそうだけど、総合力の高さでドーソンの完勝でしょう。

ヴァージル・カラコダ○-×前田宏行
 昨年9月は前田のカットにより消化不良の決着となった因縁の一戦、早くもリマッチ。前田は前回の試合でもキックへの対応力の高さを見せていたので楽しみなんだけど、やっぱり最後はドーソンが押し切るかなあ。前回の対戦時もストップの前はドーソンが盛り返していたし。

ドラゴ×-○山内裕太郎
 シシリアン・ドンの負傷欠場により、山内が待望のMAX初参戦。スクランブル出場の上に相手がドラゴというのはかなり条件が悪いけど、山内のここ1年の充実度合いと勝負強さを評価。やや穴狙いになりますが、山内勝利と予想します。

イアン・シャファー○-×尾崎圭司
 ともに回転系の打撃を得意とする者同士、噛み合う展開になりそう。なんか昨年の須藤戦の映像がやたら頭の中でフラッシュバックするので、シャファー勝利としておきます。

マイク・ザンビディス○-×武田幸三
 武田は手術から復帰して以降も完全に精彩を欠いてるからなあ・・・。今回も打ち合いに行った末、アゴにポコンと一発もらって終わっちゃいそう。

アルバート・クラウス○-×TATSUJI
 TATSUJIの地力には十分期待できるし、クラウスは打たれ脆くなっているからひょっとしたら・・・とは思うんだけど、やっぱり順当にクラウスかなあ。TATSUJIは昨年のザンビディス戦と同じくらいの善戦に持ち込めば、世界大会に推薦される資格は十分あると思う。

アンディ・サワー○-×佐藤嘉洋
 日本トーナメントで2連覇を果たした佐藤、なぜかいきなり制裁マッチ。不条理だ。
 サワーは技術もあるし連打が効くから、佐藤の着かず離れずのスタイルで3ラウンド持ちこたえるのは厳しいと思う。とりあえず世界大会の前に余計な怪我だけはしてくれるな。

ブアカーオ・ポー・プラムック○-×アンディ・オロゴン
 もう予想するのも腹が立つ。こういうマッチメイクの横行を防ぐためにも、アンディが洒落にならないくらいのひどい負け方をしてくれればいいと思うのだが。さすがに極論だろうか。

魔裟斗○-×オーレ・ローセン
 対戦決定時にも書いたけど、うまいマッチメイクですよね。ローセンは実績はあるけどオーソドックスなタイプだから魔裟斗としてはやりやすいだろうし、ここ最近の戦績からすると取りこぼしは考えにくいし。まあ世界大会へ向けて格好の肩慣らしになるんではないでしょうか。意外と判定まで行っちゃいそうだけど。

 目標7割・・・。人気blogランキングへ
[PR]
by nugueira | 2007-04-03 00:33 | K-1MAX | Comments(2)

勝敗予想(3月の決算)

 新企画として始めた勝敗予想の的中結果の総括。3月の結果をまとめました。
 正直、振り返りたくもないのがいくつかありますが・・・。

 3/4 K-1横浜大会(3/9)
 3/4 UFC68(5/9)
 3/9 全日本キック(1/3)
 3/12 HERO’S(9/10)
 3/18 NJKF(3/3)


 今月は何といってもK-1横浜大会。これにしてやられた。あんな結果想像つくか!
 とはいえ大会としては非常に良かったので、「実力のある選手が起こす番狂わせは盛り上がる」という当たり前のことを再確認させられたのも確か。

 UFC68もメインが格闘技史上に残ると言っても過言ではない番狂わせ。これまた盛り上がったからいいけど。名前を全く知らない前座の試合は当たっても外れても納得いかないので、今後は対象外にさせてもらいます。

 全日本キックも、これまで思い入れのあった優弥を切ったら見事にしっぺ返しを食らった。逆に大月がコケちゃうし。真弘VSあらしはドローでしたが、この場合は的中率の算出対象から除外することとします。

 月初めはあまりの的中率の悪さにどうしようかと思ったが、その後のHERO’SとNJKFでどうにか盛り返した感じ。まあHERO’Sは鉄板の試合が多かったから的中率高くて当然なんですが・・・。

 で、3月の通算戦績は21/34。的中率61.7%。
 前半の惨敗を考えればだいぶ挽回したとは思いますが、目標の70%には遠く及ばず・・・。引き続き精進します。

 今月はまずはMAXの予想から。人気blogランキングへ
[PR]
by nugueira | 2007-03-31 10:28 | 雑記 | Comments(0)

HERO'Sの勝敗予想

 気づいたら開催日になっていたHERO'S名古屋大会。ちゃんとカードが揃うのか不安だったが、蓋を開けてみるとなじみの面子からニューカマーの有象無象までけっこうな試合数が。それでは予想です。

メルヴィン・マヌーフ○-×高橋義生
 初参戦の高橋、ボブチャンチン戦・ベウフォート戦に続くすごい倒れっぷりを見せてくれそう。ところでマヌーフはK-1ライトヘビー級が始まったら王者の有力候補だよね。

マイティ・モー○-×キム・ミンス
 1週間前にK-1で試合したばかりの選手にオファーを出す方も出す方なら、そのオファーを受ける方も受ける方だ。モー、総合できるのかなあ・・・。でもミンスを評価する要素もないしなあ。組み付かれる前にポコッと一発入れてモーのKO勝ち、としとくか。

上山龍紀×-○ビトー“シャオリン”ヒベイロ
 シャオリン、念願の初登場。いきなり今年のミドル級GPを制してもなんら不思議じゃない。
 上山は格好の生贄にされちゃいそうだなあ・・・。一般のファンにアピールできる試合内容になるかどうかはやや不安があるけど。

高谷裕之○-×アンドレ・ジダ
 ジダは去年のSBで宍戸と対戦してた選手だっけ。序盤だけトリッキーな打撃でかく乱してた記憶はあるけど・・・。やや予想に困るカードだが、高谷の一発の強さに賭けてみます。

山本宜久×-○柴田勝頼
 今大会中、予想が最も難しい一戦。だってどっちも強くなさそうなんだもん。
 ずいぶん長い間勝ち星から見放されている山本か、総合の経験がほとんどない柴田か。どちらの勢いが下なのかな・・・。悩む時間すらもったいなくなってきたので、グダグダの展開の末に柴田が判定勝利と予想。その方が今後の展開が多少は出てきそうだし。

ゲーリー・グッドリッジ○-×ヤン “ザ・ジャイアント”ノルキヤ
 今さら組まなくていいよ、このカード。谷川が「たまにはノルキヤにも仕事をあげよう、ムフー!」とか気まぐれを起こしたのかしら。
 場数の差でグッドリッジが問題なく勝つでしょ。

桜庭和志○-×ユーリー“PLAY BOY”キセリオ
 桜庭勝利の予想をつけることに何らためらいはないけど、今の桜庭にはどうも不安感が漂うんだよなあ・・・。あの負け方から2ヶ月少々で試合をするのはよく考えるとけっこう無理のあるスケジュールだし。
 桜庭、頼む。きれいに勝ってくれ。試合直前になった今はこれ以外の言葉が見つからない。

宮田和幸○-×ブラックマンバ
 寝かされるとほぼ何もできないマンバ。テイクダウンが先か打撃を入れるのが先か、分かりやすい試合展開になりそう。昨年以降の成長ぶりを評価して宮田に一票。

宇野薫○-×アリ・イブラヒム
 KID・須藤が亡き今(殺しちゃダメか)、日本人ミドル級の砦となった宇野の初戦はカラム・イブラヒムの弟。微妙なパチモン感を覚えるのは気のせいか。宇野がこれまで同様の堅実かつテクニカルな試合運びで完勝、でしょう。


所英男○-×安廣一哉
 永田の負傷により所の対戦相手が変更。この2人はつくづく縁がないな。安廣なら体重差もそれほどないし、寝かせれば主導権を握れるから所としてはやりやすい相手になってくれた、という感じですかね。大晦日のホイラー戦で見せてくれたキレを再び期待。

 今月は予想外しまくりなので自信喪失。人気blogランキングへ
[PR]
by nugueira | 2007-03-12 00:29 | HERO’S | Comments(4)

今日の速報

 およそ2ヶ月ぶりとなる会場観戦、全日本キック後楽園ホール大会を速報します。
 野良犬の最後の勇姿。堪能させてもらいます。そして泣かせてもらいます。

 では併せて、主要カードの勝敗予想を。

 大月晴明○-×増田博正
 山本真弘×-○藤原あらし
 山本優弥×-○金統光
 湟川満正○-×三上洋一郎

[PR]
by nugueira | 2007-03-09 12:41 | 全日本キック | Comments(0)
 先日のPRIDE33の勝敗予想は、9試合中4試合を外すという大惨敗。メイン・セミと大番狂わせが相次いだので他の方も同じような状況だとは思うが、「格闘技が公営ギャンブルの対象なら俺は今頃ひと財産築いてるぜ」という密かな自負を持っていた自分にとってショックは小さくない。
 「そんなどうでもいい自負を持ってる人間は一生ショック受けとけ」と言われたら反論できませんが。

 今回の敗戦を受け、一念発起。これからは勝敗予想に今まで以上に力を入れます。いや、これまで冗談半分でやっていたわけではないんだけどね。
 とりあえずPRIDE、K-1以外の団体についても積極的に事前予想をやってこうかと思います。(そんな理由で先日はUFCの予想に手を出した。)

 あと、これまでは予想しっぱなしで結果が出た後のフォローをしなかったのが良くない。やはり数字を出して検証しないと、人間なかなか反省もできませんわ。

 ということで、新企画「ヌゲイラの勝敗予想収支決算」をスタート。今回は2月分です。

2/5  K-1MAX日本代表決定トーナメント(5/7)
2/25 PRIDE33(5/9)


 カッコ内は(的中試合数/勝敗予想した試合数)。トーナメントについては、最終的に勝ち上がった選手が当たっていれば的中扱いとさせていただきます。
 MAX日本トーナメントは、優勝・準優勝を的中させたのでなかなかの的中率。コヒの敗戦はさすがに冗談でも予想できませんでしたが。
 PRIDEについては冒頭に書いたとおり。ソクジュにもしてやられたなあ。

 合計すると2月は10/16で的中率62・5%。うーん、とりあえずは的中率7割が目標かなあ。

 と言っているそばから、3月はK-1横浜大会があのような大惨事。さらにUFC68もメインは既に外したことが確定。うわっ、開始早々から先が思いやられる・・・。
[PR]
by nugueira | 2007-03-08 21:46 | 雑記 | Comments(2)

K-1横浜大会の予想

 今年の開幕戦となるK-1横浜大会。階級別タイトル新設が成功するかどうかについては正直懐疑的ですが、とりあえず勝敗予想を。

シリル・アビディ○-×野田貢
 昨年のオセアニアGP以来(で合ってたっけ?)となるアビディ。特に期待はしてないけど、さすがにこの相手に取りこぼしはしないだろ。

グーカン・サキ×-○天田ヒロミ
 ファウスト欠場で、サキが緊急出場。昨年のヨーロッパ予選でリザーバーから準優勝した選手ね。相手がスクランブル発進なのも考慮して、天田に入れとくかなあ。去年の札幌でもいい試合していたし。

アレキサンダー・ピチュクノフ○-×堀啓
 極真のピチュクノフがK-1参戦。あんまりちゃんと見たことないけど、めちゃくちゃ強いんでしょ?目が覚めるような一撃KOを見せて欲しいなあ。

ザビット・ザメドフ○-×中迫強
 ザメドフのことよく知らないんだけど、評判のいい選手のようなので。

ジェロム・レ・バンナ○-×澤屋敷純一
 澤屋敷は去年のRIZEで見たはずだけど、特に印象に残ってない。なんでバンナにこんなの当てるかなあ・・・。このままバンナが格下相手の年金生活モードに入らなければいいけど。

チェ・ホンマン○-×マイティー・モー
 今大会の中ではこの試合が一番予想しにくい。モーが全盛期のキレを戻していれば勝ち目あると思うんだけど、やっぱり懐に入れないかなあ。試合数こなして着実に技術も自信もつけちゃってるホンマンが勝つか。

ルスラン・カラエフ○-×バダ・ハリ
 昨年のGP開幕戦で消化不良の決着に終わった因縁カード。両者とも打たれ脆いところがあるから、先にどちらが一発入れるかの勝負かな。でも前回対戦時もカラエフの方が正確性で上回っていたし、返り討ちにしそうな気がする。

武蔵○-×藤本祐介
 昨年散々な結果に終わった武蔵だけど、同階級の日本人相手なら不用意な一発はもらわんでしょう。藤本はガンガン打ち合う得意のスタイルに持ち込めないまま終わっちゃいそう。

セーム・シュルト○-×レイ・セフォー
 普通にやれば何がどうなってもシュルトでしょう。でも昨年同様、不条理判定がありうるからなあ・・・。セフォーが勝つとすれば懐に飛び込んでガンガン振り回す展開に持ち込むことが前提だけど、そうそう簡単なことじゃない。昨年通しても、このプランを実行できたのはアーツだけだったし。
とはいえ、シュルトが平然とベルトを巻いちゃった場合、その後の展開が盛り上がるのかなあ・・・。

 会場観戦はなし。横浜遠いし。人気blogランキングへ
[PR]
by nugueira | 2007-03-04 00:27 | K-1 | Comments(0)

UFC68の予想

 色々と思惑があり、勝敗予想の充実にトライ。というわけでこれまで手をつけていなかったUFCの勝敗予想を。

ティム・シルビア○-×ランディ・クートゥアー
 まずメインのヘビー級タイトルマッチ。前にも散々書いてきたけど、クートゥアーは今回の復帰は無茶だと思う。シルビアが磐石の王者だとは思わないけど、勝ち狙いのガッチリした試合運びをしたら崩せないだろうし、その前に圧力で負けそうだし。3ラウンドぐらいでKO負けしちゃいそう。

クリス・ライトル×-○マット・ヒューズ
リッチ・フランクリン○-×ジェイソン・マクドナルド
ジェイソン・ランバート×-○ヘナート・“ババル”・ソブラル

 この辺の復帰戦組は総じて鉄板の予想で。ヒューズ対GSP、フランクリン対アンデウソンはまた見たいけど、ババルの扱いは微妙なところだな。

 さて、ここから先が難しい。だって知ってる名前がいないんだもん。もう予想あきらめようかなあ。でもそれも悔しいしなあ。K-1でも知らない選手同士の試合でむりやり予想したことあるから、同じようにやりゃいいのか。

ドリュー・マクフェドリース×-○マーティン・カンプマン

レックス・ホルマン×-○マット・ハミル

ジョン・フィッチ○-×ルイジ・フィオラバンティ

グレイソン・チバウ○-×ジェイソン・デント

ジェイソン・ギリアム○-×ジャミー・バーナー


 予想の根拠を示せと言われても無理なので書かない。さて、的中率や如何に。

 明日は会場から速報!(またもウソ)人気blogランキングへ
[PR]
by nugueira | 2007-03-03 02:31 | その他(総合・寝技系) | Comments(0)

PRIDE33の予想

 開催前日(現地時間で考えればもう当日か)になっちゃいましたが、PRIDE33の勝敗予想を。まあほら、あまり早く予想を出すとオッズに影響でちゃうじゃないですか。

 失礼、調子に乗った。スマン。

ヨアキム・ハンセン○-×ジェイソン・アイルランド
 初出場の選手がやたらいるので、コメントしづらい試合が多い。まあハンセンの取りこぼしはないでしょう。寝ても立っても勝つ時は一撃必殺のハンセンの試合、アメリカのファンにも受けがよさそう。

三崎和雄×-○フランク・トリッグ
 まあラスベガス大会なんで多少のヤマッ気を出して。番狂わせが起こるとすればこの試合では。トリッグも全盛期とっくに過ぎてるとはいえ地力はありそうなので、序盤にポコッと一発入れば面白くなるのではないかと。
 いつもどおり三崎が微妙な判定勝ちに持ち込む可能性も高そうだけど。

トラビス・ビュー○-×ジェームス・リー
 中村の負傷欠場のせいでテーマ性も面白味もないカードになっちゃった。スクランブル発進のリーはちょっと厳しいかなあ。どっかで聞き覚えがある名前だと思ったら、昔パンクラスで謙吾に勝ってるのね。

セルゲイ・ハリトーノフ○-×マイク・ルソー
 最初はハリトーノフVSアイブルの予定が、アイブルの出場がコミッションに認められなかったみたい。昨年の連敗で落ちるところまで落ちた感のあるハリトーノフ、ひさしぶりにスカッとしたKO勝ちを見せてほしい。

アントニオ・ホジェリオ・ノゲイラ○-×ソクジュ
 ノゲイラ問題なく勝つんじゃない?他にコメントが出てこないなあ。どうしよう。
 ああ、そういえば『kamipro』のインタビューで、ソクジュが「ホジェリオはキリンより弱い」と発言してました。以上。

桜井“マッハ”速人○-×マック・ダンジグ
 ヒューズ戦以来となる因縁のラスベガスのリングへマッハが出陣。正直、マッハはいつ取りこぼしをしてもおかしくないかなあという気はするんだけど、名前もよう知らん今回の相手ならさすがにポカはないか。ラスベガスに流れる『不死身のエレキマン』、期待してます。

マウリシオ・ショーグン○-×アリスター・オーフレイム
 もうアリスターにオファー出さなくてもいいのに。ライトヘビー級は新陳代謝が進んでいないのに加えて王者とGP王者が同門なもんだから、なかなか次の展開が見えてこなくなっちゃってるな。

五味隆典○-×ニック・ディアス
 UFCではウェルター級で戦っていたディアスの馬力が気がかりだけど、殴り合いなら五味のペースか。
前回のラスベガス大会で高田・藤田が英語力の低さを見せつけた中、五味は試合後のマイクでどのような英語を披露するのか。試合以上にここにも注目しておきたい。

ヴァンダレイ・シウバ○-×ダン・ヘンダーソン
 ダンヘンってときどき思い出したように強くなるし(前回のラスベガスもそうだったけど)、シウバの練習不足も囁かれてはいるけど、やっぱりミドル級の体重だとダンヘンがパワー負けしそう。シウバが普通にKOで勝つと思う。

 以上、割合鉄板の予想に終始しました。4月のPRIDE34の案内ハガキが届いたけど、カード発表はぼちぼちしてくれるんですかね。

 明日は会場から速報!ウソ。人気blogランキングへ
[PR]
by nugueira | 2007-02-24 21:59 | PRIDE | Comments(2)