反り立つ壁に撃沈。


by nugueira

タグ:パンクラス ( 95 ) タグの人気記事

PANCRASE 288の予想

 2日のパンクラスの予想を。

村田夏南子○-×クレア・フライヤー
 年末に中井に敗れた後は怪我で欠場、さらにリベンジを狙うべき中井はフェードアウト…と流れに乗り切れない村田。下半期に巻き返しなるか。

近藤有己○-×ミノワマン
 今のパンクラスでこのカードを組む意味はあるのか…と思う一方で、パンクラスで組むからこそ生まれてくる意味もあるのかな、とも思えてくるマッチアップ。曲がりなりにも定期的に試合をこなしている近藤の方がコンディションはいいのかなあ。

徳留一樹○-×キーラン・ジョブリン
 UFC日本大会を目指す徳留が志願の緊急出場。勝ってもオファーが来るとは限らないリスクの大きい試合だが、再起戦で秒殺KOを見せた徳留の底力に期待。

三浦広光○-×阿部大治
 メインはウェルター級KOPタイトルマッチ。阿部の試合を見ていないのだが、元J-NET王者ということは三浦とは噛み合う試合になりそう。ただそうなると、三浦に分があるんだろうな。

[PR]
by nugueira | 2017-06-29 23:13 | その他(総合・寝技系) | Comments(0)

PANCRASE 287の感想

日沖発×-○田中半蔵(1R KO)
 前蹴りでプレッシャーをかける日沖が田中をケージ際に詰めるが、ここで田中の左ストレートがカウンターでヒット!スローモーションのようにゆっくりと日沖が崩れ落ちる、わずか14秒の衝撃KO。
 うっかりツイッターで結果を知ってしまってから映像を見たのだが、それでもこの現実がにわかには信じられなかった。単なる交通事故か、それとも環境の変化が日沖の歯車を狂わせていたのか…。とにもかくにも、これでフェザー級戦線の勢力図がガラリと変わってしまったのは確か。

朱里○-×キンバリー・ノヴァス(判定)
 組み付いてケージへ押し込むノヴァスに対し、朱里は組んでのヒザ。さらに距離が空くとストレートとヒジを繰り出す。ノヴァスはしつこくケージへ押し込み、細かいヒザ。競った展開だが、1Rは三者ともノヴァス。
 2Rは朱里がストレートを入れてノヴァスを下がらせると、1Rとは逆に自分がケージに押し込みながらボディへヒザ。ポイントを奪いかえす。
 3R、ノヴァスは打撃戦に臆することなく、前蹴りから左右のパンチ連打。朱里は引き続きケージへ押し込んでヒザを入れていく。手数が減った印象はあるがこのラウンドもジャッジは三者朱里。
 ノヴァスは続く4Rも思い切りのいいパンチを出すが、朱里は首相撲からのヒザ地獄。さらに頭を下げたノヴァスをスタンディングギロチンの体勢に捕えながら頭部へのヒザ連打。一方的に攻め続け、ジャッジ一者は10-8をつける。最終Rもギロチンの体勢からのヒザで圧倒し続けた朱里が、大差の判定でストロー級王座を獲得。
 MMAキャリアで上回る相手をこの内容で圧倒できたのは、ベルト獲得以上に価値のある勝利。朱里は攻撃の引き出しが多いわけではないのだが、このスタイルでの攻めを5R貫徹できた辺りにMMA選手としての成長を感じさせられた。

石渡伸太郎○-×ハファエル・シウバ(判定)
 1R、シウバは強烈なロー。石渡の跳びヒザをかわすとシングルレッグの体勢へ。しばらく堪える石渡だが、シウバは尻餅をつかせるとそのままバックをキープし続け1Rを終了。
 2Rも開始早々にシウバがタイミングよくタックルからテイクダウン。そのままラウンド終了までトップをキープし、細かくパウンドを落とし続ける。
 シウバのしつこい寝技にポイントでは早くも後がなくなった石渡だが、3Rに入ると鋭い踏み込みからのパンチを見せ、シウバのタックルをがぶると遂にトップポジションを取る。ここから石渡は強烈なパウンドを落とし続け、流れをひっくり返す。4Rもシウバのタックルをがぶった石渡がトップを奪うと、強烈なパウンドをヒット。ポイントをイーブンに戻す。
 勝負の懸かった5R、ケージに詰めながら力を振り絞ってテイクダウンを狙うシウバに、堪え続ける石渡。石渡がバックを取りかけたところでシウバが再びタックルへ行く息詰まる展開が続くが、最後は石渡がハーフネルソンからスプロールしバックを奪う。ラスト1分はバックから石渡がパウンドを入れ続け終了。序盤の劣勢を跳ね返し5度目の防衛に成功。
 シウバが後半失速するのはこれまでの試合からも見えていたので、石渡は最初の2Rを取られる点も含めてプラン通りに戦っていた感じ。とはいえ最終ラウンドの攻防は「ここで諦めた方が負け」という究極の我慢比べの展開で実に見応えがあった。
 改めてこの階級で「国内組」最強であることを印象づけた石渡。次の戦いの場について明言はなかったが、ここは堀口へのリベンジを狙ってRIZINに殴りこんでほしいなあ。

[PR]
by nugueira | 2017-05-30 23:47 | その他(総合・寝技系) | Comments(0)

PANCRASE 287の予想

 28日のパンクラスの予想を。今回は夕方からの開始。

日沖発○-×田中半蔵
 日沖が1年ぶりの登場。試合間隔が空いたこと以上に、自分のジムを持って経営者の立場になったことがどう影響するのかが不安。とはいえフェザー級の中心にいてもらわないと困る存在なのは間違いない。ここは難なくクリアして、タイトルマッチへ駒を進めてほしい。

朱里×-○キンバリー・ノヴァス
 女子ストロー級王座決定戦。朱里が王者になるべく作られた感もある女子ストロー級だが、相手のノヴァスはMMAの実績では朱里を上回っている。肩を負傷という話も聞こえてきているし、厳しい戦いになるか?

石渡伸太郎○-×ハファエル・シウバ
 メインは石渡の5度目の防衛戦。シウバのねちっこい寝技は注意が必要だが、長丁場に持ち込んで最後は殴り倒してほしい。
 パンクラスで結果を出し続けている石渡にUFCのチャンスが巡ってこないのはかわいそうだが、UFCが2年ぶりに上陸する今回は最後のチャンスか?RIZINで堀口へのリベンジを狙うという路線でもいいけど。

[PR]
by nugueira | 2017-05-25 23:07 | その他(総合・寝技系) | Comments(0)

PANCRASE 286の予想

 23日のパンクラスの予想を。

ISAO○-×マルコ・ブルシッチ
 唐突な感もあるチーム・シカティックとの対抗戦。ベラトールで結果は出せなかったものの実力に疑いはないISAO、ここで快勝してタイトル挑戦に近づきたいところ。

アキラ×-○徳留一樹
 ライト級上位陣の潰し合い。徳留は久米戦のダメージ以上に、UFC再挑戦が振出に戻ったことでモチベーションが維持できているかが心配。徳留に印をつけておくが、アキラはこれに勝てばタイトルマッチへ待ったなしか。

久米鷹介○-×マティヤ・ブラジセビッチ
 メインはライト級王者の久米がチーム・シカティックを迎え撃つ。ここで久米が負けるとタイトルマッチ戦線がぐちゃぐちゃになるので、きっちり結果を出してほしい。

[PR]
by nugueira | 2017-04-20 23:26 | その他(総合・寝技系) | Comments(0)

朱里vsグルサンダー

 パンクラス284、メインの感想を。

朱里○-×ミナ・グルサンダー(判定)
 パンチの打ち合いからスタートするが、朱里の右がたびたびヒット。右クロスをもらったグルサンダーが下がる。この後も朱里はジャブと右を着実にヒットし、早々に主導権を握る。
 2Rも朱里が着実にパンチを入れ、グルサンダーのタックルを堪えながらヒザ蹴り。2R終盤にテイクダウンされるものの、すぐさま立ち上がる。3R終盤には朱里が組み合いからテイクダウンを奪い、パウンドを入れたところで試合終了。打撃の精度で上回った朱里が危なげなく判定勝利。

 世界標準を掲げながら選手の北米進出がなかなか見られないパンクラスだが(UFCが新しい選手を取らなくなったのも大きいんだろうけど)、朱里が目標に掲げるUFC進出は何としても実現してほしいところ。その前に国内でもう少し結果を出しつづけなければいけないのも確かだけど。

[PR]
by nugueira | 2017-02-07 23:17 | その他(総合・寝技系) | Comments(0)

PANCRASE 284

 5日のパンクラス、メインの予想を。今回はタイトルマッチもなく薄めのカード。
 
朱里○-×ミナ・グルサンダー
 パンクラスで女子の試合がメインになるのは今回が初めてか?初来日のグルサンダーはこれがプロ4戦目。朱里もMMA4戦目なのでキャリア的には互角。ホームで迎え撃つ朱里の方が有利と見ておいて間違いないか。Krushの方で女子王者のKANAが敗れたのが嫌な流れ…というのは話の持っていき方が強引すぎるかな。

[PR]
by nugueira | 2017-02-02 23:05 | その他(総合・寝技系) | Comments(0)

ブルックスvs鎮魂歌

 先日のパンクラスに出ていたブルックスの試合の感想を。

潤鎮魂歌×-○ジャレッド・ブルックス(2R KO)
 開始から右を打ちこんでいくブルックス。潤がテイクダウンするがブルックスはダースチョーク、さらに上を取り返してギロチン。スタンドに戻るとブルックスのワンツーで潤が吹き飛ばされるようにダウン!この後もブルックスはパンチ、ロー、ダブルレッグからのテイクダウンと潤を圧倒していく。
 2Rも打撃とテイクダウンで押していくブルックス。潤の寝技には付き合わず、スタンドで右をクリーンヒット!棒立ちになった潤に追撃のパンチを入れたところでレフェリーストップ!

 この階級で強いアメリカ人が出てくるとはなあ。砂辺と神部の一騎打ち実現を待つのみかと思われていたストロー級に突如黒船襲来。急に面白い展開になってきた。

[PR]
by nugueira | 2016-10-13 23:53 | その他(総合・寝技系) | Comments(0)

PANCRASE 281の予想

 10月2日のパンクラスの予想を。今回からMXでの生放送が開始。

北岡悟○-×レオナルド・マフラ
 タイトルマッチに敗れて以来のパンクラス参戦となる北岡が元UFCファイターと対戦。寝技地獄に引きずり込みたいが、何か嫌な予感のする相手。

ロッキー川村○-×新村優貴
 久しぶりの復活となるミドル級KOP決定戦。ここは川村に意地を見せてほしいなあ。

村山暁洋○-×三浦広光
 メインはウェルター級タイトルマッチ。三浦がパンクラスに参戦して以降の試合をちゃんと見ていないのだが、2連続KOでタイトルを奪取した村山の方が充実度は高いか。ここに岡見が絡んでくると面白いんだけどね。

[PR]
by nugueira | 2016-09-28 23:41 | その他(総合・寝技系) | Comments(0)

PANCRASE 279

 ファイトパスで観戦した感想を。これはまた改めて書くかもしれないが、ファイトパスにAmebaTV、あと格闘技じゃないけど新日本プロレスワールドと、最近正直「観戦疲れ」を感じなくもない。贅沢言ってると罰が当たるけど。

鈴木槙吾×-○岡見勇信(1R チョークスリーパー)
 岡見がインロー。左ストレートが浅く鈴木の顔面を捉えると、今度は右がクリーンヒット!ぐらついた鈴木をすかさずテイクダウンし、バックを奪うとチョークで一本。
 いやもう、「強い」の一言。北米では結果が出せなくなった岡見だが、DEEPの桜井戦といい、国内組が相手だと格の違いをこれでもかと見せつけてくれる。こうなったら継続参戦してパンクラスのタイトル戦線に絡んでほしいのだが、一体どうなるか。

石渡伸太郎○-×ジョナサン・ブルッキンズ(判定)
 ブルッキンズの計量オーバーにより、石渡が勝った場合のみ公式記録という変則的な防衛戦に。
 1R、石渡のパンチが浅くヒット。ブルッキンズがタックルに行くがこれは石渡が切り、パンチの打ち合いに。石渡はリーチ差がありやりにくいか。
 2R、石渡の左右のフックがヒットしブルッキンズがぐらつく。ブルッキンズがタックルにいくが、石渡は堪えて逆にスタンディングチョークの体勢へ。終盤にしつこく組み付いてくるブルッキンズに尻餅をつかされるが、ここもギロチンで切り返す。
 3R、ブルッキンズのタックルをまたも石渡が堪えると、ボディの入れ合いからダブルレッグで逆にテイクダウン。終了間際にも石渡はタックルから豪快なリフトでテイクダウンを奪い、組み合いの展開でも優位に進める。
 4R、ブルッキンズは前に出られないが石渡も攻め込めない。3分過ぎにようやくブルッキンズが組み付きバックを奪うが、その先の攻めができず、体勢を入れ替えた石渡がパウンド。このラウンドはブルッキンズ。
 5R、後がないブルッキンズが攻勢をかけ、打撃で先手を取っていく。石渡はクリーンヒットは許さず打ち返すが、受けに回ってしまっているか。
 後半のラウンドは石渡がポイントを失ったものの、3Rまでの貯金が効いて判定3-0で防衛に成功。前回グラップリングで後れを取った相手に繰り返しテイクダウンを奪ったのは成長の証だが、北米挑戦をアピールするには物足りない内容。ブルッキンズの長いリーチに苦しんだというよりは、相手の計量オーバーでモチベーションの持って生き方が難しい試合になってしまったか。
[PR]
by nugueira | 2016-07-25 23:09 | その他(総合・寝技系) | Comments(2)

PANCRASE 279の予想

 24日のパンクラスの予想を。

中井りん○-×ライカ
 UFCから出戻りの中井が参戦。UFCは2戦2敗という戦績以上に、マネージメントのゴタゴタばかりが目立ってしまい選手としての先行きが相当不安。さすがに国内でこのレベルの選手相手から勝てると信じたいが。

鈴木槙吾×-○岡見勇信
 DEEPで桜井相手に快勝劇を見せた岡見が今度はパンクラス参戦。相手は前王者の鈴木。桜井戦の結果を見るに、まだまだ国内組相手に遅れをとる心配はなさそう。いっそのこと、このまま継続参戦してベルトを狙うようになると面白いんだけど。

安永有希○-×神酒龍一
 清水の王座剥奪を受けて行われるフライ級王座決定戦。5R戦の場数という要素を含めて神酒が優位なんだろうけど、ここはディアスの猛威を止めた安永に期待。

石渡伸太郎○-×ジョナサン・ブルッキンズ
 メインは石渡の4度目の防衛戦。ブルッキンズは一度敗れている相手だが、ブルッキンズはその時以来の試合。ヘンリー相手に名勝負をやってのけた石渡がここでつまずくとは思えない。快勝してそろそろ北米進出へ道筋をつけてほしい。
[PR]
by nugueira | 2016-07-21 23:32 | その他(総合・寝技系) | Comments(0)