反り立つ壁に撃沈。


by nugueira
 エメリヤーエンコ・ヒョードルVSミルコ・クロコップの大一番がいよいよ間近に。ミルコは5日前には来日するとか言ってたからそろそろ来るころか?

 書かないわけにはいかないと思っていながら全く手をつけていなかった勝敗予想をそろそろ。とはいえ、至高の組み合わせは外野のちゃちな予想を拒否する。いくら考えても、これだ!という結論はなかなか出てこない。これほど予想に悩むのは1回目のノゲイラVSヒョードル以来かも。

 とりあえず展開から考えていくと、ミルコは蹴りは出さないんじゃないのかという気がする。ハイキックKOを期待している方にはいきなり水を差してしまうが。
 際の動きの反応がずば抜けているヒョードル相手に片足の態勢になるのはあまりに危険。ヒョードルはPRIDEデビューのシュルト戦のときも、相手がキックを空振りした後、蹴り足がマットに着く前に胴タックルを決めてるような感じだったし。ミルコもその辺はよく研究しているはずで、ハイキックはおろか、ミドルもうかつに出せないのでは。

 だとすると、どういう展開になるか。組み付こうとするヒョードルと距離を置いてタックルを切りながら、ひたすら細かくパンチを当てていく。ミルコが狙うのはコールマン戦の再現ではないだろうか。スタンドの打ち合いではさすがに分が悪いヒョードル、決定機を作れないまま被弾し続けジリ貧に・・・。

 ずばり、今回の試合は「世界最強のリアル鬼ごっこ」。ヒョードルが組み付いてグラウンドに持ち込むのが先か、ミルコが組ませずに殴り倒すのが先か。
 だけど2分や3分ならともかく、長時間1度もつかまらずに逃げ続けることが果たして可能だろうか。ミルコが勝つなら短期決戦。1回でもつかまえてしまえばいい「鬼」側のヒョードルにとっては、長引けば長引くほど有利になるはず。

 ほとんどの人と同じく、私も心情としてはミルコに勝って欲しい。この2年間のミルコの道のりはまさに格闘大河ドラマ。これで今回ベルトを巻けば、これ以上無理なほどのハッピーエンドだ。ここにきてヒョードルの拳の回復がおもわしくないという好材料も。だけど。ここは、残酷な現実がいやになるぐらい幅をきかせるPRIDEのリング。やっぱりこれまで繰り返されてきた歴史と同じように・・・。

 高田統轄本部長が言っていた「5・1対4・9でヒョードル有利」という予想に、私も乗ろうと思う。

 ファイナルアンサーまであと5日。人気blogランキングへ
[PR]
# by nugueira | 2005-08-24 01:05 | PRIDE | Comments(2)
 隙あらば会場観戦を狙っていたが、仕事の状況がそれを許さずネットで結果だけチェック。

 石井宏樹負けちゃったねえ。結果を見るにかなり微妙な接戦だったようで、非常に残念。まあでも日本人王者誕生の瞬間に立ち会えなかったらよけいムカついただろうからなあ。負けてくれてよかったのかも(←人間としての器の小ささを露呈。)。
 だけど国内屈指の技巧派たる石井がダメだったとなると、もうタイトル取れそうな人間が思い浮かばないよね。全日本ライト級はハードパンチャー系が多いけど、ムエタイ相手に戦ったら上手くいなされちゃいそうだし。

 メインでは武田がパーにKO負け。武田はMAX初参戦のあたりからもう痛々しくて見ていられない。引き際の難しさという多くのアスリートにつきまとう問題について考えさせられる。冷たい言い方になっちゃうが。

 この手のイベントの成功のためには日本人選手の奮闘が不可欠なわけだが、第2弾にして頼みのエース級2人が討ち死に。どうする伊原会長。魔娑斗の親衛隊ばっかりやってる場合じゃないよ。

 打ち切りの前に会場観戦しておきたい。人気blogランキングへ
[PR]
# by nugueira | 2005-08-23 02:06 | その他(立ち技系) | Comments(0)
第7試合 佐藤ルミナ×-○ギルバート・メレンデス(1R TKO)
 1ヶ月ほど前にサステイン代表の坂本氏が雑誌のインタビューで「文体ではマッハがメイン、ハンセンがセミ」と言っているのを見たときは「ルミナにその仕打ちをするのか?」と暗鬱な気持ちになったが、蓋を開けてみればメインに据えられたのはルミナの試合。そして実際、この日の選手紹介や入場時に誰よりも大きな声援を集めたのはルミナだった。

 「修斗のカリスマ」と呼ばれながらタイトルマッチに関しては3度のチャンスをものにできず、ライト級転向初戦ではペケーニョに惨敗。ファンはいつしか、ルミナを「悲運のカリスマ」として捉えるようになっていた。そしてそこには、「ルミナは既に終わった選手」という暗黙の認識が込められていたように思う。

 だが、そんな空気をルミナはリング上で、自らの試合内容で振り払っていく。環太平洋王者決定トーナメントでは打撃によるKOという新たなスタイルを披露し、今年3月には選手生活10年目で初となるベルトを獲得。私もこの試合を会場観戦していたが、ルミナが勝利した瞬間の場内には、近年の修斗ではなかなか見られなかったであろう心地よい熱狂が渦巻いていた。

 修斗の歴史は、そのまま選手離脱の歴史と言ってもいい。今年に入ってからは現役王者の他団体参戦も相次ぎ、「流されない、交わらない」というかつての修斗が持っていた矜持は完全に崩れ去っている(それが長期的にプラスかどうかは、今すぐは判断できないが。)。こういった状況の中、ルミナは自分が信じ、愛し続ける修斗のリングでタイトルを目指し戦い続けている。そんなルミナの態度は依怙地で時代遅れにも見える一方で、「価値観を変えないということはどんなに格好いいことなのか」というメッセージを提示しているようにも思える。あれだけの敗戦を繰り返してもなお、いや、あれだけの敗戦を経てここまで来たからこそ、今のルミナは「カリスマ」という表現すら陳腐に思えるほどの存在感を発している。
d0010886_1595776.jpg

 この日の対戦相手はライト級世界ランク1位につけているメレンデス。勝った方がペケーニョの持つ王座挑戦に王手をかける大一番となった。
 試合開始後、距離の取り合いから組み付いてロープに詰めたのはメレンデス。一度は離れたルミナがパンチをヒットさせるが、再び組み付いたメレンデスがヒザ蹴りを連打。レフェリーが試合を中断する。

 「こんな終わり方はしないでくれ」という観客の願いも通じず、無常のドクターストップ。ルミナを、そしてルミナの復活を信じるファンを待っていたのは、またも残酷な現実だった。
 これでライト級タイトルの時期挑戦者はメレンデスにほぼ決定した。ルミナが挑戦権を得るには、環太平洋タイトルの防衛戦や上位ランカーとの試合に勝って次のチャンスを伺うしかない。選手としての残された時間を考えると絶望的な状況にも思える。だが一方で、ここまでのルミナの歩んできた歴史を思えば、この状況すらも乗り越えてしまうように思えてならない。

 「カリスマ」は死なない。いや、仮に「カリスマ」と呼ばれるものが死ぬことがあっても、「佐藤ルミナ」という存在はどこまでもしぶとく生き残り続ける。この修斗という世界で。

 何故に格闘技はかくも切ないのか。人気blogランキングへ
[PR]
# by nugueira | 2005-08-22 23:56 | その他(総合・寝技系) | Comments(0)
8月20日(土) 横浜文化体育館

 文体に行くのは去年のS-CUP以来。やっぱり遠い。10月には近藤VS菊田も見に行かなきゃいけないのに。

 会場に入ったら入り口に雑誌で見覚えのあるアフロがいる、と思ったらマモルだった。「マモスポ」なる9月の後楽園ホール大会の宣伝ビラを自主配布。おつかれさまです。

 この日の客席は1階席の後ろの方と2階・3階席の一部に空席は目立ったものの、最終的には7割強の入りといったところ。近年の修斗では上々の入りだと思う。

 が、定刻の16時を10分、20分過ぎても始まる気配一切無し。ようやく流れた場内アナウンスによると「会場に到着したがまだ入場できていない客がいるので開始を遅らせる」とのこと。何それ?ギリギリに来る方が悪いという理屈にはならんのか。あるいは入場整理に不手際があってさばけなかったんだろうか。7割程度の客入りなのに?いずれにしてもイベント主催者としてどうなのか。結局30分押しで興行開始。

第2試合 ライトヘビー級新人王決定トーナメント決勝
 余膳正志○-×佐藤隆平(判定)

 佐藤選手はRYUHEI-ism!というブログを開設しており、人気ブログランキングでは当ブログと同じく10位台を推移。という縁?もあって佐藤選手を応援。
 1Rは佐藤がサバ折りからテイクダウンを取るが、これを凌いだ余膳が逆に上を取り返してパウンド攻勢。2Rも最初に佐藤がマウントを取るものの、スイープした余膳がパウンド、さらには腕十字を仕掛ける。この後は佐藤も上を取り返したり下から仕掛ける場面も何度かあったが、全体として余膳優位の印象のまま試合終了。結果は印象どおり余膳の判定勝利。
 佐藤選手、残念。これにめげず今後も選手活動、そしてブログの更新がんばってください。


第4試合 リオン武×-○アントニオ・カルバーリョ(判定)

 デビュー以来破竹の6連勝を飾っている昨年の新人王・リオン。対するカルバーリョも総合7戦負けなしの全勝対決。
 1R、いきなりカルバーリョの左ハイがヒット。ダウンするような強烈な蹴りではないけど、モーションが少ないので避けにくそう。一方のリオンはパンチをヒットさせて逆襲。距離を置いての打ち合いはリオン、組めばヒザ蹴りでカルバーリョが優位、という展開。
 2R、リオンはハイは見切ってクリーンヒットをもらわなくなるが、1Rに比べて明らかに手数が減ってくる。3Rに入ってからこの試合初めてのグラウンドの展開となり、上を取ったカルバーリョが鉄槌。ひっくり返したリオンがラウンド後半にパウンドで盛り返すが、逆転はならず2-0の判定負け。2Rに攻めに出られなかったのが響いたか。


第5試合 ヨアキム・ハンセン○-×冨樫健一郎(判定)
 
 試合前に読み上げられた冨樫の激励賞の贈り元に「男塾塾長・江田島平八」「キューバのカストロ議長」といった名前が。あー、やっていいんだこういうこと。
 ハンセンがどれくらいの所要時間で冨樫を処刑するかに注目が集まっていたが、1Rにいきなり冨樫のパンチがヒットしてハンセンが微妙にグラつく。ハンセンは上は取るが、冨樫ががっちりガードしてパウンドの被害を最小限に抑える。
 2Rになってもスタンドの劣勢が目立つハンセン。パンチは出しているのだがいずれも大振りで当たる気配がなく、逆に冨樫のシャープな打撃が光る。結局このラウンドもハンセンは決定的な場面は作れず、場内に「ひょっとして?」という空気が。
 3R、ハンセンの大振りフックが遂にクリーンヒット。さらにテイクダウンからお得意のパウンドが爆発し、ようやくハンセンのペースに。それでも冨樫は終盤にスタンドでパンチを打ち込む場面を見せ、勝負は判定へ。
 結果としては判定3-0でハンセンの勝利だったが、終始目立ったのは冨樫の大健闘(むしろ30-27という大差をつけたジャッジがいたのが意外。)。少なくともこの日のハンセンはスタンドに難がありすぎ。これじゃ五味と戦ったらKOされちゃうぜ?


第6試合 桜井マッハ速人○-×青木真也(判定)
 
 青コーナーからマッハが入場。そりゃそうだ、今のマッハは世界ランカーでも環太平洋ランカーでもないんだから。この辺の修斗の一本筋が通ったランキング至上主義は見ていて心地よい。
 1R、開始直後に青木がノーガードのポーズでマッハを挑発。組み付いてからフロントチョークの体勢に入るが、ここはマッハが凌ぐ。パウンドとスタンドの打撃で攻めるマッハに、引き込んでいく青木という展開。
 2R、マッハのミドルをまともにもらいながらも青木が組み付いてテイクダウン。ブレイク後に今度は青木が下になるが、猪木-アリ状態のままマッハを追いかけて下から蹴り上げる。展開は五分とはいえ、青木の動きの良さが目立つ。それでもこのラウンドはマッハがパンチをクリーンヒットさせ優位な展開に。
 3R、マッハをロープへ押し込んだ青木がようやくテイクダウンからマウントへ。だがスタミナ切れか、ここから先が続かない。ブレイク後に今度はマッハが上を取り、青木ががっちりガードを固めて試合終了。
 スタンドでペースを握っていたマッハが3-0で勝利も、試合後のマイクでは一言「すいません!」
 青木は入場時や試合開始直後のふてぶてしい表情に「マッハを食ってやる」という気合がみなぎっていた。一方のマッハも、よく絞り込まれた体から見ても、武士道GPへつなげるためのこの試合へのモチベーションは十分だったはず。それでも、ふたりの試合は微妙なところで噛み合わない「レベルの高い凡戦」に収まってしまった。格闘技ではしばしば起こりうる不可避の事態ではあるが、マッハの修斗復帰戦はほろ苦い白星となってしまった。

 ルミナの試合は明日。人気blogランキングへ
[PR]
# by nugueira | 2005-08-21 22:49 | その他(総合・寝技系) | Comments(0)

修斗・横浜文体大会速報

・入口でマモルが普通にチラシを配ってた。
・開始30分押し。ふざけてる。

d0010886_23594823.jpg

余膳正志○-×佐藤隆平(判定)
 blogランキング常連の佐藤隆平、無念の判定負け。

リオン武×-〇アントニオ・カルバーリョ(判定)
 リオン、終盤に逆襲に転じるも逆転ならず。連勝ストップ。

ヨアキム・ハンセン〇―×冨樫健一郎(判定)
 冨樫がスタンドでハンセンをぐらつかせる大健闘。勝つには勝ったが、ハンセンGPに向け不安が。

桜井マッハ速人〇―×青木真也(判定)
 両者決め手を欠くイマイチの内容。スタンドで押し気味だったマッハが勝利。

佐藤ルミナ×―〇ギルバート・メレンデス(1R TKO)
ひざ蹴り?による出血でドクターストップ。ルミナ、王座への道はまた遠のく。
d0010886_005386.jpg

ルミナはまた這い上がる。そう信じている。人気blogランキングへ
[PR]
# by nugueira | 2005-08-20 23:53 | その他(総合・寝技系) | Comments(0)

武士道ウェルター級GP

 ウェルター級GPのメンバーが発表

 驚いた。概ね予想どおりだけど、日本人・外国人とも隠し玉を用意してあったとは。

 まずは須田匡昇。修斗現役王者がまたもPRIDE参戦ですよ。そういえば以前ゴン格のインタビューで「武士道からアルメイダ戦のオファーがあったけどタイミングが合わなかった。」という発言があったっけ。候補に入れていなかったのは迂闊だった。
 とはいえ試合内容地味だし、年齢的にもちょっとタイミングが遅い感はあるよなあ。なにより1回戦の相手がブスタマンチというのが辛い。

 さらにダンヘンが電撃参戦!これは完全に想定外。本当にドギモを抜かれた。
 候補選手に名前が入ってなかった上に、事前に散々近藤の名前を出していたのは陽動作戦?それとも本当に電撃決定だったのだろうか。
 減量に失敗さえしなければダントツの優勝候補だよなあ。準決勝ではうまくすれば郷野VSダンヘンの可能性も。やばい、俄然楽しみになってきた。

 例によって勝敗予想は大会が近づいてから。何をどうやってもダンヘン優勝という結論に落ち着きそうな気がしてならないが。

 記者会見の郷野の発言最高!人気blogランキングへ
[PR]
# by nugueira | 2005-08-20 02:10 | PRIDE武士道 | Comments(1)

明日の速報

 修斗・横浜文体大会を会場から速報します。

 マッハ・ハンセンの凱旋組、そして「修斗の孤高のエース」ルミナの戦いぶりや如何に。
[PR]
# by nugueira | 2005-08-19 23:41 | その他(総合・寝技系) | Comments(1)
 来月のK-1GP開幕戦の対戦カードは今のところ

 サップVSチェ・ホンマン
 セフォーVSガオグラーイ
 武蔵VSボタ
 バンナVSグッドリッジ

 の4カードが決定済み。残る8名は

 ボンヤスキー マイティ・モー アーツ ホースト
 シュルト カラエフ フェイトーザ 推薦枠

 となっているが、ここで残り4カードを大胆予想。とりあえず推薦枠は藤本ということに強引に決定。

 まず谷川の判断として、誰を決勝ラウンドに残したがるか。ディフェンディングチャンピオンのボンヤスキーは当然ガード。あとさんざん持ち上げてるモーも残したいところだろう。
 そうするとこの2人に当てたくない選手は誰か。試合運びが巧いアーツとホーストは判定勝ちしかねないからパス。昔ボンヤスキーに勝ってるシュルトも敬遠。勢いがあるカラエフもちょっと怖い。となると消去法でフェイトーザと藤本が残る(今のフェイトーザも十分怖いが。)。
 モーは蹴りの選手、ボンヤスキーはパンチャーと相性が悪そうなので、

 ボンヤスキーVSフェイトーザ
 モーVS藤本

 の2試合がまず決定。
 残る2カード。ここでのテーマはずばり「中二階どころか二階を吹っ飛ばせ」。もういい加減アーツ・ホーストのいない東京ドームを実現させるべきだろう。
 ホーストにはDynamite!でドローに終わった因縁のあるシュルトを当てることにして、残ったカラエフをアーツにあてがう。

 ホーストVSシュルト
 アーツVSカラエフ

 シュルト・カラエフが勝てば一気に世代交代(いうてもシュルトはけっこう年いってるが)。理想的な展開である。
 書いてるうちに自分でもけっこういいカード編成のように思えてきたが、いかがだろうか?

 皆さんの考える理想的なカード編成は?人気blogランキングへ
[PR]
# by nugueira | 2005-08-19 02:00 | K-1 | Comments(0)

正解発表

 「疲れてるんであんまり長い文章書きたくない」という理由で試しにやってみたクイズ出題。特段の反応もないまま正解発表へ。やはり読者層のニーズを掴んだ記事を提供しなくてはいけないということか。正解発表より先にひとり反省会始まっちゃったよ。

 というわけで問題のおさらい。

 ミルコ・クロコップ=41
 五味隆典=6
 エメリヤーエンコ・アレキサンダー=12
 エメリヤーエンコ・ヒョードル=??

 ??に入る数字は何でしょう?

 正解:54

 お分かりでしょうが、「各選手がPRIDEで記録した最短勝利試合の試合時間(秒数)」です。順番にランデルマン戦、ハウフ戦、トンプソン戦、小川戦ね。
 これに懲りて今回で終了。いや、思いついたらまたやるかも。どっちなんだ。

 本物の『サルヂエ』はちゃんと見たことがない。人気blogランキングへ
[PR]
# by nugueira | 2005-08-18 01:17 | 雑記 | Comments(0)
8月14日(日)両国国技館

 新日観戦は去年のG1以来1年ぶり。ここ最近自分の中でのプロレス離れが著しいので「今日は盛り上がるのかなあ」と勝手に心配していたが、会場に行ってみると例年どおり超満員の入り。やはり新日の最後の砦。根強い支持者が多いねえ。

第2試合 リスマルクJr○-×飯塚高史
第3試合 ハングマン○-×ヒロ斉藤


 前座に新顔外国人2名が登場したが、いずれも不発。
 メキシコ版G1優勝者のリスマルクJrはところどころいい動きはしていたが、いかんせん相手が飯塚では辛い。空中技VSねちっこいグラウンドだもん、そりゃ噛み合わないよ。マッチメイク担当者には猛省を促したい。
 続いて登場のハングマンもよく分かんない。ていうか穿いてるのがどう見ても普通のジーンズなんだけど。大型外人らしい大味な勝ち方をしていたが、ヒロのセントーンの場面の方がなんぼか盛り上がっていたのはいたし方ないところか。

準決勝第1試合 蝶野正洋○-×中邑真輔(裏STF)

 蝶野入場の瞬間に場内大盛り上がり。真輔はゴング前から明らかな劣勢状態に。
 まあ仕方がない。プロレスで格上と戦うということは相手の「歴史」そのものを敵に回すということなんだから。
d0010886_031787.jpg

 試合が始まると蝶野の動きが非常にいい。真輔もコーナー最上段からの空中技を多用するが、要所要所で蝶野がかわして自爆。やっぱうめえな。
 最後はSTF→裏STFで蝶野が完勝。「生え抜きが優勝」というG1の鉄則からすると真輔の初Vもありかな、とも思っていたんだけど・・・やっぱり格の違いは如何ともしがたい。

準決勝第2試合 藤田和之○-×川田利明(ヒザ蹴りから片エビ固め)

 場内の川田への声援の凄いこと。真輔よりも人気あるわ。やはり「純プロレス」への熱い支持は所属を問わないということか。
 開始早々、川田のキックVS藤田のヒザ蹴りという予想どおり、そして予想以上の妥協なきぶつかりあい。
 藤田のヒザ蹴りを何発食らおうとも平然と立ち上がる川田。そりゃそうだ、ヒョードルのパンチよりも痛い三沢のエルボーに耐えてきたんだから。一方で川田のキックをもらっても効いたそぶりも見せない藤田。やはりこの男もバケモノ。
 いつまでも続くかに見えた、そしていつまでも続いて欲しかったシバキ合いは開始から6分少々、頭部へのヒザ連打からの藤田の片エビ固めに3カウントが入り、あまりに唐突な終焉を迎える。
 納得いかない観客。そして納得いかない川田。当たり前だ、もう30~40分は軽く続けられたはずなんだから。でも安心しろ。場内全員、どっちが格上だったかはちゃんと理解しているから。

決勝 蝶野正洋○-×藤田和之(裏STF)

 試合前のケロのマイクから「夏を駆け抜けた16人の男たち。そして、天へ昇ったひとつの魂・・・。」という言葉が。そして蝶野の入場の瞬間、流れたのは『爆勝宣言』の導入部分。
 やられた。もっと早く気づいてよかったのに。あるいはこれまで、「あの男」の名前を出してこなかったのは全て蝶野の計算なのか。
 蝶野のリングイン後も、ゴングが鳴ってもやまない、叫びにも祈りにも似た大・蝶野コール。この瞬間の国技館は蝶野の、そして橋本のための舞台だった。
 開始直後からボディスラム、ヒザ蹴り、チョークスリーパーと攻め立てる藤田。ヴァーリトゥードのリングでは説得力をもつこの男の攻めも、プロレスのリングではブーイングの対象にしかならない。
 ペースを奪い返した蝶野が、コーナーに串刺しにした状態でのシャイニング・ケンカキック。そしてお株を奪う頭部へのヒザ連打に、これまでと打って変わって沸き返る場内。強さではなく巧さと存在感が格を決めるこのリングを、藤田が理解できる日は来るのだろうか。
 最後はシャイニング・ケンカキック2連発を決めた蝶野が3カウント。時間にして8分少々、ボリュームとしては物足りない、でもあまりにも完璧なハッピーエンドで夏の本場所は幕を閉じた。

 「準決勝から、何か別の力が俺を後押ししてくれた。」
 「これまで色々なことを教えてくれたプロレスに感謝している。」
 蝶野でなければ喋れない、説得力のある言葉。幸か不幸か、やはり彼以上の「夏男」は存在しえない。

 一方の藤田。数字の上では「全勝優勝一歩手前での敗戦」という完璧なヒールを演じきったが、ヒザ蹴りとチョーク以外の攻撃ができず、長丁場の試合もしない「グリーンボーイ」に客は説得力を感じたのだろうか。この男のいるべき場所はここではない、と感じたのは私だけではないはず。

 予定調和な大団円だけど、それがなんとも心地よい夏の一日。やっぱりプロレスと完全に縁が切れる日は、なかなかやって来ないようだ。

 来年はぜひ生放送復活を。人気blogランキングへ
[PR]
# by nugueira | 2005-08-17 01:04 | プロレス | Comments(3)