反り立つ壁に撃沈。


by nugueira
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

PANCRASE 291の感想

 メインの感想を。

ロッキー川村×-〇新村優貴(3R KO)
 1Rは前に出る新村に、川村がサークリングして距離を取り続ける展開。ラウンド終盤に川村のパンチも入り出すが、両者とも手数は少ない。
 しかし2Rに入った途端、両者積極的にパンチを振るい一気にエキサイティングな展開へ。打ち合いから川村が弾き飛ばされるようにダウンするが、すぐさま立ち上がると今度は新村がダウン!追撃した川村が上を取るが、パウンドでは攻め切れずスタンドへ。川村が再度押し倒すようにダウンを奪うが、またも立ち上がった新村がラウンド終盤に攻勢。パンチをもらった川村はフラフラになり、ホーンに救われる。
 3R、川村はなおも打ち合いに挑むが流れは変わらず、新村のパンチをもらい続けて後退。最後は相打ち気味のパンチを食らった川村が崩れ落ち、新村がリベンジとベルト奪取に成功。

 再戦はお互い手の内が分かるが故に膠着しがちだが、そんな心配は不要のどつき合い。2Rからの倒し倒されまた倒し…という展開は見ていてハラハラし通しだった。タイトルマッチがこれだけ面白かった一方で、ミドル級の選手層が厚くならないのは勿体ないなあ。

[PR]
# by nugueira | 2017-11-13 23:22 | その他(総合・寝技系) | Comments(0)

UFN120の感想

マット・ブラウン○-×ディエゴ・サンチェス(1R KO)
 開始と同時に前に出たサンチェスがシングルレッグへ。しかしブラウンは堪える。ブラウンはサンチェスの蹴り足をつかみながら圧力をかけていく。サンチェスのミドルで一旦下がる場面もあったものの、蹴り足をつかんだままケージ際へ押し込み打ちおろしの肘!フィニッシュの瞬間にファイトパスの映像が乱れる最悪のタイミングだったが、一撃でサンチェスが失神し崩れ落ちる衝撃KOでブラウンが有終の美。

ダスティン・ポイエー○-×アンソニー・ペティス(3R TKO)
 蹴り技主体のペティスに対し、ポイエーはパンチで前に出つつタックルからテイクダウン。ペティスはギロチンやキムラを狙うが、これを凌いだポイエーがパウンド。ペティスがポイエーの足を引っ掛け上を取るが、ポイエーすぐ立ち上がる。スタンドでポイエーがコンビネーションをヒットさせ、ペティスが下がったところで1R終了。
 2Rもポイエーがパンチからのタックルでテイクダウン。ペティスのアームロックを逃れると、バックを奪ったポイエーがバックチョークを狙う。体を反転させたペティスが今度は肘パウンドを叩き込むが、ポイエーは振り落として上を取り返す。ここから先は両者が目まぐるしく上下を入れ替えるスクランブル合戦。顔面からの出血がひどくなったペティスにドクターチェックが入り、再開後にペティスが下から起死回生の三角!しかしこれを外したポイエーがパウンドを叩き込み2R終了。
 3R、ポイエーがまたもテイクダウンを奪いバックチョーク狙い。何とか逃れようとしたペティスが体を反転させるが、ポイエーはマウントへ。ここでペティスが肋骨を痛めたのかタップし、やや唐突な形でポイエーが勝利。
 タイトル戦線から離れつつある選手同士の対戦だったが、一進一退の攻防が繰り返される文句なしの名勝負を繰り広げてくれた。消耗度からいってこのハプニングがなくてもポイエーが勝った可能性は大きかったと思うが、もう少し長く見ていたかったなあ。

[PR]
# by nugueira | 2017-11-12 23:07 | UFC | Comments(0)

Krush.82の感想

ゴンナパー・ウィラサクレック○-×林健太(1R KO)
 開始早々に左ミドルからの左ストレートを入れたゴンナパーが、この後も左ミドルで間合いをコントロール。林は距離を詰めてパンチを返していくが、ここでゴンナパーが右フック一閃!何とか立ち上がる林だが足元がおぼつかず、レフェリーがストップ。ゴンナパーが貫録のKO勝利。

寺戸伸近○-×久保賢司(延長判定)
 寺戸は開始からバックステップで距離を取りつつ右ローを連打。さらに左アッパーも入れる。パンチ勝負に持ち込みたい久保だが、寺戸は2Rも着実にローを入れ続け、さらにワンツースリー。寺戸のペースで3Rに突入するが、ここで久保の左フックがヒット。下がった寺戸に久保が左右のパンチを打ち込み、流れが一気に久保へ傾く。寺戸は跳びヒザからパンチを返すものの、回転力で上回るのは久保。それでも寺戸はダウンすることなく終了のゴングを迎え、試合は延長戦へ。
 主導権は完全に久保かと思えたが、延長Rは寺戸が落ち着きを取り戻し、2Rまでと同じく距離を取って徹底してローキック。次第に久保の体が流れるようになり、明確な差をつけた寺戸が判定勝利で防衛に成功。
 試合前は明らかに久保が勝つ流れだったし、実際に3R終了時の展開は久保がこのまま押し切っておかしくなかった。それでも最後は寺戸が冷静な組み立てで久保を振り切るのだから、格闘技はわからない。試合後の久保の引退表明を聞いたうえでこういうことを書くのは後出しなのだが、「ここで終わってもいいと思っている男」と「ここではまだ終われない男」の差が最後の最後に出た、というのはあまりに感傷的な見方だろうか。かつての全日本キック勢が次々とリングを去っていく中、Krushのベルトを護り続ける寺戸。この光景にはやっぱりグッとくるなあ。

[PR]
# by nugueira | 2017-11-10 23:50 | Krush | Comments(0)
 井岡一翔がWBA世界フライ級王座を返上。4月の試合以降大阪のジムを離れ引退危機、という雑誌記事は見ていたが、遂に最悪の展開を迎えてしまった。まだ引退とは言っていないので、正確には最悪の一歩手前か。とはいえ一度切れてしまったモチベーションが簡単に戻るとも思えず、井岡の試合を今後観ることはできない、と覚悟を固めておいた方が良さそう。

 比較的安全パイ中心のTBS的マッチメイクは好きになれなかったが、ここ3~4試合の井岡が攻守ともにハイレベルなパフォーマンスを見せ、円熟期を迎えようとしていたのは間違いないところ。このまま現役を続けていれば統一戦などのビッグマッチが見れたはず…かどうかは保証できないが、3階級制覇王者のキャリアがこういう形で終焉を迎えるのは寂しいという他ないなあ。

 こうなると気になるのはTBSの大晦日ボクシングの行方。2011年から6年連続でボクシング中継が行われてきたのは井岡の存在があったからこそで(2014年は井岡がノンタイトルマッチだったのでリゴンドーを引っ張り出した例はあるが)、こうなると中継自体なくなる可能性も出てくるのでは。そういえば魔裟斗もこの時期に何も動きがないということは、さすがにもう試合はしないのかな。

 大晦日ボクシング中継のもう一方の雄であるテレ東も、内山が引退し田口はビッグカードだった田中との統一戦が当面は消失。さすがにこのラインナップだと今年は厳しくなるか?

 総合格闘技不在の時期に「大晦日のテレビ格闘技」を支えてきたボクシングが、ここに来て大きな曲がり角に。RIZINとしては裏番組の類似コンテンツがなくなるわけだが、これは吉と出るのか凶と出るのか。

[PR]
# by nugueira | 2017-11-09 22:41 | ボクシング | Comments(0)

UFN120の予想

 日本時間12日のUFCの予想を。契約消化大会なのかリリースがチラつく古顔がズラリ。

ジョン・ダドソン○-×マルロン・モラエス
 バンタム級転向後のダドソンは2勝1敗、一方のモラエスはUFC初戦でアスンソンにスプリット負け。モラエスにWSOF時代の強さを見せてほしいものの、UFCの壁にぶち当たりそうな気配が。

ジョー・ローゾン○-×クレイ・グイダ
 ここ最近きれいに白星と黒星を交互につけているローゾン。グイダは柔術家のオルテガにKO負けするなど激闘の代償が現れてきている感じ。どっちに転んでもおかしくなさそうだが、ローゾンの方が相対的に衰えていない印象。

ハファエル・アスンサオ○-×マシュー・ロペス
 ここ2試合続けてスプリットながら、ディラショーに負けた以外は白星を重ねているアスンサオ。今回も手堅くいけるか。

ネイト・マーコート×-○シーザー・フェレイラ
 ここ10戦で3勝7敗、KO負け4回のマーコート。打撃戦になると苦しくなりそう。

アンドレイ・アルロフスキー×-○ジュニオール・アルビニ
 今回負けると五味らを抜いてUFC連敗記録単独首位(!)となるアルロフスキー。ここまで露骨に打たれ弱くなっている選手がまだ戦い続けているのが不思議。って五味もそうだったわけだが。

マット・ブラウン○-×ディエゴ・サンチェス
 ブラウンの引退試合。ここ6試合で1勝5敗と惨憺たる戦績だが、相手も衰え加減では似た者同士のサンチェス。ブラウンに有終の美を飾ってほしいなあ。

ダスティン・ポイエー○-×アンソニー・ペティス
 メインはライト級ランカー対決。ライト級復帰戦を白星で飾ったペティスだが、やはり下り坂を下りきってしまった印象がぬぐえない。なぜかオッズhポイエー劣勢だが、打撃で押しきりそう。

[PR]
# by nugueira | 2017-11-08 23:27 | UFC | Comments(0)

PANCRASE 291の予想

 12日のパンクラスの予想を。

上田将勝○-×アラン“ヒロ”ヤマニハ
 ここ一番で海外勢に遅れをとってしまう上田だが、気づけばランキング1位。石渡のRIZIN参戦によりバンタム級タイトルマッチは少し先になるだろうが、そこまでしっかり白星を積み重ねるのが大事か。

ロッキー川村○-×新村優貴
 ミドル級KOPタイトルマッチは結局昨年のタイトルマッチの再戦。この階級の選手層が薄いのは致し方ないところか。川村が盤石な王者という感じはあまりしないのだが、去年の勝利自体は交通事故でもなんでもないれっきとしたKOだし、とりあえず返り討ちを予想。

[PR]
# by nugueira | 2017-11-07 22:27 | その他(総合・寝技系) | Comments(0)

POWER STRUGGLE

 新日本プロレス「POWER STRUGGLE」を新日本プロレスワールドで観戦。

 IWGPジュニアはマーティ・スカルが丸め込み合戦の末にオスプレイから3カウント。結果も展開も完全に予想外だったので、思わずパソコンの前で「なんじゃこりゃ!」と声を上げてしまった。これどうするんだろう…と思ったらKUSHIDA、ヒロムをまじえた4WAYがあっという間に決定。こりゃ面白くなりそう。

 IWGP USヘビー級王座はバレッタのデュードバスターを受けきったオメガが、片翼の天使でフィニッシュ。バレッタも頑張ったけど、二人の格の差を考えたらこうなるわなあ。しかしオメガはドームで誰とやるんだ?と思ったところで映像が流れクリス・ジェリコが挑戦表明!すげえ!ドーム絶対に行く!いや、もとから行くつもりだったけど。
 それにしてもこれは正真正銘のサプライズ。オメガとジェリコがツイッター上で挑発合戦しているのは知っていたが、本当に実現するとは。冗談抜きで、オカダvs内藤が食われる可能性高いぞ。

 メインのIWGPインターコンチネンタル王座は飯伏のカミゴェを防いだ棚橋が最後はハイフライフローを決めて3カウント。飯伏は相変わらず感情がほとばしる試合を見せてくれるが、今回も結果にはつながらず。棚橋じゃなくても歯がゆくなってくるが、ベルトを手にするために当面必要なのは新日本との再契約なんだろうなあ。もっとも今回に関していえばオメガvsジェリコが決定した時点で棚橋がベルトを失ういわれもなくなった感じはあったけど。
 それにしても棚橋は棚橋で、ドームに相応しい相手いるか?となったところで夏から引っ張っていた「Switchblade」の映像が流れ、大方の予想通りジェイ・ホワイトが登場。とはいえ凱旋早々ドームで棚橋に挑戦というシチュエーションは説得力が出るのかなあ、というのが相当不安。唐突感が否めないのはこの日の客席の反応にも出ていたし、オカダvs内藤やオメガvsジェリコと同日で上がりきったハードルをクリアできるのかね。新日本の中期的な課題が世代交代にあるのは確かで、多少のリスクは冒す必要があるし今ならそれができる、という判断なんだろうけど。

 なんだかんだで1.4ドームのラインナップも揃い始め、こっちのテンションも上がってきた。年明けの「プロレス初め」が楽しみ。

[PR]
# by nugueira | 2017-11-06 23:25 | プロレス | Comments(0)

UFC217の感想

 いずれも衝撃的な結末だった3大タイトルマッチの感想を。

ヨアンナ・イエンジェイチック×-○ローズ・ナマユナス(1R KO)
 開始から積極的にパンチを出していくナマユナス。ヨアンナもジャブを出すが、ナマユナスの左が入りヨアンナがダウン!すぐさまパウンドに行くナマユナスだが、ここはヨアンナがすぐ立ち上がる。しかしナマユナスはなおもスタンドで圧をかけると、ケージに詰めて飛び込んでの左!ダウンしたヨアンナにナマユナスがパウンドを入れ続けたところでストップ!
 ヨアンナが王座陥落、しかもパンチで打ち負けてのKOって…これ間違いなくアップセット・オブ・ザ・イヤーだな。とはいえナマユナスはクリーンヒットを2度も叩き込んでるわけで、これはもう素直に讃えるしかない。長期政権が終わるときは得てしてこういうものではあるが、本当にびっくりした。

コディ・ガーブランド×-○TJ.ディラショー(2R KO)
 細かいフェイントを混ぜながらミドルやローの蹴り技主体で攻めるディラショー。ガーブランドはディラショーの蹴りのタイミングをつかみ出し、ローに合わせたラッシュでディラショー下がる。1R終盤、パンチに来たディラショーにガーブランドのカウンターの右!ダウンするディラショーだがホーンに救われる。
 ディラショーの動きを見切った感のあるガーブランドは、2Rもバックブローやスーパーマンパンチをことごとくかわし、完全にペースを握った感じ。と思ったところでディラショーのハイがヒットしガーブランドダウン!すぐ立ち上がったガーブランドは再びパンチでペースを獲り戻しかけるが、今度は打ち合いからディラショーの右カウンター!劣勢に思えたディラショーが逆転KOで王座返り咲き!
 ガーブランドがいい動きしてると思ったんだがなあ。個人的にディラショーはあまり好きなタイプの選手ではないのだが、あの状況からひっくり返したのはお見事。所属チーム同士の抗争アングルもあるし、早期再戦は必至か。

マイケル・ビスピン×-○ジョルジュ・サンピエール(3R チョークスリーパー)
 体に厚みを感じさせるGSP。右の強いパンチからバックスピンキックを繰り出すと、タックルからテイクダウン。立ち上がられるものの、ラウンド終盤にスーパーマンパンチをヒット。ビスピンはGSPの圧力に下がらされっぱなしで動きがバタバタし過ぎている。
 2Rも前に出ていくGSPだが、ビスピンの右がヒット。GSPが下がりはじめ、ビスピンがようやくリズムをつかんできたか。GSPがどんぴしゃのタックルからテイクダウンするが、立ち上がられた後のラウンド終盤はビスピンのパンチを食らってしまう。
 3R、疲れの見えるGSPは開始早々タックルでテイクダウン。しかしビスピンの下からの肘で逆に流血に追い込まれる。スタンドに戻った後もパンチをもらうGSPだが、左を打ち込みビスピンダウン!肘パウンドでラッシュを仕掛けたGSPが、最後はバックに回り込みチョークで一本!
 GSPは4年ぶりの復帰戦で結果を出したこと自体は偉いと思うのだが、4年ブランクのある選手がいきなりタイトルマッチ挑戦という前提条件がおかしすぎて、素直に感動できない。タックルのキレは相変わらずだったがテイクダウン後のポジションキープができていなかったし、スタンドでも相当被弾していた。実戦勘が戻っていないのを差し引いても衰えは隠しようがなく、言い方は悪いがビスピンだから勝てた試合。ウィテカーとの統一戦は相当厳しい戦いになりそう…というかこれ以降本当に試合を続けてくれるのか、そのレベルで依然として不安感がぬぐえない。

[PR]
# by nugueira | 2017-11-05 23:38 | UFC | Comments(2)

ベラトール186の予想

 日本時間明日のベラトールの予想。AbemaTVの中継はあるが所用のため見れなさそう。

ライアン・ベイダー○-×リントン・ヴァッセル
フィル・デイヴィス○-×ラオ・レイチ

 6月にライトヘビー級タイトルマッチを戦った両者が防衛戦&再起戦。デイヴィスの相手はキャリア10戦全勝だが今回がベラトール初戦。ベイダーと戦うヴァッセルも3連勝中だがUFCファイターと渡りあえるレベルなのかは微妙。両者とも無難に勝ちそう。

[PR]
# by nugueira | 2017-11-03 21:07 | その他(総合・寝技系) | Comments(0)

UFC217の予想

 5日のUFCの予想。トリプルタイトルマッチの大盤振舞だが、昨年の例からすると反動で年明けのラインナップがスカスカにならないか心配。

オヴァンス・サンプレー○-×コーリー・アンダーソン
 岡見戦をノーダメージでクリアしたサンプレーがスクランブル出場。相手のアンダーソンは勝ったり負けたりのレベルなので、サンプレーが難なく勝ちそう。

ウォルト・ハリス○-×マーク・ゴッドビアー
 ゴッドビアーの怪我で流れた一戦の仕切り直し。ハリスはヴェウドゥム戦で一本負けしてからショートスパンでの試合だが、腕十字で秒殺だったからある意味ノーダメージ(?)か。

ジョニー・ヘンドリックス×-○パウロ・ボハンチーニャ
 ここ5戦で1勝4敗のジョニヘン。内容も精彩を欠いているし、キャリア10戦全勝のボハンチーニャ相手はキツいか。GSP復帰の大会で「GSPを最も苦しめた男」がこういう姿を見せるのも何か切ないな。

スティーブン・トンプソン○-×ホルヘ・マスヴィダル
 2度の王座獲りに失敗したトンプソンの再起戦。マスヴィダル相手なら打撃戦で手が合いそう。KOを期待。

ヨアンナ・イエンジェイチック○-×ローズ・ナマユナス
 UFC現役王者ではDJに次ぐ長期政権となっているヨアンナ。ナマユナスがしつこくテイクダウンを奪えるとも思えず、ヨアンナが殴り勝ちしそう。

コディ・ガーブラント○-×TJ.ディラショー
 ガーブラントの怪我で延期となっていたバンタム級タイトルマッチ。ディラショーはクルーズとスタイルが似ているが、ディラショーに勝ったクルーズをガーブラントが圧倒した、という三段論法で考えるとガーブラント優位か。怪我によるブランクでコンディションがどうなっているかが不安材料ではある。

マイケル・ビスピン○-×ジョルジュ・サンピエール
 ビスピン2度目の防衛戦の相手は4年ぶりの復帰戦となるGSP。大概のミドル級ランカーが怒りそうなマッチメイクだが、オッズはなんとGSP優位!あれか、ビスピンは『ツインピークス The Return』の出番が少なかったのが響いたか(そこ?)。
 ビスピンを応援するいわれも特にないんだが、さすがにGSPにどれだけ期待していいのか見当がつかない。これで勝たれるとUFC王座って何なんだ、という話にもなってくるし、さすがにビスピンに防衛してほしいなあ。ビスピンは勝っても引退しそうな気配があるから、どのみちグダグダな展開にはなりそうだけど。

[PR]
# by nugueira | 2017-11-02 23:30 | UFC | Comments(2)