反り立つ壁に撃沈。


by nugueira

<   2016年 12月 ( 31 )   > この月の画像一覧

井上vs河野他

 30日のダブル世界戦の感想を。

 まず村田諒太vsブルーノ・サンドバル。村田が1Rにボディから右をヒット。この後も村田が着実に右を入れていくが、手数がやや足りない印象。この分だと長引くか…と思った矢先の3R、左が相打ちになった後に村田の右がヒット!サンドバルはロープによりかかった後、一拍おいてから転げるようにダウン。スリップと勘違いしたレフェリーが無理やり起こそうとする→慌てて早めのカウント→諦めてストップというグダグダの展開だったが、村田が文句なしのKO勝利。
 世界前哨戦としては合格の内容では。エキサイトマッチで外国人ボクサーがこの内容で勝った後「次は世界挑戦です」と言われても違和感はないと思う。あとは交渉がまとまるかどうか。

 続いて八重樫東vsサマートレック・ゴーキャットジム。
 1Rは両者様子見。八重樫の左が浅くヒット。2R、八重樫は左を突き刺しながらフットワークで相手の距離を外す。今回はいつもより慎重な組み立て。3Rも八重樫は落ち着いて左右のパンチ、さらにボディもヒット。
 4Rはサマートレックが手数を増やし右フックがヒット。八重樫は打ち終わりにパンチを合わせる。これでギアが上がったか、5R序盤は八重樫は足を止めて打ち合うが、後半は再び距離をキープして戦う。
 6R、八重樫が左ボディから左フック、さらに右フックもヒット。7Rに入ると八重樫は頭をつけながら左ボディとショートアッパーを連打。さらにカウンターの右アッパー。前半でサマートレックのパンチを見切ったうえでの接近戦なので、相手のパンチはもらわず一方的に攻める。8R、八重樫は左右のボディ連打から右フック。サマートレックの動きが鈍くなる。
 9Rも八重樫はボディ連打。サマートレックは苦しそうな様子。11Rはサマートレックが力を振り絞り反撃するが、八重樫も右アッパー3連発。さらに左のボディを叩き込む。迎えた最終ラウンド、八重樫は足を止めての打ち合いに挑むと右ストレートを打ち抜く。コーナーに下がったサマートレックに連打を叩き込んだところでレフェリーがストップ。
 今回の八重樫は不要なリスクは負わずに要所要所で攻め込み、最後はしっかりフィニッシュする理想的なボクシングを展開。やっぱりクレバーなボクサーなんだなあということを再認識させられた。

 メインは井上尚弥vs河野公平。
 1Rから井上の左がよく伸びる。河野は右フックからの連打でコーナーに詰めるが、井上はブロック。井上のボディを食らった河野の腰が引ける。2Rも河野が右フックからボディの連打で攻めるが、井上も近距離でのボディを返す。河野はラウンド後半にボディを効かされた様子。
 3R、井上は左ボディから左フック、さらに右フックと回転を上げてくる。河野はそれでも前に出るが井上はきっちりブロック。4R、河野が連打で攻めるが井上は左ボディから反撃。主導権は握るがなかなかダウンが奪えない、最近の試合パターンになりつつあるか。
 5Rも井上が右ショートアッパーを次々に入れるが、河野の右も井上の顔面を捉える。一瞬動きが止まった井上は再度左ジャブで組み立て直す。
 河野の健闘が光る雰囲気で迎えた6R、前に出る河野に井上がカウンターの左一閃!カウント10でギリギリ立ち上がる河野だが、井上の追撃になすすべなく倒れ勝負あり。
 終わってみれば井上が実力差を見せつけたが、見た人は河野の健闘の方が印象に残るのでは。怪物王者にひるむことなく最後まで立ち向かい続ける、最高の敗者だった。一度目のダウンで止めてあげた方が良かったとは思うけど。
 井上は最後のカウンターはお見事だったが、一昨年から昨年にかけての怪物性は薄れてきてしまった感じ。ハードルを上げすぎなのかもしれないが、井上にはそのハードルを軽々と越えてほしいという期待があるので。

[PR]
by nugueira | 2016-12-31 12:32 | ボクシング | Comments(3)
 何回かに分けて書いているうちにおそらく年を越すので、先に全体の感想から。微妙な試合もあったが大会としては北岡・那須川・ミルコに救われた。トップバッター・中締め・大トリが完璧に役割を果たしてくれた形。大晦日への導火線に火をつけることはできていたと思う。
 観客数は昨年29日から約4千人増の1万6千人。主催者発表を鵜呑みにするのは危険だけど、2年目に入りスケジュール調整をしたうえで年末を迎える人が増えたというのはあるのでは。

北岡悟○-×ダロン・クルックシャンク(1R ギロチンチョーク)
 スタンドで戦いたいクルックシャンクに、北岡は細かいフットワークを使いながら打撃で応戦。時おり北岡のパンチも入るが、ハイキックを織り交ぜたクルックシャンクのコンビネーションが回転力で上回る。徐々に劣勢になる北岡はパンチをもらいダウンするが、クルックシャンクは深追いしない。
 顔面から流血した北岡は序盤ほどフットワークを使えなくなるが、それでもスタンド勝負。タックルに敢えていかないのかそれともいけないのか、どちらにせよもう勝負ありか…と思った1R終盤、北岡が遂にタックルへ!一度はロープ外へ逃げられるが、組んでの状態からの再開後にすぐさまテイクダウンを奪い、クルックシャンクの動きに合わせてギロチンへ!一度きりのチャンスをものにした北岡が強豪クルックシャンク相手に大逆転の一本勝ち。
 北岡のここ一番での勝負運のなさを何度も見てきただけに、グッとくる勝利。最後の「明日また生きるぞ!」のマイクは元ネタが分かる人間も少なくなってきてるだろうと思うが、のっけから会場を北岡劇場に引きずり込んでみせた。

ワジム・ネムコフ○-×アリソン・ヴィセンテ(1R KO)
 開始早々ネムコフが足を滑らせるが、組み付いてきたヴィセンテを逆にテイクダウンすると強烈なパウンドを連打。かつてのヒョードルを思い起こさせるパウンドアウトで秒殺勝利。

浅倉カンナ×-○アリーシャ・ガルシア(判定)
 タックルで押し込む浅倉だが、投げを潰されバックを奪われる。1Rはガルシアがバックキープからチョークを狙い優勢に試合を進める。
 グラップリングでは分が悪そうな浅倉だが、スタンドでもガルシアの思い切りのいいパンチに押され気味。2R以降もタックルは狙うがガルシアに優位なポジションを取られる展開が続く。時おりトップを奪った浅倉がパウンドで攻め込む場面はあったが、試合の流れはひっくり返せず判定負け。大舞台で戦うにはまだ全局面でスキルの積み上げが必要な感じ。チケット購買力はありそうなので(会場内2か所に応援団が分かれて陣取っていた)、レギュラー確定なのかもしらんが。

矢地祐介○-×マリオ・シスムンド(1R KO)
 シスムンドは何度見てもパッキャオに似てる。というか絶対それが理由でオファーしただろ。
 開始早々矢地が跳びヒザを入れると、効かされたシスムンドにパンチ連打。最後は跳びヒザをボディに突き刺して秒殺KO。向かい合った時点でもシスムンドが小さいのは明らかで、矢地が噛ませ犬相手にきっちり仕事をした感じ。試合後のマイクの話し方がアホっぽいので今後の扱いが難しそうだが。

和田竜光○-×カイ・カラフランス(判定)
 開始からスピードのあるパンチを振るっていくカラフランス。右をもらった和田が一瞬ヒザを着きダウン。だがカラフランスもローが効いている様子。
 2Rに入るとカラフランスのローのダメージが顕著になり、足の踏ん張りが効かなくなってくる。和田はボディとローで攻めると、3Rにはテイクダウンからバックをキープし続け判定で完勝。計量オーバーの相手に勝ってくれて良かったが、きっちりフィニッシュして欲しい試合だった。

元谷友貴○-×アラン・ナシメント(判定)
 ナシメントは鋭い打撃から元谷が下になると踏みつけ、といかにもシュートボクセなスタイル。ナシメントに上を取られた元谷はなかなか脱出できず嫌な流れになるが、オモプラッタからのリバースに成功。ラウンド後半は元谷がパウンドで削りギロチンも狙う。
 2Rは元谷のパンチにナシメントがタックルを合わせテイクダウンするが、元谷はフットチョークの後にまたもオモプラッタからリバース。ギロチンを極めかけた元谷が判定でナシメントに勝利。
 和田と同様一本勝ちでアピールしてほしかったが、このレベルの相手に勝ったのは大きい。それにしても元谷がここまで柔術スタイルの選手に変貌していたとは驚き。オモプラッタからのリバースはぜひ真似したい(どこで?)。

宮田和幸○-×アンディ・サワー(1R 腕十字)
 開始早々宮田が組み付くとあっさりテイクダウン。この後は宮田の独壇場で、サワーの動きに合わせ三角、ノースサウスチョーク、立とうとするサワーをがぶってギロチンと圧倒。最後はマウントから三角に移行し、サワーが脱出しようとしたところで腕十字を極め一本。正直宮田がここまでサブミッションをつかいこなせるとは意外だったが、サワー相手だとスパーリング感覚だったか。サワーはこの負け方をしてしまうと、次以降のマッチメイクが難しくなってくる。

[PR]
by nugueira | 2016-12-30 17:48 | その他(総合・寝技系) | Comments(0)
 29日の観戦記も順次書いていきますが、まずは無差別級GPの準決勝以降の予想を。

ミルコ・クロコップ○-×バルト
 モーを逆転KOで下したミルコが、突如ヒールターンしたバルトを迎え撃つ。これは21世紀の高田vs北尾ですよ!!
 カギはバルトの突進肉弾戦術をミルコが捌けるかどうかだが、この手の圧力に対処しながらの戦い方はK-1時代を含めある程度心得ているはず。それこそサップ戦の再来のようなKO劇を期待。

アミール・アリアックバリ×-○ワレンティン・モルダフスキー
 ヒーリング戦では勝ったもののスタミナ不足も露呈したアリアックバリ。爆発力を活かした短期決戦ならアリアックバリ、長引いたらモルダフスキー有利だが、アリアックバリはテイクダウン後の攻めも決め手に欠けていた印象。序盤を凌いだモルダフスキーの逆転勝利を予想。

ミルコ○-×モルダフスキー
 散々盛り上がったあげく地味な勝利を重ねたモルダフスキーが優勝…という危惧もなくはないのだが、ここまで来たらミルコに賭ける。都合のいい材料を挙げるとしたらアリアックバリvsモルダフスキーはどちらが勝っても消耗が激しそう、かつ両者ともMMA戦績は浅いので、ワンデイトーナメントの戦い方に慣れていないのでは。2016年はミルコの10年ぶりのGP制覇で年を越すのだ!
[PR]
by nugueira | 2016-12-30 15:27 | その他(総合・寝技系) | Comments(0)

RIZIN速報

北岡悟○-×ダロン・クルックシャンク(1R ギロチンチョーク)
 クルックシャンクの打撃をもらい続けた北岡、顔面血まみれになりながら起死回生のギロチンで逆転一本!

ワジム・ネムコフ○-×アリソン・ヴィセンテ(1R KO)
 ネムコフがかつてのヒョードルばりの強烈なパウンドでヴィセンテを粉砕。

浅倉カンナ×-○アリーシャ・ガルシア(判定)
 グラップリング、スタンドともに後れをとった浅倉、見せ場を作れず。

矢地祐介○-×マリオ・シスムンド(1R KO)
 矢地が開始早々のラッシュから跳びヒザで秒殺KO。

和田竜光○-×カイ・カラフランス(判定)
 ローを効かせカラフランスの動きを止めた和田、最終ラウンドはバックキープを続け判定勝利。

元谷友貴○-×アラン・ナシメント(判定)
 ナシメントに上を取られた元谷だが、オモプラッタからのリバーサルを繰り返しスプリットで勝利。

宮田和幸○-×アンディ・サワー(1R アームバー)
 宮田がテイクダウンから三角、チョークと攻め続け最後はアームバーで一本。

那須川天心○-×ニキータ・サプン(1R KO)
 サプンに腕十字を極めかけられたものの、那須川がパウンドアウト。大晦日にもう1試合を要求。

中井りん○-×村田夏南子(3R チョーク)
 村田のタックルを切り細かい打撃を入れた中井が、最後はバックチョークで一本。

ワレンティン・モルダフスキー○-×シモン・バヨル(判定)
 テイクダウンとパウンドで削り続けたモルダフスキーが完勝。

アミール・アリアックバリ○-×ヒース・ヒーリング(判定)
 スープレックスからのパウンド連打で圧倒したアリアックバリ、後半失速も判定勝利。

バルト○-×高阪剛(判定)
 体格差で高阪を押し潰し続けたバルトが藤田戦と同様の展開で勝利。客席からはブーイング。

ミルコ・クロコップ○-×キング・モー(2R KO)
 モーのタックルを切ったミルコがボディへのパンチ連打から、ダウンしたモーにパウンド!

[PR]
by nugueira | 2016-12-29 23:50 | その他(総合・寝技系) | Comments(0)

オルティスvsスコット

 エキサイトマッチの感想。まずWBA世界スーパーフェザー級タイトルマッチ、ジェイソン・ソーサvsスティーブン・スミス。
 距離を取ろうとするスミスを追うソーサ。飛び込みながら左アッパーをヒットさせる。2R開始早々、スミスが体勢を崩したところにソーサの左が入りダウン。勢いに乗ったソーサはこの後も圧力を強め、連打を入れる。3Rも攻勢を強めるソーサは、終盤にカウンターの左フックをヒット。スミスは目じりから出血する。
 4R、今度はスミスの右がヒット。一瞬動きが止まったソーサだがすぐさま反撃に転じ、両者近距離での打ち合いに。5R辺りからソーサはダメージのせいか手数が落ちてきたが、スミスも攻め切れず一進一退の展開で後半戦へ。
 7R、スミスが左ボディ連打。ソーサの身体がくの字に曲がる。8Rはスミスが右カウンターを入れるがソーサも飛び込んでの左アッパーをヒット。9Rになるとソーサは下がる場面が増えてくる。しかしスミスも身体を密着させて押し込むものの、そこから流れをひっくり返すだけの攻め手がない。
 11R、踏ん張りどころとみたソーサは再度ギアを上げて左右のボディやフックを叩き込む。最終ラウンドもスミスに逆転打を許さず、根競べの展開を制したソーサが判定勝利で防衛。

 続いてWBAインターコンチネンタル王座決定戦、ルイス・オルティスvsマリク・スコット。
 開始から露骨に距離を取るスコットに、オルティスは両手を広げて挑発。オルティスが踏み込んでワンツーを打ち込む。2R以降も、ボディストレート等で攻めるオルティスに対しスコットは相変わらず逃げるだけ。
 4R、オルティスがクリンチに来たスコットに打ちおろしの左を入れダウンを奪う。続く5Rはスコットがカウンターの右を狙うが、オルティスはその打ち終わりに左カウンターを入れ2度目のダウン奪取。このままオルティスが押しきるかと思ったが、スコットは上体を柔らかく使ったディフェンスで決定打を許さずに凌ぎ続ける。
 それでもオルティスは左右のボディやアッパーを着実に入れると、8Rにカウンターの左ボディ一閃で3度目のダウン。この後は徹底して下がり続けるスコットを仕留めきれなかったものの、オルティスが上下の打ち分けで攻め続け試合終了。13~15ポイントの大差をつけ判定勝利。
 試合前の分析では技巧派同士の対戦と謳われたものの、スコットが極端にディフェンシブな戦いを貫いたため試合として成立していなかったのが残念。オルティスはゴツイ体型の割にきれいなパンチを打つね。

[PR]
by nugueira | 2016-12-28 23:01 | ボクシング | Comments(0)

年末ボクシングの予想②

 大晦日の試合の予想を。田中vsフエンテスはいまいち判断材料がないのでパス。

ジョナタン・グスマン○-×小国以載
 グスマンは2戦続けて日本での防衛戦。和気戦では終盤ガス欠の気配はあったものの序盤から破壊力の差を見せ圧倒した。日本での調整にも慣れただろうし防衛は固いか。

井岡一翔○-×スタンプ・クラティンデーンジム
 井岡は暫定王者との統一戦。一時期の決めきれない状態を脱し、ここ2試合は終盤ながらKO防衛を続けている。今回も目の覚めるようなKOを見せてほしい。

田口良一○-×カルロス・カニサレス
 田口も地味に3年連続大晦日の世界戦。相手のカニサレスは全勝の選手だが、ワタナベジムを背負う立場になった田口が意地のKO防衛を見せることを期待。

ジェスレル・コラレス○-×内山高志
 年末の世界戦の中でも勝負論では最も注目度の高い試合。とはいえ試合自体は短期決戦で終わる可能性が十二分にある。
 前回の内山の敗戦はビッグマッチが流れたことによるモチベーション低下も要因だったとは思うが、コラレスのハンドスピードの速さも本物で、決してフロックとして片づけられる試合ではなかった。内山がメンタル面も含めどこまで仕上がっているかに懸かっているが、普通に考えるとダイレクトリマッチは前回勝っている方に分があるのでは。シビアにコラレスが返り討ちにすると予想。

[PR]
by nugueira | 2016-12-27 23:44 | ボクシング | Comments(0)

年末ボクシングの予想①

 年末の風物詩となった感もあるボクシング世界戦ラッシュ。まずは30日の方から勝敗予想。

村田諒太○-×ブルーノ・サンドバル
 遂に世界戦の具体的な話が出てきた村田の前哨戦。相手はこれまでのキャリアの中ではおそらく最強だが、ここでつまづいたらこの4年間は何だったのかという話になってくる。試合ごとのムラがあるのは心配だが、一気にチャンスをつかんでほしい。

八重樫東○-×サマートレック・ゴーキャットジム
 最初は暫定王者との統一戦が予定されていたが、相手の負傷で延期に。八重樫としては負傷からの復帰明けに統一戦が回避できたのはラッキーか。相手のサマートレックはかつて井上に負けている相手。八重樫もここのところ危なっかしい試合が多いが、ここはクリアしたい。

井上尚弥○-×河野公平
 井上の4度目の防衛戦は河野と日本人対決。ここに来てテレビ向けマッチメイクになっちゃったのは少々残念だなあ。今年は試合中の拳の負傷もあり内容的にはイマイチの防衛が続いているので、久々の激勝を期待。

[PR]
by nugueira | 2016-12-26 23:24 | ボクシング | Comments(0)

UFC207の予想

 日本時間大晦日のUFCの予想を。

ティム・ミーンズ○-×アレックス・オリヴェイラ
 ここ3年間で7勝2敗の成績を残しているミーンズ。前回計量オーバーの挙句にブルックスに勝ってしまったオリヴェイラを成敗してもらいたい。

キム・ドンヒョン○-×タレック・サフィジーヌ
 1年ぶりの試合となるドンヒョン。前回の試合も格下との試合だったので上位陣との対戦から遠ざかっているのは不安材料だが、サフィジーヌにはきっちり勝っておきたい。一時期の倒すか倒されるかスタイルだとかなり危なっかしい部分もあるが。

ジョニー・ヘンドリックス×-○ニール・マグニー
 ここ4戦で1勝3敗と下降線をたどっているジョニヘン。マグニーもKO負けからの再起戦だが、ジョニヘンはコンディションを作れるかどうかというレベルで不安。

T.J.ディラショー○-×ジョン・リネカー
 前王者ディラショーがリネカーを迎え撃つ一戦。バンタム級に上げた後も得意の打撃で白星を重ねているリネカーだが、ディラショーを捉えるのは苦労しそう。ディラショーがフットワークでリネカーを翻弄し続け判定勝ちか。

ドミニク・クルーズ○-×コディ・ガーブランド
 セミはバンタム級タイトルマッチ。UFCデビューから5連勝で一気にタイトルマッチまで駆け上がったガーブランドだが、こちらもクルーズをつかまえるのは苦労しそう。復帰後も以前と変わらぬファイトスタイルと強さを維持するクルーズが、変幻自在のノンストップファイトで圧倒するか。

アマンダ・ヌネス×-○ロンダ・ラウジー
 ロンダが1年ぶりの復帰戦でいきなりタイトルマッチかつメインイベントに登場。まあこれまでの実績を踏まえれば当然か。
 特に怪我があったわけではないので、ロンダにとってはモチベーションをどこまで取り戻せているかがカギか。ファイトスタイルでいえばヌネスは一発があるので相性としては怖い相手。
 ロンダの発言を見ていると選手としてのキャリアは確実に終わりへと近づいているのでは、と思えてくる。次の敗北はそのまま引退へとつながる可能性が高いが、彼女がオクタゴンから去る日はもう少し先だ、と思いたい。

[PR]
by nugueira | 2016-12-25 23:02 | UFC | Comments(2)
 エキサイトマッチでWBO世界スーパーフェザー級タイトルマッチ、ワシル・ロマチェンコvsニコラス・ウォータースを視聴。

 ジャブから左を出すロマチェンコに、ウォータース左ボディを返す。1R終盤からフットワークのギアを上げたロマチェンコはウォータースのパンチをかいくぐりながら右をヒット。
 2Rもロマチェンコは外に回り込みながらパンチを繰り出す得意の動き。ウォータースはスピードに対応できない。3Rはロマチェンコがガードの隙間からねじ込むように左ストレートをヒット。ウォータースもパンチを返すが、ロマチェンコがボディワークとブロックで有効打を許さない。ウォータースはガードを固めてカウンターを狙うが、ロマチェンコは左ストレート、さらにダブル。
 5Rにさらにギアを上げたロマチェンコはジャブの連打から左をヒット。終了間際には立ち止まってウォータースを挑発する。6R、ウォータースは前に出ながら強い右を振るいペースを変えようとするが、ロマチェンコはサイドに回っての右、さらに左アッパーから右へのコンビネーションを次々とヒット。
 7R、さらに攻勢を強めるロマチェンコは回り込んでの右連打から左ボディ、左アッパーとやりたい放題になってくる。ウォータースは決定的なダメージを受けたわけではないが、戦意を喪失したのかこのラウンド終了時にギブアップ。

 リーチではウォータースが上回るうえに一発の破壊力は言わずもがなで、ロマチェンコにとっては十分すぎるぐらい怖い相手のはずだが、蓋をあけてみれば過去の試合と同様に卓越したスピードとボディバランスで圧倒。一時期の必要以上に様子を見ちゃう場面もなくなってきたし、プロの水になじんできたんだろうなあ。一方のウォータースは、商品価値が暴落してもおかしくない負け方。玉砕しろというわけではないが、この終わり方は勘弁してほしかった。

[PR]
by nugueira | 2016-12-24 23:14 | ボクシング | Comments(0)

RIZINの予想④

 31日の後半戦の予想。

RENA○-×ハンナ・タイソン
 FUJIYAMAでの番組構成からするとRENAの相手は国内勢もあり得るかと思ったのだが、噛ませっぽい外国人との対戦に。MMA3戦目なのでシビアな相手を当ててもしょうがない、というのは確かなんだけど。とりあえず快勝を期待。

所英男○-×山本アーセン
 RIZIN1勝1敗、クロンに敗れている者同士ではあるが、キャリアに相当差がある組み合わせ。アーセンが勝ったら大きいが、所はトリッキーな打撃も出せるしさすがに厳しいか。というか亡くなったレミーガへの餞のためにも、所は絶対に負けられない戦い。

川尻達也○-×クロン・グレイシー
 UFCを離脱した川尻の国内復帰第1戦。キャリア差を考えれば、クロン戦は大勝負というより「おいしい試合」とならなければおかしい。UFCでは組んでテイクダウン狙いの試合が続いたが、今回はスタンドで粉砕してくれることを期待。

[PR]
by nugueira | 2016-12-23 19:48 | その他(総合・寝技系) | Comments(2)