反り立つ壁に撃沈。


by nugueira

<   2016年 08月 ( 27 )   > この月の画像一覧

田口&河野の感想

 ボクシングダブル世界戦の感想を。まずWBA世界スーパーフライ級王座統一戦、河野公平vsルイス・コンセプシオン。
 
 足を使ってサークリングする河野に、コンセプシオンがパンチを振るっていく展開。1Rはお互い様子見か。河野は2Rも下がりながらのカウンター狙いだが、コンセプシオンに攻め込まれる時間帯が増え危なっかしい展開。3R辺りから距離をコントロールし始めるが、依然手数が出ない。
 4Rからようやく手数を増やしてきた河野。左ボディから右の打ちおろしへとつなげていく。コンセプシオンは序盤ほど前に出れなくなるが、それでも要所要所で連打を繰り出し攻勢。河野はボディや右ストレートを入れるが単発で、手数で負けてしまっているか。
 後半に入った7R、さすがに河野がギアを上げてくる。開始と同時にボディからワンツーを叩き込み、近距離での打ち合いへ。コンセプシオンの顔面を繰り返し捉えるが、河野自身も顔面から出血。8Rはコンセプシオンのボディ連打で河野がガクリと腰を落とすが、そこから足を止めての打ち合いで反撃。一気に試合が動き始める。河野のパンチも入っているが、回転力ではコンセプシオンに分があるか。
 9・10Rと河野の右がコンセプシオンの顔面を繰り返し捉え、さらにボディからの右ストレート。コンセプシオンも反撃し消耗戦になるが、後半は河野がポイントを取り返している。
 11Rは河野の右をもらいつつもコンセプシオンが再度圧力を強め、一歩も引かない打ち合い。さすがに勝負所をよく分かっている。最終ラウンドも両者足を止めての打ち合いになるが、コンセプシオンの圧力と手数が上回った印象で試合終了。判定は2~4ポイント差で三者ともコンセプシオンを支持し、統一王者となった。
 個人的採点は4、7、9、10、11が河野。リーチで勝る河野が近距離での打ち合いを選んだ後半から盛り返したのは皮肉な話で、完全に結果論になるが序盤からこの展開に持ち込んでいれば勝敗も入れ替わっていたか。

 続いてWBA世界ライトフライ級タイトルマッチ、田口良一vs宮崎亮。
 1Rは比較的静かな出だしからスタート。2Rに入ると田口のジャブが的確に宮崎の顔面を捉え、もともとリーチに劣る宮崎はなかなか飛び込めなくなる。3Rは田口が左アッパーや左フックをヒットさせ、徐々にリズムに乗ってくる。
 宮崎は動きが悪いわけではないのだが目立ったパンチが出ず、5Rに右が田口の顔面に入るものの、流れを変えるには至らない。一方の田口もペースは握りつつも決定打が出ない感じで、いまいちスカッとしない展開に。
 7・8Rは田口が近距離での有効打を増やし連打を仕掛けるが、ダウンは奪えず。宮崎は狙いが何なのかが見えてこない。結局後半戦も田口が有効打数で着実にペースを握り続けるものの、決定打は入れられないまま12ラウンド終了。4~10ポイント差をつけて4度目の防衛に成功。
 宮崎は淡々と闘い続けてそのまま負けてしまったという感じ。前半から田口にペースを握られたにも関わらず、リズムを変えるための工夫が全く見られなかった。世界王者経験者同士のヒリヒリした試合にならなかったのが残念だが、その宮崎を崩せなかった田口も何だかなあ、という印象。内山不在の重さを改めて実感させられた興業だった。

[PR]
by nugueira | 2016-08-31 23:55 | ボクシング | Comments(0)

UFC Fight Night93の予想

 日本時間4日(3日深夜)のハンブルグ大会の予想を。

ニック・ハイン○-×バン・テヒョン
 ハインが日本大会以来の出場。粕谷戦はあまり見るべき部分のない内容だったが、地味にUFC3勝1敗。地元での試合とあって、ここはきっちり勝つか。

ライアン・ベイダー○-×イリル・ラティフィ
 タイトル挑戦者の踏み台ポジションが完全に板についてしまったベイダー。対するラティフィは3連勝中だが上位ランカーとの対戦経験はなし。ベイダーはこのレベルの相手に取りこぼすようだとさすがに厳しい。白星を積み重ねてベラトールへの移籍につなげたいところだ(コラコラ)。

アレクサンダー・グスタフソン○-×ヤン・ブラホヴィッツ
 コーミエとのタイトルマッチに敗れて以来の試合となるグスタフソン。AJに負けてからスウェーデン大会もぷっつりと途絶えちゃったな。とりあえず明らかに勝たせるためのマッチメイクを組んでもらっているので、KOでのスカ勝ちを期待。

アンドレイ・アルロフスキー×-○ジョシュ・バーネット
 メインはヘビー級の一戦。ともにタイトル戦線からは後退しており、これ以上の負けは避けたいところ。ジョシュはロズウェルにまさかの一本負けを喫したが、アルロフスキーに同じ展開を食らう心配はないか。アルロフスキーのパンチは怖いが、それ以上にここ2試合は打たれ弱さが顕著な負け方をしている。ジョシュが一発入れて勝ちそう。

[PR]
by nugueira | 2016-08-30 23:49 | UFC | Comments(0)

勝敗予想(8月の決算)

 8月の勝敗予想の決算を。

8/8 UFN92(4/5)
8/20 Krush.68(2/2)
8/21 UFC202(3/6)
8/27 ベラトール160(1/1)
8/28 UFC on FOX(3/4)

 合計は13/18で的中率72.2%。UFC202は躓いたものの、他は安定した成績で合計7割クリア。先週の惨敗から多少盛り返しました。

[PR]
by nugueira | 2016-08-29 23:03 | 雑記 | Comments(0)

UFC on FOX21の感想

 最近はニコ生やAbemaTVにお世話になることが多かったので、久々にファイトパスで視聴すると何か新鮮な感じ。

ジム・ミラー○-×ジョー・ローゾン(判定)
 ミラーの蹴り足をつかんだローゾンがテイクダウンから足関節。スタンドに戻った後も圧力をかけるのはローゾン。ミラーがバックスピンエルボーを出すが勢い余って転倒し、上を取ったローゾンがパウンドで攻める。スタンドに戻った後、ラウンド終盤はミラーが上下にパンチを打ち分けて反撃。
 2Rはスタンドの攻防が続き、ローゾンが前に出ていく。ラウンド中盤にミラーが蹴りからバランスを崩し転倒。ローゾンが上をキープし、アームロック狙いからパウンドで削ってラウンド終了。
 3Rは序盤にミラーがアッパーをヒットさせ、下がったローゾンに猛攻。しかしこれを凌いだローゾンがタックルからテイクダウンし、パウンドで削る。終盤はミラーが組み付いていくが、ローゾンが再びテイクダウン。腕十字に行ったところで試合終了。
 最初から最後までかみ合った好勝負。負けたミラーも頑張ったねえ…と思ったら判定はスプリットでミラー。1Rはともかく3Rまでミラーについちゃうのか。UFCは先月からダメージ重視のジャッジが顕著になっているが、こうなると多少寝かされてもスタンドで打ち合って効かせた者勝ちになっちゃうな。

ペイジ・ヴァンザント○-×ベック・ローリングス(2R KO)
 ヴァンザントは距離を取りながら跳び蹴り・前蹴りを繰り出すがヒットしない。ローリングスは距離を詰めてパンチ。お互い有効打は出ず煮え切らない展開だが、ヴァンザントは自分の距離に入れないまま1R終了。
 このままだとヴァンザントはきついか、と思えた2R開始早々、ヴァンザントの二段蹴りがローリングスのアゴにヒット!仰向けに倒れたローリングスに追撃のパウンドを入れたところでレフェリーストップ。ヴァンザントは今後さらに人気が上がりそうな勝ち方。

アンソニー・ペティス○-×シャーウス・オリヴェイラ(3R ギロチンチョーク)
 開始から組み付いていくオリヴェイラ。シングルの状態で堪えるペティスだが、オリヴェイラはなおも組み付くとバックを奪い引き込み。ペティスはスタンドに戻すと左ミドルを立て続けにヒット。嫌がるように引き込んできたオリヴェイラをペティスがパウンドで削り1Rが終了。
 フィニッシュも時間の問題かと思えたが、2Rはオリヴェイラが打撃戦を挑み、逆にペティスは攻め疲れかガクリと動きが落ちる。オリヴェイラに組み付かれるとバックを奪われ、スタンドでも押され気味に。
 3Rもダブルレッグであっさりテイクダウンされ、バックマウントを奪われるペティス。もはやここまでか…と思いきや、スタンドに戻すとタックルに来たオリヴェイラをギロチンに捕らえ逆転一本勝ち。
 ペティスは最後の勝負どころを逃さなかったのはさすがだったが、1Rにミドルを効かせたところで終わらせてほしかった。減量が上手くいかなかったのかもしれないが、オリヴェイラにこれだけ苦戦したとなるとフェザーでの戦いも楽なものにはならなそう。

デミアン・マイア○-×カーロス・コンディット(1R 裸絞め)
 タックルに行ったマイアがシングルからテイクダウン。ハーフからコンディットが亀になったところでバックを奪うと、四の字フック。チョークをがっちりと極め、最後はコンディットが力なくタップ。
 マイアはスタンドを凌げるかどうかが不安材料だったが、コンディットを難なく一蹴。さすがにこれでタイトル挑戦できないのはかわいそうだろう。トンプソンが挑戦する間にもう一戦挟まされそうなのが怖いが。
[PR]
by nugueira | 2016-08-28 16:33 | UFC | Comments(0)
 メインだけAbemaTVで視聴(セミから見ようと終わったら、既に元谷が勝った後だった)。

中西良行×-○長谷川賢(1R KO)
 序盤から近い距離での打撃戦。長谷川が右ミドルからパンチを入れるが、長谷川のローに合わせた中西の右がヒットし長谷川がぐらつく。ここから組み合うがグラウンドにはならず、再び近距離での打撃戦。お互い飛び込みながらパンチを繰り出すが、徐々に長谷川のパンチが入り中西が後退。最後は長谷川の右が入り中西がダウンしたところで、レフェリーがすぐさまストップ。相打ちっぽい場面も見られたが、こういう展開になったらもともと重い階級でやっていた長谷川の方が分が良かったか。

 セミの元谷も含め、大晦日敗戦組が遅まきながら反撃の狼煙を上げる形に。会場観戦及び最初からAbemaTVをご覧になっていた方は、長時間興業お疲れ様でした。

[PR]
by nugueira | 2016-08-27 22:06 | その他(総合・寝技系) | Comments(0)

UFC on Foxの予想

ジョー・ローゾン○-×ジム・ミラー
 
ともにUFC200で復活の狼煙を上げた古豪同士がショートスパンで出場。約3年8ヶ月ぶりの再戦で、前回はミラーが判定勝利。二人ともダメージの蓄積が心配だが、構わず殴り合いにいきそうだから怖い。悩ましいが、なんだかんだでここ6戦を4勝2敗と勝ち越しているローゾンに期待。

ペイジ・ヴァンザント○-×ベック・ローリングス
 ヴァンザントが昨年12月以来の復帰戦。前回はナマユナスに格の違いを見せつけられる完敗だったが、ここで連敗してしまうようだと辛い。

アンソニー・ペティス○-×チャールズ・オリヴェイラ
 ペティスのフェザー級転向初戦。いきなりオリヴェイラがあてがわれてしまう辺り楽はさせてもらえない感じだが、フィジカル差で押される展開にはならないはず。かつてのキレ味を取り戻して、激戦区フェザー級を引っ掻き回してほしい。

デミアン・マイア○-×カーロス・コンディット
 5連勝中のマイアが1月にタイトル挑戦したコンディットと激突。マイアは一時期スタミナ不足で苦戦する展開が続いていたが、ここ最近は寝技で相手をドミネイトし続ける安定した勝ち方を見せている。コンディットが勝つとしたらスタンド決着だろうけど、勢いに勝るのはマイアか。トンプソンの次の挑戦権をここらで確定させておきたい。

[PR]
by nugueira | 2016-08-24 23:39 | UFC | Comments(0)

ベラトール160の予想

 日本時間27日のベラトールの予想を。この1~2ヶ月で50回ぐらい言っている気がするが、AbemaTVで無料観戦できるんだから本当にいい時代。

ベンソン・ヘンダーソン○-×パトリシオ・フレイレ
 ベラトール移籍初戦が黒星スタートとなったベンヘン、ライト級に戻しての再起戦。ここで負けるとタイトル戦線に絡むどころじゃなくなってくるし、ベラトール的にもとんだ高い買い物になってしまう(UFC移籍組では往々にしてある話だが)。相手のフレイレは実は試合映像をちゃんと見たことがない気がしてきたのだが、ここ10戦8勝2敗。楽な相手ではなさそう。ベンヘンはかつてのフィジカルを活かして競り勝つスタイルを取り戻せるかどうかがカギ。最大の敵はコンディション作りか。

[PR]
by nugueira | 2016-08-23 23:18 | その他(総合・寝技系) | Comments(0)

UFC202の感想②

 メイン以外の感想を。しかし3月といい今回といい、マグレガーがメインの大会はどうして毎回神興業となるのか。

コディー・ガーブラント○-×水垣偉弥(1R KO)
  開始からお互いのパンチが交錯。水垣がパンチを出そうとした瞬間にガーブランドの右がテンプルを打ち抜き、水垣ダウン!ガーブランドが追撃のパウンドを連打しレフェリー止めた!
 わずか48秒、水垣にとっては予想以上に厳しい結果に。負けた相手が錚々たるメンバーなのでリリースはないと信じたいが…。

ティム・ミーンズ○-×サバウ・ホマシ(2R TKO)
 圧力をかけるミーンズに、ホマシは出入りしながらのパンチから片足タックル。テイクダウンを奪うが、ミーンズ立ち上がる。ラウンド中盤から口を開けて下がり始めたホマシに、ミーンズはボディを入れるとさらに組んでのヒザ、スタンドでのヒジ連打。2Rに入ってもミーンズの攻撃は緩まず、ボディへの前蹴り、組み付いてのヒザ、ヒジでホマシを追い込んでいく。ホマシは顔面から流血しながら防戦一方となり、最後はスタンドで打たれ続けたところでハーブ・ディーンが珍しく常識的なストップ。ミーンズが緊急出場のホマシを一蹴。

イム・ヒュンギュ×-○マイク・ペリー(1R KO)
 上背にかなり差がある対戦。ジリジリ圧力をかけるヒョンギュに、ペリーが右のカウンターをヒット。すぐさまトップポジションを取ると、マット・ヒューズ・ポジションからパウンド連打。スタンドに戻るが、ヒョンギュのパンチのタイミングを見切ったペリーがまたもカウンターの右でダウンを奪う。強烈なパウンドを入れ続け、スタンド再開後にあっさり3度目のダウンを奪ったところでレフェリーがストップ。こちらは代打出場のペリーがチャンスをものにした。

リック・ストーリー×-○ドナルド・セラーニ(1R TKO)
 セラーニがタックルからテイクダウン。ストーリーはラバーガードの体勢を取ると、セラーニの立ち上がり際にタックルからテイクダウンを奪い返す。セラーニが三角から腕十字を狙うが、凌いだストーリーがバックを奪い返す。スタンドに戻った後はセラーニが左右のパンチを入れ攻め込む。お互いの動きが噛み合った好勝負。
 2R、セラーニは1R終盤の勢いを持ち込み、グラウンドには行かずスタンドで攻勢。前蹴り、ボディへのヒザ、左右のパンチを叩き込みストーリーを追い込んでいく。最後はボディショットからストーリーが頭を下げたところに右ハイがヒット!背中を向けて後退したストーリーにヒザからパンチを叩き込みダウンさせると、追撃のパウンドを入れ勝負あり。ライト級に戻ってアルバレスと戦ったら?とも思っていたが、この内容ならウェルター級上位陣との対戦の方が楽しみになってきた。

アンソニー・ジョンソン○-×グローバー・テイシェイラ(1R KO)
 開始から距離を詰めてパンチを振るう両者。ジョンソンがフックを見せた後、右アッパー一閃!打ち抜かれたテイシェイラが大の字に崩れ落ち、13秒で衝撃のKO。テイシェイラは何が起きたか理解できていないのか、抱き起したスタッフにタックルを入れていた。
 ジョンソンは試合後のマイクで客席にいたコーミエを挑発。これはジョーンズの復帰がどうなるかに関係なく、再戦へ待ったなしだな。
[PR]
by nugueira | 2016-08-22 23:30 | UFC | Comments(3)

ネイトvsマグレガーⅡ

 UFC202、何はともあれメインの感想から。

ネイト・ディアス×-○コナー・マグレガー(判定)
 オクタゴンの真ん中にスタッフが壁を作り、両者を接近させない未だかつて見たことのない光景とともに、いよいよ試合開始。
 ローを入れていくマグレガーに、ネイトはサイドキック。徐々にお互いパンチの手数が増えてくるが、マグレガーが立て続けに左をヒットさせネイトがダウン!マグレガーは寝技に付き合う気は一切なく、スタンドで戦い続ける。前回同様1Rはマグレガーが取ったが、無駄打ちをせず落ち着いて戦えている印象。このまま押しきれるか?
 2Rもマグレガーが左を次々とヒットさせ、あっという間に2度のダウンを奪う。ネイトはローも効かされている様子で、これはさすがにマグレガーのワンサイドゲームになるか…と思えたラウンド後半、殴られ続けながらも圧力をかけ続けるネイトに、マグレガーが露骨に後退。ネイトはケージ際に詰めるとショートレンジの連打でマグレガーを追い込んでいく。マグレガーはガス欠か一気に動きが悪くない、試合の行方がにわかに分からなくなってくる。
 3R、マグレガーが単発の打撃をヒットさせるが、ネイトは構わず前進。殴られ続けて顔面血まみれのネイトがマグレガーを下がらせる、まるでプロレスの試合のような展開。ネイトがタックルにいくが、ここはマグレガーが切る。しかしネイトは下がるマグレガーを指さして挑発すると、ケージ際で連打を叩き込み、完全に主導権を奪い返す。あと2R、二人とも最後まで立っていられるのか?
 4Rは開始早々マグレガーの前蹴りがボディに突き刺さり、ネイトが嫌がるように後退。マグレガーはこれで精神的にもやや持ち直したか、ボディ攻めで攻勢。ネイトがケージ際で組み付くが、マグレガーはテイクダウンは許さず、1Rと同じ距離でパンチを入れていく。マグレガーが非常に大きなポイントを取り返し、最終ラウンドへ。というかこいつら最高。
 最終ラウンド、背中を向けて距離を取り続けるマグレガーに、ネイトは中指を立てる。ケージに押し込んで細かいパンチを入れながらテイクダウンを狙うネイトだが、ここもマグレガーが踏ん張る。残り1分でマグレガーが足をかけて逆にテイクダウンを取るが、ネイトは尻餅をついただけですぐに立ち上がる。残り15秒でネイトが遂にテイクダウン!だがもはや時間はなく、パウンドを入れたところで試合終了。ジャッジは一者ドロー、残り2名は48-47でマグレガー。死闘を制しリベンジに成功した。

 まず一言で感想を言うと、ネイトは試合に負けて喧嘩に勝った形。どうしてここまでハチャメチャな試合ができてしまうのか。テイクダウンがあと1分早ければ…というのが残念でならないが、逆に言えばあそこまでテイクダウンを許さなかったマグレガーがすごかった。序盤のロー狙いも含め、前回の敗戦からしっかりと立て直してきたという印象。
 とはいえ、マグレガーのこういう勝ち方を見たかった客はほぼ皆無なのでは。通常なら2階級上の体重で勝っただけで十分凄いことなのだが、3R以降の背中を見せて逃げ回る姿からは「喧嘩に負けた」という印象しか受けなかった。マグレガーにこれ以上ウェルター級で戦う意味はないだろうから、長い「寄り道」はこのぐらいにして、さっさとフェザー級のタイトル戦線を動かしてほしい。

[PR]
by nugueira | 2016-08-21 22:55 | UFC | Comments(4)
 UFCが10月以降の大会スケジュールを正式発表。

10/1 ポートランド
10/8 マンチェスター
10/15 パセイ
11/5 メキシコシティ
11/12 ニューヨーク
11/19 ベルファスト
11/19 ブラジル
11/27 メルボルン
12/3 ラスベガス
12/9 オルバニー
12/10 トロント
12/17 サクラメント
12/30 ラスベガス

 そもそもUFC202から10月15日のフィリピン大会まで9週連続開催(!)なのだが、11月・12月で計10大会。11月19日は同日付でアイルランドとブラジルが時差開催という、久しぶりのリレー興業。UFCてめえ、俺たちをどうするつもりだ!

 UFCの興業数は2014年が46大会で「ほぼ週刊UFC」状態になった後、2015年は40大会とややペースダウン。今年も前半は抑え目の開催ペースだったので前年並みかな?と思っていたが、暮れが近づいたところで急にぶっこんできた。親会社が変わって強気に転じたか?

 その一方で今年は日本大会がないことが確定。まあWOWOW中継が終了した時点でチェックメイトだったからなあ。というか、今年はアジア地域での開催が10月のフィリピン大会1つのみ。韓国大会も次の話が聞こえてこないし、一時期恒例だったマカオ大会も休眠状態。
 
 2012~2013年頃にUFCの開催国が一気に増えた際「各国は大会開催を通じてズッファに市場価値を査定されている」といったことを書いた記憶があるのだが、アジア各国は雁首そろえて不適格判定を食らっちゃったなあ。欧米とビジネススタイルが違うのでやりにくい、というのが一因なのかもしれないが。「ご当地枠」で日本人選手にオファーが来る機会も当然減っておかしくないわけで、しばらくはファンにとっても選手にとっても我慢の時期が続きそう。

[PR]
by nugueira | 2016-08-20 23:47 | UFC | Comments(0)