反り立つ壁に撃沈。


by nugueira

<   2015年 12月 ( 34 )   > この月の画像一覧

 少しずつ消化しとかないと後が詰まってるので、冒頭からの感想を。

 問題のチケット振替問題、振替の行列が長くて待っているうちに15時を回ってしまったのでヒヤヒヤした。さすがにこれは運営側の見込みと手際が悪すぎ。結果的に最初の想定よりいい席で見れたのは良かったけど。会場内は正直空席がかなり目立っていたが、29日は仕事がある人もいるだろうし、どちらか片方いくなら大晦日、という人の方が多いだろうから致し方ないか。

 オープニングの選手入場は見ているだけで気づくと汗だくになっていた。何というか、この空間にまた戻ってこれた、という感じ。

高阪剛○-×ジェームス・トンプソン(2R レフェリーストップ)
 トンプソンの12キロオーバーって…。減量しようという意志すら見えない数字だし、これはプロモーターサイドとの間で何か行き違いがあったのかなあ。
 開始と同時にトンプソンがラッシュを仕掛け、クリンチアッパーとヒザの連打。いきなり終わるか、とヒヤヒヤしたが、これを凌いだ高阪は逆にパンチを打ち込んでトンプソンをグラつかせる。テイクダウンを奪った高阪はハーフからパウンドを入れた後、亀になったトンプソンに鉄槌とヒザを打ち込み続ける。ストップしてもいい状況だったと思うが、スタンドに戻したトンプソンは高阪のローにパンチを合わせスリップダウンを奪う。スタンドでは高阪のパンチも入っているが、泥仕合の様相を呈してきた。
 2Rもスタンドの攻防が続き、トンプソンの一発が入ったら…と不安になったが、押し続けるのは高阪。最後は右の連打を入れてトンプソンが背中を向けたところでようやくレフェリーストップ。9年ぶりの復帰戦だがしっかりとコンディションを造り上げてきた高阪はさすが。世の中年男性は年齢を言い訳にしたらいかんね。

カルロス・トヨタ×-○キリル・シデルニコフ (1R TKO)
 レフェリーがビッグ・ジョン・マッカーシーなのでリング上がパッと見「3WAY?」という絵づらに。
 シデルニコフが開始早々スピードもキレもあるパンチ連打。フックを効かせトヨタを下がらせると、ラッシュを叩き込んでダウンを奪い最後はパウンド連打でフィニッシュ。戦績を見たらMMAの試合は5年ぶりらしいが、ロシアはこういう人材がゴロゴロしてるのか?実際問題「ゴロゴロしてる」ということがこの後の試合で明らかになるんだけど。

元谷友貴―フェリペ・エフライン(1R 無効試合)
 エフラインの打撃に臆することなくパンチを繰り出す元谷は、組み付きからテイクダウン。一度立ち上がりかけたエフラインを再度テイクダウンすると、バックマウントからおぶさるような体勢からパンチを入れる。おんぶから降りた後もテイクダウンを奪いペースを握る元谷だが、スタンドでの再開後にエフラインの右アッパーから左フックのコンビネーションがヒットし、一撃で仰向けにダウン。エフラインの計量オーバーにより無効試合となったが、事実上の逆転KO負けを喫してしまった。
 元谷はレスリング力の強化がよく出せていた試合内容だけに、一発もらってしまったのがもったいない。記録上は無効試合とはいえこれでUFCは確実に遠のいたはずで、あまりに痛すぎる敗戦。
[PR]
by nugueira | 2015-12-31 18:52 | その他(総合・寝技系) | Comments(2)
 それではヘビー級トーナメント決勝ラウンドの予想。先ほども書いたように全員快勝で一回戦を突破。もう誰が勝っても驚かない、正真正銘の大激戦必至。

キング・モー○-×テオドラス・オークストリス
 オークストリスは昨日見せたような一発が怖いが、総合力ではモーが上か。テイクダウンから固め続けて勝ちそう。ただモーも昨日の試合では後半攻め疲れの様子も見せていたので、長丁場になると不安。

ワジム・ネムコフ○-×イリー・プロハースカ
 ロシア幻想を大爆発させる皇帝2世・ネムコフと、石井を粉砕した伏兵プロハースカ。もうこのトーナメント、本当に面白い。ネムコフならスタンドの打撃でも五分以上に渡りあいそうだし、テイクダウンもきっちり取れそう。

モー×-○ネムコフ
 実績から考えれば間違いなくモーなのだが、スタイル的に短期決着しにくいので、準決勝でスタミナを消耗しそう。このトーナメントは無名の存在が一気にスターダムに駆け上がった方が絶対に面白いので、そういう期待値も込めてネムコフ優勝と予想。

 明日は地上波観戦。人気ブログランキングへ
[PR]
by nugueira | 2015-12-30 23:53 | その他(総合・寝技系) | Comments(2)
 実際の試合順と一致しないのだが、明日の予想の前提としてヘビー級トーナメント一回戦の感想から先に。

キング・モー○-×ブレット・マクダーモット(1R KO)
 開始早々モーがきれいなタックルからテイクダウン。マクダーモットに立たれるが、今度は抱え上げてスラムのように叩き付ける豪快なテイクダウン。ハーフガード越しにパウンドで削り続ける。この後もモーがテイクダウンから削り続け、このままパウンドアウトかとも思ったがマクダーモットも打たれ強さを見せスタンドへ戻す。モーは攻め疲れかラウンド後半に入ると動きが落ちてきた感じ。ノーガードになりやや危なっかしさもあったが、それ以上に消耗の激しいマクダーモットにパンチを入れ続けると、最後は右の連打を叩き込んでマクダーモットが崩れ落ちるようにダウン。大本命モーが初戦を突破したが、スタミナ面ではやや不安も残る内容。

テオドラス・オークストリス○-×ブルーノ・カッペローザ(1R KO)
 開始と同時にオークストリスがパンチを仕掛けるが、カッペローザは落ち着いて対処すると組んでから脇を差しテイクダウン。スタンドに戻った後も細かいパンチを入れ押し気味に進める。オークストリスのパンチでカッペローザがフラッシュダウンするものの、すぐ立ち上がり逆にパンチを入れ返す。このままカッペローザのペースか、と思ったところでカッペローザの蹴り足をつかんだオークストリスが右フック一閃!カッペローザが一撃でうつ伏せに倒れ込み、オークストリスが衝撃のKOで準決勝進出。

ゴラン・レリッジ×-○ワジム・ネムコフ(1R TKO)
 ネムコフがミドル、ロー、パンチで前に出続ける。レリッジは組み付かれても腰の重さをみせテイクダウンは許さないが、ロープ際に詰めたところでネムコフの右フックがヒット!吹き飛ばされるようにダウンしたレリッジにネムコフはサッカーボールキック、さらに追撃のパウンドを入れレフェリーがストップ。皇帝2世が圧勝のKO劇。
 他の試合の観戦記は改めて書くが、今回ヒョードル軍団は4人出場して全員1ラウンドKO・一本勝利。俺、年が明けたら息子にコマンドサンボ習わせようかな。

石井慧×-○イリー・プロハースカ(1R TKO)
 石井はオーバーハンドから組み付くが、プロハースカは首相撲に捕えてヒザ。手足が長いプロハースカを、石井はなかなかテイクダウンできない。石井はタックルに行くがこれも切られてしまい、プロハースカがスタンドの打撃で徐々に押していく。プロハースカの右ハイを石井はブロックするが、弾き飛ばされるようにダウン。プロハースカも転倒するもののすぐに立ち上がって石井をロープ際に詰めると、右ストレートで再度ダウン。倒れ込んだ石井にプロハースカがグラウンドの膝を打ち込んだところでレフェリーストップ。わずか96秒で石井がまさかの初戦敗退。
 寝技はザルという評判だったので寝かせばどうにでもなるかと思っていたが、その展開に持ち込むことができず、打撃の一発をもらってしまい完敗。フジテレビ的にも痛い敗戦だが、逆にこのトーナメントのメンバーが知名度はさておき掛け値なしの強豪揃いであることの証明にもなった。

 一回戦4試合全てが1ラウンドKO決着という説得力満点の内容。大会前に関根勤がこのトーナメントを第1回K-1になぞらえていたが、その例えが大袈裟でないほどのワクワク感が生まれてきている。明日はヘビー級MMAの新たなヒーローが生まれる日になるのではないか。
[PR]
by nugueira | 2015-12-30 21:39 | その他(総合・寝技系) | Comments(4)

八重樫快勝、井上激勝!

 録画視聴したボクシングダブル世界戦の感想。まずIBF世界ライト・フライ級タイトルマッチ、ハビエル・メンドサvs八重樫東。
 1Rから積極的に出る八重樫。右ストレート・右ボディ・左ボディを次々と打ち込み、メンドサのパンチは上手く距離を外していく。
 2R、メンドサは左ボディを繰り返し出していくが、八重樫は距離を外しつつ右アッパー。ラウンド終了間際に右ストレートを立て続けに叩き込み、一瞬動きの止まったメンドサに連打を入れる。メンドサはひるむことなく3Rも前に出続けるが、八重樫は左フック・左ボディ・右ストレート。2分過ぎには右フック連打を叩き付け、メンドサは効いている様子。4Rは両者ボディの削り合いとなるが、八重樫はしっかりボディを効かせて顔面へつなげるコンビネーション。
 5Rも八重樫はボディを突き刺してメンドサを下がらせると、左右のフック。メンドサは八重樫の出入りの速さにまったくついていけない。6Rはメンドサが再び圧力を強め近距離の打ち合い。メンドサが左フックを入れれば八重樫は右ストレートを入れ返し、終了間際に右フックでメンドサをぐらつかせる。
 7Rは序盤にメンドサが八重樫をロープ際へ詰めてラッシュ。ヒヤリとさせられるが、ここを凌いだ八重樫は右ストレートを着実に突き刺してメンドサの顔面を跳ね上げる。8R、八重樫は自ら前に出て攻勢。メンドサもうるさく手数を出し続けるが、終盤に八重樫のワンツーがヒット。
 9R、八重樫のワンツーが次々とメンドサの顔面を捉える。メンドサは八重樫を追う足が残っておらず、八重樫はノーガードで挑発。10R終盤には八重樫のワンツーをもらったメンドサが一瞬棒立ちになる。
 終盤の11R、八重樫は早い出入りから右ストレートを連続して叩き込むと、終盤は近距離での打ち合いからメンドサを追い込んでいく。メンドサはクリンチでなんとか凌ぐ状態。最終ラウンド、八重樫は序盤と変わらぬ軽快なフットワークで翻弄すると、半ばグロッキー状態のメンドサにラッシュ。レフェリーストップが入ってもおかしくない状態までメンドサを追い込み、試合終了のゴング。ジャッジ一者はフルマークをつける大差の判定で、八重樫が3階級制覇を達成。

 昨年末のKO負けの時点で八重樫が世界タイトル戦線に戻ることはもう無理なのでは、と思っていたが、きっちりライトフライ級にアジャストし1年越しに悲願を達成。メンドサもタフさとしつこさを持つ決して楽でない相手だったが、終始スピードと距離感で優位に立ち圧倒した。ポイントで大差をつけているのが明白だった終盤でも攻め続けた点を含め、おみそれしましたというしかない内容。というか冒頭のVで紹介されていた息子の手紙の時点から涙腺崩壊しっぱなしでした。パパ、格好いいぞ!

 続いてWBO世界スーパ ー・フライ級タイトルマッチ、井上尚弥vsワルリト・パレナス。
 井上は開始と同時にワンツーから左アッパー!パレナスはひるむことなく前に出てボディを起点にパンチを振るっていく。井上がキレ・スピードとも満点のワンツースリーを繰り出すが、パレナスはがっちりガードを固めて目立った有効打は許さず1R終了。
 2R、井上が強烈なワンツー。パレナスはガードしていたはずなのにフラフラとロープ際へ下がり、井上の追撃の右で弾き飛ばされたようにダウン。立ち上がるものの明らかに足元がおぼつかないパレナスに井上は猛然と襲い掛かり、ロープに詰めての連打で2度目のダウン。パレナスはそのまま立ち上がれず、レフェリーがストップ。
 結果は知ってから映像を見たのだが、それでも最初のダウンシーンの時はテレビの前で「何これ!?」と声に出してしまった。パレナスはダンプカーか何かに無謀な勝負を挑んでしまった人のような倒れ方で、軽量級、しかも日本人がこんな勝ち方をすることがにわかに信じられない。1年ぶりのリングだったが、モンスターの破壊力には微塵も衰えなし。井上の次戦が楽しみで仕方がない。

 今回は香川照之いなかったのね。人気ブログランキングへ
[PR]
by nugueira | 2015-12-30 19:29 | ボクシング | Comments(4)

RIZIN~SARABAの宴~速報

高阪剛○-×ジェームス・トンプソン(2R TKO)
 トンプソンのラッシュを凌いだ高阪、バックから亀になったトンプソンにパウンドを入れ続け、最後はスタンドのパンチで粉砕。

キリル・シデルニコフ○-×カルロス・トヨタ(1R KO)
 シデルニコフがキレと回転力のある打撃で圧勝。強いロシア人が来た!

元谷友貴×-○フェリペ・エフライン(1R 無効試合)
 レスリング力でエフラインを圧倒し削り続けた元谷だが、スタンドの左フック一撃で逆転KO負け

HIROYA○-×西浦“ウィッキー”聡生(3R KO)
 ローでウィッキーを削り続けたHIROYA、3Rにダブルダウン気味のダウンを奪うと、最後は右を叩き込んでフィニッシュ。

日菜太○-×宮田和幸(1R KO)
 日菜太がミドル連打からの右ストレートでダウンを重ね、MMAに持ち込むことなく圧勝。

 バンナ欠場正式発表。代役はピーター・アーツ!

AJ.マシューズ×-○アナトリー・トコフ(1R KO)
トコフが飛び込みながらの右ストレートで秒殺KO。ロシア軍団やばい。

所英男○-×才賀紀左衛門(1R 腕十字)
 所らしいスクランブルの連続から、最後は腕十字。「この勝利を宮下トモヤさんに捧げます。遅くなって本当にすいません。」

高谷裕之○-×DJ.taiki(判定)
 要所要所でいい打撃を入れ優位に進めた高谷が、最終ラウンドのバチバチの打ち合いでも逆転を許さず判定勝利。

内田雄大×-○ワレンディン・モルダフスキー(1R 裸絞め)
 内田を簡単にリフトアップからテイクダウンしたモルダフスキー、パウンド地獄から最後は一本。

キング・モー○-×ブレット・マクダーモット(1R KO)
 パワフルなテイクダウンからパウンドで削り続けたモー、終盤攻め疲れの気配を見せつつも最後はスタンドでマクダーモットをKO。

テオドラス・オークストリス○-×ブルーノ・カッペローザ(1R KO)
 スタンドでやや押されぎみだったオークストリス、カッペローザの蹴り足をつかみながらの右フック一撃でKO勝利。

ゴラン・レルジッチ×-○ワジム・ネムコフ(1R TKO)
 右ストレートを打ち抜きレルジッチをダウンさせたネムコフ、サッカーボールキック連打で激勝。

石井慧×-○イリー・プロハースカ(1R KO)
 プロハースカのハイキックでダウンした石井、パンチで再度ダウンしグラウンドの膝を食らいまさかの敗退。

桜庭和志×-○青木真也(1R タオル投入)
 簡単にテイクダウンを奪った青木、トップポジションをキープして桜庭を殴り続け、最後はタオル投入。試合後、青木は五味戦の実現を榊原社長に要求。
[PR]
by nugueira | 2015-12-30 00:38 | その他(総合・寝技系) | Comments(2)

怒涛の年末年始に向けて

 勝敗予想はとりあえず一通り終えたのだが、この年末年始の格闘技・プロレスのスケジュールは以下のとおり。

12/29 RIZIN(会場観戦)
       井上・八重樫(フジ)
12/31 RIZIN(フジ)
       井岡、魔裟斗vsKID(TBS)
       内山(テレ東)
1/3   UFC(WOWOW)
1/4   新日本プロレス(会場観戦)

 この他にも年賀状の準備だ新年会だ箱根駅伝だで暇なわけじゃないのに、この殺人的スケジュール。もういい加減にしろですよ。いや、俺が家族から「いい加減にしろ」と言われそうなんだけど。

 観戦記を書くのも大仕事で、上記の興業全てを書き終えるのはそれこそ成人の日ぐらいまでかかるかも。まあ速報性を競っても仕方ないので、ハナっから気長にやらせてもらいます。

 ところでRIZINではここにきてバンナ欠場の報が。怒ってしかるべき状況なのだが、ここで「大晦日らしくなってきたじゃねえか」「ドタキャン一人で済んで良かったよね」と思ってしまう自分自身に、ジャパニーズMMA全盛期をくぐり抜けてきたファンの打たれ強さを感じてしまった。
[PR]
by nugueira | 2015-12-29 00:35 | 雑記 | Comments(0)

年末ボクシングの予想③

 怒涛の年末勝敗予想、最後はTBSのボクシング世界戦。

田中恒成○-×ビック・サルダール
 といいつつこの試合はTBSでは流れないんだっけ。挑戦者のサルダールは世界ランカーとの対戦経験はないようで、イージーな相手を手堅く選んだ印象。田中は世界タイトル奪取の経緯といい「作られた王者」の印象は否めず、ここをクリアしたら高山との統一戦を実現して白黒つけてほしい。

高山勝成○-×ホセ・アルグメド
 その高山は世界ランク8位を相手に2度目の防衛戦。高山は無尽蔵のスタミナと回転力を活かした勝ちパターンを持っていて、相手をそれに引きずり込むスキルも完成させている感じ。今回もノンストップ連打を見せてくれるか。

井岡一翔○-×ファン・カルロス・レベコ
 3階級王者・井岡はレベコとのリターンマッチ。前回は接戦とはいえ疑惑の判定というほどのレベルではないし、井岡もフライ級へのアジャストは着実に進んでいる。ここ最近の井岡は強引に勝負を仕掛ける場面は皆無なので今回も判定までいきそうだが、前回以上に明確な差をつけての返り討ち、と予想。

 魔裟斗vsKIDは予想しない。人気ブログランキングへ
[PR]
by nugueira | 2015-12-28 23:55 | ボクシング | Comments(2)

年末ボクシングの予想②

 大晦日ボクシング、テレ東のダブル世界戦の予想から。

田口良一○-×ルイス・デラローサ
 田口は王座を奪取した試合、防衛戦いずれもいい勝ち方をしてここまで来ている。粗さもあるが要所要所でダウンを奪えるのがいいし、本人も試合を重ねるごとに自信を深めているのでは。今回も気持ちよくKO防衛することを期待。

内山高志○-×オリバー・フローレス
 実に5年連続の大晦日防衛戦となる内山。もう内山のKOを見てから年を越すのは日本の伝統文化だよね。という適当なコメントはさておき、前回のジョムトーン戦の勝ち方からしても年齢の衰えは感じられず、むしろ凄味を増している印象。ここにきてウォータース戦という話まで持ち上がっているし、きっちり勝って更なるビッグマッチへとつなげてほしい。個人的にはこのまま具志堅の防衛回数13回を抜くところを見てみたいという気持ちも強いし、陣営もそちらを狙っているかと思ったのでこのタイミングでのビッグマッチ路線は驚きではあるのだけど。

 今回は録画して年明けの視聴になりそう。人気ブログランキングへ
[PR]
by nugueira | 2015-12-27 22:45 | ボクシング | Comments(2)

RIZIN~IZAの舞~の予想②

 大晦日の後半戦の予想を。

曙太郎×-○ボブ・サップ
 さあ来たぞ、この年末最大の問題作だ!曙の練習量も疑わしいが、サップの心も簡単に折れそう。ここまで悪い意味で予想しにくいカードも滅多にないので、この試合については何も考えずに目の前の映像を受け入れるしかなさそう。とりあえずサップのKOを予想。

アンディ・サワー○-×長島☆自演乙☆雄一郎
 MMAキャリアから考えれば長島なのだが、「キックボクサーがMMAに手を突っ込んでも駄目でした」という大晦日にありがちなパターンにサワーがはまり込むのを見たくない気持ちがあるのでこういう予想に。以前からアルドのスパーリングパートナーをしていたし、それなりに対応する素地はあるのでは、と都合のいい期待をしている。

ジェロム・レ・バンナ×-○バルト
 バルトに過大な期待はできないのだが、バンナもどこまで仕上がってるのか非常に不安。バルトが勝つとしたらヨーイドンで押し倒して殴るぐらいしかないだろうが、今のバンナ相手なら意外とそういう展開に持っていけそうな気もする。長引くと両者にとっても見てる方にとっても辛い展開になりそうだから、短期決着を期待。

クロン・グレイシー○-×山本アーセン
 やはりMMAに関しては付け焼刃のアーセンがいきなり通用するとも思えず、クロンが絡め取っておしまいか。MMAキャリア1戦とはいえ、そこでレスラーと戦って勝っているのもアドバンテージになっていそう。ただ気になるのは66キロ契約という体重で、クロンはここまで落として試合をするのは初めてなのでは。クロンがコンディション調整に失敗して長丁場に持ち込まれたら意外と分からないことになりそう。

エメリヤーエンコ・ヒョードル○-×シング・心・ジャディブ
 決定時にも書いたがMMA的には決して的外れともいえないカードで、ジャディブのキャラを浸透させて煽る期間が十分確保できなかったのがつくづく残念。3年ぶりの復帰となるヒョードルがどこまで動けるかだが、連敗した時期はあったとはいえ大きな怪我やダメージの蓄積を抱えての引退ではなかったので、ブランクの影響はそこまでひどいことにはならないのでは。現在のトップクラスに通じるかはともかく、ジャディブ相手なら寝かしてお終いでは。とりあえず今回の試合は皇帝復活を世間にお知らせする儀式になりそう。

 観客動員はどんな感じになるのか。人気ブログランキングへ
[PR]
by nugueira | 2015-12-26 21:45 | その他(総合・寝技系) | Comments(2)

RIZIN~IZAの舞~の予想①

 大晦日の予想、まずは前半戦。なおヘビー級トーナメントの準決勝以降は、1回戦の結果を踏まえ30日or当日に予想します。

RENA○-×イリアーナ・ヴァレンティーノ
 RENAの負傷の回復具合が全て。先日ヴァレンティーノの練習映像が流れていたが、さすがにキレのある打撃を見せていた。スタンド中心の展開になるのは必至で、まともにパンチが出せないようだと苦しいが、ここはRENAの底力に期待。

長谷川賢×-○ブレナン・ワード
 ワードはベラトールでミドル級タイトルにも挑戦していた選手だっけ。長谷川にとっては勝てば見返りが大きい試合だが、苦戦は必至か。

武尊○-×ヤン・ミン
 満を持しての大晦日参戦となる武尊。打ち合い上等のスタイルはリスクも大きいしボンジョバーニ戦でダウンしているのも不安材料だが、ここはインパクトのあるKO劇を見せてほしい。

キム・スーチョル○-×マイケ・リニャーレス
 手塚・田村・中原を下し、サンドロと引き分けているスーチョル。対するリニャーレスも無名ながらキャリア9戦全勝で、知名度には欠けるがいい試合が期待できそう。日本での試合経験もあるスーチョルが有利か。

ギャビ・ガルシア○-×レイディー・タパ
 ある意味、今回の出場選手の中で最注目ともいえるギャビ。さすがにこれだけ煽っておいて元プロレスラーに負けたら納得できないなあ。

  後半戦の予想へ続く。人気ブログランキングへ
[PR]
by nugueira | 2015-12-25 23:57 | その他(総合・寝技系) | Comments(0)