反り立つ壁に撃沈。


by nugueira

<   2014年 03月 ( 31 )   > この月の画像一覧

トキーニョ&岡見

 昨日のWSOFの試合映像を見たので感想を。

岡見勇信○-×スヴェトロザル・ザヴォフ(2R 肩固め)
 スタンドで圧力をかけ続ける岡見。ザヴォフはパンチを振るっていくが当たる気配はなく、組み付いた岡見が足払いからテイクダウンを奪うと、あっさりマウントへ。ザヴォフのガードがしぶとかったが、ラウンド終盤はパウンドを打ち込み続けて終了。
 2Rも岡見が前に出続け、組み付いてテイクダウンからマウント、と前のラウンドのリピートのような展開。岡見は強烈なパウンドを打ち込み続けると、一度は突き放されて立ち上がるもののまたあっさりとマウントへ。最後はパウンドを打った勢いのまま肩固めへ移行し一本勝ち。
 実力に相当開きがあった印象で、結果的には岡見が格の差を見せつけ圧勝。とはいえジョン・フィッチの例なんかもあるわけで、再起戦をきっちり一本で飾ったのは大きい。8月の日本大会ではミドル級タイトルマッチが組まれることが明らかになったが、ここで一気に戴冠となるか。

ホウジマール・トキーニョ○-×スティーブ・カール(1R ヒールフック)
 開始早々ジャブを繰り出したカールにトキーニョはタックル一閃、あっさりとテイクダウン。カールはトキーニョの腕を抱えてガードしながら三角を狙うが、トキーニョはそれをふりほどくと一気に足関の体勢へ。カールは回転して逃れようとするがトキーニョはそのまま締め上げ、カールはたまらずタップ。トキーニョがわずか69秒の秒殺勝利でウェルター級のベルトを奪取。
 前も書いたようにUFCリリースの経緯を考えるとトキーニョがあっさりタイトルマッチに抜擢されることに多少のもやもやは感じるのだが、終わってみれば「鮮やか」としか言いようのない見事な勝利。WSOFの選手層を考えると、しばらくは対抗馬すら出てこなさそう。

 日本大会はどうするかな・・・。人気ブログランキングへ
[PR]
by nugueira | 2014-03-31 22:37 | その他(総合・寝技系) | Comments(2)

勝敗予想(3月の決算)

 3月の勝敗予想の決算を。振り返ってみると予想した大会数がやたら多い月だった。

3/1 bellator110(1/1)
3/1 UFC Fight Night(3/4)
3/2 チャベスJr対ベラ他(0/2)
3/9 UFC Fight Night(3/3)
3/8 Krush.39(5/5)
3/9 リナレスvs荒川(1/1)
3/9 GLORY 14 (1/2)
3/16 UFC171(3/5)
3/16 REBELS.25 (1/1)
3/24 UFC Fight Night(0/2)
3/29 Bellator 114(1/1)
3/30 WSOF09(3/3)


 合計は22/30で的中率73.3%。大当たりの大会も大外れの大会もある出入りの激しい内容だったが、終わってみればなんとか7割クリア。最後の週末のベラトールとWSOFでまくった形になった。岡見よ、ありがとう。

 4月も盛りだくさんになりそう。人気ブログランキングへ
[PR]
by nugueira | 2014-03-30 23:55 | 雑記 | Comments(0)
 山本真弘が4月のKrush.40に電撃参戦。発表当日に宮田プロデューサーがツイッターで「XのKrush参戦を発表します」というようなことをつぶやいていて多少気にはなっていたものの、まさか真弘とは。これは本当にド胆を抜かれた。

 これまで参戦していたRISEとの関係は?継続参戦なのか?という疑問もあったのだが、会見の内容を見るとKrush王座目指して継続参戦していく模様。藤原道場がKrushを離脱した経緯は正直詳細を知らないのだが、関係修復は無理かと思っていただけにこの展開は嬉しい誤算。やっぱり今のKrushが持つ場力のなせる業なのかな。

 真弘の実績を考えれば、今回の出戻り初戦をクリアした後すぐにタイトル挑戦しても何ら不思議ではないところ。板橋、大月、卜部といった面々と真弘との絡みが見られるのは何とも贅沢な展開。まずは4月大会、うまく仕事を切り上げて見に行かなければ。
[PR]
by nugueira | 2014-03-29 23:08 | Krush | Comments(0)

ゴン格ボクシング特集

 ゴン格最新号は個人的には遂にきてくれたか、という感じのボクシング特集。魔裟斗・村田諒太の対談や技術論など、読み応え十分の内容。現役・過去を問わず世界王者の写真なんかがもっと掲載されていれば良かったのだが、この辺は編集部の手持ちの材料が限られるから仕方ないか。

 そんな中最大の注目は、アントニオ猪木へのインタビュー。それこそPRIDEのスーパーバイザー時代を含め、猪木がゴン格の取材を受けるのは初めてでは?これは歴史的邂逅ですよ。
 内容はモハメド・アリ戦の思い出を中心に語っており、思ったほどハチャメチャにはならない真面目な内容。まあさすがに編集部も、かつての『Kamipro』がやったようなインタビューとは一線を画すわな。

 やりとりの中で質問者が

 「アリはショーをやるつもりでやって来たところ、猪木さんが『ダメだ、リアルファイトだ』と主張したそうですね」

 となかなか核心に突っ込む質問をするのだが、猪木は

 「そんな話はしたこともないし、アリがどう思っていたかも知りません。まあ、あとになっての話は面白くなった方がいいでしょうからね(笑)」

 と軽く一蹴。おっ、なかなかやるじゃねえか。と思ったら、アリのグローブに細工をしていたという報道もあったが、というくだりで猪木から下記の発言。

 「私もシューズに鉄板を仕込んだけれども、さすがにこれは・・・と思い、試合直前に取り外しましたけれどね。外さずに蹴っていれば、一発で終わったでしょう。」

 ワハハハ!何自分の反則未遂をサラリと語っちゃってるんだよ!「さすがにこれは・・・」じゃないだろ!この逸話が有名なのかどうか知らないが、個人的には初めて聞いた話なのでツボに入った。いやー、やっぱり猪木は掘り下げ甲斐があるわ。
[PR]
by nugueira | 2014-03-28 23:55 | 雑記 | Comments(2)
 最近3大会の結果を反映した最新ランキング。ウェルター級が大変動。

○ヘビー級
王者:ケイン・ヴェラスケス
1位:スティペ・ミオシッチ
2位:ファブリシオ・ヴェウドゥム
3位:ジュニオール・ドス・サントス
4位:アントニオ・ホドリゴ・ノゲイラ
5位:トラヴィス・ブラウン
6位:ロイ・ネルソン
7位:ジョシュ・バーネット
8位:マーク・ハント
9位:ベン・ロズウェル
10位:ブレンダン・シャウブ
11位:ガブリエル・ゴンザガ
12位:アリスター・オーフレイム
13位:ステファン・ストルーブ
※変動なし。

○ライトヘビー級
王者:ジョン・ジョーンズ
1位:アレクサンダー・グスタフソン(↑)
2位:ラシャド・エヴァンス(↓)
3位:フィル・デイビス
4位:アントニオ・ホジェリオ・ノゲイラ
5位:グローバー・テイシェイラ
6位:ダン・ヘンダーソン(↑)
7位:ライアン・ベイダー
8位:マウリシオ・ショーグン(↓)
9位:チェール・ソネン(↓)
10位:ヴァンダレイ・シウバ(↓)
11位:ダニエル・コーミエ(↓)
12位:オヴァンス・サンプルー(↑)
※マヌワに勝利したグスタフソンがランクアップ。ショーグンに勝利したダンヘンが再度ランクイン。3連勝のサンプルーがランクイン。

○ミドル級
王者:クリス・ワイドマン
1位:ヴィトー・ベウフォート
2位:リョート・マチダ
3位:ホナウド・ジャカレイ・ソウザ
4位:マイケル・ビスピン
5位:アンデウソン・シウバ
6位:マーク・ムニョス
7位:ルーク・ロックホールド
8位:フランシス・カーモント
9位:ティム・ボーシュ
10位:コンスタンティン・コスタ・フィリッポウ
11位:ヨエル・ロメロ
12位:アラン・ベルチャー
13位:デレク・ブランソン
14位:カン・リー
15位:ブラッド・タヴァレス
※変動なし。

○ウェルター級
王者:ジョニー・ヘンドリックス(↑)
1位:タイロン・ウッドリー(↑)
2位:ヘクター・ロンバード(↑)
3位:カーロス・コンディット(↓)
4位:ジェイク・シールズ(↓)
5位:ローリー・マクドナルド(↓)
6位:ジェイク・エレンバーガー
7位:ロビー・ローラー(↓)
8位:デミアン・マイア(↓)
9位:マーティン・カンプマン(↓)
10位:ケルヴィン・ガステラム(↑)
11位:マイク・パイル(↓)
12位:リック・ストーリー(↓)
13位:キム・ドンヒョン(↓)
14位:マット・ブラウン(↓)
15位:タレック・サフィジーヌ
※王座決定戦に勝利したジョニヘンが新王者に。コンディットに勝利したウッドリー、シールズに勝利したロンバードがランクアップ。ストーリーに勝利したガステラムがランクイン。

○ライト級
王者:アンソニー・ペティス
1位:ベン・ヘンダーソン
2位:ドナルド・セラーニ
3位:ハファエル・ドス・アンジョス
4位:TJ.グラント
5位:ネイト・ディアズ
6位:ジョシュ・トムソン
7位:マイケル・ジョンソン(↑)
8位:ジム・ミラー(↓)
9位:グレイソン・チバウ
10位:グレイ・メイナード
11位:エジソン・バルボーザ
12位:ハビブ・ヌルマゴメドフ
13位:アベル・トルジーロ
14位:ギルバート・メレンデス(↑)
15位:マイルス・ジュリー(↑)
※ギラードに勝利したジョンソンがランクアップ。5連勝のジュリーがランクイン。ランク下位で最近白星のないピアソンがランク外へ。

○フェザー級
王者:ジョゼ・アルド
1位:チャド・メンデス
2位:カブ・スワンソン
3位:ダスティン・ポワリエ
4位:クレイ・グイダ
5位:ジョン・チャンソン
6位:ヒカルド・ラマス
7位:デニス・シヴァー
8位:ジェレミー・スティーブンス
9位:トム・ニーニマキ
10位:ダレン・エルキンス
11位:ハニ・ヤヒーラ
12位:ニック・レンツ
13位:フランキー・エドガー
14位:デニス・バミューデス(↑)
15位:エディ・ヤギン(↓)
※6連勝のバミューデスがランクイン。

○バンタム級
王者:ヘナン・バラォン
1位:ハファエル・アスンサオ
2位:フランシスコ・リベラ
3位:ユライア・フェイバー
4位:ジョージ・ループ
5位:エディ・ワインランド
6位:マイケル・マクドナルド
7位:ブライアン・ボウルズ
8位:TJ.ディラショー(↑)
9位:ウィルソン・ヘイス(↑)
10位:マイク・イーストン(↑)
11位:水垣偉弥(↑)
12位:アレックス・カサレス(↑)
※フライ級に転向したピケットがランク外へ。

○フライ級
王者:デメトリウス・ジョンソン
1位:ジョン・ドッドソン
2位:イアン・マッコール
3位:ジョン・モラガ
4位:アリ・バガウティノフ
5位:ジュシェ・フォルミーガ(↑)
6位:ジョゼフ・ベナビデス(↓)
7位:ジョン・リネカー
8位:ザック・マコースキー
9位:ティム・エリオット
10位:クリス・カリアソ
11位:ブラッド・ピケット(↑)
※ヨルゲンソンに勝利したフォルミーガがランクアップ。フライ級転向初戦で勝利した元バンタム級ランカーのピケットがランクイン。

○女子バンタム級
王者:ロンダ・ラウジー
1位:アレクシス・デイビス
2位:キャット・ジンガーノ
3位:リズ・カモーシュ
4位:アマンダ・ヌネス
5位:サラ・マクマン
6位:ジャーメイン・デ・ランダミー
7位:ジェシカ・アンドラーデ(↑)
8位:ジェシカ・アイ(↓)
※ペニントンに勝利したアンドラーデがランクアップ。

 ウェルター級はここから誰が抜け出すか。人気ブログランキングへ
[PR]
by nugueira | 2014-03-27 23:32 | UFC | Comments(0)

河野vsデンカオセーン

 WBA世界スーパーフライ級王座決定戦、デンカオセーン・カウイチットvs河野公平をテレビ観戦。

 1Rは比較的静かな立ち上がり。河野がジャブ、さらにストレートを当てる場面もあったが、手数でデンカオセーンが取った印象か。
 2Rもデンカオセーンの強打を警戒してか、河野は必要以上に手数は出さないものの、それでもカウンターの左でデンカオセーンを一瞬ぐらつかせる。続く3Rはデンカオセーンが右フックを入れていくが、河野もストレートを当てて反撃。全体としてデンカオセーンが前に出続けてペースを握っているが、河野もところどころで有効打は入れており悪くない展開。
 迎えた4R、デンカオセーンが突っ込んできたところに河野の右カウンターがヒット!アゴをかすめるような一発でデンカオセーンは崩れ落ちるようにダウン。河野はこれ以上の追撃はできなかったものの、前半戦でダウンを奪ったのは大きい。
 河野は無理に攻めにはいかず、5Rからはフットワークを使って距離をキープする展開に持ち込む。早めに回復して反撃に転じたいデンカオセーンだが、やはり前半戦ほどは前に出ていけない感じ。
 6Rは河野の左ジャブ・右ストレートがデンカオセーンの顔面を捉えるが、7Rは再び圧力を強めたデンカオセーンが手数で圧倒、と一進一退の攻防。河野としては手数が出なくなってきたのが嫌な流れか・・・という雰囲気で迎えた8R、河野が再び自分から前に出て攻勢を強めると、右ストレートがクリーンヒット!一撃で崩れ落ちたデンカオセーンはうつ伏せになったまま立ち上がれず、そのまま10カウント。目の覚めるようなKO劇で河野が王者に返り咲いた。

 デンカオセーンはキャリアに見合った老獪な試合運びを見せ、ダウンを奪った後も河野にとっては決して楽な展開ではなかったが、それでも最後は見事なKO決着。敗れたソリス戦も含め、河野は相手を倒す試合運びを貫き通してくれるのが素晴らしい。頼むから亀田とは絡まないで欲しいが、やはりビジネス的には魅力があるのかなあ。

 実に素晴らしい試合でした。人気ブログランキングへ
[PR]
by nugueira | 2014-03-26 23:25 | ボクシング | Comments(2)
 あまりの劇的結末にツイッターのTL上も騒然だったUFCブラジル大会のメイン。動画をチェックしたので感想を。

マウリシオ・ショーグン×-○ダン・ヘンダーソン(3R TKO)
 スタンドでの探りあいから試合がスタート。両者ローを入れつつ距離が詰まったらパンチ。目立った有効打のない展開のままラウンド終盤を迎えるが、ここでダンヘンの左がヒット。下がったショーグンにダンヘンは組み付いて追撃を狙うが、ここでショーグンの振り回したパンチが入りダンヘンがダウン!ショーグンはそのまま上を奪うとパウンド・鉄槌の嵐。ダンヘンはホーンに救われた形で1R終了。
 勢いに乗ったショーグンは2Rも前に出続けて攻勢を仕掛ける。ダンヘンはタックルに行くものの足元がおぼつかず、ショーグンの飛び込みながらの右アッパーがヒット!再びダウンしたダンヘンは何とか凌ぎ続けるものの、完全に追い込まれた状態に。
 後のないダンヘンに対しショーグンは余裕が感じられる雰囲気で3Rに突入。ダンヘンは飛び込んでのパンチを出すがヒットせず、タックルから組み付きにいくもののショーグンに切られてしまう。しかしこの離れ際でダンヘンの放った右アッパーがクリーンヒット!後方に一回転しながらダウンしたショーグンにダンヘンが追撃のパウンドを浴びせたところでレフェリーストップ。アッパー一発でショーグンの鼻をへし折ったダンヘンが、まさかの大逆転勝利。

 「起死回生の一発」という表現がここまでしっくりくる映像は初めてかも。PRIDE時代からのダンヘンの持病である「ここ一番でまさかの大仕事をやってしまう病」が久々に発症したな。1・2Rのダウンを見るにダンヘンもこれまでのダメージが相当蓄積されている様子で、そろそろオクタゴンを降りる決断を本気で考えるべきだと思うのだが、そういうタイミングで思い出したように劇的KO。本当にいい試合を見せてもらったけど、これでまた引き際のタイミングを逃しちゃったかなあ。
[PR]
by nugueira | 2014-03-25 22:48 | UFC | Comments(4)

ゴロフキンvsアダマ

 エキサイトマッチでWBA世界ミドル級タイトルマッチ、ゲンナディ・ゴロフキンvsオサマヌ・アダマを観戦。

 1Rから前に出て行くゴロフキン。ジャブ・ボディを入れていくとラウンド終了間際に打ち下ろしの左で押し倒すようにダウンを奪取。早くも主導権を握る。
 2Rはアダマの右が入る場面もあったが、引き続きゴロフキンのペース。アダマは早くも足元がおぼつかなくなってくる。3Rに入るとゴロフキンが今まで以上に手数を増やして猛攻を仕掛け、アダマは何をしていいか分からなくなっている様子。
 解説が言っていたようにゴロフキンはとにかく力みのないボクシングで、一発で倒すパンチというよりは、相手のガードが空いているところに次々と連打を打ち込んでいく。一方で力まずとも効かせられるパンチ力を持っているからたちが悪く、アダマはどんどん削られていき着実にフィニッシュへと近づいていく。
 5Rからアッパーを多用し始めたゴロフキンは6Rに左アッパーで2度目のダウンを奪うと、7R開始早々にはアダマが左ジャブをもらっただけで膝をつくようにダウン。更に左フックを食らったアダマが棒立ちになったところでたまらずレフェリーがストップし、ゴロフキンが今回も圧巻のKO防衛。

 これでゴロフキンは歴代3位タイとなる世界戦10連続KO防衛。世界記録の17連続KO防衛を気にするのはさすがにまだ早いが、無理にKOを狙わずとも自然体で戦っているだけでダウンが奪えるスタイル、さらに他のビッグネームが対戦を嫌がっている状況を考えると、KO記録はまだまだ伸びていきそう。
[PR]
by nugueira | 2014-03-24 23:50 | ボクシング | Comments(2)

WSOF09の予想

 30日開催のWSOFの予想を。

岡見勇信○-×スヴェトロザル・ザヴォフ
 岡見のUFCリリース後初戦の相手はブルガリアのザヴォフ。戦績もほどほど、かつタイプ的にはグラップラーのようなので、岡見にとってはやりやすい相手か。同じくUFCリリース組のフィッチが初戦でつまづいた例もあるので油断は禁物だが、まずは捲土重来への第一歩をしっかり踏み出してほしい。

マルロン・モラエス○-×ジョシュ・レティングハウス
 各階級の王座制定が続くWSOF、今回はバンタム級王者決定戦。若手ファイター同士の一戦となったが、ここはやはりモラエス推しで。WSOFで頭角を現した選手がそのまま一気に王座獲得、という流れは団体側としても期待しているところなのでは。

スティーブ・カール×-○ホウジマール・トキーニョ
 メインはウェルター級タイトルマッチ。王者カールにUFCリリース組のトキーニョがいきなりの挑戦。
 フィッチに勝ったバークマンに勝ったカールの実力は疑いのないところだと思うが、極めの強さという飛び道具を持っているトキーニョの方が優位か。フィッチと違ってパフォーマンスに翳りが見られてUFCをリリースされたわけではないのも強み。
 とはいえリリースの経緯を考えればトキーニョにはプロとして試合をする資格があるのか、というレベルでの疑問が呈されてしまうわけで、こうしてあっさり他団体のタイトルマッチに挑戦できてしまうことに多少もやもやした部分はあるのだが。

 日本大会はいつなの?人気ブログランキングへ
[PR]
by nugueira | 2014-03-23 23:25 | その他(総合・寝技系) | Comments(0)

Bellator 114の予想

 29日(日本時間)のBellator、メインのミドル級タイトルマッチの予想を。

アレクサンダー・シュレメンコ○-×ブレット・ワード
 ミドル級絶対王者の地位を着々と築きつつあるシュレメンコ。相手のワードも9勝1敗の伸び盛りだが、ここは無難にシュレメンコの防衛を予想。最近はKOと判定を交互に繰り返しており、ローテーションでいくと今回は判定だが、果たしてどうなるか?
[PR]
by nugueira | 2014-03-22 23:36 | その他(総合・寝技系) | Comments(0)