反り立つ壁に撃沈。


by nugueira

<   2013年 07月 ( 30 )   > この月の画像一覧

荒川vsフィゲロア

 エキサイトマッチの感想を。

 まずWBA世界ライト級暫定王座決定戦、ユリオルキス・ガンボアvsダルレイス・ペレス。
 1Rは両者慎重な立ち上がり・・・と思った残り10秒、ガンボアのワンツーが入りペレスがダウン。これでリズムに乗ったか、2Rはガンボアの手数が増え積極的に出始める。
 ダイジェスト放送のためこの後いきなり10R。ペレスは前に出るがガンボアを追い切れず、一方のガンボアも手数が出ない感じ。11Rにはペレスのパンチをもらったガンボアが足を滑らせるように倒れるが、レフェリーはスリップと判断。12Rもガンボアが徹底してアウトボクシングを展開し、前半の貯金(見てないけど)を活かして逃げ切り判定勝利で3階級制覇を達成。後半の消極的な場面を中心に見せられたせいもあり、正直イマイチな内容。内山との対戦を避けてこの試合かね。

 続いてライト級10回戦、粟生隆寛vsハーディ・パレデス。1Rから粟生の左ボディがヒット。2Rに入るとパレデスが前に出てくるが、粟生はカウンターのボディをヒットさせると、右フックでダウンを奪う。最後はパレデスの打ち終わりにカウンターの左一撃。バレデスは大の字にダウンする満点のKO劇。
 粟生はしっかり手数を出して勝ちきる、という復帰戦に求められる課題をきっちりクリアした形。ライト級となると日本人には相当敷居の高い階級になってくるが、三度目の世界獲りへまずはファーストステップをクリア。

 最後にWBC世界ライト級暫定王座決定戦、荒川仁人vsオマール・フィゲロア。
 前評判通り1Rから積極的に打って出るフィゲロア。左ボディ、フック、アッパーを次々と打ち込んでいく。2Rになると荒川が前に出て細かい連打を入れていくが、攻め終わりにフィゲロアの右から反撃を食らい、ダウンを喫してしまう。
 3R以降も荒川がフィゲロアをロープに詰めて細かいパンチを入れていく、という展開は共通するのだが、手数が止まったところでフィゲロアが必ず逆襲に転じてくるため明確なポイントにつなげることができない。中盤に入るとフィゲロアがボディを嫌がるそぶりを見せるものの、6Rにはフィゲロアがカウンター気味の右から連打。荒川は手痛い2度目のダウンを喫してしまう。
 フィゲロアのパンチで目が腫れ上がり視界が悪くなっている荒川。後半に入っても攻め終わりにフィゲロアの反撃を食らう劣勢な展開が続くが、それでも前に出続ける。フィゲロアもさすがに消耗が激しく、最後の2Rはなんとか荒川が取ったか・・・という印象で試合終了。
 2度のダウンを含め荒川の劣勢は覆しようがなく、大差の判定でフィゲロアが勝利。荒川の視点から見ると点差以上の差はなかったと思うが、厳しく言えば「それほど差がない状況できっちりポイントを取るボクシング」を相手にさせてしまったのが痛かったか。とはいえ荒川は海外での王座挑戦、相手はゴールデンプロモーションが推している若手のホープ、という厳しい条件の中でよく頑張ったという印象。いい試合を見させてもらいました。
[PR]
by nugueira | 2013-07-31 23:43 | ボクシング | Comments(0)
 ゴン格最新号でWSOFのマルロン・モラエスの名前が注目選手として挙げられていたので、試合映像をチェック。

マルロン・モラエス○-×タイソン・ナム(1R KO)
 パンチから重たいローへとつなげるコンビネーションで攻めていくモラエス。対するナムも素早い出入りからパンチを返していく。途中モラエスがタックルを混ぜてテイクダウンする場面はあったものの、大半はスタンドの攻防で時間が経過。パンチの精度でモラエスがやや上回っているが、ほぼ互角の展開か・・・と思った1R終盤、モラエスの右ハイがナムの頭部をかするようにヒット。倒れ込んだナムにモラエスがパウンドを浴びせ勝負あり。
 ナムも動きは決して悪くなく、フィニッシュはうっかりもらってしまったという印象。もっともベラトール王者のダンタスをKOしている選手だから弱いはずはないわけで、それをきっちり仕留めたモラエスを誉めるべきか。モラエスは寝技の攻防になったらどうなのかなど、この試合だけでは実力を判断しにくい部分もあるけど、引き続きチェックしておいて損はなさそう。
[PR]
by nugueira | 2013-07-30 23:22 | その他(総合・寝技系) | Comments(2)

京太郎vsピーター

 藤本京太郎vsオケロ・ピーターによるボクシング日本ヘビー級王座決定戦、TBSの録画放送を見たので感想を。(ツイッターで「地上波放送あるの?」と投げっぱなし気味に聞いてみたらちゃんと教えてくれた方がいた。本当にありがとうございます。)

 1R、京太郎はややもっさりした出だしながらジャブとボディストレートをヒット。2Rも同様の展開で先手を取っていく。対するピーターは手数が出ないままラウンドが経過。
 3Rに入ると京太郎は徐々に相手のリズムをつかんできたか、右クロスも出始める。こうしてみると、K-1時代と同様の試合の組み立て方をボクシングでもやっているという印象。4Rには右ストレートから左ボディをコンビネーションで打ち込んでいき、完全にリズムに乗ってくる。
 優勢のまま迎えた6R、京太郎は右クロスでピーターが下がったところを見逃さず、左フックから右ストレートを打ち込みピーターからダウンを奪う。再開後も追撃の手を緩めず、右ストレートで2度目のダウンを奪ったところでレフェリーがストップ。56年ぶりの日本ヘビー級王座獲得をKO勝利で飾った。

 41歳のピーターが試合後に引退を表明したあたりからしても「京太郎に日本タイトルを獲らせるための試合」という図式だったと思うのだが、周囲の思惑にきっちりKOで応えてみせたのはお見事。一応次期挑戦者も決まっているようだけど、選手層の薄さという致命的なハンデを乗り越えてヘビー級を定着させられるかどうか。この辺は京太郎のみならずボクシング協会のお手並み拝見か。
[PR]
by nugueira | 2013-07-29 23:55 | ボクシング | Comments(4)

UFC on FOXの感想

 WOWOWで見たメイン枠の感想を。

リズ・カモーシェ○-×ジェシカ・アンドラジ(2R TKO)
 カモーシェがパワフルなテイクダウンを繰り返し主導権を握るが、1R終盤にはアンドラジが抱え上げるようなテイクダウンからギロチンに捕えて反撃。カモーシェがこれを耐えて1R終了。
 2Rに入るとカモーシェが開始早々テイクダウンを取り、あっさりマウントへ移行してパウンドの雨あられ。さっさとストップした方がいい場面が何度かあったがレフェリーも引っ張り続け、アンドラジが脱出できないまま残り1分になろうかというところでようやくストップ。UFCの女子部門はやっぱり微妙に「一昔前のMMA感」が漂ってる。

ロビー・ローラー○-×ボビー・ヴォルカー(2R KO)
 ローラーがジリジリとスタンドで圧力をかけ続け、パンチにミドルやハイを織り交ぜながら攻めていく。クリーンヒットはないもののヴォルカーは鼻から出血し、ローラー優勢のまま1R終了。
 ローラーはこのままフィニッシュまで持って行けるか・・・と思った2R開始早々、ヴォルカーが頭を下げたところにドンピシャの左ハイが直撃。パウンドに入る前にレフェリーが止める完璧なKO劇でローラーがUFC2連勝。

ローリー・マクドナルド○-×ジェイク・エレンバーガー(判定)
 1Rはスタンドでのボクシング中心に展開。両者目立った有効打はないが、ジャブの制度でマクドナルドが上回っている印象。
 2Rも同様の展開だが、マクドナルドが試合をコントロールしている印象が一層鮮明になってくる。とにかくジャブがよく伸びるうえに前蹴りやヒジの動作も見せるのでエレンバーガーは懐に入ることができず、ダメージや手数以上にマクドナルドがエレンバーガーを完封したまま3Rへ突入。3R終盤にエレンバーガーがようやくタックルからテイクダウンを奪うものの時すでに遅く、判定でマクドナルドが完勝。
 内容は地味だったし実際客席からブーイングも聞こえてきたけど、逆にマクドナルドの強さが際立った試合。実質的にジャブ一本でエレンバーガーを封じちゃったわけだもんな。GSPとは同門なので対戦しない建て前になっているマクドナルドだが、この勢いだと早晩ダナがそういう主張を認めない事態になりそう。

デメトリウス・ジョンソン○-×ジョン・モラガ(5R 腕十字)
 1R、スピーディーな打撃戦からジョンソンがテイクダウン。モラガがギロチンに捕える場面もあったが、ラウンド終盤にはモラガをがぶったジョンソンが逆にギロチンへ。モラガはラウンド終了のホーンに救われる。
 ドッドソン戦では序盤はペースを握られたジョンソンだが、今回は初めからエンジン全開。タックルからテイクダウンを奪うとサイドへ移行し、キムラ狙い。ガードするモラガの隙を突いてボディや顔面へのパウンド・鉄槌とエグい攻めを繰り出して完全にペースを握る。モラガは削られる展開が続き、スタンドの一発狙いしかなくなってきた感じに。
 4Rもジョンソンが弾丸タックルからのテイクダウンを繰り返すが、終盤にモラガのカウンターの右がヒットし、ジョンソンはこの試合初のピンチに。テイクダウンで何とか凌ぐが鼻からの出血がひどい。
 判定までいけば間違いなくジョンソンだが、4R終盤のダメージがどう響くか・・・と思われた5R、ジョンソンがペースダウンすることなくタックルからテイクダウン。この試合何度目かのサイドからのキムラ狙いを見せた後、最後は腕十字に移行。モラガは耐えようとするものの腕が伸びきったところでレフェリーストップ。ジョンソンが一本勝ちで2度目の防衛に成功。
 ジョンソンは過去2度のタイトルマッチでは「スピードと無尽蔵のスタミナは凄いが、フィニッシュできず面白みに欠ける」という印象が強かったが、そういう評価も一掃するような快勝劇。最後にきっちり一本極めきってみせたのが凄い。次の防衛戦は早ければ12月のon FOXだろうけど、早くもベナビデスとの再戦ぐらいしか目ぼしい相手が見当たらなくなってきている。

 来週はアルド防衛戦。人気ブログランキングへ
[PR]
by nugueira | 2013-07-28 23:55 | UFC | Comments(3)

パンクラスの予想

 日曜のパンクラス、これまた1試合だけつまみ食い予想。

KEI山宮○-×久松勇二
 地味に存在感を発揮し続けている山宮。昨年のシャイニングウィザードによるKO勝ちも印象に残っているところなので、ここは久松を退けてくれることを期待。

 今月は予想対象の試合数が少ない。人気ブログランキングへ
[PR]
by nugueira | 2013-07-27 12:37 | その他(総合・寝技系) | Comments(0)

Bellator 97の予想

 31日(現地時間)開催のBellator、メインのライト級タイトルマッチの予想を。

マイケル・チャンドラー○-×デヴィッド・リッケルス
 前回の防衛戦を見る限り図抜けすぎている強さのチャンドラー、今回も盤石防衛も間違いなしか。アルバレスが訴訟のゴタゴタで試合すらできない中、一人無人の荒野を行く感じか。このままだと一時期のメレンデスと同じような状態にならないか、という点が早くも心配。

 キング・モーも出場。人気ブログランキングへ
[PR]
by nugueira | 2013-07-26 22:22 | その他(総合・寝技系) | Comments(2)

ガルシアvsロペス

 エキサイトマッチの感想を。

 まずWBCシルバー・フライ級タイトルマッチ、エドガル・ソーサvsジョバンニ・セグラ。
 1Rはセグラがボディを起点に左右のパンチを振るっていくが、残り30秒でソーサの左がアゴを捉え、セグラの動きが一気に止まる。
 それでもセグラは圧力を止めず、ボディブローで攻めていく。前に出て先手を取るセグラにソーサもきっちり打ち返していく削り合いの展開に。
 4Rに入るとソーサはセグラが前に出てくるタイミングで上手く有効打を入れていくようになり、徐々にペースを握ってくる。6Rにはソーサの有効打の数が増え、パンチのコンパクトさで試合を制している感じ。
 7Rには反撃に転じたセグラに押し込まれる場面が増えたものの、勝負どころの8Rではソーサ自ら足を止めて打ち合い、盛り返すことに成功。
 オープンスコアは競った状態で終盤に突入するが、10Rにソーサがカウンターの右でセグラの前進を止めると、一気に連打を集め反撃。11Rにはセグラが完全に下がり始めるようになり、これで事実上勝負あり。セグラの追い上げを跳ね返したソーサが判定で防衛に成功。元世界王者同士の好勝負を制した。
 ソーサは八重樫の誌名挑戦者になるのが濃厚な気配だけど、八重樫にとっては楽じゃない試合になりそう。

 続いてWBO世界フェザー級タイトルマッチ、ミゲール・ガルシアvsファン・マヌエル・ロペス。しかしガルシアが計量オーバーによりベルト剥奪。ロペスが勝った場合のみ王座獲得という位置づけに。
 1R序盤はお互い様子見の展開。ロペスの右アッパーが入るが、終盤にガルシアもカウンター気味の左を入れる。
 2Rに入るとガルシアの左フックが当たりだし、飛び込んできたロペスのアゴを捉えてグラつかせると、鋭い踏み込みからワンツーを叩き込みロペスがダウン。ロペスはダメージをものともせず3Rも前に出続けるが、ガルシアはジャブと左フックでこれを迎撃。完全にロペスの動きをつかんできたか。
 そして迎えた4R、ガルシアは踏み込んでのワンツーを繰り返しクリーンヒット。一気に攻勢をかけるガルシアは右クロスを叩き込んでとどめの左フック。大の字にダウンしたロペスは立ち上がるものの、レフェリーがストップ。ガルシアが圧巻のKO勝利。
 まあルール的には「試合の前提が成立していなかった」ということになっちゃうのだが、それを差し引いてもお見事なKO劇。なんならガルシアは階級上げて内山とやるか?

 8月一発目はゴロフキン。人気ブログランキングへ
[PR]
by nugueira | 2013-07-25 23:33 | ボクシング | Comments(1)

攻めるパンクラス

 9月のパンクラス20周年大会でマルロン・サンドロの5年ぶりの参戦、さらに外国人4名ずつが参戦するライト級・バンタム級トーナメントが開幕。パンクラス、攻めるなあ。

 サンドロの参戦以上に、外国人を招聘してのトーナメント開催は高評価すべき材料。「外国人を呼びにくい情勢とはいえ、若くて活きのいい外国人はその気になればいくらでも見つかりそうなもんなのに」というのは以前から思っていたことなのだが、まさにそれを実現させてくれた形。
 それこそAKAやノヴァ・ウニオンなら石を投げれば強い奴に当たるぐらいの状況だろうし、この中から未来のUFCファイターが出てくる可能性だってある。日本人選手にとって厳しい結果に終わる可能性もあるだろうけど、それはそれで一つの現実。どん底からの挽回をまた狙っていけばいい。とにかく今回のトーナメントは色々と楽しめる要素がありそうな雰囲気。

 パンクラスはKrushやSBとの対抗戦など方向性がつかめない企画も多いが、一方でこういう「世界基準」の看板に偽りなしの手を打ってくるのは頼もしい限り。かつて近藤有己が「これからは『勝つパンクラス』を見せたい」と言ったことがあったが、ここ最近の動きは「攻めるパンクラス」という感じ。20周年記念大会は注目の興行になりそう。赤字もたいそうな規模になりそうだけど。
[PR]
by nugueira | 2013-07-24 23:37 | その他(総合・寝技系) | Comments(0)

亀田vsアポリナリオ

 WBA世界バンタム級タイトルマッチ、亀田興毅vsジョン・マーク・アポリナリオを視聴。

 1・2Rは静かな出だし。時おり左の有効打を入れている分亀田が取っているかな、という印象で、動き自体は悪くない感じ。
 亀田は相変わらず手数は多くないが、それ以上にアポリナリオの攻撃が単発。微妙なラウンドはありつつも、基本的に亀田が前進してアポリナリオを下がらせる展開が続いて前半戦が終了。亀田が自分のペースで戦っているか。
 アポリナリオは時々いいパンチは入れるのだが後が続かず、後半に入っても亀田のペース。9Rには連打してきたボディが効いてきたか、アポリナリオが嫌がる様子を見せ始める。
 10Rには亀田の右のショートが入りアポリナリオが手を着くようにダウン。最初はこれダウンか?と思ったが、スローで見ると確かにパンチが入ってから倒れてる。
 終始優勢に試合を進めた亀田は12R終了間際にもロープ際で左ストレートを打ち込み2度目のダウンを奪い、完勝で7度目の防衛に成功。

 うーん、とりあえず亀田陣営が「実力はほどほどだが世界ランクの高い相手をみつけてくる」リサーチ能力の高さを実証したか。前回の試合に比べれば丁寧に試合を組み立てていたけど、危なげなさすぎて面白みも半減。亀田の防衛戦は何となく見続けているけど、そろそろ時間の有効な使い方を真剣に検討すべきだろうか。
[PR]
by nugueira | 2013-07-23 23:30 | ボクシング | Comments(2)

国会に再び卍固め

 御存知のとおり参議院選挙ではアントニオ猪木が比例区で当選。佐竹は落選。

 猪木と佐竹の明暗は「世間一般への浸透度の違い」としか言いようがないのだが(あと「過去の参議院議員としての実績の有無」も一応あるのかな)、とりあえず猪木当選について思うことをつらつらと。

 今回自分が猪木に投票したかというとそうではなくて、理由を問われたら「2003年頃のゴタゴタを国政を舞台に再現されてしまうと困る」というコメントに尽きるのだが、同じ感覚で投票しなかったプロレス・格闘技ファンは結構いるのでは。
 テレ東の選挙特番で「猪木候補の支持層にはまず『プロレスファン』がいて~」という説明をしていたのだが、思わず「いや、熱心なプロレスファンほど猪木には入れないって!」とテレビの前で反論してしまった。
 そう思うと「タレント候補の意義って何なんだろう」という以前も書いた疑問に行き着いてしまうのだが、一方で猪木が当選したのもまた事実。猪木の諸々の欠点も全て受け入れてしまえる熱心なファン、あるいは「面白そうだから入れてみよう」と思ってしまう人が一定数は存在しているということなのか。

 とにもかくにも「2期目・猪木議員」の6年間がこれからスタートする。前回議員だったときは自分は小学生~中学生、かつ特にプロレスファンではなかったので当選後の猪木の活動を特に注視していたわけではないが、今はそれなりにちゃんとした社会人。議員さんが恥ずかしくない行動をしているのか、という点は嫌でもきになってしまう。かつ、仮に猪木議員が何か変なことをしでかした場合(いや、多分しでかすんだけど)、プロレス・格闘技ファンの立場上なんとなく世間に対して申し訳ない気持ちにならなければならない。これから先の6年間は猪木の動向にこちらもハラハラする日々が続きそう。
 なんたってテレ東の中継で「政策について維新事務局と打ち合わせをしたことはない」とか言い切っちゃうぐらいだからなあ。前途多難すぎる船出だよなあ。
[PR]
by nugueira | 2013-07-22 23:41 | 雑記 | Comments(2)