反り立つ壁に撃沈。


by nugueira

<   2013年 03月 ( 31 )   > この月の画像一覧

 ネタ枯れ気味なので過去の動画をチェック。2月のUFCバンタム級暫定タイトルマッチを。

ヘナン・バラォン○-×マイケル・マクドナルド(4R 肩固め)
 スタンドでの間合いの測り合いの後、バラォンがタックルからテイクダウン。起き上がったマクドナルドは鋭い踏み込みからのパンチで応戦。バラォンも下がりながらパンチを返していく。ケージ際の打ち合いでバラォンの腰が一瞬落ちたように見えたが、タックルにいったバラォンは組み付きながら顔面へのパンチ・ヒザを繰り出していく。
 この後もバラォンはマクドナルドのパンチの間合いを外し、テイクダウン狙いを織り交ぜながら試合をコントロール。タックルがずば抜けて鋭いわけではないのだが組み付いてからがとにかくねちっこく、マクドナルドは根負けするようにテイクダウンを奪われていく。これで体力を削られてしまったか、試合が進むにつれマクドナルドはスタンドでも下がる場面が目立つようになってくる。
 迎えた4R、スタンドで前に出続けたバラォンが組み付いてテイクダウンを奪うと、バックから素早く肩固めに移行。マクドナルドは必死に耐え続けたものの最後は敢え無くタップし、バラォンが暫定王座を防衛。
 バラォンはピケット戦のKO勝ちが印象強かったので「打撃の一発が怖い選手」というイメージだったのだが、こうしてマクドナルドと並んでみると引き出しの多さが歴然としていた感じ。パンチでは優勢だったマクドナルドをテイクダウンで削っていくというプランを完璧に遂行しており、相手の持ち味を消す戦略とそれを実行できるバランスの良さを証明してみせた。まあそれぐらいの選手でないとあれだけの連勝記録は作れないんだろうけど。

 クルーズはそろそろ練習を再開とかいう話で、バラォンは夏にも暫定王座の防衛戦が決定。王座統一戦は秋になりそうだけど、クルーズのブランク云々を抜きにしても、バラォンのこの充実ぶりを見るに苦戦は免れないのでは。
[PR]
by nugueira | 2013-03-31 23:05 | UFC | Comments(2)

ONE FCの予想

 5日にシンガポールで開催のONE FC、つまみ食いの予想を。

メルヴィン・マヌーフ○-×ブロック・ラーソン
 ラーソンは特に記憶がないのだが、元々ウェルター級でやっていた選手みたい。マヌーフは3連勝中でかつての勢いを取り戻している感じがあるし、今回も上手いこと殴り倒してくれるのでは。

青木真也○-×朴光哲
 青木がEVOLVEのチームメイト・ゾロの敵討ちに挑む構図のライト級タイトルマッチ。青木はこのまま「お山の大将」の状態を続けても評価が上がる見込みは薄そうだが、まあ実際問題として難なく勝ちそうだよなあ。今後は「元UFCファイター」が大量に市場に流れ込んくるだろうから、そういう選手を拾っていけば青木にそれなりの対戦相手を供給することはできそうな気もするけど。

 動画は・・・まあ後日探します。人気ブログランキングへ
[PR]
by nugueira | 2013-03-30 22:52 | その他(総合・寝技系) | Comments(2)

高谷、SB参戦

 シュートボクシングの4月大会に高谷裕之が参戦、宍戸大樹と対戦。

 高谷がブログで「試合決まりました」と発表したとき「DREAMか?はたまたVTJか?」となったもんだが、蓋を開けてみればまさかのSB。これは驚いた。
 でも高谷って遡れば全日本キックにも参戦してたよね。優弥vs高谷は後楽園ホールで見てたっけ(今にして思えばすごい組み合わせだが)。宍戸はリオン武に負けた「前科」もあるわけだが、今回の他流試合は果たしてどうなるか。

 しかしまあ、北岡のDEEPタイトルマッチといい今回といい、DREAMは当面開催されないという「状況証拠」がどんどん揃っていくなあ・・・。GLORYとの提携はどうなってるんだか。

 でもほら、大丈夫!DREAMは去年1年間で「大晦日さえ開催されれば団体存続とみなされる」という前例を作ったから!上半期の大会がないぐらいで焦らない焦らない!(←完全にヤケになってる。)
[PR]
by nugueira | 2013-03-29 23:19 | その他(立ち技系) | Comments(4)

[こだわり]バウト

 3月の各賞と4月のおすすめバウト。ベスト・サブミッションは該当なしです。

MVP:ヴァンダレイ・シウバ
ベストバウト:ヴァンダレイ・シウバvsブライアン・スタン(3/3 UFC JAPAN)

 この試合をベストバウトに選ぶのは「PRIDE病」なのかもしれないが、ここ数年の格闘技観戦中、記憶にないレベルの高揚感をもたらしてくれたシウバを選出しないわけにはいかない。バチバチの真っ向勝負を買って出たスタンも最高だった。

ベストKO:ジェイク・エレンバーガー(3/17 UFC158)
 シウバの三賞独占はさすがに気が引けるので、ベストKOはこちらを。緊急出場のマーコートが相手とはいえ、勝負どころを見逃さなかったフィニッシュはさすが。

[おすすめ]バウト:ノニト・ドネアvsギジェルモ・リゴンドー(4/14 WBA・WBO世界スーパーバンタム級王座統一戦)
 遂に実現するスーパーバンタム頂上決戦。西岡・アルセを立て続けに屠ったドネアがスーパーバンタム最後の大物を斬って落とすか、五輪2連覇の怪物リゴンドーがフィリピンの英雄を餌食にするか。あえて思い切った表現を使ってしまうが、この試合が見れたら2013年はもう終わっても構わない。

 4月はベンヘンvsメレンデスも注目。人気ブログランキングへ
[PR]
by nugueira | 2013-03-28 23:29 | 雑記 | Comments(4)

レミーvsスポーン

 先日のGLORY5のメイン、ネットで動画を見たので感想を。

レミー・ボンヤスキー×-○タイロン・スポーン(2R KO)
 開始からハイ・ミドルを繰り出していくレミーだが、圧力をかけて前に出ていくのはスポーン。コーナーに詰めると前蹴りとボディへのパンチで攻め込んでいく。レミーも手数は出そうとしているのだがスポーンの方が一発が重く、なかなかペースが握れない。
 2Rも開始直後はレミーがミドルを出すが、スポーンはすぐさまローでレミーをグラつかせる。最後はスポーンが再びコーナーへ詰めると、レミーが膝蹴りを突き上げた直後に右フックを打ち抜きレミーダウン。レミーはそのまま起き上がることができず、スポーンが文句なしの内容でレミーを粉砕。
 かつてのレミーならこういう削り合いの展開でもきっちり手数を返して、最後は押し込んでいたと思うのだが。一度は引退した身であるレミーにそこまで要求するのは酷だとは分かりつつも、時代の移り変わりを感じさせる一戦となってしまった。
[PR]
by nugueira | 2013-03-27 23:41 | その他(立ち技系) | Comments(0)

GSP in 銀幕

 マーベルの映画『Captain America: The Winter Solider』にジョルジュ・サンピエールの出演が決まったとの情報が。

 『エクスペンダブルズ』シリーズのクートゥアーを例に出すまでもなく格闘家の映画出演は結構あって、このブログでもちょいちょい取り上げさせてもらっているのだが、GSPまで映画デビューか。
 しかもキャプテン・アメリカに出演ということは・・・。

 『アベンジャーズ』との戦いから数年後、カナダ国境近くで軍事演習に参加していたキャプテン・アメリカ。そこに現れたのはカナダ政府が秘密裏に開発した改造人間だった・・・。

キャプテン・アメリカ
「だ、誰だお前は・・・ぐわあっ!何という高速タックル!」

GSP
「私はキャプテン・テイクダウン。キャプテン・アメリカよ、私は好きなときに君の背中を地面に着けることができるのだ。」

キャプテン・アメリカ
「何を、これしき!すぐに立ち上がって・・・ぐおおっ!何というトップキープ能力!ああっ、第1ラウンドが残り30秒しかない!」

GSP
「キャプテン・アメリカよ。私が『666』に代わる悪魔の数字を君に教えてあげよう。それは『50-45』なのだよ。」


 うわっ、すげえ面白そう!日本公開いつ?前売り券買わなきゃ!

 いやー毎度のことながら馬鹿馬鹿しい妄想しちゃったよ・・・と思いながら検索してみたら、おいおい本当に悪役やるらしいぞ。

 http://latino-review.com/2013/03/25/exclusive-georges-st-pierre-play-heavy-captain-america-winter-solider/

 リンク先にはGSPが演じることになるキャラクターの画像も載っているが・・・うーん、何だろう。「天下のUFC現役チャンプに変な格好させるなよ」と不安を感じているのは私だけだろうか?

 まずは『アベンジャーズ』を見ないとな。人気ブログランキングへ
[PR]
by nugueira | 2013-03-26 23:35 | 雑記 | Comments(3)

勝敗予想(3月の決算)

 少し早いですが今月の勝敗予想の決算を。

3/3 UFC JAPAN(5/10)
3/10 Road to GLORY(1/1)
3/17 UFC158(3/5)
3/17 パンクラス(1/1)
3/17 RISE92(2/2)
3/20 Krush.27(1/2)


 合計は13/21で的中率61.9%。UFC JAPANの惨敗から多少は盛り返したものの、7割には遠く及ばず。去年もそうだったが、UFC日本大会とはどうも相性が悪い。今回は日本人選手に厳しめの予想をしたのだが、逆にそれが裏目に出ちゃうし。

 4月はUFCだけで4大会。人気ブログランキングへ
[PR]
by nugueira | 2013-03-25 23:35 | 雑記 | Comments(2)
 昨日の続き。残り3チームのメンバーを発表。

<ヨーロッパ選抜>
 ヘビー級:アレクサンダー・ヴォルコフ
 ライトヘビー級:アレクサンダー・グスタフソン
 ミドル級:マイケル・ビスピン
 ウェルター級:マーティン・カンプマン
 ライト級:ハビブ・ヌルマゴメドフ
 フェザー級:デニス・シバー
 バンタム級:ブラッド・ピケット
 フライ級:フィル・ハリス

 ヘビー級はアリスターとストルーブがともに負傷欠場中なのでベラトール王者のヴォルコフを抜擢。この方が新鮮味も出るし。
 その他の階級でもベラトールを席巻しているロシア勢を選んでも面白かったのかもしれないが、UFCの実績をもとに選出。フライ級はヨーロッパの選手が全く思い当たらず、海外のランキングサイトを見てようやくUFC選手のハリスを発見。ヨーロッパの成人男性って60キロ以下の人いないの?
 フライ級はともかく、前回・前々回はメンバーを揃えるのに一苦労という感じがあったのだが今回は各階級ともそれなりの選手がすぐに出揃った印象。欧州勢の選手層も徐々に厚くなってきてますね。

<北米選抜>
 ヘビー級:ケイン・ヴェラスケス
 ライトヘビー級:ジョン・ジョーンズ
 ミドル級:チェール・ソネン
 ウェルター級:ジョルジュ・サンピエール
 ライト級:ベン・ヘンダーソン
 フェザー級:フランク・エドガー
 バンタム級:ユライア・フェイバー
 フライ級:ジョン・ドッドソン

 負傷欠場中のクルーズとデメトリウス・ジョンソンを外してもこの陣容。やはり優勝候補最右翼の座は固いか。GSPもアキレス腱を怪我したらしいが、それはそれでジョニヘンを出せばいいし。
 ミドル級はワイドマンでもいいのかもしれないが、ここはアンデウソンを最も苦しめた男・ソネンを抜擢。試合前の舌戦でもナショナリズムを煽ってくれそう。フェザー級もメンデスやラマスも候補になるが、アルドとの名勝負を評価してエドガーを選出。というかこれだけの選手層だと、南米以外との試合は全階級補欠を出しても問題なさそう。

<南米選抜>
 ヘビー級:ジュニオール・ドス・サントス
 ライトヘビー級:リョート・マチダ
 ミドル級:アンデウソン・シウバ
 ウェルター級:デミアン・マイア
 ライト級:ハファエル・ドス・アンジョス
 フェザー級:ジョゼ・アルド
 バンタム級:ヘナン・バラォン
 フライ級:ジュシー・フォルミーガ

 北米と並ぶ優勝候補、今回もさすがのラインナップ。ただ北米チームと比べると層の厚さでは遅れを取っており、突出した強豪がいる一方で抜けられてしまうと穴埋めが難しそう。

 大会形式については前回「リーグ戦をやった後で優勝決定戦」という提案ももらったのだが、北米・南米と他2チームの実力差を考えるとトーナメント形式が妥当かなあ。北米vs南米の決勝を想像するとライトヘビー・ウェルター・ライト・フライ級は北米、ミドル・フェザー・バンタムは南米が取りそう。ヘビー級の勝敗がカギになるか。

 それにしてもこうして過去の大会も含めて振り返ってみると、MMAの流れが如実に映し出されていてやっぱり面白い。というわけで次回は2017年にお会いしましょう。(←けっこう本気で書いてます。)

 実は本日がブログ開設8周年。人気ブログランキングへ
[PR]
by nugueira | 2013-03-24 22:37 | その他(総合・寝技系) | Comments(2)
 野球のWBCは日本は残念ながら3連覇ならず。まあ参加を巡るゴタゴタや監督の人選についての混乱を考えれば、十分健闘と言える結果なんではないでしょうか。と野球素人がもっともらしいコメント。

 さて、当ブログでは過去2回のWBCの時期に合わせて、「ワールド・MMA・クラシック」という妄想企画を行っています。詳細は下記の記事を参照。

 <2006年>
 「ワールド・MMA・クラシック」
 「ワールド・MMA・クラシック(後編)」

 <2009年>
 「第2回ワールド・MMA・クラシック」
 「第2回ワールド・MMA・クラシック(後編)」

 前回大会からは早4年、というわけで今回も「第3回ワールド・MMA・クラシック」を脳内開催したいと思います。大会概要は以下のとおり。

①参加チームはアジア・オセアニア選抜、北米選抜、南米選抜、ヨーロッパ選抜の4チーム。
 アジアだけでは重量級を揃えるのが難しいので今回からオセアニア勢も参加。

②各国代表チームは8名。ヘビー級、ライトヘビー級、ミドル級、ウェルター級、ライト級、フェザー級、バンタム級、フライ級を各1名ずつ揃えなければならない。(各階級の体重リミットはいずれもネバダ州ルール。)
 第2回にはなかったバンタム級・フライ級を追加。この4年間で軽量級MMAが確立されたことを改めて実感。

③試合は各階級の代表同士が対戦。ケージ・5分3Rで行い、ネバダ州ルールに準拠。KO・一本勝利3点、判定勝利2点、ドロー1点で、8試合終了時点で点数の高い国が勝利。
 前回まで「リングかケージかは詰めだすときりがないので特に考えない」というスタンスだったんですが、現状を見るにケージ・ネバダ州ルールでやらなり理屈がないな、という結論に。試合数を考えると5分5Rはやりすぎなので3Rにしました。

 では続いて各チームのメンバー発表。まずはアジア・オセアニア選抜。

<アジア・オセアニア選抜>
ヘビー級:マーク・ハント
ライトヘビー級:ジェームス・テフナ
ミドル級:岡見勇信
ウェルター級:キム・ドンヒョン
ライト級:青木真也
フェザー級:ジョン・チャンソン
バンタム級:水垣偉弥
フライ級:BJ

 前回はアジア選抜といいつつ全員日本人で構成していたのだが、今回は日本4名に韓国・ニュージーランド2名ずつ。韓国が伸びたというべきか、日本の凋落が著しいというべきか。
 ヘビー・ミドル・ウェルターは文句なしの選出。ライトヘビーは正直めぼしい選手が思いつかず、現役UFCファイターのテフナを抜擢。ライト級の青木は議論があるかもしれないが、やっぱり実力的には頭一つ抜けているのでは。フェザー・バンタムもUFCの実績を重視し選出。川尻は面白いとは思いつつも、ケージでどこまで戦えるかが正直未知数なので見送りに。フライ級はマモルや漆谷がこのところ連敗中で、清水清隆もケージへの対応力に不安。先日ONE FCで復活勝利を挙げたBJを国際戦の経験も考慮して選びました。
 正直、各階級とも苦戦は免れなさそう。体格面の不利がないはずの軽量級で出遅れてしまっているのが痛い。

 残り3チームのメンバーは明日発表。毎度ながら単なる妄想なのにやっている内に楽しくなってきてしまうのが不思議。

 というわけで明日へ続く。人気ブログランキングへ
[PR]
by nugueira | 2013-03-23 22:21 | その他(総合・寝技系) | Comments(2)

ブローナー強し!

 エキサイトマッチで放送していたWBCライト級タイトルマッチ、エイドリアン・ブローナーvsギャビン・リースを視聴。

 リースが1階級上のスーパーライト級から落としてきたはずなのに、身長・リーチともにブローナーが大きくリードしているという組み合わせ。しかし1Rはリースが素早い踏み込みでブローナーの懐に入り、強烈なパンチを連打。上々の出だしでまずは先手を取る。
 しかし2Rに入るとブローナーはスピードのギアを上げ、リースは1Rほど思い切り踏み込めなくなってくる。早くも立て直しに成功したブローナーは3Rに入ると完全にリースの動きを見切ってしまい、リースが前に出ようとするところで根こそぎカウンターを合わせ、さらにはノーモーションの右を次々ヒット。リースは1Rの攻勢が嘘のような打つ手なしの展開に。
 4R開始早々、接近戦になったところでリースのガードの隙を見逃さずブローナーが右フックをヒット。パンチはパワーよりもタイミング、というセオリーを地で行くような一発でリースはダウン。事実上ここで勝負が決まったようなもので、再開後もブローナーはリースに連打を叩き込むと、5Rに左ボディーで2度目のダウンを奪う。リースは何とか立ち上がるも、ブローナーが再び連打を叩き込んだところでセコンドがタオル投入。リースが1Rは健闘するも、終わってみればブローナーが圧倒的内容で防衛に成功。

 ブローナーには前回のデマルコ戦で十分度胆を抜かれたのだが、今回の試合もそれに劣らぬ、あるいはそれ以上の衝撃。リースも元世界王者だけあって自分の持ち味を活かした試合運びをやり切っていたと思うのだが、それでも試合になったのは1Rだけ。申し訳ないが強さの次元が違い過ぎた。こうなるとブローナーは早くスーパーライト級に上げてマティセあたりと戦ってほしいね。
 などと思っていたら、ブローナーの次戦はWBAウェルター級王者ポール・マリナージに挑戦するそうで。こっちも気の早い発言をしているつもりだったのだが、それ以上にブローナーの方が気が早かった。激戦区になってきているスーパーライト級の方が刺激的なカードが多いと思うのだが、ここは与しやすい相手の方を選んだということなのかな。

 4月のエキサイトマッチは注目カードが続々。人気ブログランキングへ
[PR]
by nugueira | 2013-03-22 23:33 | ボクシング | Comments(2)