反り立つ壁に撃沈。


by nugueira

<   2011年 12月 ( 30 )   > この月の画像一覧

UFC141速報

ナム・ファン×−○ジム・ヘッテス(判定)
 ヘッテスが序盤からパウンド・サブミッションでファンを圧倒。

ウラジミール・マティシェンコ×−○アレクサンダー・グスタフソン(1R KO)
 マティシェンコが飛び込んできたところにグスタフソンの左がクリーンヒット。パウンドで追撃したところでレフェリーストップ。

ジョン・フィッチ×−○ジョニー・ヘンドリックス(1R KO)
 開始わずか12秒、ヘンドリックスの左一発でフィッチがKO負け。不沈空母まさかの秒殺!

ネイト・ディアス○−×ドナルド・セローニ(判定)
 ネイトがリーチ差を活かしてパンチを次々に叩き込む。ニック兄貴を彷彿させる試合運びでセローニに完勝。

ブロック・レスナー×−○アリスター・オーフレイム(1R KO)
 タックルに行かずスタンドで対峙するレスナーに、アリスターはヒザ・ミドルをヒット。最後はミドルをもらってうずくまるようにダウンしたレスナーにアリスターが追撃のパンチを入れてレフェリーストップ。
[PR]
by nugueira | 2011-12-31 23:07 | UFC | Comments(0)

明日の速報

 というわけで明日はUFC141のWOWOW生放送及び元気ですか!!大晦日!!2011の会場観戦の模様を速報させてもらいます。日本格闘技ファンにとっての長い1日、果たしてどのような衝撃やドラマが生まれるか。

 ヒョードルvs石井の地上波放送がまとまらなかったのは残念だし、ビジネス的にも痛いところ。とはいえこれはもう決定のタイミングの問題もあるし、致し方ないところでしょうね。

 今の格闘技界の状況を考えると「ブログの速報見てる暇があるならスカパーかニコ生のPPV買え!」と言いたくなるのが素直な気持ちですが、まあそれはひとまず脇に置いといて久々の会場速報を頑張らせてもらいます。ツイッター(@antonionugueira)の方でもつぶやいてますんで、そちらもチェックいただければ。

 それにしても心配なのはUFCを見てから会場入りして間に合うのかという点。たまアリは最悪の場合最初の2~3試合は見逃す覚悟をしておかないといけないか。でもまあ、UFCがサクサク進んでくれれば間に合う可能性もあるのでは…と思ったら今回のUFC出場メンバーの中には「塩漬け大魔神」ジョン・フィッチが。神は我々にどれだけ試練を与えれば気が済むのか。
[PR]
by nugueira | 2011-12-30 23:11 | DREAM | Comments(0)
 最後に残ったバンタム級GPの予想を。

所英男○―×ユサップ・サーデュラエフ
 GPでは初戦敗退となった所だが、階級差のあったマッチメイクを除いてはそれなりにゲンのいい結果を残している大晦日。第1試合で会場を温める仕事をきっちり果たしてほしい。

今成正和○―×アントニオ・バヌエロス
 1回戦では鮮やかな一本で勝ちあがった今成。相手がグラウンドにつきあってくれたから、という面はあるし、コツコツとスタンドで攻められたらやっぱり苦しい展開になりそう。とはいえ日本トーナメントを含め最近の今成はしぶとさを発揮している場面が多いので、決勝まで残ってくれることを期待。

ビビアーノ・フェルナンデス○―×ホドルフォ・マルケス・ディニス
 もう一方の準決勝はブラジル人対決。軽量級の名門ノヴァ・ウニオンがDREAMのタイトルもかっさらうか、という見方も可能だけど、やっぱり1回戦の勝ち方からしてビビアーノ有利と見ておくのが妥当か。競り合いになったらなったで勝ち方を知っている選手だし。

ビビアーノ○―×今成
 というわけで決勝はいつぞやのフェザー級GPの再戦。今成に頑張ってほしいけど、前回の対戦結果をひっくり返すだけの材料が見当たらないんだよなあ。やっぱりこのトーナメントはビビアーノが勝って2階級制覇、と見ておくのが鉄板な気がする。
[PR]
by nugueira | 2011-12-29 23:23 | DREAM | Comments(0)
 メインイベントの予想をいかせてもらいます。

エメリヤーエンコ・ヒョードル○-×石井慧
 「ワクワク感」という意味では文句なしのカード。とはいえ勝負論として考えるとヒョードル優位は動かないだろうなあ、という感じ。石井としてはテイクダウンに持ち込んでもそこから先が有利な展開になるとは思えないし、スタンドでビックヒットを期待するしかないか。でもヒョードルがモンソン戦のようにコツコツ攻めたらそれも難しくなっちゃうだろうし。結局引き出しの多さというかゲームプランの組み立て方の面で、ヒョードルのアドバンテージが大きいんじゃないかと。とりあえずこのカードについては「実現してくれただけで大満足」という受け止め方でいます。

 試合順も今日発表されたけど、DREAMとIGFの試合が入り混ざるという予想外の状態に。IGFルールへの賛否はともかく、両方の試合が交互に行われることへの拒否反応というか違和感は強いだろうなあ。
 それ以上に、バンタム級GPとかのカードが序盤に持ってこられてるのが辛い。UFCを生観戦してら第1試合に間に合う術はないのかなあ…。

 後はバンタム級GP。人気ブログランキングへ
[PR]
by nugueira | 2011-12-28 20:01 | DREAM | Comments(0)
 勝負論・技術論として最も楽しみなフェザー・ライトの予想を。

川尻達也○-×宮田和幸
 フェザー転向初戦を快勝で飾った川尻。対する宮田もタイトル獲りには失敗したとはいえ、自分の型にはめた時の強さは実証済み。見応えのある試合になりそう。
 とはいえ川尻は高谷と同じく「宮田の型にはまらないための戦い方」「万一宮田の型にはまってしまった後の戦い方」を考えて、実行に移せそう。今後の展開を面白くするための期待も込めて川尻勝利を予想。

高谷裕之×-○リオン武
 今年はMMAルールで3連続KO中のリオン、勢いは間違いなく本物。一方の高谷もここ最近は我慢比べの競り合う試合が続いているが、昨年はハンセン・ビービを屠ったハードパンチャー。やはりKO決着必至か。
 高谷の方が競り合いになったときのしぶとさで上回っている気がするものの、来年はリオンvs川尻の流れへ是非もっていってほしいので、こういう予想にさせてもらいます。

長島☆自演乙☆雄一郎○-×菊野克紀
 今年もまさかの再登場、MIXルール。菊野に頑張ってほしいとは思うものの、K-1ルールでも逃げずに前に出そうだし、それが悪い方向に働きそう。中途半端な契約体重も含め、自演乙有利か。

青木真也○-×北岡悟
 試合開始前に両者がどんな表情を浮かべどういう空気が流れるのか、それを考えるだけでも鳥肌が立ってきそうなライト級タイトルマッチ。とはいえ最近の試合結果を比べる限り、青木の方がより無駄の少ない、勝利につながる戦いをするというスキルで上回っていそう。北岡は長丁場になったらなったで苦しみそうだし、「このパターンに持っていけば勝てる」という展開が思い浮かんでこないのが辛い。

 次はヒョードルvs石井に行くか。人気ブログランキングへ
[PR]
by nugueira | 2011-12-27 23:30 | DREAM | Comments(0)
 ではいよいよ元気ですか!!の予想を。とはいえ追加カードはこれ以上あるの?ないの?という大晦日直前ではお馴染みの状態なんですよね。何回かに分けて予想するとして、まずは軽めのカードから(と言っちゃ失礼か。)。

久保優太○-×ニルス・ヴィーランド
野杁正明○-×園田顕悟

 Krushのご尽力で組まれたキックルール2試合。まあ今年の久保・野杁の安定感を見る限り(野杁は一度KO負けがあるけど)取りこぼしの心配はないでしょ。

桜井“マッハ”速人×-○長南亮
 DEEP大田区体育館大会は当時会場観戦していたっけ。というかあの試合ってブログ開設前の話なんだよね。時の経つのは本当に早い…と今さらながら実感。
 長南も打たれ弱くなっているのが不安なんだけど、それ以上にマッハのここ数年の絶不調ぶりがフォローし難いレベルになっている。やっぱりどういう展開になっても長南の方が「勝つための試合運び」に長けてる気がする。初対戦時は長南の勢い・荒々しさがマッハを粉砕したわけだけど、長いインターバルを経ての再戦では全く違う展開で長南がマッハを完封…となったらそれはそれでノスタルジーに浸れそう。当日の両者のパフォーマンス次第だけど、なんだかんだでこのカードを組むのはありなような気もしてきた。

 次はフェザー級・ライト級(多分)。人気ブログランキングへ
[PR]
by nugueira | 2011-12-26 20:01 | DREAM | Comments(0)

UFC141の予想

 師走も最終週に突入ということで、大晦日(日本時間)興業の予想をいよいよ。まずは昼のUFCから。

ウラジミール・マティシェンコ○-×アレクサンダー・グスタフソン
 怪我で少し試合間隔は空いたが、昨年から秒殺KO連発中のマティシェンコに期待。

ジョン・フィッチ○-×ジョニー・ヘンドリックス
 これまた怪我から復帰となるフィッチ。勝てども勝てどもタイトル再挑戦の話が出てこない可哀想な境遇だが、なんだかんだでGSPに負けた後は6戦無敗。そのGSPの長期欠場で来年は暫定王者戦線も動きが激しくなりそうだし、ここは塩漬けでもなんでも勝ちを拾っておきたいところか。

ネイト・ディアズ×-○ドナルド・セラーニ
 セラーニはこれが今年5試合目。今のUFCは怪我していない選手は本当に使い回すな。五味戦でも威力を発揮したディアズのロングリーチは驚異だが、ここはセラーニがサブミッションで斬って捨ててくれることを期待しておきます。

ブロック・レスナー×-○アリスター・オーフレイム
 今年のUFCを締めくくるのはヘビー級の怪獣大決戦。アリスターはドーピング検査やら練習環境やら不安要素はそれなり以上にあるけど、それ以上にレスナーのブランクの方が不安。今この2人がヨーイドンで正面衝突したら、アリスターが先に一発入れて終わっちゃいそうな気がする。レスナーが勝つとすればテイクダウンからのパウンドアウトだろうけど、果たしてそこまで持っていけるかどうか。

 当然生観戦。人気ブログランキングへ
[PR]
by nugueira | 2011-12-25 23:34 | UFC | Comments(0)

今月のゴン格

 金曜は大学の後輩の披露宴に出席するため沖縄へ。行きの機中でゴン格最新号を熟読させてもらいました。いやあ有意義な旅だった(そうなの?)。

 決戦を控えた青木のインタビューなんかも面白いんだけど、今回の最大の見所は須藤元気と吉田豪の対談。もう格闘技界へのしがらみを気にしない須藤元気が問題発言連発ですよ。一部(というか個人的に面白かったところ全部)を抜き出すと

・FEGからの未払いが2万円ほどある。

・戦極から「社長をやらないか」というオファーがあった。

・(須藤の)父親がホテルのサウナでアリスターと遭遇したのだが、「元気、アリスターは身体もすごいが下も相当すごいぞ」という報告があった。

・パンクラス時代、リングの上で飲み会をやってマットにビールをこぼしたことがある。

 等々。須藤元気の最新刊『須藤元気のつくり方』はこういう格闘技時代のエピソードが満載らしいのだが、真剣に購入を検討すべきだろうか。
[PR]
by nugueira | 2011-12-24 23:07 | 雑記 | Comments(0)
 ご存知のとおりUFCでは大会ごとにキャッチフレーズをつけている。少し前はけっこう凝ったフレーズをつけていた時期もあったけど、最近は単純に「○○vs××」とメインカードの名前を並べてるケースが多い感じ。大会数が増えてるから面倒くさいのかな。

 来年の日本大会はどういうキャッチフレーズになるのだろう、と密かに期待していたのだが、「Edgar vs. Henderson」という最近の「標準形」に落ち着いちゃったみたいね。

 せっかくなので今回の日本大会はどういうキャッチフレーズがふさわしいか、独自に検討。まずは日出る国での開催ということで

 「RISING SUN」

 というのを思いついたのだが、少々安直かな。

 じゃああれだ、日本固有の単語を持ってきては、ということでこれはどうだ。

 「BUSHIDO」

 ちょっと色々思い出してしまうことがあるので却下。

 あれだな、SENGOKU RAIDEN CHAMPIONSHIPみたいに歴史上の人物の名前を持ってくるのもありか。じゃあこれ。

 「SASUKE」 

 これも諸般の事情で却下。

 もうこうなったら、ズッファから日本の格闘技ファンへのメッセージということでこういうのはどうだろ。

 「FORGET PRIDE!!」

 なんか某ライターの著書みたいになっちゃった。やっぱりキャッチフレーズ考えるのは難しいね。
[PR]
by nugueira | 2011-12-23 23:00 | UFC | Comments(0)

毎月3回UFC

 某サイトで見た海外情報によると、来年ズッファはUFC32大会、ストライクフォース8大会の開催を予定しているのだとか。ストライクフォースはこの前の大会の動員数とファイトマネーを見る限り採算が採れているとは思えないのだが、しばらくは赤字覚悟で辛抱するのかな。

 しかしそれ以上に凄いのがUFCを32大会開催、という数字。まあスケジュールを見ると分かるとおり開催国もブラジル、日本、オーストラリア、スウェーデンとバラエティー豊かで、以前のゴン格で佐藤大輔が指摘していたように世界各国の放映権料で稼ぐ「F1方式」へシフトしつつあるのだろうけど。

 それにしても年32回ということは、平均して毎月3回UFCがあるわけですよ。現に来年1・2月は3大会ずつ開催だし。FOX絡みの大会はネットPPV等を除いて日本で生放送なしとはいえ、結果が気になるカードも多数組まれるだろうしなあ。今年も既に4週連続UFCという時期が何回かあったが、来年はさらに頻度が上がるのか。なんか「もう食べられないよ」というデブの寝言のような感想が浮かんできてしまう。
[PR]
by nugueira | 2011-12-22 23:49 | UFC | Comments(0)