反り立つ壁に撃沈。


by nugueira

<   2011年 07月 ( 26 )   > この月の画像一覧

三度目の「皇帝敗北」

 ヒョードルがダン・ヘンダーソンに1ラウンドKO負け。

 試合映像をまだ見ていないので内容についてコメントはできないのだが、とりあえず「ヒョードルの負け」という結果を自分自身が自然に受け止めてしまった事実にまず驚いた。事前にダンヘン勝利という予想をしておいてこういうコメントをするのも変なんだけど。

 ヒョードルの敗北に対する感情を一言で表現すると、ヴェウドゥム戦は「驚愕」、アントニオ・シウバ戦は「悲嘆」、そして今回は「受容」といったところ。

 皇帝の敗北という事実自体がにわかに信じられなかった1回目。現代MMAに皇帝が為す術なく敗れる姿に打ちのめされた2回目。3回目に至ってようやく、皇帝の敗北を順当な現実として受け入れている自分がいる。やはり皇帝は、あまりにも敗北を重ねすぎた。

 進退について特に明言はなかったようだけど、ストライクフォースとの契約も切れたヒョードルの今後は不透明。完全に潮時を迎えている(というかいい潮時を逃してしまった)状態なわけだけど、ヒョードルで飯を食っている関係者も多い以上、簡単に引退には踏み切れないか。頂点を極めた格闘家の引き際は、かくも難しい。

 「引退試合を日本で」という意見もチラホラ見かけるけれど、個人的には(そもそも実現性が高いかどうかは置いておくとして)賛成する気にはなれない。
 これ以上リングで敗者としての姿を晒すヒョードルを見たくはないし、一方で格下の相手に取り繕ったような勝利を挙げることも、ヒョードルの引き際にはふさわしくないように思う。
 
 たとえ傷だらけでも、皇帝には気高くリングを去ってほしい。

 動画はおいおい探します。人気ブログランキングへ
[PR]
by nugueira | 2011-07-31 23:33 | Strikeforce | Comments(2)

DREAM追加カード

 DREAMの追加カードとして青木真也vs. ロブ・マックロー、北岡悟vs. ヴィラミー・シケリムが決定。

 両カードとも「なかなかいいじゃない」というのが率直な感想。青木はこのクラスの外人とやるならUFCに殴りこんでよ、とかシケリムにいつまでチャンス与えるの?とか、文句をつけようと思えばアラはあるけど、ちゃんと外国人選手をブッキングしてくる点についてはプロモーター側の努力を買いたい。

 あとはカード発表が早くなってるのも好評価の材料。9月大会のカードが7月中に着々と決まっているのは「アメリカ時間」からしたら当然なんだけど、この辺りも笹原さん他スタッフの頑張りは評価していいのでは。やはりTBSの現場介入がなくなるだけでこうもスムーズになるものなのか、と余計なひと言も言いたくなってくる。
[PR]
by nugueira | 2011-07-29 23:42 | DREAM | Comments(0)
 DREAMが次回大会から10分・5分の2ラウンド制を廃止し、5分3ラウンド制への移行を発表。

 10分・5分制についてはけっこう否定的な意見が多くて、ツイッター上なんかでは笹原氏自身も参加して議論になっていたけれど、意外とあっさりルール改正が実現。

 これでまた「PRIDEの香り」のする要素が一つ消えるわけだけど、まあ今の情勢を見るに妥当な流れでしょうね。これまで10分・5分制を維持していたのも「ノスタルジー」という要因が少なからずあっただろうし。

 ところでルール改正後はタイトルマッチは5分5ラウンド制になることが合わせて発表されたけど、この流れは国内他団体には波及するのかしら。
 一時期、「修斗も世界タイトルマッチの5ラウンド制導入を予定」という話をゴン格で見た記憶があるけど、その後具体化はしていないみたいだし。DEEPも試合数を詰め込むことを考えると5ラウンド制には踏み切りにくいかなあ。「世界標準化」の一環としてもう少し普及してもよさそうな気はするのだが。
[PR]
by nugueira | 2011-07-27 23:30 | DREAM | Comments(0)

続・修斗内紛問題

 ゴン格最新号で修斗内紛問題が取り上げられており、朝日・大内両氏へのインタビューが掲載されていた。

 とりあえず一番衝撃だったのは大内氏のインタビューで出てきた「日本修斗協会には規約がない」という事実。いやいや、じゃああんた達、今まで何を土台に争ってきたの?という話になると思うのだが。
 騒動勃発当初に「大学のサークルの内輪もめみたい」という感想を持ったが、本当にそれに近いものに思えてきた。

 両者のインタビューを読むと、ものすごく大まかに言えば

朝日→UFCを目指して改革すべき!
大内→アマ修斗が大事!

 という主張と受け取ったのだが、これって両立できないのかなあ。UFCに対応できるようプロ修斗の仕組みは見直すけど、一方で競技普及のためにアマで直せるところは直していきましょうね、という話はあっていいと思うのだけど。

 ただ朝日は「除名した連中と話す必要はない」と言い切っちゃってるし、主張の正当性云々とはまた別の次元でもつれてしまっている感じ。これもまた「サークルの内輪もめ」にありがちな状況ではあるけど。

 時間が経つにつれソフトランディングは厳しい状況になってきているけれど、以前も書いたようにとにかくファンと選手に迷惑が及ばないことだけを願う、という意見で締めさせてもらいます。
[PR]
by nugueira | 2011-07-26 23:49 | その他(総合・寝技系) | Comments(0)
 30日(現地時間)のストライクフォースの予想を。

JZ.カルバン○-×ボビー・グリーン
 アメリカではなかなか勝ち運に恵まれないカルバン。対戦相手もよく分からんクラスの選手だし、そろそろ結果が欲しいところ。

ポール・デイリー○-×タイロン・ウッドリー
 ディアズと空前のどつき合いを演じたデイリーの再起戦。打撃でペースをつかませてもらえなかった時の脆さがあるのは確かだが、派手なKOを期待。

エメリヤーエンコ・ヒョードル×-○ダン・ヘンダーソン
 まさかまさかと思っているうちに実現してしまい、気づいたら間近に迫っていた大一番。「今の最強」を決める一戦ではないけれど、PRIDEファンにはたまらん組み合わせだよなあ。
 ヒョードルに頑張ってほしい気持ちはもちろんあるけど、一本・TKOで2連敗している選手とKOで2連勝している選手の対戦。素直に直近の戦績だけ比べるとダンヘン有利な気がしてくる。
 まあダンヘンがヴェウドゥムやアントニオ・シウバのような勝ち方をする場面は想像できず、どちらかというと真正面からボクシング勝負に行きそう。そうなるとさすがに階級差でヒョードルが勝つのかなあ。とはいえダンヘンはここ一番で思い出したように強くなるし・・・。
 と本当に悩ましいものの、やっぱり直近の勢いの差でダンヘン有利、という予想にさせてもらいます。これで負けたらヒョードルは本当に引退が視野に。最後の介錯を務めたのがダンヘン、という展開はある種ドラマチックではあるけど。

 PPVないのか・・・。人気ブログランキングへ
[PR]
by nugueira | 2011-07-25 23:35 | Strikeforce | Comments(3)

RISE80の予想

 明日のRISEの予想を。

小宮山工介○-×ハムザ・エッサリ
 小宮山って国際戦の経験あるんだっけ?とはいえ絶対王者・板橋を引きずり下ろしての戴冠後初戦。ここはきっちり結果を出してもらわないと困る。

小宮由紀博○-×森田崇文
 ミドル級王者決定戦。スーパーライトから階級を上げて、パワー差に苦しむ場面を見せつつも着実に結果を積み上げてきた小宮。ここは是非ともベルトを獲ってほしい流れだなあ。

上原誠○-×羅王丸
 こちらはヘビー級王者決定戦。微妙といえば微妙な組み合わせだが、K-1トライアウト出身(もはやこの事実には触れない方がいい?)の上原が意地を見せるか。

 最近サワー推薦の選手がやたら多い。人気ブログランキングへ
[PR]
by nugueira | 2011-07-22 20:33 | RIZE | Comments(0)

岡見の意外?な過去

 『Number』最新号に岡見勇信の記事が載っていると聞き、さっそく立ち読み。

 「これまでの挫折をいかにプラスに転換して成功へつなげていったか」というテーマの4ページの記事で、まあ何てことない内容と言えなくもないのだけど、衝撃的だったのは「新日本プロレスの入団テストに2度落ちて、その後格闘技のジムへ入門した」という事実。この話有名なのか?

 直前に腰を痛めたせいもありスクワット500回がクリアできなかったらしいのだが、いやー落ちてくれて本当に良かった。岡見がプロレスの道に進んで成功していたかどうかはともかく、少なくとも「UFCミドル級タイトルに日本人が挑戦」という今の状況は生まれていなかったわけですよ。新日本プロレス、グッジョブ。

 そういえば岡見のUFCでのニックネーム「サンダー」(あんまり浸透してないけど)も、「獣神サンダーライガーに由来している」という話を聞いたことがある。当時は「なんでまた?」と思ったのだが、これも実は岡見が希望したニックネームだったりするのだろうか。

 あと来月のタイトルマッチですが、岡見勝利という予想でゴリ押しすることに決めました。最近まで「なんだかんだでアンデウソン勝っちゃうでしょ」と割り切った見方をしていたものの、なでしこジャパンの優勝を見て「信じる人がいなきゃ、起こる奇跡も起こらないよな」と思わされたもので。

 地球の裏側、王者のホーム。完全アウェーで迎える絶対王者との大一番。
 起きるか、奇蹟。いや、絶対起きろ、奇蹟。
[PR]
by nugueira | 2011-07-21 23:16 | UFC | Comments(3)
 UFC138のメインでクリス・リーベンvsマーク・ムニョスの5Rマッチが決定。ダナが以前からやるやると言っていた「メインはタイトルマッチかどうかに関係なく5R」という仕組みがいよいよ導入されることに。

 この仕組みについては話に上がった当初から違和感を感じていたものの、こうして具体化するとやっぱりしっくり来ない。

 以前ツイッターでこの話をしたときに
 「デラホーヤvsパッキャオはタイトルマッチではなかったけど12Rだったのでは?」
 という指摘をいただいたことがあり、確かにタイトルマッチじゃなくてもそれに相当するラウンド設定で試合をする、ということ自体はおかしくなさそう。

 でもメインかどうかって要するに試合の並べ順の話なわけで、それによってルールが変わっちゃうのはどうなの?という疑問が。

 例えば大会2週間前ぐらいになってリーベンとムニョスの両方が怪我しちゃった場合(最近のUFCの状況を見るにあり得ない話じゃないと思うのだが)、代わりにメインに繰り上がる試合は「じゃあお前ら5Rで戦ってね」ということになっちゃうの?それってやっぱり変なんじゃ。

 まあUFCで王座交代が起こりにくい原因の一つに「それまで3Rで試合を重ねてきた挑戦者が5Rの試合運びに対応できない」という点があるので、今回の制度改正がタイトルマッチの内容充実につながる可能性もあるのは確か。これで盛り上がってくれれば結果オーライということで、しばらくは様子見ですかね。

 年内に「140」まではやってくれそう。人気ブログランキングへ
[PR]
by nugueira | 2011-07-20 20:27 | UFC | Comments(0)
 アリスターがストライクフォースGP準決勝の9月開催に難色を示し、トーナメントから離脱することに。

 うわー、もうこのトーナメントに対する興味が半減。

 いや、「アリスターの優勝を見たかったのに」というわけではなく、正直準決勝は相当厳しいと思うんですよ。ヴェウドゥム戦はスタイルの噛み合わせの問題もあるのでさておき、アントニオ・シウバが残った4名の中で最も「現代仕様」のMMAをやっているのは確かなので。

 とはいえ、アリスターが敗れるなら敗れるでその結果はきちっと見たかった。こういう「不戦敗」で姿を消すのが見てる方には一番フラストレーションのたまる展開だよなあ。
 シウバにせよ、あるいはジョシュやハリトーノフにせよ、これで優勝しても説得力は半減しちゃうわけだし、さらにいえば準決勝以降の日本でのPPV放送も怪しくなってくるし。本当に最悪の展開。

 トーナメントの主役となるべきヒョードルが初戦で姿を消し、もう一人の主役たるアリスターもこのような形でトーナメント表から離脱。なんかストライクフォースの団体運営自体にも嫌な影響が出てきそう。
[PR]
by nugueira | 2011-07-19 23:18 | Strikeforce | Comments(0)

チャベスJr戴冠

 WBC世界ミドル級タイトルマッチ、フリオ・セサール・チャベスJr対セバスチャン・ズビクを視聴。チャベス父はスーパーライト級だったけど、息子はだいぶ重い階級で戦ってるのね。

 試合は1Rから両者とも積極的に手数を出していく噛み合った展開。チャベスはボディブローを交えた上下の打ち分けで攻めるが、ズビクのパンチがチャベスの顔面を捉える場面の方が目立つか。3R辺りからズビクが連打をヒットさせる場面が目立つようになり、両者決定打はないもののズビクのペースで試合が進んでいる印象。

 7Rにはチャベスの左右の連打がヒットしズビクが後退するなど、後半になってチャベスも盛り返すものの、ズビクも最後まで攻め続け一方的な展開にはさせないまま12R終了。手数は互角だったが、全体としてはズビクの方が有効打で上回っていたか。チャベス親子にとっては残念だけど、まあまだ若いからチャンスはあるよね。

 と思っていたら判定2-0でチャベス勝利。うーん、個人的な印象ではズビクが4ポイントぐらい勝ってたと思うんだけど。この辺は俺の見る目がないということなのか。チャベスも手数では劣っていなかったのは確かなので、ボディ攻めをどう評価するかなんだろうけど。

 親子2代での世界チャンピオンは史上2組目だと思うんだけど、偉業達成はもっとスッキリした内容で達成して欲しかったなあ、という若干の不満も残る試合でした。

 メイウェザー来月試合するのね。人気ブログランキングへ
[PR]
by nugueira | 2011-07-18 23:03 | ボクシング | Comments(2)