反り立つ壁に撃沈。


by nugueira

<   2011年 05月 ( 28 )   > この月の画像一覧

UFC130の感想②

 残りの試合の感想を。

ステファン・シュトゥルーフ×-○トラヴィス・ブラウン(1R KO)
 スタンドの攻防からブラウンがテイクダウン。立ち上がったシュトゥルーフがアナコンダチョークをしかける場面もあったものの、最後はシュトゥルーフのヒザにスーパーマンパンチを合わせたブラウンがKOで快勝。シュトゥルーフも決して弱い選手じゃないと思うんだけど、また活きのいい若手が出てきたな。

グレイソン・チバウ×-○ハファエロ・オリベイラ(2R 裸絞め)
 序盤からテイクダウン&パウンドで攻めるチバウ。2Rにケージ際で左アッパーをヒットさせると、倒れたオリベイラのバックを取って裸絞めで一本。非常にいい勝ち方。

フランク・ミア○-×ロイ・ネルソン(判定)
 組み付いてケージ際に押し込んでくるネルソンに対し、ミアは首相撲からのヒザを立て続けにヒット。2R以降はテイクダウンを繰り返し奪い、ネルソンに反撃の隙を与えず完勝。後半は攻めあぐねの印象もあったしインパクトがあるとは言い難いけど、これでミアは2連勝。ヘビー級の層が決して厚くないことを考えると、次の次あたりの挑戦権がそろそろ視界に入ってくるか。
 しかしドス・サントス戦のときも思ったけど、敗れたとはいえネルソンの打たれ強さには驚き。やっぱりデブは衝撃を吸収するのかなあ、という小学生レベルの発想がついつい浮かんでしまう。

 UFCはこれから興業ラッシュ。人気ブログランキングへ
[PR]
by nugueira | 2011-05-31 19:41 | UFC | Comments(0)

UFC130の感想①

 とりあえず主立った試合の感想を。

ブライアン・スタン○-×ジョルジ・サンチアゴ(2R TKO)
 序盤からスタンドの攻防が続く中、スタンの踏み込みながらのワンツーをもらったサンチアゴがダウン。パウンドの追撃をもらいながらも1Rは何とか凌いだが、結局2Rに右のクロスカウンターを食らいKO負け。SRC王者としてのUFC再上陸だったが何も見せ場を作れず完敗。日本で馴染みの選手がこういう負け方をするとへこむなあ。
 スタンは寝かされた場合はどうなのか、とかそれなりに穴もありそうなんだけど、あのスタンドの圧力はやはり大きな武器。ミドル級戦線で存在感を上げてきた。

チアゴ・アウベス×-○リック・ストーリー(判定)
 打撃の応酬からケージ際での差し合い、テイクダウンからすぐさまスタンドへ・・・と、This is UFCとも言うべきめまぐるしい展開の好勝負。3Rにアウベスの追い上げをくらったものの、それまで手数・圧力ともに優勢だったストーリーが判定勝利。タイトルマッチ経験者がその後ズルズル負けるのはUFCでよくある展開だけど、アウベスもその流れに飲まれた。UFCは本当に新陳代謝が早い。

ランペイジ・ジャクソン○-×マット・ハミル(判定)
 ハミルがタックルに入るものの、ランペイジはすぐさま脇をさし返してディフェンス。突き放したところで必殺のアッパーをまじえたパンチ連打。ハミルは1R後半あたりから打つ手がなくなった感じで、ランペイジのパンチに露骨に背中を向ける場面も。ランペイジもスタミナ不足なのかKOは取れなかったが、ハミルに攻撃らしい攻撃を出させず完勝。やっぱりビジネス的にはジョーンズの次の相手はリョートかランペイジにするのが正解なんだろうなあ。
[PR]
by nugueira | 2011-05-30 12:40 | UFC | Comments(0)
 DREAMはツイッターで展開を追わせていただきましたが、いや長かった。ツイッターで見ていても少々げんなりしてきたので、会場観戦組の皆さんはお疲れだったのではないかと。

 MMAの長丁場興業といえば思い出深いのが2006年11月のPRIDE武士道(当時の感想はこちら。)。今回もツイッターを見ていたら事前に「あのときの武士道みたいにならないだろうな?」みたいなことをつぶやいていた方がいたんだけど、図らずも的中、という形に。
 
 興業時間は試合展開にも引っ張られてしまうので主催者ばかりを責めるわけにもいかないんだけど、改めて結果を眺めると11試合中5試合が一本・KO決着。やっぱり進行にも多少問題あったんですかね?

 次回興業も決定、ムサシvs泉やライト級GPの開催も発表と、今後につながる動きも提示してくれた今回のDREAM。それだけに興業の第一印象が「長かった」となってしまったのは残念。ようやく迎えた今年の第一弾興業でこういう状態になってしまうあたりに、やっぱりDREAMの引きの弱さが出てるのかな。
[PR]
by nugueira | 2011-05-29 23:28 | DREAM | Comments(0)
 K-1の今年の第一弾興業として、63キロトーナメントの組み合わせが昨日発表。

 「いいカード揃えてきたなあ」というのがお世辞抜きの率直な感想。
 「前回優勝・準優勝・Krush王者・RISE王者」に「K-1甲子園世代」が挑むという構図は軸として分かりやすいし、それぞれの組み合わせも勝負論がある。ここ最近不調だったHIROYAも黒田に完勝した上での文句なしのエントリーだし、これは十分期待していい面子なんじゃないでしょうか。前回もの凄いKO負けをしている野杁の参戦は少々不安だけど。

 で、本来なら「大会決まった!カード決まった!わっしょい!」となるべきところなのだが、そういう雰囲気になってくれないのが今のK-1の辛いところ。

・地上波放送はおそらく無し。
・スカパーも未定。どうもインターネット中継のみになりそうな気配。
・70キロとWGPについて具体的なスケジュール発表なし。
・「It’s showtimeに上がった選手はうちに上げない」という決別宣言。

 と、今回の好カードを帳消しにして余りある(?)ネガティブな空気が満載。特に最後の発言は本当に余計だった。ファン無視の小競り合いは見てる側の熱を下げるだけなのになあ・・・。

 会見後も谷川批判が火を噴くばかりで肝心のカードへの反応があまり見られない、という状況は選手にとっても可哀想。こういうムードを作り出してる時点でK-1のプロモーターとしての力は本当に落ちてるんだなあ、と思わされてしまう。

 とまあいつの間にか暗い話題になってしまいましたが、多くの格闘技ファンはK-1に潰れてほしいなんてことは思っておらず、「なんとか頑張って欲しい」というのが偽らざる本音のはず。多くのもやもやは残るものの、大会が決まっただけ一歩、あるいは半歩前進。リング上の熱のあるファイトがもやもやを晴らしてくれることを期待してます。

 なんとかして見たいのだが・・・。人気ブログランキングへ
[PR]
by nugueira | 2011-05-27 20:34 | K-1MAX | Comments(2)
 続いてワンマッチの予想を。

石田光洋○-×ヨアキム・ハンセン
 フェザー転向後連勝中とはいえインパクトに欠ける石田、いい勝ち方でベルトへの道筋をつけられるか。固め続けるものの極めきれないままハンセンの一発が・・・という映像が浮かばなくもないけど。

リオン武○-×松本晃市郎
 松本の試合を見ていないので予想しにくい面はあるが、土屋戦をクリアしたリオンの勢いに期待。

宇野薫×-○西浦“ウィッキー”聡生
 接戦になっておかしくないものの、宇野の勝ちパターンがいまいち想像できない。やっぱりピークを過ぎた選手と伸び盛りの選手との差が結果に表れるのでは。ウィッキーが打撃で着実にリードを取りそう。

菊野克紀○-×中村大介
 ライト級の注目対決。中村がグラウンドに持ち込めば十分勝ち目もありそうだけど、菊野は簡単に寝技に持ち込ませない強さも持ってるからなあ。きれいなKOで青木戦への機運を盛り上げてほしい。

青木真也○-×リッチ・クレメンティ
 二転三転どころか四転五転ぐらいした青木の対戦相手、結局クレメンティというやや懐かしい名前に。まあ青木が圧倒してくれるとは思うが、今回の経緯を見るに青木はもうUFCなりストライクフォースで戦った方がいいんじゃないのかという気が・・・。
[PR]
by nugueira | 2011-05-26 23:24 | DREAM | Comments(0)
 日曜のDREAM、まずはバンタム級GPの予想。

中村優作×-○山本篤
 ダレン相手だと山本は苦しいんじゃないかと思っていたが、そのダレンが欠場。山本にとっては正直楽な展開になったか。中村は去年のDEEPでのKO勝ちが印象に残っているけど、直前オファーのうえに入院明け、と悪い条件が揃いすぎている感じ。

前田吉朗○-×所英男
 1回戦の最注目カード。両者のここ数戦の内容から考えれば前田優位と見るのが妥当か。前田が要所要所で見せる勝負弱さ、所がここ一番で発揮する勝負強さがどう転ぶかだけど。

今成正和○-×藤原敬典
 今成の「噛み合わないけど結局自分のペースに持っていく試合運び」がどこまで通用するのか、というのもこのトーナメントの注目点。この前はアイアンに完封されたし盤石ではないだろうけど、とりあえず1回戦は突破するかなあ。

大沢ケンジ○-×大塚隆史
 ここ1~2年絶不調の感が強い大塚、バンタムで勢いを取り戻せるか。とはいえ競り合いになったら大沢の方が優位になりそう。大塚はこれまでの負け試合を見るに、こういう展開ならペースを握れる、という試合の運び方を自分自身でつかめていない感じがする。

山本×-○前田
 前田は常にポカの不安がつきまとうが、金原戦の勢いで突っ走ってほしい。

今成○-×大沢
 うーん、今成が今のスタイルでどこまで行けるか・・・。でも大沢が今成を漬けこめるかもやや不透明。噛み合わない末に今成の競り勝ち、と予想しておきます。そうなると決勝はかつてのDEEPフェザー級王座決定戦の再戦か。

 3日後までの情報遮断は無理だなあ・・・。人気ブログランキングへ
[PR]
by nugueira | 2011-05-25 23:24 | DREAM | Comments(0)

Krushの予想

 70キロトーナメントが開幕するKrushの予想を。

石川直生○-×森重真
 久々にキックルールに戻る石川、これを落としたら正真正銘の崖っぷち。きっちり勝ってNJKFのタイトルマッチにつなげて欲しい。タイトルマッチの相手である中須賀がポカをやらかしてるのが非常に嫌な流れなんだけど。

尾崎圭司○-×パク・ドンファ
寺戸伸近○-×ジュ・ミホ

 ともに再起戦の両者、気持ちよく勝利で飾れるか。寺戸はこれに勝ったら55キロのタイトルマッチで瀧谷と激突もありうるかな。瀧谷にはえらいシビアな流れだけど。

中島弘貴○-×YOSHI
 ここから70キロトーナメント。このトーナメントは本命優弥・対抗中島と踏んでいるのでこういう予想に。勢いよく連勝を重ねていた選手が伸び悩むのもよくある話と言えばよくある話なんだけど。

渡辺雅和○-×健太
 両者ともきれいな勝ちっぷりの映像が浮かびにくい選手なので予想が難しいのだが、2階級制覇で勢いに乗るチームドラゴンのブランドを信頼。

名城裕司○-×山内佑太郎
 昨年の再戦。心情的に山内を応援したいが、名城は1月大会でもいい勝ち方をしてたからなあ。リベンジは難しいか。

山本優弥○-×松倉信太郎
 面子を見るに、優弥はこのトーナメントを制さないと何も始まらないだろう、という気がする(中島との対戦が実現したら興味深いけど)。松倉の試合をちゃんと見たことがないのだが、ここは優弥がキャリアの差を見せつけてくれることを期待。
[PR]
by nugueira | 2011-05-24 23:22 | Krush | Comments(0)

UFC130の予想

 エドガーvsメイナードの消滅に加えKIDも欠場と、怪我人が多い最近のUFCを象徴するかのような今回のUFC。まあそれでも注目カードが1つや2つじゃない辺りにUFCの充実度合が表れている、とも言えるけど。

ヘナン・バラオン○-×コール・エスコベド
 DREAMに2度ほど参戦したエスコベドがUFC出場。勝ったとはいえ前田戦もKO直前まで苦戦気味だったし、厳しいんじゃないかという気が。

ミゲール・トーレス○-×デメトリオス・ジョンソン
 トーレスが元王者の意地を見せるか。しかしKIDは前回勝ってればこのクラスの相手と戦えていたのか、と思うと何か複雑。

ブライアン・スタン×-○ジョルジ・サンチアゴ
 SRC王者サンチアゴがUFC凱旋。スタンは元々1階級上の選手なので打ち合いになったらやばそうだが、SRCで競り合いの試合も数多く経験しているサンチアゴの成長に期待。

フランク・ミア○-×ロイ・ネルソン
 ヘビー級の次々期挑戦者レースに向け、両者落とせない一戦。どの展開になってもミア優勢な気がするけど、ネルソンは打たれ強いからなあ。長丁場の末に一発もらってしまわないかが不安材料。

ランペイジ・ジャクソン○-×マット・ハミル
 メインは若干地味な印象もあるライトヘビー級戦。リョート戦では判定の是非はともかく打撃のみに頼らないクレバーな動きを見せていたランペイジ。今回も競り合いになったらなったできっちり勝ちそう。

 この日は興業が集中。人気ブログランキングへ
[PR]
by nugueira | 2011-05-23 23:44 | UFC | Comments(0)
 ムリーロ・ニンジャが引退を発表、というニュースを目にした。

 まだ31歳とはいえ、格闘家としてのピークを相当前に過ぎてしまったことは最近の戦績からも明らかだったわけで、引退のタイミングとして間違いではないでしょう。PRIDE時代も終盤は負けが混んでいたものの、欠かせない名脇役として存在感を発揮していた選手。今後も選手とは違う形でのご活躍を願っています。

 で、このニュースを機に「一度でもPRIDEで試合をした選手」を「PRIDE戦士」と定義して、「最後の現役PRIDE戦士」になるのは誰なんだろう、ということについて考えてみた。

 かつてのヘビー級三強であったヒョードル、ミルコ、ノゲイラはいずれも現役生活の終わりが見えつつある状態。でもその一方で現在最前線で活躍している選手が、アリスター、ショーグン、ランペイジ、ダンヘン、ムサシ、アンデウソン、メレンデス、青木・・・と思いつくだけでも多数存在。やっぱり5年やそこらで解答が出る問題じゃないな、と途中で考えるのを止めた。

 格闘技の場合問題を余計に難しくしているのが、「本人さえやる気ならマイナー団体でいつまでも現役を続けられてしまう」という構造。何しろダン・スバーンが未だに現役で頑張っちゃってるぐらいだからね。

 通算100勝が目前だそうで。人気ブログランキングへ
[PR]
by nugueira | 2011-05-22 23:38 | PRIDE | Comments(0)
 SRCと日沖発の契約が解除され、日沖にUFCからオファーが来ている、との噂が。

 このブログでも触れたが、SRCが活動停止をする際は日沖のところに何も連絡が来ていなかったらしく、そんな状況で今まで契約が残っていたこと自体が驚き。
 まあ日沖はこれで重しが一つ取れたわけで、心おきなく新たなる戦いの場へ羽ばたいてほしい。修斗の防衛戦もいつやるのか、誰とやるのかがえらく不透明だし。

 で、国内軽量級「最後の切り札」と言ってもおそらく差し支えはない日沖がUFCに出陣した場合、果たしてベルトに手が届くのか、というところが非常に気になる。
 この前のアルド戦の感想でも書いたけど、アルドがホーミニック戦のように後半失速した場合、ホーミニックよりも引き出しが多いと思われる日沖ならサンドロ戦と同じ展開で絡め取ってしまうことも可能なのでは、と思えてくる。

 ただその一方で、アルド戦にたどり着くまえにあっさり負けちゃうんじゃないか、という不安感も。修斗・SRC二冠王者(TKOのベルトもまだ保持してるんだっけ?)の日沖といえど参戦即タイトルマッチはないだろうから、ホーミニックなのかヌネスなのか、少なくとも1試合は挟むことが求められそう。そこをクリアできるのかなあ、と。

 コメント欄でもよく指摘をいただくのだが、日沖の場合フィジカル面に難がありそうなので、仮にゴリゴリのレスラータイプと当たっちゃったら意外とあっさり塩漬けにされて終わっちゃいそうな気も。この辺は相手次第なんだろうけど。

 まあこういう妄想を並べていても仕方がないので、白黒つけるためにも日沖にはぜひオクタゴンの中へ飛び込んでほしいわけですが。

 廣田はいつ復帰するの?人気ブログランキングへ
[PR]
by nugueira | 2011-05-20 23:25 | その他(総合・寝技系) | Comments(0)