反り立つ壁に撃沈。


by nugueira

<   2010年 10月 ( 32 )   > この月の画像一覧

SRC15の感想①

 PPV観戦の感想を。

井上学○-×ソ・ジェヒョン(判定)
 ジェヒョンはスタンドの攻撃では単発がヒットする場面もあったが、レスリング力に勝る井上が終始ポジショニングで圧倒し判定勝利。

清水俊一○-×高橋渉(判定)
 清水がカニ挟みの奇襲から、スピーディーな寝技で高橋を圧倒。一本は取れなかったが判定で完勝。今回初めて試合を見たが、こういうテクニカルで動きのある選手は好き。準決勝以降も活躍を期待。

田村彰敏○-×佐藤将光(判定)
 田村がテイクダウンからのギロチンで攻め続けるが、佐藤のパンチで田村が右まぶたをカット。2Rも出血が激しくなりドクターストップか、とヒヤヒヤしたものの続行。結局ポジショニングで優位に試合を進めた田村がスプリット判定で勝利したものの、予想外の苦戦という評価の方が妥当だろうか。

中原太陽○-×石渡伸太郎(判定)
 打撃戦の展開から中原が先に石渡をグラつかせるものの、打ち合いから石渡の右フックがヒットし中原がダウン。スタンドに戻った後、中原がまたもパンチで2度目のダウンを喫するが、仕留めにきた石渡の足を捕らえるとヒザ十字へ。ガッチリ極まったように見えたが、石渡はゴングに救われる。
 2Rは中原はテイクダウン狙いへ切り替えるものの決定的な場面を作れないまま試合終了。石渡の2度のダウンを取るか、中原のヒザ十字を取るか微妙な内容だったが、判定はスプリットで中原。
 これでバンタム級トーナメントはベスト4をシード選手が独占。1・2回戦は何だったのか、という気もするがまあ実績から考えると妥当な結果か。石渡なんかは敗れたとはいえ評価の上がる試合内容だったし。

奥野“轟天”泰舗×-○Yasubei榎本(判定)
 榎本が首を抱えながらのアッパー、首相撲からのヒザ蹴りとムエタイ流の打撃で奥野を圧倒。奥野は何度かダウンを奪われながらも打たれ強さを見せ最後まで前に出続けたが、榎本のペースを崩せず完敗。これで榎本は日本デビュー以来、グラウンドの技術をほとんど見せないまま3連勝。うーん、やはり底が見えない。

中村K太郎○-×和田拓也(1R TKO)
 K太郎がテイクダウンに成功すると、この秋日本で大流行のマット・ヒューズ・ポジションからのパウンド連打で和田を粉砕。K太郎対榎本の決勝は面白い試合になりそう。
[PR]
by nugueira | 2010-10-31 23:01 | SRC(戦極) | Comments(0)

SRC15の予想

 SRCの予想を。金原は相手が怪我で欠場のため試合自体キャンセルって、元王者の割りに扱いが低いな・・・。

中原太陽○-×石渡伸太郎
田村彰敏○-×佐藤将光
清水俊一○-×高橋渉
井上学○-×ソ・ジェヒョン

 バンタム級GPはシード選手4人が参戦。1回戦からの勝ち上がり組の試合をちゃんと見ているわけでもないのだが、まあ実績重視の予想をした方が無難そうなのでシード選手に総流しで。

中村K太郎○-×和田拓也
奥野“轟天”泰舗×-○Yasubei榎本

 ウェルター級GPは準決勝。中村VS和田は1回戦の試合内容から考えて中村優位と見るのが妥当か。もう1試合はトンプソンを撃破した奥野にも期待したいものの、やはり強さの底がまだ見えない感じの榎本が怖い。

高橋義生×-○イ・チャンソプ
 いつの間にかSRC本部道場所属になっている高橋が久々の参戦。相手は「ほどほどの韓国人」という感じだが、今の高橋がそういう相手に無難に結果を出せるかというと、うーん・・・心もとない。うっかり一発もらって負けそうな気がしてならない。

真騎士○-×國奥麒樹真
 レオ・サントス相手ならまだ「寝かされたらどうなるか分からんよなあ」という面白味もあったのだが、國奥が相手じゃなあ。真騎士が得意のハリケーンラッシュで圧勝しそう。

横田一則○-×ブライアン・コッブ
 大晦日以来の復帰戦となる横田。相手は噛ませ犬扱いできるレベルではなさそうだが、ここは得意のしょっぱい競り勝ちに持ち込んでほしい。順当にいけば真騎士と横田で王者決定戦だろうか。

泉浩×-○ジェームス・ジキック
 泉の相手は元Cage Rage王者か何かだっけ。泉は過去2戦で体重差のある相手や噛ませ犬に勝てることは示したわけだが、同階級でそこそこ総合の経験を積んでそうな相手にはどうか。いやー、これが何とも信用ならない。というわけで打撃をポコッともらって敗北、という予想にさせてもらます。
[PR]
by nugueira | 2010-10-30 23:59 | SRC(戦極) | Comments(0)

UFC、WECを統合

 かねてから噂には上がっていたが、WECがUFCへ完全吸収されることに。

 WECは今年PPVイベントも行っていたけど、ブランド力ではUFCには到底及ばないし、まあ妥当な流れでしょうね。

 とりあえずジョゼ・アルドの試合が今後はWOWOWで見られるのは嬉しい限り。これまではネットで動画を探すのが面倒で見ていない試合がいくつかあったので(この前の防衛戦も圧勝だったらしいが、結局まだ見てない)。
 それにしてもライト級王者についてはエドガー対メイナードの勝者と統一戦を実施って、ずいぶん律儀だなあ。統合とともになかったことにしちゃう、という判断でもこちらは全然問題ないのだが。まあライト級は明確なネクストコンテンダーがいるわけでもないので、今後の展開を作るという意味ではいいのか。

 しかし気になるのはUFC軽量級充実によるDREAMやSRCへの影響。フェザー級以下に関してはこれまで国内団体とWECとの待遇の差がさほどでもなく(勝手にそう推定してるだけだが)、両団体ともこの階級の充実に活路を見出してきたわけだが、UFCに統合されることでこの力関係はどう変わってくるか。景気と同様、日本の格闘技もなかなか明るい展望が開けてこない。
[PR]
by nugueira | 2010-10-29 23:52 | UFC | Comments(0)
 10月のアクセス解析を見ると『修羅の門 第弐門』で来ている人が相当多い感じ。やはり連載再開で関心を持っている人が多いか。

 ということは『進撃の巨人』を読んで感想を書けばもっと人が来るのかな。それじゃ格闘技ブログと関係なくなっちゃうけど。(あの漫画の作者は相当な格闘技好きのようなのであながち関係ないとも言えないかもしれないが。)

 あと、毎月『格闘技団体 相関図』という検索ワードで来る人が一定数いる(ひょっとしたら同じ人が繰り返し検索してるだけ?)。おそらくご希望の情報はこのブログには載っていないと思うので、何か申し訳ないなあ。
 こうなったら俺の手書きの最新相関図でも作って載せるべきなのだろうか。そういうバカなことをやる暇もなかなか見つからないのが辛いところだが。
[PR]
by nugueira | 2010-10-28 23:04 | 雑記 | Comments(0)

西岡世界戦

 WBC世界スーパーバンタム級タイトルマッチ、西岡利晃VSレンドール・ムンローをWOWOWで観戦。
 サウスポー同士の対戦となったこの試合、西岡が序盤から右ジャブを突き続けて試合をコントロール。インファイトの打ち合いではやや分が悪い場面もあったもののムンローにその機会を作らせず、ボディーを交えた上下の打ち分けで終始圧倒。ムンローも非常にタフで最後までダウンせず耐え続け、5戦連続KO防衛はならなかったものの、圧巻の内容で5度目の防衛に成功。
 連続KO記録が途絶えたのは残念だけど、それを補って余りある充実した試合内容。遅咲きの名王者・西岡がどこまで防衛記録を伸ばすのか非常に楽しみ。

 この他の試合も注目のカードが多かったので、ざざっと感想を。

 WBA世界ライトフライ級暫定王座決定戦えは、ローマン・ゴンサレスが1Rから圧倒的な手数で猛攻。打ち合いからまさかのダウンを喫したもののラッシュは衰えず、2Rに瞬く間に3度のダウンを奪い返しての圧勝劇で王座奪取。かつて新井田を引退へ追い込んだ豪腕は階級を上げてもなお健在。

 ホルヘ・リナレスは元2階級王者のヘスス・チャベスを圧倒。やや慎重な攻めが目立つ試合運びで「こりゃ判定まで行くかな」と思ったものの、4R終了時にチャベスの肩の負傷によりTKO勝利。昨年まさかの王座陥落を喫した会場で因縁を払拭したか。内山との激突をぜひ見たいところだけど、本人も3階級制覇を公言しているのでこのままライト級へ行っちゃいそうだな。
[PR]
by nugueira | 2010-10-27 23:08 | ボクシング | Comments(0)

UFC121の感想

 メインは衝撃の結末となったUFC121の感想を。

ジョン・マドセン○-×ギルバート・アイブル(1R TKO)
 早々にテイクダウンを奪われたアイブル、そこからさしたる動きを見せることもできずパウンドをもらい続けてレフェリーストップ。しぶとくUFCに残り続けているアイブルだが、さすがにこれでリリースされなかったら嘘だろ。

ブレンダン・シュワブ○-×ガブリエル・ゴンザガ(判定)
 打撃戦に終始した展開となったが、序盤からパンチでペースを握り続けたシュワブが危なげなく判定勝利。いいところなく敗れたゴンザガ、私の唱えている「ミルコに勝っているのでプロテクト」理論は今後も適用されるのか。

ティト・オーティズ×-○マット・ハミル(判定)
 スタンドの攻防でペースを握れないティト、2Rにはテイクダウンからエルボーをもらい続け劣勢に。結局この後も形勢逆転のチャンスは訪れず、判定でハミルが勝利。予想通りではあるが衰えの顕著なティト、そろそろ決断のしどころだろうと思うのだが。

ディエゴ・サンチェス○-×パウロ・チアゴ(判定)
 1Rはチョークを極めかけたチアゴが優位に立つものの、2Rに担ぎ上げるようなテイクダウンからバックに回り込み猛攻を仕掛けたサンチェスが一気に逆転。3Rもそのまま押し切り、判定勝利で連敗を脱出。ウェルター級戦線で首の皮一枚つながったか。

ジェイク・シールズ○-×マーティン・カンプマン(判定)
 1Rにいきなりシールズがテイクダウンからマウントを奪取。GSPのような一発でズバッと決めるタックルではないが、ねちっこくシングルレッグを狙い続け徐々に自分のポジションへ移っていく。
 ポジショニングでは優位なシールズだがそこから先の決定的な場面を作れず、逆にカンプマンは3Rにバックを取る場面も。消耗戦の展開の末、判定2-1でシールズが勝利。決して楽ではない相手とのUFCデビュー戦でまずは結果を出したが、これでいきなりGSPに挑戦されても何か釈然としない。というかこの日の試合内容でGSPと戦っても軽く捻られそう。

ブロック・レスナー×-○ケイン・ベラスケス(1R TKO)
 開始と同時に突進してくるレスナーに、ベラスケスは真正面から応戦。レスナーが一度テイクダウンに成功したもののすぐ立ち上がったベラスケスは、ケージに押し込まれながらも何とか凌いでスタンドでの打撃戦へ。するとベラスケスのパンチを食らったレスナーがいきなりふらつくような足取りで後ろによろける。ベラスケスはこの勝機を見逃さず、ヒザからパウンド、鉄槌の連打を入れ続けてレフェリーストップ。あまりに唐突に、あまりにあっけなくレスナー政権は終わりの時を迎えた。
 カーウィンに足りなくてベラスケスにあったものは何なのか。やっぱり序盤でレスナーのペースに持ち込ませなかったレスリング能力ということになるのかな。次期挑戦者はおそらくドス・サントス、他にはミアもまだ挑戦権に指先はかかってる状態か。いまさらながらノゲイラやミルコの出る幕がなくなってくる。

 しかしまあ、昨年末の時点では全階級当分は王座交代がないんじゃないかと思われたUFCも、これで今年に入って3階級で政権交代。アンデウソンも8月はあわや陥落という内容だったし、トップ選手が集結するこの環境で絶対王者として君臨するのは困難、ということか。12月のGSPはこの流れには巻き込まれない、と信じたいが。
[PR]
by nugueira | 2010-10-26 23:49 | UFC | Comments(0)

DEEP50の感想②

 後半戦の感想を。

長南亮○-×ムン・ジュンヒ(3R TKO)
 コーナーに押し込んでテイクダウンを取った長南、ラバーガードで固められる場面もあったがマット・ヒューズ・ポジションからの鉄槌で攻勢。この後長南はヒールホールドでピンチになる場面を見せつつも、最後はまたもやマット・ヒューズ・ポジションからのパウンドでTKO勝利。再起戦で無難に結果を出した。

ミノワマン○-×キム・チャンヒ(1R アームバー)
 反り投げでチャンヒを投げ飛ばしたミノワマン、ネックロック狙いからアームロックに切り替えて一本。周囲から求められた仕事をきちんとやってのけた感じ。寝技素人が多いとはいえ、100キロオーバーの巨漢相手に毎度毎度「求められた仕事」をやってのけるのも結構すごい話だと思うが。

菊田早苗○-×キム・イサク(1R TKO)
 乱打戦の展開からテイクダウンに成功した菊田、この日何度目かのマット・ヒューズ・ポジションからのパウンド連打を入れたところで相手のセコンドがタオル投入。なんだろう、アメリカ本土から若干遅れて日本でこの技が大流行の兆し、ということなんだろうか。

青木真也○-×ヨックタイ・シスオー(1R アームロック)
 シスオーを担ぎ上げるようにテイクダウンした青木、後は相手に何もさせずアームロックでフィニシュ。お遊びなしの1分ジャストで相手を料理。
 「噛ませ犬相手のマッチメイク」と言われると反論できないのだが、この日の興行では青木の試合も含め、勝負論はさておき短期決着でスカッと終わる試合が前半から中盤で続出してくれたため、結果として勝負論はあるが判定決着が続いた終盤戦とのバランスがよく取れていた印象。14試合で判定決着ばかりになってみ?さすがに胃もたれするぜ。

今成正和○-×DJ.taiki(判定)
 今成がいつもと同様のムーブでDJの周りを回り続ける展開。1R残り2分で今成が引き込むと、オモプラッタから腕十字へ。ここはDJが何とか凌ぐ。
 この後は引き込みを狙う今成にDJはローを連打、DJはパウンドを打とうとするものの必要以上に付き合わず・・・という両者決め手のない展開のないまま終了。ドローでもいい内容だったと思うが、何度か下から仕掛けた場面が評価されたか、判定は2-0で今成。相変わらずジャッジ泣かせの試合をする。

白井祐矢○-×岩瀬茂俊(判定)
 1Rに白井の右で岩瀬がダウン。白井はチョークでフィニッシュを狙うが、ここは岩瀬が何とか耐える。この後も打撃、寝技ともに白井が岩瀬を徐々に削っていく展開が続き、一本勝ちはならなかったものの判定で完勝。白井はジェイソン・ハイに秒殺負けした印象が強すぎるのだが、4月のASTRAといい今回といい、いい試合を見せている。

菊野克紀○-×帯谷信弘(判定)
 開始から打撃戦を仕掛ける帯谷。真っ向から受けて立った菊野はパンチと組んでのヒザで帯谷を押し込み、1R終盤はバックマウントからパウンドで猛攻。
 試合はこのまま菊野ペースで進むが帯谷もひるまず前に出続け、消耗戦の展開へ。3Rには帯谷がパンチで菊野を押し返し、バックマウントを奪ったところで試合終了。
 2Rまでのペースを守りきった菊野が判定4-1で防衛に成功。記念大会のメインを締めるとともに、これまで誰も防衛に成功していないDEEPライト級王者の呪縛を遂に打ち破った。
 敗れたとはいえ、最近の実績からすれば明らかに格上の菊野に対し最後までひるまず前に出続けた帯谷もお見事。ベルト云々とは別の次元でこの一戦に全てをぶつけた帯谷の覚悟を、菊野が真正面から受け止めた形。両者の気迫がかみ合ったいい試合でした。

 大会全体としては、集めた面子から想定される期待値のハードルをまあ無難にクリアしたか、というところ。大爆発というわけではないけれど、10年間DEEPという団体を育て続け、この日の興行につなげた佐伯さんの努力と格闘技への愛情には本当に頭が下がる。次の第100回?の記念大会を期待してます。
[PR]
by nugueira | 2010-10-25 23:44 | その他(総合・寝技系) | Comments(0)

DEEP50の感想①

 PPV観戦の感想を。

寺田功×-○中村優作(2R KO)
 序盤から打撃戦となるが、パンチの正確性で上回る中村が寺田の打ち終わりに有効打を入れていく場面が目立つ。最後は右フックで顔面を打ち抜かれた寺田が前のめりに崩れ落ちて試合終了。第1試合らしい見事なKO劇で決着。

中村”アイアン”浩士○-×和田竜光(判定)
 アイアンがパンチとヒザで和田を圧倒。試合終了間際もマット・ヒューズ・ポジションからの鉄槌連打(この場面はこの後やたら出てくるが)で和田を追い込み、判定ながら完勝。

野地竜太○-×長尾浩志(1R KO)
 野地の首相撲からのヒザに長尾何もできず、一方的な内容でのKO負け。まあ予想の範囲内っちゃあ範囲内だが。極真VS高田モンスター軍全面対抗戦、まずは極真が先手。失礼、そういう切り口じゃなかったか。

門馬秀貴○-×山本宜久(1R 肩固め)
 組み付きからテイクダウンを狙う門馬。山本は一度上を取りかけるものの、あっさりスイープからマウントを許し、肩固めで一本負け。やはり減量してリングに上がったこと自体が最大の見せ場だったか。

昇侍○-×ジョン・ジンソ(1R TKO)
 スタンドの打撃でジョンをグラつかせた昇侍、最後はパウンド連打で粉砕し久々のKO勝利。これが上位戦線再進出への足がかりとなるか。

中西良行○-×柴田勝頼(1R TKO)
 柴田が三角絞めであわや、という場面を一度は作るものの、中西のパウンドに何もできず、マウントから殴られ続けたところでレフェリーストップ。中西はDREAMライトヘビー級GPキャンセルの憂さを少しは晴らした形か。

大塚隆史×-○前田吉朗(判定)
 前田がテイクダウンからのパウンドで攻め込むが、ブレイクからの再開後に大塚が突如パンチラッシュで攻勢。前田をコーナーに押し込む。
 前田はタックルへの対処、倒された後の立ち方をよく練っており、ポジショニングでは優勢な展開。大塚はなかなか自分のペースに持ち込めない。
 3Rもタックルのタイミングをつかめない大塚が細かいパンチをもらってしまい、終盤の打ち合いではやや優勢になるものの判定2-0で前田の勝利。大塚はこれで3連敗。試合内容のどこが悪いというわけではないのだが、自分の勝ちパターンをつかめていない感じ。この試合もパンチでは押し気味の場面が目立ったので、逆にそこを起点に攻め込むという手もあったと思うのだが。
[PR]
by nugueira | 2010-10-24 23:20 | その他(総合・寝技系) | Comments(0)

DEEPド直前情報

 いよいよDEEP50が明日に迫った。

 長南と昇侍の対戦相手が変更になったけど、もともとこの二人の勝利を予想していたので勝敗予想はそのまま維持、としておきます。長南としてはリベンジマッチでなくなったのでモチベーションの見付け所が難しいかもしれないが。

 で、立見券も完売し当日券は出ない状況だそうで、改めてお願いしておきますがスカパーに入っていて明日会場に行かない方、ぜひPPVのご購入をお願いします!ここは佐伯さんへの寄付というかご褒美だと思って、ぜひ前向きにご検討を。

 会場では佐伯さんの自伝が先行発売されるようだけど、個人的にはこれが非常に気になるところ。「ブスタマンチに高額なファイトマネーを要求されて後楽園ホール大会が大赤字」とかの生々しい話が書かれているようなので、後でぜひ買おうと思っている。
[PR]
by nugueira | 2010-10-23 18:32 | その他(総合・寝技系) | Comments(3)

UFC121の予想

 明日開催のUFCの予想を。

ブレンダン・シュワブ×-○ガブリエル・ゴンザガ
 勝ったり負けたりを繰り返してる割になぜかリリースされないゴンザガ。コンゴもそうだけど、ひょっとしてミルコに勝ってる選手はネームバリューの高さを他団体に利用されないよう抱え込んでるということか?
 それはさておき、ゴンザガはここは踏ん張って連敗回避してほしい。

ティト・オーティズ×-○マット・ハミル
 ティトはもういい加減引退すればいいのに・・・。ハミルは特に印象に残っている選手でもないが、ティトに引導を渡すべく奮戦を期待。

ジェイク・シールズ○-×マーティン・カンプマン
 どうやら次期挑戦者決定戦という位置付けになっているらしい一戦。カンプマンはこの前のチアゴ戦は安定した戦い振りを見せていたけど、さすがに百戦錬磨のシールズ優位と見る方が妥当か。「非UFC系最強ファイター」だったシールズ、一気にUFCの本丸へ突撃なるか。

ブロック・レスナー○-×ケイン・ベラスケス
 メインはヘビー級タイトルマッチ。ノゲイラに圧勝したベラスケスの勢い・実力は本物だと思うが、レスナーにどこまで通用するか。レスナーはコンディション・相手との相性という意味では前回のカーウィン戦が最大のピンチだったはずで、あれをクリアしたとなると負ける要素が見つけ辛くなってくる。
 ベラスケスが多少攻め込む場面を作ったとしても、レスナーが得意の受けの強さ(MMAにこういう単語が出てくること自体おかしいのだが)で最後はひっくり返してしまうのでは。

 WOWOWは月曜放送。人気ブログランキングへ
[PR]
by nugueira | 2010-10-23 18:27 | UFC | Comments(0)