反り立つ壁に撃沈。


by nugueira

<   2010年 05月 ( 31 )   > この月の画像一覧

UFC114の感想

ジョン・ハサウェイ○-×ディエゴ・サンチェス(判定)
 金網際での攻防を凌いだハサウェイが、サンチェスのタックルに膝蹴りを合わせて一気に優勢に。サンチェスは2R以降も手数は出すがクリーンヒットにはつながらず、逆にハサウェイが打撃も押し気味に進め、判定で完勝。勢いで勝ったというよりも全局面でサンチェスを圧倒したという印象で、予想外ではあるが文句のつけられない内容。UFCは本当に次から次へと有望な選手が湧いて出てくる。

アントニオ・ホジェリオ・ノゲイラ○-×ジェイソン・ブリッツ(判定)
 ホジェリオのパンチに合わせてタイミングよくタックルを繰り出すブリッツが、グラウンドの攻防でもホジェリオに優位なポジション取りを許さず、予想外の大善戦。2Rにはギロチンでホジェリオを捕らえかける場面も。
 3Rに入るとガス欠気味になったブリッツに対してようやくホジェリオが主導権を奪い返し、スプリット判定で辛くも勝利。白星は積み重ねたが、この内容ではベルトへのアピールはかなり厳しいか。後退気味の髪の毛も含め、今後の先行きが少々不安。

マイケル・ビスピン○-×ダン・ミラー(判定)
 序盤から両者徹底したボクシング勝負。先手を取るビスピンに対してミラーもしっかり返しを入れていたが、1R終盤あたりから有効打数で上回り始めたビスピンが2Rにはミラーをグラつかせる場面も作り、判定で完勝。上位組には弱いがその1ランク下の相手には強い、というところを見せつけた。(なんか微妙な評価。)

クイントン・ランペイジ・ジャクソン×-○ラシャド・エヴァンス(判定)
 1R序盤にエヴァンスの飛び込みながらの右がヒットし、ランペイジはいきなりピンチ。この後もエヴァンスは腰を落とした独特の構えから素早く組み付き、ランペイジにパンチの距離を作らせない。
 このままエヴァンスが逃げ切りかあ・・・と思った最終R、ようやくランペイジのパンチがエヴァンスを捉え、倒れこんだエヴァンスにパウンド連打。あわや大逆転か、と思わせたがここはエヴァンスが凌ぎ、なんとか逃げ切りに成功。
 エヴァンスは前戦に続いて最終Rに集中力を切らしてしまうもったいない展開。結果的に白星は重ねているけど、この内容でタイトルマッチ再挑戦はどうかなあ。(そう思うと、「つまらない」という指摘はあるものの毎回この展開を5Rきっちりやり遂げるGSPは凄いな、という話になってくる。)
 一方のランペイジはやはりブランクが響いた形だが、最後にちゃんと見せ場を作るのはさすが。果たしてこのまま本格復帰をしてくれるのかが気になるところ。

 来月はリデルが復帰。人気ブログランキングへ
[PR]
by nugueira | 2010-05-31 19:18 | UFC | Comments(0)
 PPV観戦の感想を。

ミノワマン○-×イマニー・リー(1R 裸絞め)
 ケージ際で押し込むようにテイクダウンに成功したミノワマン、最後はマウントパンチ連打からリーが背中を向けたところで裸絞めを極めて一本。毎度ながら役割をきっちり果たした感じ。

前田吉朗×-○大沢ケンジ(判定)
 倒されそうになってから立ち上がるまでの動きやケージ際での粘り方など、大会を通じてこの2人が一番「北米型MMA」の試合をしていた感じ。細かいパンチを入れていく大沢に対して前田は膝蹴りで反撃。最後まで互角といっていい微妙な内容だったが、手数が評価されたか大沢がスプリット判定で勝利。

宮田和幸○-×大塚隆史(判定)
 同じレスリングベースなら場数とパワーの差で宮田が有利かなあ、と思っていたら、大塚はスタンドで圧力をかけながら宮田にテイクダウンの隙を与えず試合をコントロール。宮田は少しずつ削られていく嫌な展開だったが、後手に回りながらも打撃の手数で打ち負けず、3R終了間際にはようやくテイクダウンに成功。これが勝負の分かれ目になったか、判定はスプリットで宮田が勝利。
 解説の青木はかなり納得が行っていない様子だったが、大塚はペースを握っていた1・2Rで明確な差をつけられなかったのが響いたか。
 という感想を書いているうちに思ったのだが、北米式の各ラウンドマスト判定だったら大塚の勝利だったのでは?ケージ導入が「アメリカに勝つため」という理由ならば、それに合わせて判定システム自体も見直さないと意味がないんじゃないだろうか。一連のリング・ケージ論争について私自信もスタンスを固めきれていないのだが、とりあえずその点は気になった。

所英男×-○西浦“ウィッキー”聡生(1R KO)
 ウィッキーのトリッキーな打撃にやり辛そうな所、エンジンがかかる前にフックを食らってダウンしてしまい、追撃のパウンドが入ったところでレフェリーストップ。ケージだ何だという問題ではなく、所が相手の勢いに飲まれてしまったという感じ。しかし所は日本人相手が弱いなあ。一昨年の山本篤戦から、これで5連敗か。

キコ・ロペス×-○山本“KID”徳郁(1R KO)
 試合開始から行け行けムードのKID、右フックをテンプルに叩き込んでロペスが前のめりに倒れ、実質これで勝負あり。結果論から言えば勝って当然の相手だったとは思うが、とにもかくにもこれで神の子復活か。次戦は日本人の上位組との試合を見てみたい。
[PR]
by nugueira | 2010-05-30 00:28 | DREAM | Comments(0)

DREAM.14速報

ミノワマン〇―×イマニー・リー(1R 裸絞め)
 予想通り寝かされると何もできないリーをミノワマンが料理。求められた仕事を果たした。

前田吉朗×―〇大沢ケンジ(判定)
 ケージに慣れた者同士の噛み合った接戦に。細かいパンチを入れた大沢がスプリット判定で勝利。

宮田和幸〇―×大塚隆史(判定)
 終了間際にテイクダウンに成功した宮田が競り勝ち。大塚は手数の少なさが響いた。

所英男×―〇西浦“ウィッキー”聡生(1R KO)
 ウィッキーの打撃にペースを握れなかった所、持ち味を出せないまま完敗。

キコ・ロペス×―〇山本“KID”徳郁(1R KO)
 KIDがテンプルへの右フック一発でKO。神の子、ようやく復活。

高谷裕之〇―×ヨアキム・ハンセン(1R KO)
 ケージ際の攻防を凌いだ高谷がパンチ連打を叩き込んで衝撃のKO。ハンセンのこんな負け方初めて見た。

桜庭和志×―〇ハレック・グレイシー(判定)
 2Rにグラウンドで優勢に立ったハレックが判定勝利。グレイシーが10年越しのリベンジ。

桜井“マッハ”速人×―〇ニック・ディアス(1R 腕十字)
 マッハがいいペースで進めていたものの、下から十字を極められ逆転負け。カリスマの覚悟、金網に散る。

 MVPは高谷。人気ブログランキングへ
[PR]
by nugueira | 2010-05-29 22:23 | DREAM | Comments(0)

It's showtimeの予想

 注目カード多数のIt's showtimeの勝敗予想を。ストライクフォースと同様、海外との力関係の逆転が垣間見える状況ではありますが。

メルヴィン・マヌーフ×-○グーカン・サキ
 短期決着ならマヌーフだろうけど、サキの安定感を信用して。

ダニエル・ギタ○-×アスウィン・バルラック
 馴染みのあるギタに印をつけておくが、バルラックは去年ブレギーに勝っているようなので安心できる相手ではないか。

ドラゴ○-×リーロイ・ケスナー
 MAXの戦績を比較するにドラゴ優位は動かないのでは。

佐藤嘉洋○-×パジョンスック
 佐藤が決意のshowtime参戦。パジョンスックは楽な相手ではないと思うが、かつて「ヨーロッパ一有名な日本人キックボクサー」だった男の意地と凄味を発揮してほしいところ。

アルトゥール・キシェンコ○-×ムラッド・ディレッキー
 これまた中量級の実力派対決。ここ1~2年の勢いからするとキシェンコ優位かな、と踏んでますが。

バダ・ハリ○-×ヘスディ・カラケス
 メインはヘビー級タイトルマッチ。まあハリの圧勝と見ておいて間違いないのでは。カラケスはここ最近の試合内容もピリッとしないようだし。

 J SPORTSの放送が気になる。人気ブログランキングへ
[PR]
by nugueira | 2010-05-28 19:38 | その他(立ち技系) | Comments(0)

DREAM.14の予想

 土曜のDREAMの予想を。桜庭、KID、所が出ていてHERO’S時代ならこの面子でゴールデン放送だったのだが。これも時代の流れか。

ミノワマン○-×イマニー・リー
 ミノワマンはおなじみ第1試合でのモンスタークエスト路線。アンブリッツに勝ったぐらいだからこの相手に取りこぼす理由はないのでは。

前田吉朗○-×大沢ケンジ
 WEC出戻り組同士の対決。前田はここで連敗するとかなり微妙な立ち位置になってくるので踏ん張りたいところ。ビービ戦の再現なるか。

宮田和幸○-×大塚隆史
 これまたフェザー級サバイバルマッチ。去年のDJ戦を見る限り、階級を落とした宮田のレスリング力は大きな武器になっている感じ。意外と難なく大塚を完封するのでは。

所英男○-×西浦“ウィッキー”聡生
 これまたフェザー級サバ(略)。ケージ慣れという意味ではウィッキーに分がありそうだけど、名勝負製造機・所に期待しておく。

キコ・ロペス×-○山本“KID”徳郁
 早く悪循環から脱出したいKID。ロペスは「去年HIROYAにボコられてた選手」というイメージしかないが、ここでスカッと結果を出せるか。

高谷裕之×-○ヨアキム・ハンセン
 今回の最注目カード。いい試合になりそうだけど、高谷は悪い意味で噛み合い過ぎる試合をしちゃいそうな気がするんだよなあ。最後はハンセンが一撃を食らわせて終わりになるのでは。

桜庭和志○-×ハレック・グレイシー
 今の桜庭は多少活きのいい外人相手の試合は非常に危なっかしいと思うのだが、去年の弁慶戦で見せた底力を信じて。ハレックも総合の場数はさほどではなかったと思うので、桜庭がコツコツ打撃を当てて逃げ切る展開もありえそう。

桜井“マッハ”速人×-○ニック・ディアス
 この一戦に進退を賭けると宣言したマッハだが、ケージだリングだの言う以前に、純粋な実力としてディアスとは相当開きがあるんじゃないか、というのが結論。厳しい結末になると思うが、こちらも覚悟を決めて見届けさせてもらう。

 PPV観戦予定。人気ブログランキングへ
[PR]
by nugueira | 2010-05-27 23:36 | DREAM | Comments(2)

UFC114の予想

 週末のUFCの予想を。

ルイス・カーニ○-×シリル・ディアバテ
 ホジェリオにKO負けしたカーニ、露骨に前座に格下げ。ザ・スネークことディアバテ相手なのでここは踏ん張ってほしい。

ディエゴ・サンチェス○-×ジョン・ハサウェイ
 サンチェスはウェルター級に戻すのか。戦績を見返したらウェルター級時代もやぶれているのはコスチェックやフィッチといった強豪相手だし、まずは無難にクリアしてほしいところ。

アントニオ・ホジェリオ・ノゲイラ○-×ジェイソン・ブリルズ
 グリフィン戦が流れたホジェリオ、代役は軽くいなしておきたい。かつてショーグンと接戦を演じた実績を考えれば今後タイトル戦線まで勝ち上がってくる可能性は十分ありそう。

マイケル・ビスピン○-×ダン・ミラー
 勝ったり負けたりで正直ピリッとしない状態が長く続いているビスピンだが、このランクの相手なら勝ってくれるかなあ。書いていて自分でもあまり自信がないけど。

クイントン・“ランペイジ”・ジャクソン×-○ラシャド・エヴァンス
 ランペイジがなんだかんだでUFC復帰。エヴァンスとのTUFコーチ対決がようやく実現(肝心のTUFは全く見てませんが。)。
 ランペイジはブランクに加えてモチベーションもどの程度なのか怪しいし、かなり厳しい試合になるのでは。エヴァンスが1月のような「ガス欠GSPスタイル」で判定勝ちしそう。

 『特攻野郎Aチーム』はいつ公開なんだっけ。人気ブログランキングへ
[PR]
by nugueira | 2010-05-26 19:05 | UFC | Comments(0)

修斗の予想

 元世界王者の大挙参戦で偉い豪華なカード編成になったJCBホール大会の予想を。

松根良太×-○佐藤ルミナ
 ここ数年のルミナは序盤押せ押せ→長続きせずに逆転負けというパターンの繰り返しだが、今回は果たしてどうなるか。本人が適正階級と言う62キロ契約だし、松根のブランクも考慮してこういう予想にしておきます。

上田将勝○-×田村彰敏
 田村がWECから出戻り。いきなり上田との元王者対決。無敗神話が崩壊した上田、ここで連敗すると立ち位置がかなり厳しくなるので踏ん張ってほしいところ。

ヴィラミー・シケリム○-×遠藤雄介
 シケリムが冨樫戦のようにガンガン攻め込んできた場合、遠藤がどうこうじゃなく大半の日本人はちょっと厳しいんじゃないかなあ、と思えるので。シケリムみたいな活きのいい外国人はいつ他団体(しかも海外)に引き抜かれてしまうのか、と冷や冷やしてしまう。

リオン武○-×日沖発
 現在の修斗が提供し得る最大のキラーカードが遂に実現。外のリングでの戦いを経て修斗に凱旋する日沖と、修斗に根を張り続けて結果を出してきたリオン、果たしてどちらが上か。
 日沖は「優等生的」な試合運びで自分の型にはめるのが上手いけど、仕留めきれないまま競り合う展開になると少々不安。一方のリオンは多少不利な展開でも粘ってペースを奪い返す力を持っているが、逆に相手のペースに付き合わされやすい粗さが難点。
 こういう二人のスタイルの相性からすると、客観的には6-4で日沖有利かな、という気が。とは言うものの、昨年は「優等生」のスタイルを貫きながらも要所要所で結果を出し切れなかった日沖と、ルミナ戦・ペケーニョ戦で粗さを見せつつも結果を出し続けてきたリオン。この差が最後の最後で出るのでは。
 というわけで、序盤は苦戦を強いられつつも粘り続けたリオンが逆転勝ち、という予想にさせてもらいます。

 JCBホールは一度行ってみたい。人気ブログランキングへ
[PR]
by nugueira | 2010-05-25 18:55 | その他(総合・寝技系) | Comments(0)

Krush.7の予想

 この週末にかけて注目興業ラッシュ。まずは木曜のKrushの予想を。

松倉信太郎○-×内山政人
 試合映像を見てないのだが、ここまでの結果からすると松倉は前座レベルでは着実に白星を重ねそう。

黒田アキヒロ○-×白濱卓哉
 まあ実績重視で何となく。こういう予想が一番失礼か。

山内裕太郎○-×名城裕司
 ここ1~2年の戦績を見るに山内は完全にピークを過ぎちゃったのかなあ、という寂しい感想しか浮かんでこないのだが、それでも長いトンネルからは抜け出つつあると思うので。名城のパンチに変に付き合わないでほしい。
[PR]
by nugueira | 2010-05-24 22:19 | Krush | Comments(0)

Krush.6の感想

 GAORAで見た感想を。

寺崎直樹○-×倉持厳(1R KO)
 開始早々、顔面にパンチラッシュを叩き込んだ寺崎が30秒ちょっとでダウンを奪う。その後も猛攻を緩めずパンチでのダウンを重ね、圧巻のKO勝利。

小西拓槙○-×能登崇(3R KO)
 左ローから変則的なパンチで攻める能登。1R終盤には連打を打ち込む場面を作る。なかなか距離をつかめなかった小西だが、2Rに丁寧にジャブを突いていき、徐々に能登を捉え始める。
 3Rは完全に防戦一方になった能登、前蹴りでダウンを奪われるとその後も小西のラッシュを受け続け、2度のスタンディングダウンを奪われKO負け。

匠○-×榊克樹(判定)
 匠がパンチスピードの速さを活かした連打で先手を取っていく。2Rには榊がパンチで押し込みかけるものの、匠がタイミングよくカウンター。圧力をかけているのは榊なのだが匠が有効打の数で上回り、榊は徐々に劣勢に。3R終盤にはラッシュを仕掛けた匠が判定3-0で勝利。

堀啓○-×長谷川康也(2R KO)
 リーチ・コンパスともに上回る堀の攻撃を長谷川がもらい続け、1Rにハイからのパンチ連打で長谷川ダウン。2R早々に堀がジャブでダウンを奪うとその後もダウンを重ねKO。序盤ややもたついた感もなくはなかったが、キャリアと体格の差がもろに結果に出た感じ。

野杁正明○-×ソルデティグレ・ヨースケ(2R KO)
 野杁は前蹴りで距離を取り、距離が詰まるとヒザを突き上げる。ロー・ハイ・パンチと多彩な攻めで序盤から完全にヨースケを圧倒。2Rにヒザの連打でヨースケを下がらせたところに追撃の右跳びヒザを叩き込みKO。去年のK-1甲子園でも完全に頭一つ抜けた存在だったが、やはり高校生の範疇に収まる選手ではなさそう。

梶原龍児○-×遠藤大翼(判定)
 序盤は蹴り主体の静かな立ち上がり。梶原が着実にローを入れていく。2Rに入ると徐々にパンチの圧力を強めた梶原がドンピシャのタイミングで右の打ち下しをヒットさせダウンを奪う。
 3Rは後のない遠藤が猛攻を仕掛けるものの、梶原はクリーンヒットを許さず逃げ切り。得意の勝ちパターンにもちこんで完勝。

山本優弥○-×スコット・シャファー(3R KO)
 ミドルから攻める優弥に、重いパンチを振るっていくシャファー。優弥もタイミングよくパンチを入れ噛みあった試合になるが、1R終盤に優弥のガードが下がったところに右をもらってしまいダウン。
 いきなりビハインドを背負った優弥だが2Rに入ると持ち直し、右ローを集めた後の右ハイでダウンを奪い返す。この後も優弥は蹴り主体の攻撃で攻め込むが、ラウンド終盤はシャファのパンチ連打を食らってしまう。
 3Rは両者トップギアでの打ち合い。徐々にパンチの回転力が落ちてきたシャファに優弥のパンチがヒットするようになり、右ストレートを食らったシャファがふらつくようにダウン。ここは立ち上がるものの、再開直後に優弥の右ハイがヒットし、崩れ落ちるシャファに追撃のヒザを入れて衝撃の逆転KO劇。
 優弥はパンチの攻防に危なっかしい場面はあったものの、蹴りもまじえた組み立てでキッチリ仕留めたのはさすが。K-1参戦後の打ち合い上等スタイルと持ち前のテクニックが上手く融合した試合、というところか。
[PR]
by nugueira | 2010-05-22 23:19 | Krush | Comments(0)
 もはや「総合の国内2大メジャー」という表現が憚られる状態になりつつある両団体(特にSRC)が、相次いで今後の動きについての発表を。

 まずDREAMは7月の青木VS川尻がほぼ規定路線に。青木のストライクフォース惨敗で少々テンションダウンではあるものの、このカードがDREAMの切り札コンテンツであることは確か。居住まいを正して、試合当日を待ちましょう。

 その他の発表については「まあそうなりますか」という感じの反応しか浮かばないんだけど、気になるのは「海外で大きな大会をやりたい」という発言。秋に予定しているという韓国大会とは別口なんだろうか。石井館長は以前から「これからは華僑資本だよ!」みたいな発言をしているので、香港か上海あたりなのかな。中国での興業は色々とリスクも高そうだが。

 一方のSRCはウェルター級GPの開催を発表、と思ったらえらい微妙な面子。「優勝者が王座を賭けて強豪選手と対戦」という企画は、「ギャラの高い強豪をトーナメントに出すと出費がかさむので・・・」という発想から生まれたのでは、と勘ぐりたくなってくる。瀧本が引退、ホーンバックルは再度招聘できる確証なし、となると「強豪選手」の該当者も結局郷野しかいないような気がするが。

 6月大会のラインナップを見ると、SRCの先行きが改めて不安。この面子で両国で興業をやってしまうという経営センスも含めて。
[PR]
by nugueira | 2010-05-21 23:20 | その他(総合・寝技系) | Comments(2)