反り立つ壁に撃沈。


by nugueira

<   2009年 09月 ( 30 )   > この月の画像一覧

名城VSカサレス

 WBA世界スーパーフライ級タイトルマッチ、名城信男VSウーゴ・カサレスを(後半6ラウンドだけ)テレビ観戦。

 カサレスのフック・アッパーが名城の顔面を捕える場面が目立つが、名城はボディーブローをベースに前進を緩めず応戦。11・12ラウンドにやや疲れのみえるカサレスを押し切り、1-1のドロー防衛に成功。

 後半6ラウンドの自己採点は4-2で名城。前半を見ていないのでジャッジが妥当かどうかはよく分かりませんが、名城の4ポイント差が1名、カサレスの4ポイント差が1名という極端な割れ具合からしても、両者ともガンガン手を出し合ういい試合だったことは察しがつく。ボクシングに限らずキックでも総合でも「両者一歩も譲らぬ大接戦」と「削り合いの末の泥試合」は紙一重だと思うんですが、今回は前者の内容に傾いてくれた典型例なのではないかと。

 しかしそんな名勝負を押しのけ、今回の放送で最も良かったのがゲスト解説に登場していた「ボクシングファン歴半世紀」の菅原文太。

 「菅原さん、ご感想をお願いします!」

 というアナウンサーの問いかけに、

 「・・・・・(ラジオ放送なら放送事故になりかねない沈黙)。カサレスは、スタミナが切れてきているね。」

 さらには試合後の

 「菅原さん、ご感想を一言!」

 という更なる問いかけに

 「・・・・・(ラジオ放送なら(略))。名城の侍魂をみたね。」

 いやー、しびれた。私は格闘技ファン歴はまだ10年にも満たないが、将来的にはかくありたい。そこまで思わせるほど説得力満点の存在感でした。
[PR]
by nugueira | 2009-09-30 23:44 | ボクシング | Comments(0)

意外な交友関係

 嫁がDSの『トモダチコレクション』を購入し、最近ハマっている。

 細かいゲーム内容は関心があれば各自検索して調べてほしいが、とりあえず外見・性格を自由に設定できるキャラクターを最大100人登録できるというのがこのゲームのポイントのひとつである。

 で、嫁の知人・親戚だけでは到底そこまで人数がいかないので、私の親戚や知人も投入。それでも足りないので有名人(特に男性)も登録。

 先日、そんな流れの中で青木真也をキャラクターとして登録。さらに返す刀でアントニオ猪木も登録。

 で、この前嫁に

 「最近どう?何か面白い動きあった?」

 と尋ねたところ、

 「それが・・・今、青木と猪木が親友なの。」

 という回答が。

 ・・・バカサバイバー、まさかのIGF参戦か!?
[PR]
by nugueira | 2009-09-29 23:02 | 雑記 | Comments(0)
カタリン・モロサヌ×-○金泰泳(1R終了 反則)
 鋭いミドルを入れていく金に、モロサヌもローの連打で応戦。ガンガン手数を出し合う面白い試合になりそう、と思っていたら1R残り10秒の拍子木を終了と勘違いしてモロサヌがコーナーへ戻ろうとしたところに金のパンチがヒット。これにカチンときたのか、今度はラウンド終了のゴングの後にモロサヌがパンチを入れて金がダウン。結局このまま金が起き上がれずモロサヌの反則負け。モロサヌが全面的に悪いんだけど、もったいない・・・。

レミー・ボンヤスキー○-×メルヴィン・マヌーフ(判定)
 マヌーフのラフプレーも交えた攻めにレミーはなかなかペースが握れず、逆にパンチで下がる場面も目立つ。マヌーフがやや優勢な印象で迎えた最終ラウンド、レミーのローが効くようになりマヌーフを振り切ることに成功。マヌーフは昨年の敗戦に比べ大善戦、というより1・2Rのどちらかはマヌーフにポイントが入っていておかしくなかったので、判定に泣かされた形か。

エロール・ジマーマン○-×グラウベ・フェイトーザ(判定)
 1Rにグラウベがミドルを効かせるが、残り30秒のところでジマーマンがパンチを入れて一気に逆転。2R以降は圧力をかけるジマーマンに対してグラウベは手数が出なくなり完全にペースを握られてしまうが、3Rにグラウベのハイキックが入りジマーマンが一気にペースダウン。しかしグラウベはここで攻めきれないまま試合が終了してしまい、ジマーマンが逃げ切り判定勝利。
 結果的にジマーマンが返り討ちに成功した形だが、どちらかというと粗さの方が目だってしまった感じ。一方のグラウベも3Rのチャンスで詰め切れなかったのは年のせいか。

ルスラン・カラエフ○-×京太郎(判定)
 京太郎は1Rからサークリングでカラエフの周りをグルグルと回る展開。コーナーを背負う場面は多いがクリーンヒットは許さずカウンター狙い。
 2Rに京太郎のカウンターが時おり入るものの決定打にはならず、逆に手数の差でカラエフがポイントを取る。後がなくなった3R、京太郎は手数を増やすもののカラエフもひるまず応戦。カラエフが一瞬グラつく場面もあったが、京太郎は攻め切れず判定で初戦敗退。
 「距離を取ってのカウンター狙い」は「手数の少なさ」と表裏一体なわけで、今回は展開が京太郎にとって不利な方へ不利な方へと流れ続けてしまった感じ。今回の敗戦を糧にもう一段上のレベルへと成長できるか。

エヴェルトン・テイシェイラ○-×シング“心”ジャディブ(再延長判定)
 序盤から大振りの目立つテイシェイラに対して、ジャディブは動き回ってヒザ蹴りを狙う戦法。テイシェイラは逃げるジャディブを追いきれず、3Rには逆にヒザ蹴りでグラつく場面も。その後のパンチで盛り返したためか判定はジャディブ1-0で延長戦へ。延長戦でもテイシェイラの手数が出ない展開は変わらず、再延長の末にようやく勝利(逆に5Rはなぜテイシェイラにポイントが入ったのか不思議。)。予想外の大苦戦の末にベスト8へ進出。
 テイシェイラは打ち合いに付き合わずかわし続ける相手への対応力の低さを露呈してしまった形。これだと決勝ラウンドも厳しいか。テイシェイラは評価を落とし、かといって相手のジャディブがその分評価を上げたというわけでもない非常にプロモーター泣かせの一戦。
[PR]
by nugueira | 2009-09-27 23:06 | K-1 | Comments(0)

K-1GP開幕戦速報

カタリン・モロサヌ×-○金泰泳(反則負け)
 1R終了のゴング後にモロサヌが入れたパンチで金がダウンしたまま起き上がれず、モロサヌの反則負け。もったいない・・・。

レミー・ボンヤスキー〇―×メルヴィン・マヌーフ(判定)
 3Rにローを効かせたレミーが接戦を制し返り討ちに成功。

エロール・ジマーマン〇―×グラウベ・フェイトーザ(判定)
 グラウベが序盤からパンチで優勢。グラウベは3Rにハイキックを入れ追い上げたものの、最後が攻め切れず。

京太郎×―〇ルスラン・カラエフ(判定)
 カウンター狙いの京太郎、手数の差で奪われたポイントを挽回できず判定負け。

エヴェルトン・テイシェイラ〇―×シング“心”ジャディブ(再延長判定)
 リーチ差を活かして戦うジャディブをテイシェイラが完全に攻めあぐね。再延長の末にようやく勝利する予想外の大苦戦。

セーム・シュルト〇―×ダニエル・ギタ(判定)
 シュルトが前蹴りとジャブの得意パターンで2度のダウンを奪い完勝。王座奪回へ好発進。

ジェロム・レ・バンナ〇―×武蔵(判定)
 徹底してパンチ勝負を挑んだ武蔵、動きは悪くなかったが3Rにダウンを奪われ敗北。何はともあれお疲れ様でした。

ピーター・アーツ×―〇アリスター・オーフレイム(判定)
 アリスターの圧力とパワーにアーツ何もできず完敗。リアル・ジャック・ハンマー、Kの象徴を粉砕。

バダ・ハリ〇―×ザビッド・サメドフ(1R KO)
 ハリのボディブロー一撃でダウンしたサメドフ、そのまま立ち上がれず。ハリがメインを綺麗に締めた。

 決勝トーナメントの組み合わせはどうなる。人気ブログランキングへ
[PR]
by nugueira | 2009-09-26 21:42 | K-1 | Comments(4)

K‐1速報

コメントをいただいたのでエントリだけ残しておきます。
[PR]
by nugueira | 2009-09-26 20:36 | K-1 | Comments(2)

戦極第十陣の感想②

 休憩明けにニューイヤーイベントの大晦日開催が発表。この状況での興行戦争は少ないパイの奪い合いになるだけでは、と以前から書いていますが、とにかくそういう方向へ舵を切ったということですね。噂されるTBSでの二元中継は実現するか。

 さらに、イベントの新名称は「SENGOKU RAIDEN CHANPIONSHIP」。
 方々で既に書かれている感想と被りますが、国際的に通用するネーミングにするために名称変更するはずだったのでは・・・。

瀧本誠○-×イ・ジェソン(判定)
 瀧本が払い投げや引き込みでグラウンドに持ち込むものの、そこから先が攻めきれず、ジェソンにスイープやサイドポジションを許す場面が目立つ。終始こういう展開のまま3Rが終了し、判定はマスト判定も含め3-0で瀧本が勝利。相変わらずジャッジの採点が人によってバラバラ。
 瀧本はスッキリ勝って王座決定戦へ名乗りを上げたいところだったが、どうも消化不良の内容。ホーンバックルと対戦しても、極めきれないまま最後はボコボコにされそうだな・・・。

アントニオ・シウバ○-×BIG・ジム・ヨーク(1R 肩固め)
 ヨークの打撃に落ち着いて対処したシウバが、テイクダウンからあっさり肩固めを極めて貫禄の一本勝ち。本人が熱望するジョシュ戦は実現すればけっこう興味深いところ。なんか戦極ヘビー級の序列と石井の存在がしばらくは別枠扱いとなりそうだが。

泉浩×-○アンズ“ノトリアス”ナンセン(1R KO)
 ナンセンがゴングと同時にラッシュを仕掛けるが、泉は落ち着いて対応。打撃に想像以上に適応している感じ。
 泉はこの後も組み付くそぶりすら見せず打撃勝負。ナンセンが序盤の猛攻の疲れかペースダウンしてくるものの、泉も同様にガス欠気味になり、徐々にナンセンの打撃で押し込まれるように。最後は泉がレフェリーに何かをアピールしようとしたところへナンセンのパンチが入り、総合デビュー戦はあえなくKO負け。
 「頼むから打撃勝負の末のKO負けだけは勘弁してくれ」と以前から思っていたのだが、危惧したとおりの展開と結果に。泉は「次の試合から寝技使います」とコメントしていたが、「それなら最初から使えよ」というのが素直な感想。基本的に負けて評価されることはありえない世界なんだし、勝てる相手を用意してもらってるんだからきっちり結果を出すのがプロだと思うのだが。

 興行全体としてはKO決着が多く、非常にテンポのよい内容に。だからこそメインの結果にガックリきてしまうのだが。
[PR]
by nugueira | 2009-09-25 23:46 | SRC(戦極) | Comments(0)

戦極第十陣の感想

真騎士○-×山田哲也(2R TKO)
 山田は引き込んで下から寝技を狙い続けるものの、真騎士はバスターも交えて山田の攻めを凌ぎ続け、逆にパウンドで攻め込む。2Rも同じような展開が続き、最後は背中を向けてしまった山田に真騎士がパンチを連打したところでレフェリーストップ。
 予想どおりフィジカルの差が結果に出た感じだが、真騎士はペース配分や寝技への対応が着実に上達している印象。まあだからこそパンクラスのベルトを巻いたんだろうけど。

佐藤豪則×-○ジョー・ドークセン(2R TKO)
 1Rにいきなりドークセンのパンチで佐藤がダウン。なんとか持ち直した佐藤はテイクダウンに成功する場面もあるものの、ポジションをキープしきれず苦しい展開。2Rもしばらくグラウンドの攻防が続いた後、最後はドークセンがスタンドでパンチ連打を叩き込んでTKO勝利。佐藤にはやはり荷が重い相手だったか。
 グラウンドの攻防でお互い簡単にスイープを許していてあまりピリッとしない展開だったのだが、実況が「場内が暑い」という発言をしていたところからすると、汗で体が滑るのも一因だったのだろうか。西武ドームで開催したPRIDE.10でも同じような場面があったと思うが、選手にとっては少々かわいそう。

ニック・トンプソン○-×ダン・ホーンバックル(2R TKO)
 ホーンバックルがパワフルなテイクダウンに成功するものの、トンプソンもしっかり腕をつかんでアームバー狙い。しばらくはグラウンドで五分の展開だったが、スタンドの展開になるとホーンバックルがミドルキックやパンチで優勢に。トンプソンは徐々に下がる場面が目立ってくる。
 2Rに入ってもホーンバックルの優勢は変わらず、ミドルを効かせた後にパンチ連打を入れてトンプソンを粉砕。
 トンプソンはかなりバランスのいい選手という印象だったので、ここまであっさりと敗れてしまうとは意外。ホーンバックルは郷野戦の勝利で自信をつけたか。これで一気にウェルター級戦線の大本命になっちゃったな。

川村亮×-○ファビオ・シウバ(1R TKO)
 開始早々ファビオのパンチとヒザがヒット。川村は組み付いて押し込もうとするもののそれ以上有効な攻めを見せられず、結局ファビオのパンチとヒザの猛攻を食らい続けてセコンドがタオル投入。ファビオがあっさりと返り討ちに成功した。
 この階級のこういうスタイルの外国人に正面からぶつかっても勝てないのは分かりきっているわけで、川村の戦い方からはそこをどうやってクリアするか、という意図や工夫が全く感じられなかった。今のスタイルのまま外国人と渡り合っていくのは相当無理があると思うが、果たして川村の巻き返しはなるのか。

横田一則○-×ライアン・シュルツ(1R KO)
 シュルツがテイクダウンを狙ったところで横田がロープを掴み、レフェリーから口頭注意。この野郎、またやりやがった。と思っているうちにスタンドで試合が再開されると、横田が飛び込み様の右フックをクリーンヒットさせ、シュルツが失神。横田が説得力十分のKO勝利という予想外かつ似合わない結果に。
 これで横田がタイトル挑戦に大きく近づいちゃったなあ。北岡がどうにか止めてくれないだろうか。

 後半へ続く。人気ブログランキングへ
[PR]
by nugueira | 2009-09-24 23:06 | SRC(戦極) | Comments(0)

戦極~第十陣~速報

真騎士〇―×山田哲也(2R TKO)
 下からの寝技を真騎士に凌がれ続けた山田、ロープ際でバックから殴られ続けたところでレフェリーストップ。やはりパワーの差が出た。

佐藤豪則×―〇ジョー・ドークセン(2R TKO)
 体格差で押し続けたドークセンがパンチで佐藤を粉砕。あまりピリッとしない内容だった。

ニック・トンプソン×―〇ダン・ホーンバックル(2R KO)
 1Rからいいミドルとパンチを入れ続けたホーンバックルが圧勝。一気にウェルター級の大本命に。

川村亮×―〇ファビオ・シウバ(1R TKO)
 ファビオが膝とパンチのラッシュで圧倒。川村は何もできないまま返り討ちに。

横田一則〇―×ライアン・シュルツ(1R KO)
 横田が右フックをクリーンヒットさせてKO勝利。らしくない勝ち方しやがって。

 11月に小見川対日沖のフェザー級次期挑戦者決定戦。郷野も参戦。
 ニューイヤーイベントは大晦日・有明コロシアムで決定。新名称はセンゴク・ライジン・チャンピオンシップ(SRC)。

瀧本誠〇―×イ・ジェソン(判定)
 瀧本が要所要所で試合を支配するものの、粘るジェソンを攻め切れず判定勝ち。

アントニオ・シウバ〇―×BIG・ジム・ヨーク(1R 肩固め)
 ペザオンが地力の差を見せて完勝。ジョシュ戦は実現なるか。

泉浩×―〇アンズ“ノトリアス”ナンセン(1R KO)
 組み付く気配も見せず真っ向から打撃戦を挑んだ泉、壮絶KO負け。言わんこっちゃない。

 テンポのいい興行だった。人気ブログランキングへ
[PR]
by nugueira | 2009-09-23 19:50 | SRC(戦極) | Comments(0)

K-1開幕戦の予想

 土曜の開幕戦の予想を。

金泰泳×-○カタリン・モロサヌ
 ルーマニア国民の応援も実らず推薦枠入りを逃したモロサヌがワンマッチに登場。経験で上回る金も、ヨーロッパ人相手だとパワーの差で押し切られそう。

レミー・ボンヤスキー○-×メルヴィン・マヌーフ
 去年レミーが圧勝したカードなのに、わざわざリマッチを組む意図がよく分からん。オランダ人があまりに多すぎるせいだろうけど。まあ去年と同じような展開でレミーが無難に突破するのでは。

エロール・ジマーマン○-×グラウベ・フェイトーザ
 これまた去年の開幕戦のリマッチ。勝ったり負けたりとはいえトップ陣相手に内容のいい試合を重ねているジマーマンに、グラウベがリベンジできる要素は少ないんじゃないかと。

ルスラン・カラエフ×-○京太郎
 京太郎にはジャディブあたりをあてがってお茶を濁すのでは、と思っていたらカラエフ相手というかなり厳しいマッチメイクに。とはいえここは突破してヘビー級王者の肩書きに偽りなし、としたいところ。カラエフは勢いに乗らせると面倒な相手なので、序盤をいかにいなし続けるかがカギか。

エヴェルトン・テイシェイラ○-×シング・“心”・ジャディブ
 で、その当たりクジ・・・じゃなくてジャディブを引いたのはテイシェイラ。まあ問題なく勝つでしょ。

セーム・シュルト○-×ダニエル・ギタ
 相変わらず試合順も中途半端なら相手が地味な強豪という、不条理待遇の続くシュルト。バダ・ハリ戦のKO負けの影響が不安といえば不安だけど、ここはシュルトの勝ちを予想しておいた方が無難か。

ジェロム・レ・バンナ○-×武蔵
 引退をかけた武蔵の相手はバンナ。一番強かった頃の武蔵ならバンナの攻めを凌ぎ続けて判定勝利という展開に持ち込めたと思うんだけど、ここ数年のパフォーマンスを見る限りそれを期待するのは厳しいか。バンナも最近パフォーマンスの低下が著しいので見ていて辛い試合になりそうな予感もするが。

ピーター・アーツ○-×アリスター・オーフレイム
 バダ・ハリに勝ってレミーを追い詰めたアリスターのエントリーは妥当なところ。よくオファー受けたな、という気もしなくもないけど。
 チャクリキに復帰してコンディションも絶好調な様子のアーツが無難に勝ちそう。去年のハリ戦みたいに一発をもらったときの脆さはあると思うので、アリスターが勝つとすれば出会い頭の短期決着か。

バダ・ハリ○-×ザビット・サメドフ
 ハリの相手は欧州予選を制したサメドフ。ここ1~2年の実績を考えるとグランプリにエントリーされなかったのが不思議なくらいの地味強だが、ちょっと相手が悪いか。

 果たして番狂わせは起こるか。人気ブログランキングへ
[PR]
by nugueira | 2009-09-22 23:15 | K-1 | Comments(0)
 フロイド・メイウェザー対フアン・マヌエル・マルケスをWOWOWで観戦。

 マルケスがどうこうというより(本来こういう扱いをしていい選手でないことは承知しているが)、1年9ヶ月ぶりのリング復帰となるメイウェザーが果たして試合勘をどこまで取り戻しているか、というのが焦点だったと思うんですが、序盤から上体のスウェーでマヌエルのパンチをかわしまくって顔面をカスリもさせず、2Rに近距離からの左フックでダウンを奪って実質勝負あり。「凡人が天才の心配をするのは、するだけ無駄」ということを改めて思い知らされた。

 メイウェザーの試合はデラホーヤ戦しか見ていないので以前と比べてどうかという視点では書けないんですが、とりあえず「次元が違う」という以外に感想が出てこないような試合内容。マルケスにしてみればパンチを出しても出しても顔面に届かないし、逆にメイウェザーには右クロスを簡単に入れられるし、左ジャブも面白いように当てられるし、やっていてフラストレーションが溜まる試合だったでしょうね。

 10ラウンド以降は仕留めるチャンスもあったようなのでどうせならKOを見たかったけど、フルラウンドで戦えることも証明したし、復帰戦の試運転を上々の内容でクリアしてみせた、という感じだろうか。対モズリーにせよ対パッキャオにせよ、メイウェザー絡みの中量級黄金カードの実現は夢が膨らんでくる。
[PR]
by nugueira | 2009-09-21 23:45 | ボクシング | Comments(0)