反り立つ壁に撃沈。


by nugueira

<   2008年 12月 ( 31 )   > この月の画像一覧

戦極の乱2009の予想

 戦極の乱2009の勝敗予想を。結局フェザー級の試合は組まないの?

マキシモ・ブランコ○-×井上誠午
 パンクラスでは敗れたものの、ブランコの身体能力は買い。

キング・モー○-×内藤征弥
 対戦相手選びが難航したモーの対戦相手は自ら志願した内藤。早くも一時期のミルコのような存在になってるな。まあ内藤じゃモーをどうこうするにはちょっと、というかかなり無理があるでしょう。

チェ・ムベ×-○デイブ・ハーマン
 映像情報は全くないものの、戦極得意の「未知の強豪」臭がプンプンしているハーマンに期待。相手もお手頃だし。

中尾“KISS”芳広×-○アントニオ・シウバ
 中尾はどうせなら藤田とやらせてあげりゃ良かったのに。シウバ相手じゃちょっときついかな。久しぶりの日本登場となるシウバはアメリカでのサスペンドの鬱憤を晴らすことができるか。

光岡映二×-○セルゲイ・ゴリアエフ
 実績から考えれば光岡有利なんですが、北岡戦で足首を痛めた影響が不安なのと、ゴリアエフが五味戦の金星で自信をつけていることを考慮してこういう予想に。ゴリアエフが勝った方が展開としては面白いし。

吉田秀彦○-×菊田早苗
 心情的には菊田を応援したいんですが、体重差を考慮すると吉田有利か。菊田は寝技に持ち込めばどうにかなるという感じでもなさそうだし。菊田にとっては久しぶりのビッグマッチだけど、あまりストーリー性のない吉田という相手をいきなり当てられたのは少々かわいそうな気も。

三崎和雄×-○ジョルジ・サンチアゴ
 ここまでの戦いぶりを見るに、サンチアゴの断然優位は揺るがないでしょう。三崎はPRIDEウェルター級GP、秋山戦に続く人生3度目の強運を呼び寄せることができるか?

五味隆典×-○北岡悟
 五味が打撃で仕留めるか、北岡がグラップリングで絡め取るかという分かりやすい構図になりそうですが、戦極でのこれまでの試合内容を見比べると北岡有利というのが妥当な予想でしょう。減量苦を不安視されつつも、横田戦ではフルラウンドきっちり戦えていたし。
 五味はなんだかんだ言ってもここ一番の大勝負には強いから今回も・・・という気もしなくはないんですが、そういう技術論以外の部分でしか有利な根拠が見出せないところに、今の五味の苦しさが現れていると思う。
[PR]
by nugueira | 2008-12-31 23:37 | その他(総合・寝技系) | Comments(0)
 残る総合ルールの試合の予想を。

ミノワマン○-×エロール・ジマーマン
 最後の最後に発表されたミノワマンの相手はジマーマン。あー、「マン」つながりなわけね。はいはい、そうですか。
 体重差が唯一の懸念材料ではあるものの、MMA初戦かつ間際のオファーであろうジマーマン相手ならさすがにミノワマン有利か。

所英男×-○中村大介
 大晦日に組む意味のあるカードかなあ・・・。今年の大晦日はエンタメ路線にしてもガチ路線にしても中途半端、という感じですね。体格差と今年の戦績を考えると中村が優勢では。

坂口征夫○-×アンディ・オロゴン
 リング上よりも両者のセコンドの方が盛り上がりそうなカード。アンディもおそらくは急なオファーのはずなので、特に期待できないか。坂口が正面からバチバチ殴りあうと危険ですが。

ボブ・サップ×-○キン肉万太郎
 今のサップに何かを期待する気にはならないので。田中章・・・じゃなくて万太郎も総合デビュー戦なので積極的に支持するだけの材料はないんですが。

セーム・シュルト○-×マイティ・モー
 シュルトは今年のはじめにも総合の試合してるので、対応は問題ないでしょう。相手はここ1年半ほど絶不調のモーだし。

桜井“マッハ”速人○-×柴田勝頼
 これまた組む必要性も面白味もないカード。柴田は減量苦で会見欠席してるようじゃ、試合する以前の問題か。

ミルコ・クロコップ○-×チェ・ホンマン
 「どっちが強いか」というより「どっちの調子が悪いか」という感じのカードですが、総合の場数の差でミルコ有利か。ハイキックKOしてくれたらスカッとするんだけど。

青木真也○-×エディ・アルバレス
 アルバレスの打撃・パウンドに青木が沈む映像も十分頭に浮かびますが、ここは断固青木を支持。この1年DREAMを支え続けた「勇気のチカラ」を信じます。

ヨアキム・ハンセン○-×J.Z.カルバン
 ハンセンもこのところ打たれ弱さが目立つのでかなり不安ですが、カルバンが負傷明けであることを考慮しこういう予想に。ていうかワンマッチでいきなり王者に負けられても後がグチャグチャになるだけなので。

桜庭和志×-○田村潔司
 ここ数年の両者のコンディションを考えると、田村有利かと思います。とはいえ、この試合は勝敗や内容よりもお互いの生き様・ドラマが見られればそれで十分。雑誌上のアンケートや会見を見ても両者の思いは完全にすれ違っていますが、試合後にそれがどのような形になっているのかが楽しみ。試合後もすれ違ったままだとしても、それはそれで見ごたえも語り甲斐もあるドラマといえるだろうし。

マーク・ハント○-×メルヴィン・マヌーフ
 バンナが間際になってインフルエンザで欠場。どうしてこういうドタバタ劇を相変わらずやるかなあ・・・。
 代役はマヌーフですが、さすがに体重差を考えると無理でしょう。マヌーフがいいパンチを2・3発入れる可能性は十分高いですが、ハントはそれじゃ倒れないだろうし。マヌーフは本当に仕事を選ばないなあ。

 スカパーのPPVは購入した。人気ブログランキングへ
[PR]
by nugueira | 2008-12-30 22:20 | その他(総合・寝技系) | Comments(0)

UFC92の感想

ヴァンダレイ・シウバ×-○クイントン・“ランペイジ”・ジャクソン(1R KO)
 WOWOWの放送初っ端がこのカード。贅沢な番組編成してるなあ。入場からスイッチ入りまくりの両者の表情に見ている方もテンションが上がったが、このカードが日本の団体では見られない現状にはやはり一抹の寂しさを感じる。
 予想どおりスタンドでの攻防に終始した末、ランペイジがフック一発でシウバを大の字にしてKO勝利。相手の連打をがっちりガードしてからきれいなフックを入れるKOシーンは、リデル戦のVTRを見るかのようだった。因縁の相手に三度目の正直を果たしたランペイジ、これでタイトル戦線へ文句なしの再浮上か。

シーク・コンゴ○-×ムスタファ・アルトゥルク(1R TKO)
 ローブローを食らったコンゴが、ローブローを入れ返した挙句にパウンド・ヒジの連打でアルトゥルクを血祭りにあげTKO勝利。男性自身を蹴られた恨みは怖い、といったところか。年の瀬なのに下ネタ混じりの感想でスマン。

岡見勇信○-×ディーン・リスター(判定)
 リスターの寝技を凌ぎ続けた岡見が完勝。リスターは2Rあたりから打つ手がなくなっていた感じでしたね。
 負けた方が契約打ち切り、という岡見にとっては不条理な噂も流れていたものの、これで首がつながったか。とはいえ試合内容がアピール材料に欠けるのは確かで、これじゃタイトルマッチへの道は厳しいのかな。

アントニオ・ホドリゴ・ノゲイラ×-○フランク・ミア(2R KO)
 開始早々にミアの右アッパーを食らったノゲイラが、その後もスタンドで先手を取られ続け、全くいいところなく人生初のKO負け。スタンド勝負なら優位に立てる、というゲームプランが早々と崩れてしまい、そのままペースを持っていかれてしまったか。UFCに移籍してからの試合は打撃でダウンする場面が目立っているし、打たれ弱くなってきているのかな。
 試合後に泣き崩れるノゲイラ。ノゲイラのこんな負け方を誰が予想できただろうか。とにもかくにも、ヘビー級戦線はレスナーVSミアによる王座統一戦という、1年前は予想だにしなかった展開へとなだれ込んでいくことに。

フォレスト・グリフィン×-○ラシャド・エヴァンス(3R KO)
 出入りの早さで攻め込もうとするエヴァンスを、リーチ差を活かしたパンチとローキックでグリフィンが迎え撃つ展開。2Rあたりからエヴァンスがローキックを嫌がりつつもタイミングを合わせてきていたのでもしや・・・と思っていたら、3Rにエヴァンスがパンチでダウンを奪い、そこからパウンド連打でグリフィンを粉砕。UFC2008年の最終戦はライトヘビー級王座移動という劇的な展開で幕を閉じた。まあグリフィンには打撃戦での危なっかしさが前からあったので、大番狂わせというほどではないですが。
 ライトヘビー級タイトルマッチの次期挑戦者は順当にいけばランペイジか。この2人なら噛み合ったいい試合になりそう。LYOTOはまた無視される流れになってきてるかな・・・。

 今日の試合なんかを見ても、石井は打撃への対応が最大の壁になりそう。外人相手だとリーチでもかなり不利になるだろうし、オクタゴンへの挑戦は茨の道が待っているか。

 長南は今回で解雇か?人気ブログランキングへ
[PR]
by nugueira | 2008-12-29 14:56 | その他(総合・寝技系) | Comments(2)
 Dynamite!!の予想、まずはK-1ルールの試合から。

佐藤嘉洋○-×アルトゥール・キシェンコ
 今回のK-1ルールの試合の中で唯一勝負論満載のカード。両者とも判定にはろくな思い出がないので、ガンガン打ち合ってくれるでしょう。接戦になると思いますが、ここは今年大化けした佐藤の頑張りに期待。キシェンコ相手なら昔のロー主体のスタイルの方が有効なのでは、という気もしなくもないが。

武田幸三○-×川尻達也
 今年の大晦日に中途半端感が漂っているのは、勝負論もお祭り感もないこういう半端な異種格闘技路線のカードを組んじゃってるせいだと思うんですが、どうでしょう。
 武田も相当打たれ弱くなっているのでひょっとしたら、とも思えるものの、やっぱりK-1初挑戦の川尻じゃ無理がありますかね。派手に玉砕でしょう。

武蔵○-×ゲガール・ムサシ
 これまた「名前が一緒だから」という以外に組む目的も面白味も見出せないカード。武蔵が軽くいなしておしまいか。武蔵は毎年大晦日はお手頃な相手をあてがってもらえるよね。

バダ・ハリ○-×アリスター・オーフレイム
 これまたハリが軽くひねってお終いか。どうせならハリとシュルトがK-1ルールで戦えばお仕置きの意味もあって面白いのに。

日下部竜也×-○卜部功也
HIROYA○-×嶋田翔太
HIROYA○-×卜部

 最後にK-1甲子園。ハイレベルな接戦になると思いますが、それでもここまでの戦いぶりを見るとHIROYAが頭一つ抜けているかなという印象が。もう一方の準決勝は予想が難しいですが、学年差を考慮して卜部の勝ち上がりを予想。

 続いて総合ルール編。人気ブログランキングへ
[PR]
by nugueira | 2008-12-28 21:31 | その他(立ち技系) | Comments(2)

[こだわり]バウト

 本来なら12月のMVP・ベストバウトと1月のおすすめバウトを書くんですが、大晦日を見てからMVP・ベストバウトは判断したいので、先におすすめバウトを。

[おすすめ]バウト:五味隆典VS北岡悟(1/4 戦極の乱2009)
 戦極旗上げ当初、ライト級戦線がこのような展開になることを予想できた人がいただろうか?五味に絶対王者としての風格は感じられず、北岡は完全に五分、精神面に関していえば優位と言ってもいい状況を作り上げた。
 参戦当初から炸裂した「北岡劇場」が新年に最高のエンディングを迎えるのか、それとも最後の最後に五味が存在感を発揮するのか。リング上もリング外も、目が離せない一戦になること必至。
[PR]
by nugueira | 2008-12-27 21:21 | 雑記 | Comments(0)
 既に半ば既成事実化していましたが、Dynamite!!でのバダ・ハリVSアリスター・オーフレイムのK-1ルールでの対戦が決定。

 まあ「バダ・ハリに出場停止の処分は課されなかった」「大晦日に多少なりとも話題性のある選手が欲しい」という経緯を考えると理屈としておかしい点はないし、致し方ないカード編成だとは思うんですが、「理解はできるが賛成はできない」という感じですかね。
 バダ・ハリ自体が数字を持っているわけではないので、視聴率にどこまで貢献できるのかは未知数ですが。

 それにしてもK-1ルールで相手がアリスターじゃ、けじめにも制裁にもなりゃしないよ。それともここでアリスターが久しぶりに持病の「空気を読まずに圧勝してしまう病」を発症するんだろうか。
[PR]
by nugueira | 2008-12-26 23:23 | その他(立ち技系) | Comments(0)
 今月の「GONKAKU」で、宇野薫がUFCへの再挑戦を表明。

 日本以上のファイトマネーが確約されているわけではなく、年齢を考えるとむしろリスクの方が大きい中、「競技者」としてのギリギリの決断だったのだろう、と思います。
 石井慧と同様、国内の団体が魅力ある受け皿となり得ていない事実は寂しい限りですが、ここは格闘技ファンとして宇野の決断を受け止めて、成り行きを見届けるしかないでしょう。

 その他の記事では、1・4決戦を控えた五味・北岡のインタビューが面白かった。

 五味は「ここ2戦は戦う目標がしっかりしていなかった」といった趣旨のことを述べたうえで、「今はベルトという目標があるから違う」というのをしきりに強調していたけど、うーん・・・。言い訳がましいというか、「モチベーションを上げるために無理矢理言葉を絞り出している」という感じがしてならない。

 一方の北岡は、「五味は五味隆典という役割を演じている」「武士道でマッハや石田をなぎ倒していた頃の五味が相手でも今の自分は勝てる」と自信満々にバッサリ。やはり11月の「その挑戦、受けて立つ」というマイク以降、この2人の精神的な立ち位置は完全に逆転しちゃってますね。
[PR]
by nugueira | 2008-12-25 12:51 | 雑記 | Comments(2)

UFC92の予想

 年末年始興業戦争の戦陣を切るUFCの予想を。UFC的には同列に並べられたくねえよ、という感じかもしれませんが。(それとも最初から相手にしていない?)

フォレスト・グリフィン○-×ラシャド・エヴァンス
 個人的にグリフィンはあまり評価していないんですが、これまでの戦績を考えると今回の初防衛戦は無難にクリアするんではないかと。ポコッと一発もらっちゃうんじゃないかという不安も若干ありますが。

アントニオ・ホドリゴ・ノゲイラ○-×フランク・ミア
 実績から考えてノゲイラ断然有利なんですが、UFC参戦後の試合は勝ったとはいえ苦戦続きなのが不安材料。グラップラーのミア相手ということで、ヴェウドゥム戦みたいにボクシング中心の攻防に徹するかもしれませんね。

ヴァンダレイ・シウバ×-○クイントン・“ランペイジ”・ジャクソン
 今回の最注目カード。殴り合いになることは確かなんですが、勝敗がどうなるかは本当に予測不能。タイトルを失ったとはいえ、グリフィン戦も明確な負けとは言い難いランペイジに一票入れておきます。

岡見勇信○-×ディーン・リスター
 アンデウソンへの挑戦が振り出しに戻ってしまった岡見、仕切り直しのこの一戦はきっちりモノにしてほしい。グラウンドにどれだけ付き合わずに済ませるかがカギか。

 WOWOWの放送再開に改めて感謝。人気ブログランキングへ
[PR]
by nugueira | 2008-12-24 23:45 | その他(総合・寝技系) | Comments(0)

ボクシング世界戦の感想

 WBCフライ級タイトルマッチ、内藤大助VS山口真吾をテレビ観戦。

 山口も序盤から積極的かつ丁寧に攻め込んでいたとは思うんだけど、リーチ差は如何ともしがたいものがあったか。山口の空振りの多さと、それと好対照な内藤のクリーンヒットの多さは誰の目にも明らかでしたね。

 とはいえ、最後まで臆せず打ち合いを仕掛けていった山口と、それを受けて立ってきっちりKOという結果を出した内藤は両者とも賞賛に値すると思う。軽量級の世界戦は微妙なポイントの奪い合いに終始してしまいがちだけど、文句なしに「面白かった」と言える一戦でした。

 月曜に内藤が東京フレンドパークに出てるのを見たときは「大丈夫か?」と不安になったものの、終わってみれば要らぬ心配でしたね。やはり安定感が図抜けている感じ。まあ、「世界ランク二ケタの日本人相手に防衛を重ねる戦略が上手くいっている」という厳しい見方もできなくはないですが。

 大晦日なり1/4はリングサイドに座っていそう。人気ブログランキングへ
[PR]
by nugueira | 2008-12-23 23:40 | その他(立ち技系) | Comments(4)
 Dynamite!!の追加カード、キン肉万太郎VSボブ・サップが決定。

 うわあ・・・という感想とため息以外、特に出てくるものがないですね。DJ.OZMAプロデュースという点も含めて。

 何か、「目玉が少ないのでとりあえず確保可能な持ち駒をくっつけたらこうなった」という以外にマッチメイクの意図が見えてこないんですよね。実際問題そうなんだろうけど。

 もう「PLAYBOY」誌上で煽る機会もないだろうし、この試合やったところで盛り上がるのかなあ・・・。

 FEGがずっと温め続けてきた田中章仁の実力がいかほどのものなのか、というところだけ無駄に期待してみようかとは思いますが。あっ、いけね。正体バラしちゃったよ。

 最初はミノワマンが正体かと思った。人気ブログランキングへ
[PR]
by nugueira | 2008-12-22 23:56 | その他(総合・寝技系) | Comments(2)