反り立つ壁に撃沈。


by nugueira

<   2008年 10月 ( 30 )   > この月の画像一覧

パンクラスの感想

 5年前に国技館で行われた10周年興行は会場で観戦した。満員ではなかったし興行内容も大爆発とまではいかなかったが、メインでは近藤が菊田を破ってライトヘビー級のベルトを奪取。「これからのパンクラス」を期待させるには十分な内容だったと思う。
 あれから5年。GRABAKAは離脱し、近藤は低迷から抜け出せず、外国人選手の確保もままならないパンクラスが、15周年記念興行を後楽園ホールで迎えざるを得ない状況には、少々寂しさを感じる。(新興団体が次々参入しては消えていく中、老舗として活動を続けているだけで評価すべきなのかもしれないけど。)

AB×-○マキシモ・ブランコ(1R KO)
 「バスターでKO」と聞いてランペイジみたいな映像を期待してたんだけど、あまり高く上がっているわけでもなく拍子抜け。とはいえ、ブランコの積極性は非常に買い。さすがにこの試合時間で戦極に上げるのは早いだろうから、もう少し経験をつんでほしい。ていうか今のパンクラスの層の薄さを考えると、少し頑張ればタイトル戦線まで浮上しちゃいそうだし。

金原弘光×-○金井一朗(判定)
 1Rの金原のダウンは「金井がうまく当てた」というより「金原、打たれ弱くなってるなあ」という感想が先に浮かんでしまう。金井もこの後が攻めきれず、結局判定で勝利。金原は終了間際にダウンを奪い返したので、試合時間がもうちょっとあれば、というところか。

大石幸史○-×小谷直之(判定)
 小谷も下からよく仕掛けていたとは思うが、終始上をキープした大石が判定勝ち。金原VS金井もそうだが、スカッとした勝ち方をする選手もいなければ気持ちのいい負け方をしてくれる選手もいない、という点にパンクラスの盛り上がらなさが集約されている気がする。

KEI山宮×-○川村亮(判定)
 開始直後に仁王立ちのまま山宮を睨み付ける川村の姿には、思わず見入ってしまった。
 試合の方は徹底したスタンドの殴り合いの末、2Rに片腕クリンチからのアッパー連打でリードを奪った川村が勝利、リベンジとライトヘビー級戴冠に成功。川村がスタンドでの打ち合いを仕掛けてきたのは山宮にとって有利だったはずだけど、川村が気迫で完全に上回ってみせたという感じ。
 苦しい状態の続いているパンクラスだけど、15周年興行のメインで、しっかりした内容の末に生え抜きの川村がベルトを巻いたことは一筋の光明と言っていいのでは。川村はベルトを手土産に、戦極へ再出陣か?
[PR]
by nugueira | 2008-10-31 23:03 | その他(総合・寝技系) | Comments(0)
 リザーブマッチ・ワンマッチの方の予想を。

竹内出○-×ジョー・ドークセン
 ドークセンってどこかで見た名前だと思っていたら、パウロ・フィリオに負けてる選手ね。まあ竹内が得意の塩固めで判定勝ちするのでは。

ホルヘ・マスヴィダル○-×ハン・スーファン
 両者のスタイル的に打撃戦になるか。負けたダム戦も含めていい試合内容を見せているマスヴィダルの勝利を予想。

アントニオ・ホジェリオ・ノゲイラ○-×モイス・リンボン
 まあ打撃でも寝技でもホジェリオが遅れを取る要素が見あたらないでしょう。前も書いたように、この試合の勝敗よりもホジェリオが継続参戦してくれるかどうかの方が関心事ですが。

キング・モー×-○ファビオ・シウバ
 モーは前回同様、打撃で一発狙いか。でもスタンド勝負になったらファビオの方に分がありそうだよな。というわけでこういう予想に。これでモーが勝ったら本当にすごいが。

五味隆典○-×セルゲイ・ゴリアエフ
 五味もここでの取りこぼしはないでしょう。というか取りこぼされたら戦極サイドも困るだろうし。ニューイヤーイベントへ箔をつけるスカッとした勝ち方を期待。

 泉まで参戦とは・・・。人気ブログランキングへ
[PR]
by nugueira | 2008-10-30 19:27 | その他(総合・寝技系) | Comments(0)

UFC90の感想

ファブリシオ・ヴェウドゥム×-○ジュニオール・“シガーノ”・ドス・サントス (1R TKO)
 ヴェウドゥムの打ち下ろしの右に合わせたカウンターのアッパー一発でサントスが衝撃のKO勝利。今まで全く知らない選手だったが、これで一気にヘビー級第2集団の要注意人物になったか。逆にヴェウドゥムはこの1年余りの貯金を全部持っていかれてしまった感じ。

ショーン・シャーク○-×タイソン・グリフィン(判定)
 両者最後まで一歩も引かない殴り合い。打撃は五分の展開だったけど、要所要所でテイクダウンも奪ったシャークが接戦をものにした。
 ペン戦のときも思ったけど、シャークは昔のテイクダウン一辺倒の戦い方ではなく、打撃がかなり向上している感じ。一方のグリフィンも今回初めて見たけど、非常にバランスの取れたいい選手。UFCのライト級はいつの間にかレベルが上がってますね。

リッチ・クレメンティ×-○グレイ・メイナード(判定)
 終始テイクダウンから優位なポジションをキープし続けたメイナードが判定勝利。それなりに動きのある展開だったけど、シャーク対グリフィンがあまりにいい試合だったので、どうしても見劣りする感じ。クレメンティの生存を確認できたのが唯一の収穫か。どうでもいい収穫だけど。

ジョシュ・コスチェック×-○チアゴ・アルベス(判定)
 コスチェックもパンチでは五分以上に渡り合ったけど、ローやヒザを効果的に使って攻め込み続けたアルベスが完勝。ヒューズ戦の計量オーバーの汚名をそそぎ、これで晴れて王座挑戦権獲得か。GSP相手にどうこうできるかというと、ちょっと無理だと思うけど。

アンデウソン・シウバ○-×パトリック・コーテ(3R TKO)
 アンデウソンがいつになく慎重な試合運びをするものの、ところどころで有効打を入れて試合をリード。そろそろ動き出すか、と思われた3Rにコーテがいきなりヒザを負傷して試合終了。あちゃあ・・・。
 格闘技につきものの展開ではあるけど、ステップを踏み込んだだけで倒れられてもなあ。シカゴのファンも、せっかくUFCが来たと思ったらメインがこの有様じゃ、そりゃブーイングもしますわ。
 アンデウソンはこれで丸2年間ベルトを保持。次は再びライトヘビー級に挑戦か、という話もあるようですね。

 来月はランディVSレスナー。人気ブログランキングへ
[PR]
by nugueira | 2008-10-29 23:42 | その他(総合・寝技系) | Comments(0)

J-NETの感想

 J-NET10月大会をスカパーで見たので感想を。録画時間を間違えてしまい、メインの西山VSチャイディーは見れませんでした。

TSUYOSHI○-×秋山優(判定)
 秋山の前蹴りとパンチに苦しめられながらもTSUYOSHIが接戦をものに。前の試合でも思ったけどパンチを振り回し過ぎな感じがするので、長期戦になると不利か。このままベルト獲得まで突っ走ってほしいところですが。

木村天鮮○-×赤羽秀一(1R TKO)
 もう一方のスーパーフェザー級王者決定トーナメント準決勝は、木村が肘一発で赤羽を秒殺。ドロドロの長期戦に持ち込めば赤羽ペースだったはずだが、そうなる前に切られちゃった。

鈴木悟×-○高木健太(2R KO)
 久しぶりに鈴木の姿を見かけたと思ったら、パンチ一発であっさりKO負け。しかも相手の高木ってレスリング出身の選手なんでしょ?ナメきっていたとしか思えない。もうこいつは一生K-1に出てこなくていいよ。

ウエンツ修一○-×上谷晃平(4R KO)
 スーパーフライ級って今年頭に挑戦者決定トーナメントをやってたけど、結局まだタイトルマッチがやれてなかったのか、という感じ。試合の方は中盤以降ガンガン攻め続けたウエンツが上谷を圧倒し暫定王座を獲得。ウエンツはバンタム級で寺戸にぼこぼこにされた印象しかないので、まあ頑張ってくれというぐらいの感想しか出てこない。
[PR]
by nugueira | 2008-10-28 20:10 | その他(立ち技系) | Comments(0)
 土曜に迫った第六陣の予想を。まずはライト級・ミドル級両GPから。

佐々木有生×-○中村和裕
 中村はミドル級にも適応できているようなので、打撃・寝技どちらの展開になっても佐々木を上回るんじゃないかと。GRABAKAの組織力がどこまで通用するか。

ジョルジ・サンチアゴ○-×シアー・バハドゥルザダ
 1回戦を相手の怪我で勝ち上がったバハドゥルザダをわざわざ推す理由がないので。サンチアゴとの地力の差が出そう。

中村×-○サンチアゴ
 中村が判定にもちこんでもおかしくないけど、やはり実力でサンチアゴが上回るか。ミドル級の展開はまあはっきりしてますね。

北岡悟○-×光岡映二
 一方のライト級は大混戦になりそう。北岡は日本人相手の大一番に弱いのが気がかりですが、戦極に上がってからの勢いを買っておきます。なんか判定までもつれ込みそうだし、そうなると光岡にも勝機が出そうだけど。

横田一則×-○廣田瑞人
 まあ1回戦の内容を重視してこういう予想に。横田はさすがに1回戦よりはちゃんと仕上げてくるだろうけど。

北岡○-×廣田
 北岡に絶対的な信頼感があるかというとそうでもないけど、やっぱり今の勢いを無視するわけにはいかない。廣田が相手の場合、どれだけスムーズに寝技に持ち込めるかがカギか。

 ワンマッチは後日。人気ブログランキングへ
[PR]
by nugueira | 2008-10-27 23:17 | その他(総合・寝技系) | Comments(2)
 エリートXCの活動停止について。

 CBS中継が決定したときのエントリで「イメージがUFO LEGENDと被る」という趣旨のことを書いて、さすがに引き合いに出す例が悪すぎるか、と当時は思ったんですが、結果的にはいい線をついていたようで。1年持たなかったと見るべきか、3回持ったと見るべきか。

 活動停止の一因がペトルゼリのワーク発言、というのも面白いですよね。地上波がコンプライアンスに神経質になるのは日本もアメリカも同じということでしょうか。

 それにしても、3回のCBS中継を経ても50億円近い負債を抱えていたということは、利益を生み出すビジネスモデルを構築できていなかったということですよね。今は赤字覚悟で土台作りの時期、という考えだったのかもしれないけど。

 結局、UFCに対抗して拡大路線を取るにはPPVコンテンツとして成功するだけのものを作り上げる必要があるけど、そこまで辛抱するだけの体力はどこも持っていない。ストライクフォースみたいに利益を出せる運営スタイルを作り出して、それに沿って堅実な興業を重ねていく意外に生き残る道はない、ということなんですかね。日本の団体にも参考になる点が多そうですが。

 あぶれた選手はどこへ流れるのか。人気ブログランキングへ
[PR]
by nugueira | 2008-10-26 23:54 | その他(総合・寝技系) | Comments(0)

パンクラスの予想

 後楽園ホールで行われるパンクラスの予想を。

マルロン・サンドロ○-×滝田J太郎
 前田のバンタム級転向により、サンドロと滝田による第2代フェザー級王者決定戦が行われることに。滝田もこの前はいい勝ち方をしていた記憶があるけど、サンドロ相手は荷が重いかな。

和田拓也○-×鳥生将大
 暫定とはいえ念願のベルトを巻いた和田がキャリアの違いを見せるか。
[PR]
by nugueira | 2008-10-25 00:18 | その他(総合・寝技系) | Comments(0)

UFC90の予想

 89の観戦記の最後に「クートゥアー対レスナーに期待」と書きましたが、よく考えたら先に90があるんでしたね。失礼しました。

アンデウソン・シウバ○-×パトリック・コーテ
 メインはミドル級タイトルマッチ。アンデウソンがここで取りこぼすことは考えにくいでしょう。来年の引退を示唆しているアンデウソン、ベルトを保持したままの引退がいよいよ現実味を帯びてくるか。

ファブリシオ・ヴェウドゥム○-×ジュニオール・ドス・サントス
 クートゥアーの復帰とTUF8の開始で、ヴェウドゥムがヘビー級タイトル戦線から完全に追いやられてしまったのは何か不条理。王座統一後の来年中頃の挑戦を目指して、まずは着実に勝ち続けるしかないか。

 アウベス対コスチェックはコスチェックの最近の調子がよく分からんのでパス。アルメイダはいきなり名前が消えてるけど、怪我でもしたか?
[PR]
by nugueira | 2008-10-24 23:51 | その他(総合・寝技系) | Comments(2)

UFC89の感想

 WOWOWで観戦。前座の試合からちゃんと見れる環境って、やっぱりいいですね。

ダン・ハーディー○-×郷野聡寛(判定)
 微妙な差ではあったものの、1Rがハーディー、2・3Rは郷野が取ったと思うんだけどなあ。郷野は久しぶりの試合で動きが硬かったのか、序盤は調子がいいときの「際のディフェンス」ができず、細かいパンチをもらってしまったのが残念。

ポール・ケリー×-○マーカス・デイヴィス(2R フロントチョーク)
 パンチで優勢に試合を進めたデイヴィスが、最後は相手がタックルに来たところをギロチンに捕らえて一本。初めて試合を見たけど、なかなかバランスの取れたいい選手。

ラミュー・ソクジュ×-○ルイス・ケイン(2R TKO)
 ソクジュが速い踏み込みからのアッパーで先手を取るものの、いつものような猛ラッシュにはつながらず次第に失速。解説も指摘してたけど、膝を痛めてたのだろうか。結局徐々に盛り返したケインが、パンチでダウンを奪ってからパウンド連打で逆転勝利。ソクジュはこれでUFC1勝2敗。契約解除されて日本に戻ってこないかな。

キース・ジャーディン○-×ブランドン・ベラ(判定)
 お互いに手数が互角、しかも攻めが単発というどうしようもない展開の末、スプリット判定でジャーディンが勝利。この内容じゃふたりとも上位戦線への浮上は望めないか。

マイケル・ビスピング○-×クリス・レーベン(判定)
 手数とプレッシャーではレーベン、正確性ではビスピングが上回り、まあ妥当な判定に。

 最初から豪華カードとは言い難いラインナップだったけど、内容もやや消化不良の試合が多かった感じ。来月のクートゥアーVSレスナーに期待。
[PR]
by nugueira | 2008-10-23 23:00 | その他(総合・寝技系) | Comments(0)
 12月に神戸で62kg契約のワンデートーナメント「TOUITSU」が開催。

赤十字竜(NJKFスーパーフェザー級王者)
石井宏樹(前日本ライト級王者)
及川知浩(SB日本スーパーフェザー級王者)
梶原龍児(WFCA世界ライト級王者)
黒田アキヒロ(J-NETWORKライト級王者)
壮泰(MA日本スーパーライト級王者)
森本達也(99J-TOP軽量級ウエイト制トーナメント準優勝)
吉本光志(IKMF東洋ライト級王者)


 この面子でのワンデートーナメント、凄く面白そう。元々の階級に若干ムラがあるけど、主要各団体からバランス良く選手が出ているのもいいですね。関西ローカルじゃなく関東でも流してくれればいいのに。

 適正階級で試合ができる石井、キック復帰以来好調をキープしている吉本あたりが軸になると踏んでますが、果たしてどうなるか。
[PR]
by nugueira | 2008-10-22 23:53 | その他(立ち技系) | Comments(0)