反り立つ壁に撃沈。


by nugueira

<   2008年 08月 ( 31 )   > この月の画像一覧

ケンシロウVS刃牙

 本屋の雑誌コーナーに行って『GONKAKU』を捜索。

 「あれ、今月は出てないのかな?ていうかなんで格闘技雑誌のコーナーに『チャンピオン』が置いてあるの?」

 と思ってよく見たら、『GONKAKU』の表紙が刃牙のイラストだった。

 というわけで今号の巻頭記事はジョシュ・バーネットと板垣恵介の対談。国内大型興業の狭間の時期で、記事のやりくりが苦しかったのかなあ。

 それにしても、ジョシュは守備範囲広すぎ。のっけの質問が「『メイキャッパー』(板垣恵介のデビュー作)の着想はどこから得たんですか?」だぜ?どっから単行本入手してんだよ。

 板垣自身も元自衛隊員・ボクシングで国体出場という格闘技経験者なので、実際にやったことがある人間同士でしかできない深みのある発言も垣間見えたんですが、全体的にインパクトが薄かったかなあ。

 ジョシュはどうせなら
 
 「地下闘技場トーナメントの頃が一番面白かった」
 「ピクル登場はやりすぎ」
 「正直、話の終わらせ方に困ってません?」

 とか率直な感想をぶつけてくれればよかったのに。
[PR]
by nugueira | 2008-08-31 19:22 | 雑記 | Comments(0)

UFC88の予想

 来週開催のUFC88の予想を。

チャック・リデル○-×ラシャド・エヴァンス
 両者怪我の末、ようやく実現(というほど楽しみなわけじゃないが)のカード。一応実績重視でリデルが勝つと予想。どこまで信頼できるか微妙だけど。

カロ・パリシャン○-×吉田善行
 吉田のUFC2戦目。勢いに乗っているところではあるけど、パリシャン相手だとちょっときついかな、という気がする。

ダン・ヘンダーソン○-×ホジマール・“トキーニョ”・パリャレス
 今大会の最注目カード。トキーニョの前回の試合は見てないんですが、ミドル級期待のホープが大物食いを果たしてしまうか?ダンヘンが経験の差で凌ぐだろうと予想しておきますが、どっちに転んでもおかしくなさそう。

ホアン・“ジュカオン”・カルネイロ×-○長南亮
 これまた怪我で一度は流れたカード。以前の対戦では長南が勝っているので、返り討ちを期待。試合間隔が空いてるのが不安ですが。
[PR]
by nugueira | 2008-08-30 14:18 | UFC | Comments(0)

J-NETの予想

 ちゃんと計算してないけど、今月の予想的中率は7割を若干下回るぐらい。というわけで梃入れのため、J-NETのTEAM DRAGON QUEST 2の勝敗予想を。

尾崎圭司○-×ジョン・クァンシック
梶原龍児×-○キム・ギョングワン
川端健司○-×大石駿介
渡辺雅和○-×稲葉潤
堤大輔○-×田島直樹
TSUYOSHI○-×勝光
島村晃司○-×尾崎史和


 「片っ端からチードラに○つけてるだけじゃん!」と文句言われそうですが、まあ実際問題そうするのが一番妥当な予想だと思うので。このところ結果の出ていない梶原は信頼性が低いから×をつけちゃった。

 今、ドラクエⅤをやってます。人気ブログランキングへ
[PR]
by nugueira | 2008-08-29 13:57 | その他(立ち技系) | Comments(0)

芸人発掘

 久しぶりに深夜の『あらびき団』を見たのだが、ウィナーウィナーズには笑った。

 ボケの方が桜庭に似ていて、

 「最近、マナーの悪い奴が多いよな。」
 「あー、いるいる。試合前にクリーム塗る奴ね。」

 とか格闘技ネタを連発。最後は突っ込みにカウンタータックルを合わせたボケが、ガードポジション越しにモンゴリアンチョップ。格闘技ブームも去ったこの御時世にこれで食っていけるんだろうか、と見ている方が心配になってしまう。

 いやー、このコンビの動向はこれからもチェックしなきゃ。たぶん来週には忘れてそうだけど。
[PR]
by nugueira | 2008-08-28 19:35 | 雑記 | Comments(0)

戦極第四陣の感想③

瀧本誠○-×フランク・トリッグ(判定)
 瀧本がスタンドでは押し気味に進めているのに、トリッグのしつこいタックルを凌ぎ切れず、ポジショニングで不利な展開に。結局最後まで逆転の一打を入れることができず、予想どおり場数の差を見せつけられる結果に。
 瀧本は徐々に総合にアジャストしているのは確かなだけに引退示唆発言は勿体ない気もするけど、これはもう本人のモチベーションの問題なだけに仕方がないのかなあ。ナツラも含めて、金メダリストには受難の夏となった感じ。

五味隆典○-×ハン・スーファン(判定)
 重そうなローキックや2Rのボディブローなんかに凄味はあったものの、やっぱり五味にしては消化不良な内容。全盛期の五味がこれを見たら「スカッとしねえな」と言ってるでしょうね。途中からスーファンが完全に下がりながらの一発狙いになっていたからやりにくかったのは確かだけど、エースとしての存在感を見せて欲しかった。

 興業全体としては、やっぱりメイン・セミが盛り上がらなかったのがきつい。GP4試合の内容は悪くなかったけど、そのテンションが最後までつながらないと締まらないよね。飛躍のきっかけになるかと期待していた今大会だけど、評価としては過去3大会と同水準にとどまっちゃった感じ。

 ミドル級はどこまで盛り上がるか。人気ブログランキングへ
[PR]
by nugueira | 2008-08-27 19:23 | SRC(戦極) | Comments(0)

戦極第四陣の感想②

廣田瑞人○-×ライアン・シュルツ(2R KO)
 両者間合いを計りつつスタンドで打ち合う削り合いの展開。打撃は五分だけどタックルも織り交ぜているシュルツがいずれペースを握るかな、と思ったら廣田がパンチをクリーンヒットさせて文句なしのKO勝利。なかなかやるねえ。

横田一則○-×ボーヤン・コセドナー(判定)
 横田がスタンドもグラウンドも圧倒していたけど、最後の詰めが攻めきれず判定決着。怪我をしていたようだけど、ここはスッキリとした内容で決めて欲しかったなあ。他のGP3試合がいい内容だっただけに余計そう思わされる。コセドナーは反撃に転じた3Rにローブローもらっちゃったり、フロントチョークに入りかけたところでブレイクがかけられたり、展開にも恵まれなかったね。

光岡映二○-×ホドリゴ・ダム(1R チョークスリーパー)
 序盤に打撃で主導権を奪ったダムがこのまま持って行くかと思いきや、打ち合いに応じた光岡がパンチでダウンを奪い返してからのスリーパーで大逆転勝利。この勝ち方には文句のつけようがないでしょう。ハンセンに続く大物食いを果たした光岡、このまま一気に突っ走るか?

北岡悟○-×クレイ・フレンチ(1R アキレス腱固め)
 今大会のMVPは北岡で決まりでしょう。トーナメントの初戦なら勝利最優先の試合運びになってもおかしくないのに、迷うことなく足関節を極めての秒殺勝利。素直に「すげえ!」と言うしかない。

 ライト級GPは日本人がベスト4を独占。2人ぐらいはこけると思っていただけに予想外の結果だけど、外人選手が噛ませ犬だったわけじゃないし、横田以外は説得力満点の内容だったし、日本勢の強さを褒めておくべきでしょう。決勝ラウンドはほぼ横一線になりそうだけど、果たして誰がここから抜け出すか。
[PR]
by nugueira | 2008-08-26 19:08 | その他(総合・寝技系) | Comments(0)

戦極第四陣の感想①

 PPV観戦の感想を。

高橋和生×-○ヴァレンタイン・オーフレイム(1R KO)
 高橋がテイクダウンしてもしや、と思う場面もあったが、最後はオーフレイムの跳び蹴り一発で終了。高橋はいつもながらのいい負けっぷり。とはいえ顎骨折というのが心配。さすがにもう潮時じゃないかなあ・・・。

ピーター・グラハム×-○モイス・リンボン(2R チョークスリーパー)
 グラハムの打撃をリンボンがのらりくらりとかわし続けて、2Rにカウンターのパンチから寝技に持ち込んで一本。グラハムはタックルにもよく対応していたと思うが、さすがに集中力が切れたか。リンボンは一本勝ちとはいえ、初登場でこんなガチガチの試合運びされてもなあ・・・。これじゃ引き続き見てみたいとは思えない。

パウエル・ナツラ×-○ヤン・ドンイ(2R TKO)
 ナツラは組み付いてもそこから先の展開へ持っていけず、そうこうしているうちにローブローで悶絶。2Rに下からの腕十字で逆襲のチャンスをつかむも、再開の時に立ち上がれず試合放棄と見なされ敗北。
 レフェリーの判断は仕方ないと言えば仕方ないけど、やっぱり釈然としないなあ。ナツラにとっていやな展開だったのは確かだけど、あそこから盛り返せない状況でもなかったはずなのでもったいない、というか可哀想。
[PR]
by nugueira | 2008-08-25 20:22 | その他(総合・寝技系) | Comments(0)

戦極速報

高橋和生×―〇ヴァレンタイン・オーフレイム(1R KO)
 オーフレイムの跳び膝一発に高橋撃沈。

ピーター・グラハム×―〇モイス・リンボン(2R チョークスリーパー)
 グラハムの打撃をのらくらとかわし続けたリンボンが最後は寝技で一本。また見たいと思わせるほどのインパクトはなし。

パウエル・ナツラ×―〇ヤン・ドンイ(2R TKO)
 ローブローのダメージで戦意喪失したナツラが試合放棄と見なされレフェリーストップ。何か釈然としない裁定。

廣田瑞人〇―×ライアン・シュルツ(2R KO)
 スタンドでの削り合いの末、廣田がパンチでシュルツを粉砕。

横田一則〇―×ボーヤン・コセドナー(判定)
 横田が圧倒するも、最後の詰めが甘く判定勝ち。スッキリ決めて欲しかった。

光岡映二〇―×ホドリゴ・ダム(1R チョークスリーパー)
 打撃で劣勢になった光岡、パンチでダウンを奪い返し大逆転の一本勝ち。この勢いは本物か。

北岡悟〇―×クレイ・フレンチ(1R アキレス腱固め)
 わずか31秒、北岡が秒殺一本勝ち。ベスト4は日本人が独占。

瀧本誠×―〇フランク・トリッグ(判定)
 トリッグがポジショニングの巧みさで試合をコントロール。瀧本は打撃では押していただけに残念。

五味隆典〇―×ハン・スーファン(判定)
 途中から下がりながらのカウンター狙いに徹したスーファンを攻め切れず、五味にしてはスカッとしない試合に。
[PR]
by nugueira | 2008-08-24 23:06 | その他(総合・寝技系) | Comments(0)

今日のフラッシュバック

 テレビを見ていたら、『スポーツ・イラストレイテッド』か何かの表紙を飾ったマイケル・フェルプスが金メダル8個をまとめて首にぶら下げてる写真が映ったんですよ。

 「ベルトを6本持ってた頃の武藤敬司みたい」

 と思っちゃった。
[PR]
by nugueira | 2008-08-23 23:14 | 雑記 | Comments(0)

パンクラスの予想

 少し先ですが、後楽園ホール大会の予想を。

 まずは小路伸亮の引退に伴うライト級タイトルマッチの中止について。ここまで来るともはや団体側のマネージメント能力とは別の次元の問題という気はしてきますが、下り坂に入っている団体にはとことんトラブルがついて回る、ということなんですかね。最近のパンクラスはタイトルマッチを中心に回していこうという意図がはっきりしているのに、選手側の事情でその構想が潰れてしまっているのが残念。

近藤有己○-×大堀竜二
 たまにホームリングに戻ってきても無名の日本人とのマッチメイクしか待っていないという近藤の現状には寂しいものを感じる。ここはきっちりクリアして、戦極ミドル級トーナメントへ勢いをつけてほしい。

八島勇気×-○マキシモ・ブランコ
 ブランコをどう評価すればいいのかよく分からない部分もあるんですが、なんか身体能力の差だけで押し切っちゃいそうな気がするので。戦極はいきなり本戦に出さずにちゃんとステップを踏ませるのが偉い。そんな悠長なことをやっている余裕があるのか、と要らぬ心配をしてしまうが。
[PR]
by nugueira | 2008-08-21 14:29 | その他(総合・寝技系) | Comments(0)