反り立つ壁に撃沈。


by nugueira

<   2008年 06月 ( 29 )   > この月の画像一覧

K-1福岡大会の感想②

前田慶次郎○-×佐藤匠(判定)
 ローで主導権を握った前田が2Rからはパンチでも攻勢に出て完勝。前田はパンチの方も打ち込むタイミングの良さや、手数をまとめる上手さが印象的。GPで準優勝していた頃の武蔵に近い感じ。最後の方の打ち合いでは佐藤に押し込まれる危ない場面もあったけど。

エヴェルトン・テイシェイラ○-×中迫強(判定)
 中迫がローキックをもらって数秒してから突然ダウンしたのは面白かった。秘孔でも突かれたか?テイシェイラが予想どおり圧力で押し切ったけど、攻め切れずに判定までいってしまったのは残念。どうせならきっちりKOで決めてほしかったなあ。

バダ・ハリ○-×グラウベ・フェイトーザ(1R KO)
 今大会屈指の好カードと見られていた一戦だったが、開始直後から左とローキックを的確にヒットさせたハリがそのまま一気に主導権を握り、グラウベにほぼ何もさせずに2度のダウンを奪って圧勝。
 グラウベはタイトルマッチということで必要以上に固くなっていたか、自分の距離で戦えずまごまごしている内にペースを持っていかれてしまった感じ。もっとも、それを差し引いてもハリの強さが際立っていたのは確か。こりゃ、ヘビー級のベルトが移動する光景は想像がつかなくなってきた。

セーム・シュルト○-×ジェロム・レ・バンナ(判定)
 シュルトの懐の深さとリーチ差に、バンナまたも何もできず。最後までガンガンぶつかっていく姿勢は評価できるけど、やはり工夫がなさすぎたか。シュルトは試合運びが手堅すぎて、一昨年頃の一番つまんない時期に戻ってしまった感じ。まあタイトルマッチだし、3度目の対戦でお互い手の内が分かっているので仕方ない部分もあるか。

前田慶次郎×-○エヴェルトン・テイシェイラ(判定)
 前田がフットワークを使ってテイシェイラに自分の距離を取らせない予想どおりの展開だったけど、テイシェイラがきっちり前に出続けて前田にペースを持っていかせない。本戦はドローでもおかしくなかったと思うけど、前田の序盤の消極姿勢が祟ったか、判定2-0でテイシェイラ。前田が攻めに転じた3Rもテイシェイラが互角以上の手数で打ち返していき、ポイントを奪えなかったのが予想外だったか。

 テイシェイラは4月に比べて着実にK-1ルールへ適応しているけど、まだスタミナと圧力だけで勝っている印象。日本人相手ならともかく、トップクラスの相手にアウトボクシングで試合をされたら今のままではきついか。開幕戦で誰をぶつけるのかが気になるところ。
 前田は優勝は逃したけど、武蔵超えを果たしたのはお見事。開幕戦に推薦出場の可能性は非常に大きいと見ていいでしょう。予想を外しておいてなんだけど、世代交代が進んだという点で今回のジャパンGPは大きい意義があったといえるのでは。武蔵にもまだまだ巻き返してほしいところだけど。

 こうなると澤屋敷と前田の出世争いも注目。人気ブログランキングへ
[PR]
by nugueira | 2008-06-30 01:03 | K-1 | Comments(0)

K-1福岡大会の感想①

 スカパーで観戦。ワンマッチはともかく、トーナメントは完全に予想外の展開に・・・。

ピーター・アーツ○-×ヤン“ザ・ジャイアント”ノルキヤ(3R TKO)
 ノルキヤ、腹がダブダブすぎ。圧力をかけるにしても、体重増やしすぎだろ。
 結果としては予想どおりアーツが勝ったものの動きにはキレがなく、ローキックで簡単に足が流れてしまう場面も目立ったのが気がかり。9月のGP開幕戦でシュルトへの挑戦を表明しているアーツだけど、大幅にコンディションを立て直さない限りリベンジの可能性は低いのでは。

武蔵×-○前田慶次郎(判定)
 チームドラゴンがバンナ戦、モー戦に続いてまたもミラクルを実現。試合を見ながらテレビの前で「参りました・・・」とつぶやくしかなかった。
 戦術としてはモー戦と同じだけど、フットワークを駆使して完全に間合いをコントロールして、相手の打撃をもらわずにコツコツ有効打を入れ続ける作戦が完全に成功。一瞬ドローかとも思ったが、武蔵の有効打が皆無に近かったことを考えれば本戦で前田の勝利という結果は妥当か。本来なら武蔵がやっていておかしくない試合運びを完璧にやり切った前田には、感心する他ない。
 もう、これからはチームドラゴン勢がどんな番狂わせを起こしても驚かないよう、常に心の準備をしておくしかないか。

野田貢×-○佐藤匠(判定)
 最終ラウンドまでお互い手数を出し続ける展開の末、2Rからパンチの有効打数に優った佐藤が勝利。最後まで倒れなかった野田の打たれ強さもなかなかのもの。全く期待していなかった顔合わせだけど、予想以上の好勝負になってくれた。

エヴェルトン・テイシェイラ○-×高萩ツトム(1R KO)
 テイシェイラは藤本戦のときと比べて肩の力が抜けていて、ボクシング技術も明らかに上達している感じ。2ヶ月で着実にK-1へのアジャストを進めたか。
 2度のダウンはいずれもクリーンヒットというより圧力で倒したという印象だけど、これもまたテイシェイラの怪物性か。

中迫強○-×ベルナール・アッカ(判定)
 アッカは開始直後や3R序盤のラッシュで見せ場は作ったけど、やっぱり攻めが単調。コンビネーションをもっと身につけないときついか。
 とはいえ、中迫も完全に様子見のままで3Rを終えてしまい、ただ勝っただけという感じの試合内容。アッカは少なくとも何をしたいか、何を見せたいかを表現していたと思うんだけど。選手生命という意味ではアッカ以上に崖っぷちにあるはずの中迫が、こういうプロ意識やハングリー精神という面でアッカに遅れを取っているというのは如何なものか。
[PR]
by nugueira | 2008-06-29 23:45 | K-1 | Comments(0)

今日の豆知識

 以下、wikipediaから引用。

 アメリカ・カリフォルニア州・アナハイムにある屋内競技場。NHLのアナハイム・ダックスの本拠地であり、完成当時はアナハイム・アリーナと呼ばれていたが、アローヘッド・ポンド・オブ・アナハイムを経て、2006年に現地法人のホンダが命名権を取得し、現在の名称になった。

 引用、終わり。

 いや、ゴン格やkamiproの裏表紙の広告見て
 
 「へー、ヒョードル久しぶりに試合するんだ。でも会場のホンダセンターってどこにあるの?都内?」 

 と思っている方もいるのでは、と不安になったもので。

 実際のところ、あの広告の意図は何?人気ブログランキングへ
[PR]
by nugueira | 2008-06-28 23:03 | 雑記 | Comments(2)
 8月の戦極第四陣、早くも第一弾カード発表。

 ピーター・グラハムVSモイス・リンボン

 いやー、「カード発表が非常に早い」「でも真っ先に発表されるのがアンダーカード」という戦極イズム、今回も爆発ですよ。まあこの姿勢は以前から評価してますが。
 初登場のリンボン、今回も未知の地味強選手が登場か、と一応期待しときます。

 ところで今回のライト級トーナメント、残り3枠って何か情報は流れてるんでしょうか。シュートボクセのクリスチャーノ・マルセロに(トーナメントかどうか不明だが)オファーが来てるという話は目にしたんですが。
 何か噂を御存知の方、ぜひ教えてください。
[PR]
by nugueira | 2008-06-26 08:19 | その他(総合・寝技系) | Comments(2)

UFC85の感想

 かなり間が空いちゃいましたが、ようやくネットで動画を見たので、UFCの感想を。

ファブリシオ・ヴェウドゥム○-×ブランドン・ベラ(1R TKO)
 最近の両者の勢いからして、かなりバランスのよくなってきたヴェウドゥムが押し切るかな、というのは予想していたところなんですが。ベラも思いのほか、打撃で押し気味の場面を作っていた感じ。
 最後のマウントパンチでのレフェリーストップ、確かに早すぎるかなあ。UFCの場合、ある程度マウントパンチが入った時点で早目のストップが入るというのは以前から見られる傾向ではあるけど。
 ヴェウドゥムはこれで完全にヘビー級トップ戦線浮上のはずだけど、次回のTUF終了後にノゲイラとミアが対戦するまでベルト挑戦はお預け。今月号のゴン格にも同じようなことが書いてあったけど、TUFのストーリー優先でタイトルマッチが組まれるのは不条理だよなあ。

マット・ヒューズ×-○チアゴ・アルベス(2R KO)
 タックルに入ってもテイクダウンが取れず、なんとかテイクダウンを取ってもそこから先の攻めへつなげることができないヒューズ。アルベスの細かいヒザやパウンドをもらい続け、最後は跳びヒザ一撃でKO。かつてのパウンド・フォー・パウンドの姿はそこにはなく、昨年末の悪夢を振り払うことはできなかった。
 アルベスが計量オーバーだったことを差し引いても、今回のこの負け方はなあ・・・。そもそもアルベスってそんなに強い選手だったか?昨年のGSP戦は「相手が強すぎた」と言えたかもしれないけど、ヒューズがいよいよ窮地へ追い込まれた感がある。
[PR]
by nugueira | 2008-06-25 00:58 | その他(総合・寝技系) | Comments(0)
 続いてタイトルマッチを含むワンマッチの予想を。

ピーター・アーツ○-×ヤン・“ザ・ジャイアント”・ノルキヤ
 怪我で出遅れたアーツの08年初戦はノルキヤと。まあお手頃な相手に順当な結果を出してくれるんじゃないでしょうか。

バダ・ハリ○-×グラウベ・フェイトーザ
 ヘビー級タイトルマッチ、バダ・ハリの相手はフェイトーザに。この一戦は本当に面白くなりそう。
 グラウベとしてはボクシング勝負で優位に立って蹴りの大技を狙いたいだろうけど、今のバダ・ハリは相手の動きをよく見るようになってるだけに、簡単にペースを握らせてくれるかどうか。やっぱりここ1年ちょっとの試合内容からして、グラウベが強い弱いの問題じゃなくてバダ・ハリが勝ちそうな気がする。

セーム・シュルト○-×ジェロム・レ・バンナ
 シュルト3度目の防衛戦の相手はバンナ。まあ、今の状況では誰とやっても食傷気味のマッチメイクになってしまうので仕方ないところではありますが。
 バンナは「ワンマッチなら勝てる」と言ってるらしいけど、06年のGPも初戦で当たってシュルトが勝ってるわけだしなあ・・・。動きが落ちてきてる最近のバンナじゃ、シュルトの牙城を崩すのは無理でしょう。

 シュルトはDREAM出ないのかね。人気ブログランキングへ
[PR]
by nugueira | 2008-06-24 23:37 | K-1 | Comments(0)
 ジャパンGPに2大タイトルマッチと大盤振る舞いのK-1福岡大会。まずはジャパンGPの予想を。

武蔵○-×前田慶次郎
 武蔵に立ちはだかるのはまたもチームドラゴンの刺客。前田(トレーナーの方)の研究がどこまで通用するか、という点が非常に興味深くはあるんですが、やはり経験の差で武蔵が押し切るんではないかと。前田(これは選手の方)が勝てるなら3月に澤屋敷が勝ってるだろう、という気もするし。

野田貢○-×佐藤匠
 フレッシュなニューカマー同士と言えば若干聞こえがいいが、要はいまいちパッとしない組み合わせ。まあ野田の勢いの方が勝りますかね。

エヴェルトン・テイシェイラ○-×高萩ツトム
 怪我による選手の入れ替えで、勝負論の要素が薄まってしまったのが残念。アッカにも負けた高萩じゃ何も期待できないなあ。テイシェイラが無難に緒戦突破か。

中迫強○-×ベルナール・アッカ
 中迫VS藤本のオールド世代対決はそこそこ興味があったのに。この前の全日本キックの試合を見る限り、アッカがいきなり上位戦線に食い込むのは無理。中迫もいくらなんでもここで取りこぼしはしないだろうな。

 で、準決勝以降。

武蔵○-×野田
 経験と技術の差を考えれば順当にこういう結果になる。

テイシェイラ○-×中迫
 スタミナと身体能力の差を考えれば順当にこういう結果になる。

武蔵○-×テイシェイラ
 テイシェイラがどこまで行けるかは非常に楽しみなんですが、やはり連戦の末に武蔵クラスと当たってしまうと、スタミナだけではどうにもならなくなってしまうんではないかと。武蔵も完全に復調してるようだし、テイシェイラを上手くいなしてしまう気がする。
 まあ、この2人のうち負けた方も、どうせ推薦枠で開幕戦出るんだろ?という思いもついつい浮かんでしまうんですが。

 ワンマッチはまた明日。人気ブログランキングへ
[PR]
by nugueira | 2008-06-23 23:58 | K-1 | Comments(0)

趣味の新規開拓

 土曜に知人と飲み会をしていたところ、その中のひとり(学生時代の後輩)から「お子さんの誕生祝です」と言ってDVDを渡された。

 「あー、ありがとう。何のDVD?」

 と聞いたら、

 「この前のハッスルエイドです。」
 
 という答が。

 私の知る限り、その知人は格闘技・プロレスの類には一切興味がない人間だったのだが、どうも最近ハッスルだけ熱心に見るようになり、後楽園ホールにも何度か足を運んでいるらしい。
 
 なんで突然そこまで熱心に?しかも、どうして今さらハッスル?

 という疑問を抱きつつ話を聞き続けていたところ、

 「いやー、この前は記者会見への参加に応募したら当選しちゃって、有給取って見に行ってきましたよ。ファン用の席は30人あったけど、7人しか来てませんでした。」

 と嬉々として語りだす始末。うわっ、こいつ末期症状だ。「生で高田総統を見れました」というのは若干心を惹かれたが。
[PR]
by nugueira | 2008-06-22 23:49 | 雑記 | Comments(0)

スピーチ

 知人(年下)が来月から海外留学することに。行き先はニューヨークのシラキュース大学だそうな。

 というわけで昨日は壮行会と称した飲み会があったんですが、参加者の中で私が最年長だった関係で、最後の締めの挨拶をすることに。いやー、緊張しちゃうね。

ヌゲイラ「えー、今回○○君が留学するのはシラキュース大学というところで、日本人にはなじみの薄い名前かもしれませんが、ザ・デストロイヤーの出身校として非常に有名でして・・・」

知人「・・・そうなんスか?」

 マイク・ロトンドの出身校でもある。人気ブログランキングへ
[PR]
by nugueira | 2008-06-21 12:16 | 雑記 | Comments(0)

全日本キックの予想

 注目カード連発の野良犬電撃作戦。勝敗予想行ってみます。

大高一郎○-×ソルデティグレ・ヨースケ
 ヨースケのパンチ力には注目してるが、さすがに経験と地力の差で大高が勝つか。

海戸淳○-×藤牧孝仁
 空位となったライト級王者決定トーナメント。それにしても、黄金の全日本ライト級もすっかり面子が薄くなっちゃったねえ・・・。前回KO勝利している海戸の勢いを評価。

寺戸伸近○-×那須儀治
 全日本のリングに久々登場の寺戸。まあ格の違いを見せ付けてやってください。

中村高明○-×須藤信充
 須藤が電撃参戦。76キロ契約は中村にとって不利だろうけど、近年の須藤を見る限り、評価できる要素は全くないからなあ・・・。逆に最近は王者の風格が出てきた中村が一気に須藤を食うのでは。

山本優弥○-×サムゴー・ギャットモンテープ
 性懲りもなくやってきたサムゴーを迎え撃つのは優弥。70キロ契約がどう影響するかですが、優弥のスピードとスタミナなら決してサムゴーに遅れを取ることはないはず。まあ一番の不安要素は、当日サムゴーがちゃんと減量してリングに上がってくれるかどうかなんですが。

山本真弘×-○ワンロップ・ウィラサクレック
 前田戦を見る限り、完全に勢いを取り戻した感じのワンロップ。真弘、今回は(というか今回も)厳しいでしょう。最大の武器であるスピードで相手の方が上回ってるわけだし。タイ人相手に連敗って、以前不調に陥ったときのパターンだから何とか頑張ってほしいんだけど・・・。

石川直生○-×カノンスック・ウィラサクレック
 カノンスック、本当に2週間で6キロ体重落としてくるのか。石川はリング外で不幸があったばかりだけど、それを試合へのエネルギーに変えてほしい。元気を破った勢いを、こんなところで失速させるわけにはいかないでしょう。

 残念ながら会場には行きません。人気ブログランキングへ
[PR]
by nugueira | 2008-06-20 23:57 | 全日本キック | Comments(2)